ドラクエ10

2019年6月17日 (月)

<ドラクエ10> マイタウンとVer4.5後期情報と、揺れ動くドラクエ10の騒動

こんばんは。

本来は導き10000周からの考察を今週もする予定でしたが、Ver4.5後期情報とそれに続く騒動等が多く重なったこともあり、ちとこのことについてかいておきたいかなということ、今回はそのことについて。

マイタウンは2億Gと発表がありました。
LとM2つの家が建てられますが、あくまで1キャラ用なのでフレやチムメンと共同で同じ土地に住むというわけではないのです。
いってみれば、家3軒建てられ、敷地内になにを配置するかを自由に設定できることでしょうか。

家3軒建てられても屋根裏収納は共通なので、残念ながら倉庫の増加にはつながらないみたいです。
(倉庫増加を一番期待してたんだけど残念・・・・)

レンダーヒルズと同じようなNPCを自由に配置できるみたいで、これはたしかに良い点。
これも気になること、それは、各住宅村にあるようなお店のNPCは配置できるのか。

特にプラチナ鉱石とかギルドにない素材で各住宅村でのみ売っているNPCいますよね。
マイタウンは国籍の概念ないみたいなので、全員設置できるのか、それともできないのか。
これができると職人には朗報ですな。
一部の素材は、バザーで買うとNPCから買うより倍以上の設定になっているのもあるし。

ちなみには、私は無理をして金策すればVer5になる前には買えるかもくらいの所持金しかありません。

ところが、今回はマイタウンだけが目玉になってしまっているのが結構問題かなと感じます。
強敵の追加もコインボス(正確にはあるけど、マイタウンのかなり後)もない。
つまり、Gを使いたくなるような動機が、マイタウンだけに絞られてしまっている。

その影響がすでにモロに出始めています。
モノの値段がどんどん下がってきているのです。みんな、マイタウンのために出費を抑えてます。
資産に変換できるようなものを放出する人が増えてきてるので、高価なものも値崩れを始めています。

さらに、Ver4.5後期には強ボス討伐がツールから1日1回できるようになり、オーブが手に入るみたいです。
このため、オーブの値段もおちています。
装備品も軒並み値段が落ちています。間違いなくマイタウンのために買い控えがおきているのです。

強敵コンテンツもコインボスもなく、新装備も出ないとなれば、高価な装備を買う人はさらに減るでしょう。
エンドコンテンツに必要な消耗品や食事も値を落としています。

ほとんどの人がマイタウンの資金を貯めるために財布の紐を締めています。職人も結晶金策もきらきら金策も軒並み儲けが薄くなる予感。

レベル上限解放も2レベル分でレベル110までの解放に留まります。
そのため、レベル上げに必要なメタルコインもほとんどの人がカンストするに十分なストックをもっているでしょう。
上限解放が発表されたのにはぐめた、メタスラコインもほとんど値上がりしていません。

が、これは逆にみると、マイタウンなんていらない!と決めてしまうのも一つの手かも。
そう割り切れば、逆に安くなったものを買ってなにかをする絶好の機会にもなるかもです。

まあ、装備品に関してはしばらくはゼルメアや防衛軍が復権する可能性が高そうです。

また、ツール福引は特等でマイタウン権利書、1~4等でマイタウンメダルがもらえるそうです。
マイタウンメダル1000枚で権利書に交換できるのですが、ここで一つ問題が。
マイタウンメダルがもらえるのはツールの福引だけです。ゲーム内の福引では得られません。
さらにマイタウンメダルは換金も取引にも使えません。
つまり、マイタウンメダルを集めだしたら1000枚集めないと無意味な存在なのです。

これってちょっとコンプガチャに抵触しそうな感じですね。
確率は明記してるし、コンプガチャの定義は、複数種類のアイテムをガチャで得られるとボーナスとしてコンプアイテムがもらえるというシステム。
マイタウンメダルは1種類だけなので解釈上法的には問題ないけど、実態としてはそれに近いと見られてもおかしくないシステム。
ジェム自体はログインボーナスとして非課金で入手できるし、ツール福引は無料で1日2回まわせる。
まあ多分、問題はないのだろう。

ただ、よくいわれているのが、リアルマネーを投下して1000連福引を7~8回すれば、マイタウンメダル1000枚はたまる試算がされている。
Gがないけどマイタウンは欲しいという人は、リアルマネー10万円ほどつぎ込めば手に入る。
10万もゲームにつぎ込む奴いるのか?と思う人も多いと思うが、課金ソシャゲーに毎月万単位でつぎ込む人が今は普通にいる。
間違いなくリアルマネーつぎ込んでマイタウンを買おうとする人はいるに違いない。

RMT等の違法を使うのは論外ですが、ありとあらゆる手段でGをかき集めようとする話題が最近ふえてますね。
ブログで募金募って大炎上の件とかかなり大きな話題になっているものがあったりと。

ちなみに、私はマイタウン実装後もツール福引は普通にゲーム内でGに換金できるものをもらう予定。

Ver4.5後期はマイタウン以外は、ゲーム内のコンテンツで気になるが少ないのが厄介。
新スキルとレベル解放、それにアフターストーリーとクエストくらいしか期待できない。

バトルトリニティやコロシアム、学園改修といった結構大きなものもあるんだけど、どうにも需要が少ないコンテンツ改装されても。

さすがに地味系の改修はいいものもいくつかあるんだけど、目玉になるようなものがマイタウンだけなのですね。

なお、Ver3以降恒例となっている便利ツールは次々と新しい要素が増えています。
ジェムが絡むものが多く、ドラクエ10もソシャゲー化が始まっているのかな。
まあ、今時点では、ジェム投下すればやや有利にゲームができます程度なので、なんとかなるレベルだけど。
マイタウン目的で1000連福引ジェムぶっぱする人がどのくらいいるのでしょうかね。
これ、本当に予想以上にいたりすると、課金ゲーム化は加速してしまう可能性もありますね。

また、Ver4.5後期アップデートされたら今年版のジェムのコスパ考察の記事かくか。

キャラクターズファイルの次のキャラに選定されたのがジェニャ。なかなか興味深いキャラ選択と思う。期待したい。
お願いだからパクレみたいな元キャラをぶち壊すようなお話しにはしないで欲しい。
キャラクターズファイルは個人的にはトビアスとポイックリンのは良かったが、リーネとパクレは×の評価。
パクレのアフタークエストのパクレ警部の現実もあれほどの騒動を起こした物語の締めなのだからこれも期待したい。

あとはやっぱり、マローネがらみなどのVer4.5のアフターストーリーですね
Ver4のストーリーはかなり救いきれない・報われない者たちの物語なので最後はどうなるかはきになります。

今日はここまで。では、またー

2019年6月10日 (月)

<ドラクエ10> みちびき検証10000周結果まとめ その2

こんばんは。

みちびき10000周からみるいろいろなデータをまとめること第2回。

今日は、みちびきキャラそれぞれに対する10000周の振り返りをしてみます。

・トルネコ

トルネコは10000周で513回遭遇しています。4名の中では最も少ないですが、それでも500回会っています。
トルネコに関しては、導き周回履歴をつける前から相当数遭っているため、多分、回数を数えているわけではないですが、実装されてから多分600回は遭っていると思います。

トルネコの最大のメリットは、やはりトルネコでしか買えない、あるいは、トルネコで買うのが一番安いものを買えることです。
現実的には、エルフの飲み薬とはぐメタコインを買うことが多いのではないでしょうか。
しかし、昔のもっと小さなメダルが貴重だった時代は、ぐるぐるメガネを買うのが正解の時代もあったのです。
また、武闘家やバトマスが装備できる拳闘士の盾はジェルザークのバトマス構成用として最近再び注目されています。

タロットコインや福の神コインを買うことが正解になる方もいると思います。

価値的には、トルネコに遭遇すれば約40000の儲けが出るモノを買えるという認識でいいと思います。

ちなみに、10000周周回の中では、私の場合、ほぼエルフの飲み薬。はぐメタが50000以上するときははぐメタを買うこともありますが、ほとんどがこの2つのうちのどちらかです。

・ミネア

おそらく導かれし者の中で一番遭ってうれしいのがミネアです。
ミネアのカード効果は非常に強力で、それが故に聖守護者で効果が無効化されたり、かつてミネア効果を10の日でとれる空飛ぶリポちゃんが廃止にされてくらい影響が大きなものです。
少なくとも、皇帝、審判、死神あたりはそれがあると非常に有利になるコンテンツが多くあります。

また、ボスカードをランダムで1枚もらえます。どの引き方によって、強いの、弱いの、全種類から選べますが、完全に選べないので、かならずしもいいものが手に入るわけではないので注意です。
しかし、みちびき周回を定期的にやる人であれば、処分に困るようなカードをもらってしまっても、テリーに渡せば済むことも多いです。

最新のコインボスのカードも手に入る場合があるので、ヒキによっては20万以上の価値のあるものをもらえるといっても問題ありません。
直近では、Sキラーマシン、モグラ、三悪魔など、並よりプチの方が楽なうえにアクセ集めの効率が良いものがでてきてます。
なぜかこれらはSP福引のカードとして入手できません。これらは実にコインよりもプチ化できるカードの方が価値が高くなっています。

ミネアは10000周で527回会っています。ということは、527枚のボスカードをもらったことになります。
凄まじい数字ですが、4分の1はテリーに、半分はプチ化して導き周回の投入用に、のこり4分の1がサポ討伐orフレなどと持ち寄り。
まあ、サポやフレ持ち寄りも導き周回のカウントにはいるものなので、ほぼ導き用といっていいでしょう。
前に記載しましたが、ミネアに遭ったときは、テリーに渡すべきカードがないときは、情熱、あるときはおだやかで引いていました。
なお、こんだけカードもらっていますが、テンの日のカードも含め、10000周回内で一度もカード期限切れにしたことはありません。

・テリー

自己討伐が面倒なカードを処分するのにうってつけの存在。
強いカードでも、アクセが欲しいときは持ち寄りなどをしてたので、スライダークやギュメイ将軍はあまり渡したことがありません。
Sジェネラルやモグラも当時は完成させたいアクセだったこともあり、身内で持ち寄りが多かったです。
10000周で521回あっているので、これもよくよく考えたら521回も討伐依頼していたことになります。
しかも、野良迷宮やサポで簡単に倒せるものは渡していないので、基本的にプチ化できないものしか渡していません。
最も多くテリーに渡したものは、間違いなくSキラーマシンカード・コインです。続いて札ボス系(プチがない時代のゴースネルやジュノーガ)

三悪魔も、金のロザリオが実装されてからはテリー処分が多くなりすごろくで手に入る暗黒の魔人コインもテリーが多かったような。

直近だと、あまりアクセ完成させてもなんだかなあ、的な装備のため、ゲルニックやゴレオンもカードはテリー行きになること多いです。

あと、地味にテリーは錬金石がもらえるのが嬉しい存在だったりします。
人によっては、錬金石1個が50000Gくらいの価値があるということもあるらしいですし。

あと、ネタ的なものですが、ゼロ回し時に1分ほどで連続テリー遭遇が4回ありました。
テリーのパーティはSキラやゴースネル等を1分以内に倒すことができると思われます(笑)

・カンダタ

他の導きキャラの3倍の確率ででしゃばる大盗賊(?)です。もらえるものはしょぼいのは当然ですが、まれに、結構いいものがでることも。
古金庫は100~50000 (巷では10万もあるという噂があるが、真偽のほどはわからない)もらえます。
一番多いのが、700と1000。ただ、3000とか5000は結構出ます。最大の50000は3回ありました。

まごころ薬箱はこびん、聖水、賢者、霊薬、葉っぱなど。薬箱は間違いなく一番ハズレの品。
それでも賢者や葉っぱがでればいい方と言えます。

メダルがまぐちは安定的には当たりでしょう。ただし、宝珠の仕様変更で、メダルがだだあまりになりがちな最近は価値がだいぶ落ちました。
今はメダル1枚700Gくらいの価値とみれるので、がまぐち平均5枚としても3500G。ちょっとイマイチです。

導きキャラの中では、まさに質より量的な存在ですが、悲しいかな、オンラインゲームでは量が質に勝ることはほとんどありません。

 

次回は、導き周回10000回行った中で記憶に残ることについてかいてみようと思います。

 

そして、実は10000周経過後も導き検証は続けています。

というわけで、6月9日までの経過は以下の通り。

総周回数:10098
トルネコ:522 (5.17%)
ミネア :529 (5.24%)
テリー :526 (5.21%)
カンダタ:1700 (16.84%)

 

今日はここまで。では、またー

2019年6月 4日 (火)

<ドラクエ10> みちびき検証10000周結果まとめ その1

   こんばんは。

みちびき検証10000周を達成したので、その履歴から考察することを今回から数回まとめを書いていきます。

まず、野良迷宮で、どんなコインをいれたか、入れられたかについての検証。

5000周以降も私の野良迷宮の周回のスタンスはかわりません。
ただし、Ver4.3以降、オートマッチング進捗が見えるようになったので、原則初回迷宮インはサポが一人かゼロになるようにしています。なので、肉2サポ2で迷宮インすることは以前よりかなり減少しています。
だいたい毎日日課としてやるのは以下のような感じ。
1. 初回は野良迷宮に入り、プチ導きの香水を使用する
2. 香水の残り時間をゼロ回し。だいたい、プチプチ香水1回あたり4~5周が多いです。
3. 1.2.の周回で導きキャラが出たらその日は終了。そうでなければ1.に戻る。
ほぼプチプチ香水1~2セットでだいたい誰かに会えるので、1日あたりの迷宮にかける時間はメイン、サブ両方で30分くらいです。


野良迷宮では、無言テロやコイン投入宣言があった場合は、入れたい人にまかせ、そうでない場合は自分が「××入れていいですか」といって聞いてからいれています。5000周以降で通常迷宮いったのは断られた2回と、投入するコイン忘れてしまった1回だけ。
自分が入れるコインはプチ系、レアボス、福の神、メタボスがメインで、王家やSPから引いたものでグラコスやヒドラ、キラーマジンガを入れることが多いです。

一方、無言投入されるのは、プチがかなりおいしい存在になったためか、投入されるものもプチが多くなりました。特にプチゴースネルがかなり入れられました。
もちろん、一番多いのはレアボスで、福の神、メタボスもかなり投入する方が多いです。

稀にスライダークやガルドリオン、Sジェネラルを投入してきたケースもありますが、なぜか強いコインやカード入れる人は4枚ドカンと入れられることが多いですが、勝利を収めています。多分、こちらの職や構成みていれてきたのでは、とも思います。ちゃんと勝てる要素が高いと踏んで強めのボスいれる人は自信があるからでしょうか。

また、5000周以降は自殺目的と思われるようなカードコインの投入は一度もありませんでした。

2019年6月2日までに周回したのは、香水ゼロでの周回を含んで10105周になります。
そのうち、ボスまで戦闘したもの(ゼロ回し、準ゼロ回しを除いたもの)は3196回です。

その内訳のグラフが以下の通りです。
まず、全部含めたもの。

10000

プチボスが多くなっていますが、これは自分がいれたものが多いです。
なお、プチボス投入の上位5位が

1位:プチマジンガ  176件
2位:プチヒドラ    120件
3位:プチバラモス  101件
4位:プチグラコス    82件
5位:プチゴースネル 56件

プチヒドラとプチバラモスは弱い、サブのメレナが入れたのがほとんどです。
一方、プチマジンガとプチバラモスは継承アクセ対象で、大量に投入した結果といえます。
5位のプチゴースネルは一見少なく見えますが、これはプチゴースネル実装してまだ期間がまだあまりたっていないだけで、直近2000周くらいでみれば、ダントツでこれを入れることが多いし、入れられることも多かったです。しかも4枚セットで入れてきた方もかなりいました。
今後も検証を続けるとプチゴースネルが2位くらいまでは来るかと予測します。
なお、エイロスはプチゴースネルが出る前に金のロザリオを完成していたのでほとんどいれていません。

次のグラフは、上のグラフから私が入れたボス、持ち寄り、メタル招待券系、通常迷宮を除いたもの971件の内訳です。
つまり野良で私以外の人が投入(ほとんどが無言投入。聞いてから入れる人は1%いたかどうか)したもの。

10000_1

やはり、レアボスが圧倒的に多く、福の神とメタボスがほぼ同じくらいです。
5000周のときと比較すると、メタボスが減り、福の神が増え、プチボス系が増え、タロットコイン系が激減しています。

これはやはり、時代の流れでしょうか。
プチボスは報酬からまほうのせいすい3がなくなったうえ、破片も最低2つ落ち、並より優遇されているとさえいえます。
プチゴースネルやプチモグーラ、プチSキラマシンは今となっては、並の強さのコインより需要が高くなりました。
単純に攻略がいちだんと楽なうえ、サポでさくさくやれるのだから当然でしょう。並を強なみに、強はアクセ確定くらいにしないと、並よりプチの方が優遇されている現状況は変わらないと思われます。
タロットコインは7500周のときに触れましたが、タロット集めがほぼ一段落してしまったため、最近は入れる方をほとんどみかけません。

野良周回で、コインを自他で入れる比率で言えば、自3:他1くらいになります。

また、幸いなことに、野良迷宮でトラブル口論になったことは一度もありません。
ので野良迷宮でボスを入れるときは、ひとこと入れていいか聞いた方が良いと思います。極めて稀ですが、断られたら無理強いしないほうがいいです。
(結局、野良で、コインボス投入を断られたのは3196回中わずか3回だけということで0.1%未満です。)

 

次回は、導きキャラの需要の歴史やキャラ出現の偏りなどの考察をします。

 

今日はここまで。では、またー

 

 

 

 

2019年5月30日 (木)

<ドラクエ10> 導き周回10000回達成!!

こんばんは

2016年4月21日の1周目から周回検証をすること約3年1か月。
2019年5月29日についに10000周を達成しました!

 

10000周を達成した時点での経過記録が、以下の通り

総周回数:10000
トルネコ:513 (5.13%)
ミネア :527 (5.27%)
テリー :521 (5.21%)
カンダタ:1683 (16.83%)

内訳が
◆エイロス
周回数:4895
トルネコ:254
ミネア :244
テリー :265
カンダタ:790

◆メレナ
周回数:5105
トルネコ:259
ミネア :283
テリー :256
カンダタ:893

レベル1でゼロ回しする割合が多いメレナの方が、サンプル数でわずかに多くなっています。
導かれ率はミネアとカンダタはメレナの方が高く、テリーはエイロスの方が高いですが、それほど大きな偏りはありません。

 

サンプルが1万たまったので、はっきり言えますが、トルミネテリー確率は5%よりかはわずかに高いと確信します。

ちなみに、香水あり時のみちびかれる確率を推測しているサイトは他にもあります。
ただ、サンプルが多くても3000回程度です。
なので、経過も踏まえた10000回という実績からの検証と考察を、今回以降数回わたって記事として書きますので、興味があったらご参考にどうぞ。

先々週100周きったくらいだったので、本来今週末(6/1あたり)で達成予定でした。
10000周達成イベントを身内でプレイヤーイベント告知するつもりでしたが、達成直前の先週がリアル突然忙しくなったうえ、告知する期間も短すぎて無理そうだったので、野良迷宮でのゲリライベにしてしまいました。

5/29の野良迷宮、10000周達成時に、その場でオートマメンバーで組んだメンバーにゲリライベ告知。
変なものぶっこんでお祝いじゃあと、(一応、普通ではいれない変なモノいれていいかきいたら、OK返答あり)
Vロン強、メタキン×2、ゴルスラを入れて派手に戦いました。

隠し部屋には入れてないはずなのに、笑い袋とメタスラがメタキン、ゴルスラにまじっていたりという展開。
また、区切りの10000周目だから、何か出ろと念じたら、カンダタでしたがちゃんと出てくれました。

Vロン強は野良さんとやって無事討伐成功。

というわけでゲリライベントは幕を閉じました。

さて、10000周という区切りもあり、導き周回今後続けるかどうかについて。
まだ続けます。少なくとも、低レベルにとどめている一職以外がカンストするまでは続けようかなあと考えています。

とはいっても、仮に次回目標を20000周に設定したとして、3年以上先なのでそこまで続けられないかな。

 

今日はここまで。では、また~

2019年5月21日 (火)

<ドラクエ10> 導き1万周まであとわずか。導かれし者の確率の考察

こんばんは。

2016年4月に開始して3年たちますが、いよいよ導き周回履歴が10000周に到達する見込みです。

今日は、今時点での履歴を先に記載します。
5/20日までの履歴

総周回数:9909
トルネコ:508 (5.13%)
ミネア :522 (5.27%)
テリー :520 (5.25%)
カンダタ:1664 (16.79%)

残り100周を切りました。

10000周達成は今週末は難しいと思われおそらく来週になると思います。
10000周達成時のマイイベントみたいのをやるかもしれないので、あえて来週末に合わせて周回数を調整するかも。

トルミネテリーの出現率も最近は安定していて、5%よりほんのわずか多い値を直近1年さしています。
おそらく、実際の確率も5%より少し高めな値かもしれません。

ただし、もともと導きの香水なしのデフォルト確率が存在しています。その確率は1/128とか1/256といわれています。

ここで、他の香水類の倍率を振り返ってみます。
※ここで記載するのは、一般的にいわれているもの、自分の体感値からの予測値
公式に確率は発表はされていませんので、目安程度と考えて下さい。

きせきの香水: 転生モンスター出現率  1/256 → 10/256
メタルな香水: メタルモンスター出現率 4/256  → 10/256
                   メタルは香水なしでもそこそこ出るが、香水ありでも20回に1回も出ない気が・・・
オーブの香水: 強ボスのオーブ出現率 1/4  →  1/1 (100%)
宝珠の香水:  宝珠出現率 1/128~16/128  → 15/128~30/128  
                   宝珠の香水のみ、宝珠効果が確率に足し算で足されると公式に回答あった。
          そのため、もともと出現率が低いものほど確率アップするといえる。

カジノな香水: カジノ内キラキラの取得枚数が2倍

そしてみちびきの香水。
なんとなく、トルネコ、ミネア、テリーが各 4/512→27/512
       カンダタが 0/512→85/512
ではないかと思う。こちらも出現率が掛け算ではなく足し算になっている気がする。
なぜなら、カンダタは香水使わないと0%なので。

母数は256だと思ったのですが、13/256だと少なすぎ、14/256だと多すぎなので・・・・

というか、きせきやメタルの香水も足し算ではないだろうか。 まあ、憶測の域ではあるが。

ただし、導きの香水のこの予測値はほぼ10000周の周回結果から算出したもの。個人的にはかなり
実測値に近いと思います。

 

導き10000周を達成したら、この検証結果のデータからいろいろな角度で導きや魔法の迷宮の野良事情などを
検証してみたいと思います。

今日はここまで。では、またー

 

2019年5月14日 (火)

<ドラクエ10> イセエビグランプリ

こんばんは。

フィッシングコンテスト PART4 としてイセエビグランプリが開催されています。

例によって、専用の釣り道具でひたすら大物(と超小物)を釣るものになっています。
今回は小さいサイズにも順位があり、どちらも上位200位に賞品が出ます。

とはいっても、このイベント、「1%の才能と2%の努力、3%の臆病さと残る94%は運だろうな」が本質。
残念ながら、時間と労力をかけた結果報われないことになる可能性も大です。

ので、基本的には、個人報酬をとったら終わりのイベントでしょう。

ただし、前回も書きましたが、このイベントほど、初期の釣りレベルを上げるのに適したものはありません。

なんといっても、釣れる魚は決まっているうえ、レベル1でも十分釣ることが可能です。
そこそこのおさかなコインも溜まるし黄金のエモノをとらえれば2000コイン以上になります。
専用の釣り道具はタダで何回ももらえます。
ちょっとでもレベルの高い魚がかかるとほぼつれないことが多く、普通にやるとなかなかレベルが上がらない初中級をこのイベントで一気にあげられるチャンスです。

ちなみに前回まではリアル魚ギフトが上位報酬でしたが、今回はなぜか食品サンプルに開発のサイン色紙となってます。
この賞品について、他のブログや提案広場が荒れています。たしかに、この賞品設定はなんだかなあ、という感想。

ファラオ、フィッシングコンテストとイベントはつづきましたが、メインとなるバージョンアップの情報がほとんどないです。
特にVer5の情報が全く出てこないのが非常に気になります。いくらなんでもそろそろでてこないとおかしい時期では?

また、Ver4.5前期でVer4がいったん終わったようですが、少なくとも、一部のキャラのその後はなくてはならないものでは。
ネタバレになってしまうので深くは書けないが、Ver4.5の最後は見方によってはバッドエンドとも捉えられる。

 

さて、最後に導き履歴結果

総周回数:9849
トルネコ:504 (5.12%)
ミネア :518 (5.26%)
テリー :517 (5.25%)
カンダタ:1650 (16.75%)

テンの日をはさんでいるため、先週は周回数が多い。
そして先日1年ぶりの通常迷宮もまわりました。(ボス投入断られたのは9849回中これで3回目)

1000周達成まであと150周ほど。早ければ再来週あたりで達成するでしょう。
10000周達成したら、積み重なったデータをもとにいろいろな考察を数回に分けてかいていきます。

今日はここまで。では、またー

 

 

2019年5月 6日 (月)

<ドラクエ10> ジェルザーク対応で導き周回をする人が増えているらしい

こんばんは。

最近、聖守護者対応で導き周回をする人が再び増えているという噂をききました。

ミネア効果は無効だし、エルフの飲み薬が周回をした方がいいほど高騰しているわけでもありません。

その実情はなんでも、トルネコから拳闘士の盾を入手する必要があるからとのこと。

導き周回検証をする自分は、気になったのでネットを調べてみました。
すると、どうやらジェルザークをバトマス構成でやるのにブレス耐性錬金の盾が必要みたいなようです。

ジェルザークの攻略は魔法魔法魔戦僧侶構成が鉄板というかテンプレみたいになっています。
しかし、一部のサイトではバト3僧侶構成が良いのではという記事をみかけました。
バトで最強の3を攻略動画もあり、こちらの構成の方が良いという記事を載せているサイトもありました。

バトが装備できる★3で3か所ブレス錬金可能な盾ですが、拳闘士の盾とVロンの盾シリーズしかありません。
しかもVロンの盾シリーズは書籍のアイテムコードによる一点モノなので、一度錬金したら終わりです。
バトが装備できる皮の盾の★3ブレス埋め装備も白箱からでますが、これは初級錬金なので話になりません。
すると、現実的にジェルザーク用のバトが装備できるブレス耐性盾は拳闘士の盾のみということになります。

拳闘士の盾はバザー等取引で入手不可。これは魔法の迷宮のトルネコからしか買えないものです。
さらに、これにブレス錬金をマニュアルでしなければいけません。
錬金石を適用できないので、錬金の失敗は許されません。失敗したら拳闘士の盾を買い直すことになります。
そこでどうしても魔法の迷宮を導き周回をする必要が出てきます。

丁度1年前、ミネア周回が聖守護者対応で流行りました。
今後、バトマス構成の方が良いということになると今年はトルネコ周回が流行る可能性があるかと思われます。

ただし、バトマス構成は2019年5月現在まだマイナーな構成になっています。
拳闘士の盾のブレス錬金装備は最近では珍しくお金では解決できないし、防衛軍や白箱でも取得できません。
マイタウンを控え、装備投資を控えたいがジェルザークは攻略したい人がバト構成を試すことはありえそうです。
また、ジェルザークは魔構成だと圧倒的に連携が重要になるようです。
そのため、野良PTだと難易度が相当高く、ギスギスしやすくストレスがたまりやすいと言われています。
バト構成は魔構成ほどは連携を取らなくてもなんとかなるので、野良向けという話もあります。

準備さえできれば魔構成より楽、というのが現実的になると、バト構成が流行る可能性があるので注視してみたいです。

約3年にまたがる導き検証をしてきましたが、今回のように、導き周回の需要が突如出てきたりするのが興味深いです。

 

で、先週までの導き履歴

総周回数:9762
トルネコ:500 (5.12%)
ミネア :511 (5.23%)
テリー :514 (5.27%)
カンダタ:1640 (16.80%)

トルネコが500回の大台を迎えました。
これで、10000周達成時にトルミネテリーは全て5%以上で経過すること確定。
10000周達成はやはり5月末くらいになりそうかな。

今日はここまで。では、またー

2019年4月29日 (月)

<ドラクエ10> ファラオの隠し財宝 第2回

こんばんは。

GW期間中のイベントとしてはこのピラミッドのファラオの隠し財宝になるようです。

このイベントはかなり報酬が良いい(ピラミッドアクセがまだ未完成の方は特に)ので、最後の宝物庫だけはクリアしておきたいです。

前回と同じく、各霊廟を特定条件を満たしてクリアすると解明となりクリアになります。
今回は個人のクリア報酬があります。

そして、全体報酬として誰かひとりでもクリアした場合、全体報酬が最後の宝物庫でもらえます。
宝物庫も謎をクリアしないと開きませんが、難易度は一人(+サポ)でも十分可能な条件と思われます。
※5/2追記 宝物庫の難易度はサポソロで余裕です(というか、強制的に決められたキャラで挑戦する必要あり)

今回は、各霊廟を個人でクリアした際も報酬がもらえますが、個人報酬のほうは、ラインナップをみてもちょっといまいちなので、
ソロサポでも簡単なのは1,3くらいなので無理にやる必要はないかもとも思う。

謎については前回に比べてかなり難易度が高いです。今この記事を書いている時点でほぼすべての霊廟のクリア条件が出ています。

 

このイベントについて、感じたことを書いてみます。

まず、このイベントのクリア条件のシステムが、前回のイベントの時も書きましたが、「ドルアーガの塔」 なんですね。

ドルアーガの塔は初代ドラクエ1が出た1年前にアーケードゲームで登場したゲームなので、知らない人も多いと思うので、このゲームの目的とシステムについて簡単に説明すると

・黄金の騎士ギルガメスを操作し、ファンタジーRPGによくでてくるようなモンスターを倒しつつすすむアクションRPG的ゲーム
・60階建の塔を、ラスボス・ドルアーガを倒すために必要なアイテムを拾いつつ登っていく
・その必要なアイテムは各階ごとに特定の条件を満たすことによって宝箱が出現し、それを取ると入手できる。
・各階の宝箱の出し方はわかりやすいものから理不尽なもの、わかれば簡単だが、普通気づかないものなどいろいろ。

そう、ファラオの隠し財宝の各霊廟のクリア条件が、まさにドルアーガの塔の各階の宝箱の出し方のシステムなんです。

そして、今回はまさにドルアーガばりの「理不尽な謎」「聞いてしまえば一発だが、そういう発想にまずならない」的なものがあるんです。

今回、特にニヤリとした条件をみてみます。(すべての条件はググれば記載されているサイトがあると思うので、ここには記載しません)
多分、このイベントの謎解きのシステム考えた人はドルアーガの塔の経験者ではないかなと思われます。

◆パーティリーダーは温泉効果を付けて挑戦せよ
 ハイエンドボスや邪神などではつけていく人が多いと思いますが、サポでも楽に倒せるピラでここまで準備する人は少ないと思います。
 なので、邪神・天獄いったあとで温泉効果が残っているうちにピラミッドした人が偶然に発見したのではと思われます。

◆ファラオ・ゴレムのMPを0にしろ
 MPを0にするためにはMPを吸い取る技を使う必要があります。
 第4霊廟の条件職にバトルマスターがあるのでハンマー技とを駆使する必要があります。
 クリアするために必要なことと全くベクトルの向きが異なるため、見つけるのはかなり難しいかったと思われます。

◆せいけんづきでファラオヘッドを倒せ
 職業条件、特定の技の使用、特定の技でボスにトドメは前回もあり、発見は難しくはないですが、「せいけんづき」は格闘なので、条件が少々面倒です。

◆パーティリーダーは所持金1000G以下で挑め
 まさにドルアーガの塔31Fの宝箱の出し方に通じる、普通そんなの気づけないよ的な条件です。
 今は鉄の金庫があるので、ピラミッドに1000G以下で挑戦すること自体ほぼないので、偶然所持金を使い切った直後でもない限りまず気づけません。
 しかも、このダンジョンはスパが条件になっています。逆にゴールドを使用する技が条件ではないのかと思い込んでしまいそうです。

◆最後に秘宝の使い魔を倒せ
 これはドルアーガの塔にもあった、特定の順番に敵を倒す系の条件。
 使い魔は最初に出現するので、これを放置してボス含めてすべての敵をたおしてから倒す必要があります。

ちなみに、ドルアーガの塔での宝箱の出し方は、当時はネットも攻略本もほとんどない時代でしたから、ほぼノーヒントで謎を解かなければならず、情報源はほとんどクチコミだったです。

ついつい昔のゲームを回顧してしまったイベントでした。

先週までのみちびき周回結果です。

総周回数:9696
トルネコ:495 (5.11%)
ミネア :508 (5.24%)
テリー :510 (5.26%)
カンダタ:1626 (16.77%)

GW前のやや忙しい時期で平日あまりできなかったので、今週は30周くらいしかできていないです。

今日はここまで。では、またー

2019年4月23日 (火)

<ドラクエ10> 新聖守護者ジェルザーク等

こんばんは。

4/17に新しい聖守護者 翠将鬼ジェルザークが解放され、19日には最強のIIIがありました。

私は聖守護者はやっていませんが、こういったエンドコンテンツが発生すると、当然ながら経済が動きます。

今回は魔法使い構成がいいみたいなので、ローブ系の装備品が良く売れているみたいです。
今回のボスはレギロガのようなワンパンの嵐でも、ザオトーン等で死ぬことが許されないスコルパイドとは異なり、設置型の罠を多用したり、短時間で大ダメージを与えないとフィールドがマグマでおおわれるような、行動制限を多く使うボスのようです。

レギロで活躍した天地やキラパン、スコルパイドで活躍したまものや賢者は対策されたような能力があってどうやら今回は魔が日の目をみることになったようです。

残念ながら、エンドに毎回席を見いだせない武とか踊とかスパは今回もダメなようで魔が復権したといってもパラ魔構成ではないのでパラは残念ながら席がありません。

妨害的行動が多い上、短時間に大ダメージを与えて止めなければいけないギミック等が多いため、今回は火力がないとどうやら話にならないみたいです。

昔からそうですが、常闇、聖守護者とそうなんですが、実は最強討伐については敵の強烈な攻撃よりも時間制限が一番の難関と言われています。
今回は特にそれが顕著になってるみたいです。

 

さて、自分自身戦ったわけではないので、ジェルザークについてはこのくらいでおいといて、
今回の聖守護者で大きな特需があったかといえば・・・・
思ったよりないような気がします。
敢えて高くなっても売れているものといえればブレス錬金したカテドラル装備でしょうか。この装備はセット効果にブレス耐性があるため、その装備と盾と宝珠でブレス耐性100%が可能になっています。
今回のジェルザークも耐性ないと一発で即死する威力のブレス攻撃があります。ブレス耐性は必須でしょう。ブレス100装備はジェルザーク以外でも役に立つ場所が多くあるため、聖守護者をやらない人ももっておいて損はない装備ではないでしょうか。

ただ、それがあるといってもあまり特需がおきているような雰囲気はないような気がします。

また、エンドコンテンツなので、消耗品類も高騰するかといえばそれもあまりありません。エルフの飲み薬も5万くらいにはなりましたが、常闇の新しいボスきたときのような1.5~2倍以上の高騰はありません。せかいじゅのしずくもメダルがダダあまりな現状、あまり変動ないみたいです。

ちなみにジェルザーク解禁と同時に天獄が開いたり、イースターイベの真っただ中だったりと、なぜか今回イベントが重なっている気がします。月末にはファラオの秘宝第2回が開催されますが、なんかイベントの間隔が最近偏っている気がします。

まあ、私はマイペースにすすめているので、あまりきになりませんが。
それより、いまだVer5の情報が全然でてこないのが不思議に感じます。いくらなんでもそろそろ次の世界の世界観がわかるような画像くらい出してほしいと思いますね。真パッケだろうから新職追加だったり、全く新しいコンテンツとかがあるはずと思いますが、全く情報がありません。

 

先週までのみちびき履歴結果

総周回数:9667
トルネコ:494 (5.11%)
ミネア :506 (5.23%)
テリー :507 (5.24%)
カンダタ:1617 (16.80%)

先週はミネアが1回しか出なかった反面、テリーが5回出たのでテリーのほうが遭遇回数多くなりました。
トルネコはGW中に500回を迎えそうです。
このところ、イベント含めてメタル招待券がやたら手に入るので、これを使って周回することが多いです。

まだ10000周には300周以上あるので、10000周達成は5月末くらいまで伸びそうな予感。

 

今日はここまで。では、また~

2019年4月16日 (火)

<ドラクエ10> イースターイベント

こんばんは。

今年の春イベントは妖精の国に関わるものであるが、タマゴというキーワードでわかる通り、イースターのイベントである。

エッグプリズムをもらい、この卵のドルボードに乗ると、フィールドのキラキラがイベント用のエッグに変わる。
五大陸はもちろん、レンダーシアなど対象外エリアでも対応している。
イベントの説明にある通り、五大陸では各色に対応した卵がでやすい。
それ以外のエリアではおそらく均等な確率でとれるのではと思われる。

初回は各色1個ずつもっていけばOK。ゴールドエッグとピアス装備がもらえる。
リプレイ報酬は例のいつものやつなのでやりたい人はリプレイするのもアリかも。

クエストクリア後は、特定の組み合わせの5つの卵をもってくることによって1回限りの報酬がもらえる。
(何度でももらえる報酬もあることはあるが福引券1枚なので、周回する価値は低い・・・)
とりあえず、固定報酬は福引券15、錬金石5、メタル招待券なので、もらっておいて損はないだろう。
エッグは取引できるほか、郵送も可。複数キャラでイベントをこなしたい場合は、余ったエッグを郵送するといいだろう。

また、キラキラからは5種類のエッグの他にゴールドエッグが稀に手に入る。
ただ、確率はかなり低めで、自分の場合、メインサブ合わせて50か所くらいはキラキラを取ったが、ゴールドは1回だけ。

ゴールドエッグはゴールドストーンや金塊などの換金アイテムやゴールデントーテム像などのゴールデン系の置物。
金色のアクセなどもあり、黄金のナスビナーラになれる衣装券もあるらしい。

出たものでかなりのあたりハズレがあるのだが・・・・

自分の場合はメインサブの入手した3種が、ゴールドストーン3、黄金のかけら3、ゴールデントーテム像
黄金の花びら数個や金塊10とか金のロザリオとかが当たりみたいですが、どうやら自分の引いたのは最低レベルのハズレぽい。
まあ、そんなものだ。

あと、もうひとつ注意点は、このイベントでキラキラを取得するとしっかり時間ごとに取得できるキラキラ上限のカウントに含まれること。
ようは45(だったかな)個とると6時間間をあけないと次のが取れない。
運が悪いとキラキラ上限まで探してもゴールドエッグが1つも入らないなんてことも十分ありそう。

まあ、期間長いので、気楽にやるイベントでしょう。交換報酬が今まさに4/15に追加されています。
報酬が基本Gで買えないものなので、やっておいて損はないと思います。

時期を考えれば、このイベントはヨーロッパのイースターですね。
かつてFF11で季節イベントとしてあってイニシャルエッグを交換してた記憶が。
ドラクエのは5種類しかないから全然楽だけど。

17日は聖守護者第3弾が解禁されるわけで、消耗品や一部の装備の値段が高騰する可能性もあります。
相場の動向がきになりますね。

 

先週までのみちびき履歴

総周回数:9625
トルネコ:491 (5.10%)
ミネア :505 (5.25%)
テリー :502 (5.22%)
カンダタ:1617 (16.80%)

先週は10の日を跨いでることもあり、かなり周回数あったのですが、トルミネテリー率がかなり低く、全体にダウン。
カンダタだけはやたらと出た。
なお、テリー500回目を4/12で達成していたのだが、冒険日誌用の撮影を忘れてしまい、日誌に掲載できず・・・・
とりあえず、次の503回目の写真を上げて500回達成記事をかくことになりそうです。

 

今日はここまで。では、またー

 

より以前の記事一覧