« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »

2012年2月

2012年2月29日 (水)

ドラクエの謎考察 その34

こんばんは。

ドラクエの謎、デマ、裏設定、仮説につっこむお話 第34回

・ドラクエの主要キャラの年齢考察PART3 (仮説、裏設定)

さらに続き

■7主人公

 物語の冒頭で16歳であることを告げられているので確定。クリア時24歳か。

■キーファ

 これまた18歳と明記されている。別れたとき20歳か。

■マリベル

 実はマリベルに関しては具体的な年齢が表記されていないばかりか主人公との年の差がわかる描写もない。ただ、行動パターンからして同じ年かと。すると16歳で、クリア時24歳か。

■ガボ

 オオカミとしての年齢がわからないが、話し方からするとかなり子供。10歳くらいか。人間体となった容姿もそのまんまオオカミ少年である。クリア時17歳くらいか。

■メルビン

 神とともに戦っていたり、ホットストーンに封印されているので、何百歳レベルであるが、実際には50歳くらいか。セリフの中に自ら年寄といってしまっていたり、やたらと若者との比較をすることからこのくらいかと。クリア時54歳くらいか。

■アイラ

 話し方からして成人は超えているだろう。23歳くらいと思われる。クリア時26歳くらいか。

■ボルカノ

 イラストやグラフィックから想像すると40弱と思われる。38歳と仮定。

■マーレ

 これもイラスト見る限りおばさん。ボルカノとは同じ年のように思われる。38歳と仮定

■ホンダラ

 ボルカノの弟。4歳くらい下ではないだろうか。34歳。

■ライラ

 ゲーム中17歳と明記されている。確定

■フォズ

 肉体的には12歳くらいか。だが、精神的(というか実年齢)は20歳は超えていそう。肉体12歳、実年齢24歳と仮定

■8主人公

 旅の途中でミーティアと同じ年であることがわかる。また、旅の途中でミーティアが18歳の誕生日を迎える。旅立ち16歳、クリア時23歳ではなかろうか。

■ヤンガス

 ブログに前に35歳と記載したが間違いであった。少年ヤンガスと不思議のダンジョンで、この物語がドラクエ8の20年前の話であることから、32歳で確定。(少年ヤンガスは12歳)。クリア時は39歳となる。

■ゼシカ

 パルミドの酒場で、主人公とゼシカは酒を断られる(ヤンガスとククールはOK)。このタイミングで主人公は17歳とおもわれる。ゼシカの主人公に対する話し方を聞くと年上のようなので主人公の2つ上、19歳ではなかろうか。であったとき18歳、クリア時25歳くらいと思われる。

■ククール

 上記パルミドの酒場での扱いから21歳かと。クリア時は27歳くらいか。

■ミーティア

 主人公と同じ歳、旅の途中で18歳を迎える。旅立ち時16歳、クリア時23歳とおもわれる。

■トロデ

 風貌はモンスター姿でも、エンディング時と大きく違わない。50に届くかとどかないくらいの年齢として48歳と仮定。

■マルチェロ

 ククールより5歳くらい上か。26歳。ゴルド崩壊のときは31歳か。

■モリー

 少年ヤンガス時30歳、8で最初にあったとき50歳、ラプソーン撃破の頃56歳くらいと思われる。

■ゲルダ

 ヤンガスより1つ年上のように思われる。であったとき34歳、ラプソーン倒したあと、約束通りにヤンガスがゲルダに会いにいっていたら40歳か。

今日はここまで。では、またー

2012年2月28日 (火)

ドラクエの謎考察 その33

こんばんは。

ドラクエの謎、裏設定、デマ、仮説に突っ込むお話し 33回目

・ドラクエの主要キャラの年齢考察PART2 (仮説、裏設定)

前回の続きです。

■5の主人公

 これは確定設定となり、幼年期6歳、奴隷解放が16歳、グランバニア到着時20歳(結婚はおそらく19歳と思われる)石化からもとに戻ったときが28歳。妻を救出したのが30歳。その後1年以内にミルドラースを倒しているでしょう。ということでクリア時31歳。ただし、肉体年齢は石化8年分をさしひくことになる。(妻救出時22歳、クリア時23歳)

■ビアンカ

 ビアンカは主人公の2つ年上であることははっきりしている。つまり、幼年期8歳。主人公と結婚した場合、グランバニア到着で22歳、石化解除で32歳、クリア時33歳ということに。肉体年齢は石化10年を差し引くので22歳、クリア時23歳で主人公と同じになる。結婚しない場合、実年齢も肉体年齢も同じなので、石化解除後にビアンカと再会すると肉体的には10年年上になってしまう・・・

■フローラ

 フローラの年齢はゲーム中に描写がない。ただし、主人公と同じくらいというのが一般的な見方とされる。すると、サラボナで主人公とであったとき19歳前後、主人公と同じであろう。結婚した場合グランバニア到着20歳、石化解除で30歳、クリア時31歳。肉体年齢は主人公より2歳年下となる。

■デボラ

 デボラがビアンカの話をする際に年下のような言い方をするため、ビアンカの1年上、主人公の3年上と仮定する。結婚した場合、グランバニア到着23歳、石化解除時33歳、クリア時34歳。石化10年さしひいた肉体年齢は主人公より1歳年上となる。

■レックス

 主人公を石化から解き放つとき8歳。妻救出時10歳は確定。クリア時11歳。

■タバサ

 レックスと双子なので同じく、8歳。妻救出時10歳、クリア時11歳

■サンチョ

 パパスの時代から従者で、マーサの駆け落ちのときにすら同行していたので、その時を仮に28歳とする。主人公生まれたとき30歳。幼年期の同行時36歳、グランバニアで再会するとき50歳。石化解除後58歳、妻救出時60歳、クリア時61歳。仮定だがこれくらいではなかろうか。三世代仕える従者というのもよく考えたらすごい。しかも最後まで現役である。

■パパス

 6歳の子持ちでパパスの容姿は30代に見える。勝手に32歳と仮定。残念ながらストーリー上死亡してしまうため享年も同じである。

■ピピン

 グランバニアについたときはまだ子供。しかし、石化から戻ったときは、兵士になっている。かなり若い。石化解除直後は18歳くらいだろうか。妻救出時20歳、クリア時21歳

■ヘンリー

 主人公と同じではなかろうか。神殿脱出時に16歳、ラインハットの事件を解決して別れたときが17歳くらいと思われる。再開時30歳、クリア時33歳

■コリンズ

 コリンズは確実に主人公の双子より年下である。というのも、妻が双子を生むときにはまだヘンリーとマリアは結婚していない。仮に主人公が石化した頃に結婚して子供を産んだとしても2年くらいあとではないだろうか。よって、レックス・タバサ兄妹の2つ下と仮定する。再開時6歳。妻救出時8歳。クリア時9歳。

■マリア

 描写だけでははっきり断定できないが、感覚的にはヘンリーよりは1年下ではなかろうか。神殿脱出時15歳。ヘンリーと結婚するのは20前後かと。クリア時は32歳

■6主人公

 6のキャラは設定でわかっているのは主要メンバー(アモス除く)で最年長がミレーユ、最年少がチャモロ、主人公はバーバラと同じ年ということだけ。旅の途中で、主人公をおにいちゃんと呼ぶターニアが16、ランドが17。「ドラゴンクエスト冒険の歴史書(25thアニバーサリー)」の6の主人公の説明に17歳と明記されている。これは公式だろう。

すると旅立ち17歳、クリア時23歳が妥当か。

■ハッサン

 主人公よりはかなり年上だが、ミレーユより下。ガンガンの非公式設定は21歳だが、これで正しいのでは。クリア時27歳

■ミレーユ

 非公式設定22歳。最年長確定(公式)まあ、このくらいか。クリア時28歳

■バーバラ

 主人公と同じ(これは公式)のため、17歳。クリア時23歳

■チャモロ

 非公式設定15歳。最年少確定(公式)につき、これでだいたいあっているだろう。クリア時21歳

■テリー

 ミレーユとテリーの年の差がいくつかが気になる。非公式設定では17歳だが、これだと5年離れている。ガンディーノの過去を考えるとアリか。クリア時23歳

■アモス

 堀井雄二氏が「30代」とのこと。容姿、DS版のセリフから31歳と仮定。クリア時37歳

■ターニア

 ゲーム中にセリフで16歳確定。本物(下の世界)のターニアはクリア時19歳くらいかな。

■ランド

 これもゲーム中のセリフで17歳確定。クリア時20歳

※6キャラについてはちとあとから修正いれてます

今日はここまで。では、またー

2012年2月25日 (土)

ドラクエの謎考察 その32

こんばんは。

ドラクエの謎、仮説、デマ、裏設定に突っ込むお話し 第32回

・ドラクエの主要キャラの年齢考察 (仮説、裏設定)

ドラクエのキャラクターには意外と年齢不詳な者が多い。まわりのセリフやナレーションから判断できるケースもあるが、わからないものも多い。というわけで、キャラの年齢を考察してみる。また、ゲーム開始とエンディング時点での年齢は違うはずで、この点は謎考察20で記載したもので考える。

■1の主人公

 ドラゴンクエスト1はRPGの黎明期につくられ、設定がかなり王道なものであった。このころのRPGの主人公はなぜか16歳というのが多く、それをあてはめると16歳かと考えるがちょっとまて。ドラクエ1ではあの有名な「ゆうべはおたのしみでしたね」がある。また、唯一の一人主人公であり、剣神ドラゴンクエストの主人公と同一とされている。他のシリーズの主人公よりは年上でなかろうか。私の仮説として19歳としたい。竜王を倒し、ローラ姫と旅立つときは、23歳となる。

■ローラ姫

 1の主人公に照らし合わせるとローラ姫は主人公のひとつ下くらいだろうか。となれば18歳である。主人公と旅立つときは22歳

■ローレシアの王子

 2はイラストを見てもかなり年齢低そう。15,16くらいだろうか。1のところでも記載したが、16歳というのがこの時期のRPGの主人公の定番であり、素直に16と考えてみる。シドーを倒したときは21歳くらいになっているか

■サマルトリアの王子

 サマルトリアの王子は言動から見るに、ローレシアの王子よりは下ではなかろうか。なので15歳としてみる。クリア時は20歳

■ムーンブルクの王女

 ローレシアの王子と同じではなかろうか16歳。クリア時は21歳

■3の主人公

 これはオープニングではっきりと16歳と明記されているから確定。ゾーマを倒し伝説になるときは22歳であろう。

■オルテガ

 16歳の主人公の父親だが、FC3のあの恰好と、SFC版のグラを両方成立させられると考えると40歳と仮定。ゾーマの城でキングヒドラに敗れてしまうときは46歳か。

■ソロ、ソフィア

 これは最初の山奥の村でセリフで17歳であることがきける。確定。クリア時は22歳か。

■シンシア

 幼馴染で同世代らしい(容姿がエルフっぽくて単純比較できないが)ので17歳とする。エンディングまで死んでいるため、最後の再会でも17歳のままであろう。

■アリーナ

 非公式ではあるが、小説等では旅立ち時15歳とされている。2章-5章間が2年、勇者と合流しラストまで4年と考えたい。デスピサロ倒すころは21歳か。

■クリフト

 小説等ではアリーナより2歳くらい年上とのこと。故に17歳。クリア時は23歳か

■ブライ

 非公式なものでは70歳、80歳というものがある。しかし80ではまともに主人公たちと同じ道中は耐えられないだろう。70歳と仮定する。それでもこれだとクリア時は76歳ということに。

■トルネコ

 トルネコは小説版では、36歳。3-5章間が2年。あとは4年でクリア時42歳ってとこか。4ではポポロ5歳らしいのでトルネコ3時点では43歳ということになる。

■ネネ

 あくまで結婚当時のネネはFC版が正しいとしたい。3つくらい年下で33歳と仮定。トルネコ3のときは40歳であるが、謎考察の仮定を踏まえて不思議のダンジョンから持ち帰った秘宝の力で身体的には21歳(Vジャンプの設定)に若返ったものとする。

■ポポロ

 5歳。トルネコ3では12歳になっている。これは確定

■マーニャ

 マーニャとミネアはよく双子と勘違いされるが、双子ではない。小説版の20歳は妥当か。20歳で仮定。4章-5章間はほとんど期間なく、4章全体と勇者にあうまで1年とすると、クリア時は26歳

■ミネア

 マーニャの2歳下ということで18歳。クリア時は24歳

ちと書ききれないから、次回に続きます。

今日はここまで。では、またー

2012年2月24日 (金)

ドラクエの謎考察 その31

こんばんは。

ドラクエの謎、仮説、デマ、裏設定に突っ込むお話し 第31回

町の中に、悪魔の壺や井戸魔神がいて危険じゃないのか? (謎)

普通の町の普通の家のツボだの本棚だの井戸だの宝箱などを調べると当然のように出てくるトラップモンスター。人によってはその不意打ちで死者が出るなどただ事ではすまない。なんでこんなものがあるのか?

壺と宝箱は防犯用であることも考えられる。だが、これは持ち主を識別できるのか?できないなら主が殺されてしまう事故が多発してとても無理だろう。ということで、家の中にあるものはその主人に危害を与えないようにされているに違いない。案外ドラクエの世界では、防犯用ミミックとか防犯用ツボックとかが売っているのかもしれない。井戸魔神もそうだろう。少なくともその町の人々は使うのだからそのたびに襲われるのでは話にならない。

しかし、ドラクエの主人公一行は新しい街や村につくとまず町の隅済みまであさり、タンスを開け、ツボを割り、本棚を物色する。どこをどう見てもその家の所有物に違いない宝箱を開け、堂々と中身をくすねていく。あんた、何様だ?

世界を救ってくれた勇者であっても苦笑いするにちがいない。ましてや見知らぬ人なら泥棒そのもの。それこそミミックや悪魔のツボに殺されても文句は言えない。ダンジョンの宝箱は当然罠としても、ホームセキュリティグッズとして、定評があるのかも。

ドラクエ5で山奥の村でビアンカに再会する直前に悪魔の壺で昇天してしまった人いませんか?6で狭間の世界で弱くなっているときに壺を調べて全滅した人いませんか?7で本を読もうとして頓死した人いませんか?パンドラボックスで全滅しませんでしたか?

悪魔の壺やミミックはドラクエ世界では身近なものなのかもしれない。

ぱふぱふとは (謎

ぱふぱふとはなんぞや。一般的には顔をオッパイではさんでするセックスプレイのことだが、ドラクエでは「ぱふぱふ」としか表現していない。まあ、こどももプレイするゲームなんだからという表向きセックスシーンを出すのはまずいという理由があるのだが。しかし、直接の描写はなくともドラクエの中にはあきらかにエッチしちゃってるシーンが存在している。1の「ゆうべはおたのしみでしたね」や5のビアンカと結婚したときのアルカパのイベントはその筆頭だろう。7のエンディングではマリベルやアイラがいなかったらアルスはグレーテ姫とヤっちゃっていた可能性もありそうなシーンがあった。1などはカタカナ1文字をけずるとかけずらないとかでメモリを削減しようとしていたのに、「ゆうべはおたのしみでしたね」は削除することはなかった。これこそ大人の事情ってやつだね。

しかし、ドラクエのぱふぱふは殆どがウラというかオチがある。3は男だし、5や6は化粧してもらうだけ。8に至っては目隠しされた状態でスライムでぱふぱふされる。ぱふぱふを受けるキャラによって反応が違い、当然見破っている者もいる。7はカジノで行われるが、これもどうみてもセックスプレイではない。ここでやってもらったときのセリフからカジノで勝ちやすくなるとか確率変動がおこるとかいうデマもあった。

小学生のときにドラクエをプレイしてぱふぱふってなんだろうと思っていた人もその数年後にはわかるものである。

今日はここまで。では、またー

2012年2月23日 (木)

ドラクエの謎考察 その30

こんばんは。

ドラクエの謎、デマ、裏設定、仮説に突っ込むお話し 早くも30回目となりました。

・ドラクエの世界は現実の地球でいったらどのくらいの時代であるのか

ドラクエは登場当時は王道のファンタジーRPGとしてリリースされました。当時の典型的な時代背景はだいたい中世である。

ところが、どんなRPGでも「中世」というには時代錯誤なものが存在する。それをいくつかピックアップしてみる。

■キラーマシンを筆頭とする機械モンスター

キラーマシンとその亜種、からくり兵など、いわゆるロボットがでてくる。当然これは時代にあったものではないだろう。古代に作られたということだが、どうも古代というのは最先端の科学が栄えていた文明だろうか。

■ジパング

ジパングは当然日本をイメージしているが、3のジパングは明らかに中世というより古代である。ヒミコがいるのだから弥生時代か。ただ、町の風景からみると奈良時代くらいかもしれない。ただ日本の中世にあたる、室町~江戸時代ほど新しくはないようだ

■カジノのある街

少なくとも機械仕掛けのスロットマシーンやビンゴは中世にはないだろう。一方で闘技場は古代から存在し、人間が戦うところもあった。ポーカーをするトランプカードは中世以前はタロットカードが原型として存在した。4つのマークはそれぞれ剣、カップ、コイン、バトンに対応した小アルカナといわれる数字の札が存在している。大アルカナが一般的にいわれるタロットカードである

■エレベーター

ドラクエ4に多い、上にのると上下する床。電気じゃなくて魔力で動いているんだという説がよくあるが、エレベータだと中世にあるのはヘンだな。7にも空中をういている床やエスカレータのような可動床がある。

■シャークアイの海賊船

この船には大砲が備え付けられている。大砲が船に装備されたのは中世といってもかなり後のほう。この時期になるといよいよ銃が出回る時期。

■トロッコ洞窟

忘れている人も多いとおもうが、トロッコ洞窟の最後に機関車に押し出されて天空城へのルートに走っていくシーンを覚えているだろうか。蒸気機関車が生まれたのは産業革命期の時期である。もちろん、あんなテクニカルなレール配置やポイントがあるような構造の線路も近代以降である。

■天の箱舟

神の船といえば聞こえはいいが、これはどう見ても列車。運転操作もボタンでやってるあたり、中世の時代にあうものではなさそう。空飛ぶ列車ということで元ネタは多分銀河鉄道999であろう。

■バリア床

高電圧鉄線が引きつめられた床にしか言えないバリアの床。もちろん、魔法的なものかもしれないが、ダメージ音を聞く限りこれは電気である。電気を帯びた魔法の床だといわれてしまえば身も蓋もないが。

ただ、これらの例外はあるものの、全体的な世界観は中世をイメージしているのだろう。剣と魔法の世界の物語を設定する場合、このぐらいの時代背景が一番あっているからか。

今日はここまで。では、またー

2012年2月22日 (水)

ドラクエの謎考察 その29

こんばんは。

ドラクエの謎、デマ、仮説、裏設定話 第29回

ドラクエの世界の神とは (設定)

ドラクエの世界にも宗教が存在し、神だ悪魔だといる。中には神そのものと対決をしたり、であったりするものがある。ではこの世界にて崇拝されている神とは何か。

1.ロトシリーズには2を除くと意識して神の存在はなく、1でも「教会」の存在も強くない。キャラが倒れると棺桶になり、教会で生き返らすといっても1は一人だからそれすらない。宗教観が一番薄いのは1であろう。

2.ハーゴンが邪神シドーを崇め、邪神の教団を軍団に編成して世界を征服しようとしている。2から、教会が死者復活、呪いをとく、そして復活の呪文を聞く(つまりはセーブポイント)となる。ちなみに外国では十字架といったキリスト教のシンボルはゲームで扱えないところもあり、シンボルマークが違っていたりする。一方、勇者側にはルビスの加護があるが、このルビスの存在は神というより精霊のような感じがする。

3.ゾーマは大魔王。したがって神ではない。人間サイドからみてもそれほど宗教観はなく、教会の設定があるくらいか

4.天空シリーズはマスタードラゴンがこの世界を統治する神として君臨する。主人公たちはやがて神であるマスタードラゴンに会うが、主人公の両親のうち、父親は雷に打たれ死亡(マスタードラゴン本人によって行われたor否の説あり)、母親は天空城へ強制的に連れ戻された。よくよく考えたら、マスタードラゴンのいうままにデスピサロを倒しにいける心情だったのだろうか。(ただ、この時点では本人がまだ気づいていないかもしれない)

5.引き続きマスタードラゴンが神だが、4のときの威厳は微塵もない。人間になって地上に降りて遊んでるばかりか、トロッコ洞窟で20年無限ループにはまっている間に、天空城を湖に沈められている。結局主人公たちに救われる形となり、借りがあるのか、天空のベル1本で呼び出すことができる。しかし、神である彼はミルドラースやゲマ、イブールとは一切戦ってくれない。一方、「光の国」教団があるが、これはミルドラースを敬う邪教である。悪の新興宗教のような手段で人々をあつめ、あるいは誘拐して奴隷にしたりと悲惨極まりない。ただ、ミルドラースは神ではない。大魔王だが、元人間でる。

6.ゼニスの城が神の城ともいえなくないが、この時にはまだマスタードラゴンはいない。はっきりとはしていないが、6のエンディングの卵から生まれるのがマスタードラゴンという説もあるが、いずれにしても、6の時代ではゼニスが神であろう。

一方、悪魔を召喚しようとしてダークドレアムを呼び出して滅んでしまう国もあるが、ダークドレアムは神でも邪神でもないであろう。異形の存在、いってみれば「魔神」か。

7.これはおもむろに神がいる。代々神の復活の儀式を行うユバール族の存在や神殿があったりする。だが、本編ではそれらをすべてオルゴ・デミーラに利用され、7の世界の住人たちは地上を封印されて、アルス達が解放するまで神と信じていたのだろう。神とともに戦ったメルビンもいるが、神自身と戦えるのも7だけ。なお、7のサブタイトルがエデンの戦士とあったり、ストーリーの元ネタが聖書にまつわるものが多いなど影響を受けている。

8.サヴェッラ大聖堂や聖地ゴルドなど宗教色が非常に濃い部分がある。BGMも教会音楽であるため、十字架がなくともキリスト教のにおいぷんぷんである。法王や大司教といったもの、修道院の存在など、隠しようがない。対する敵のボスは暗黒魔神ラプソーン。これもキリスト教感から言えば異端の神、つまり英語でDEMONという存在である。

9.主人公が天使。といった時点で神が存在する。しかし、ここでの神、グランゼニスはすでに存在しない。天上の神の世界があるが、本編クリア後に女神セレシアに会えるもの、グランゼニスはそれぞれ精神や力をボスモンスターにかえ宝の地図の最深部にいる。教会はあるが、シンボルマークが変えられている。

今日はここまで。では、またー

2012年2月21日 (火)

ドラクエの謎考察 その28

こんばんは。

ドラクエの謎、裏設定、仮説、デマについて突っ込んだ話をすること 第28回

モンスターに「めいれいさせろ」 どうやってコミュニケーションとるのか?(仮説)

ドラクエで仲間モンスターに唯一直接行動を命令できるのは5、6だけである。モンスターズやバトルロードは作戦指示は出せるが直接行動レベルまで指示できない。ではどのように行うのか

■スライム系

 スライム系は案外頭がよく、人語をしゃべる。5で仲間モンスターと会話するとわかるが、少なくともスライムナイトやキングスライムを筆頭に呪文を使うスライムはたいてい会話する。人語が理解できるのなら作戦指示も理解できるだろう。メタル系のほうがあまり会話が成り立っていないような・・・・だから仲間にしづらいのだろうか

■悪魔系

 ミニデーモン、メッサーラ、アンクルホーン、ヘルバトラー、ライオネック、アークデーモン。この辺の悪魔系はさすがに賢さが高いのか人語をしゃべり理解できるのかも

■ヒューマノイド系

 ブラウニー、イエティ、ビッグアイ、エンプーサ、まほうつかい、ほのおのせんし、オークキング、アームライオン、ホークマン、ネーレウス、ブリザードマン、エリミネーター、ケンタラウス、ソルジャーブル、プチ~、コロ~、シュプリンガー、エビルマスター、ギガンテス。

 これは人間型故、少々バカな話かたするのもいるが、基本人の言葉を理解できる。

■アンデッド系

 くさった死体、さまようよろい、ゴースト

 元人間は死んでも人間の言葉で会話をしてくる。腐った死体は脳みそも腐っているはずだが、ちゃんと話はできるのは不思議だ。

■ドラゴン系

 ドラゴンキッズ、ドラゴンマッド、グレイトドラゴン

 さすがにこいつらは鳴き声でしか反応しない。ただ、比較的なつきやすいのか、ある程度賢さが上がればちゃんと命令を聞いてくれる

■動物系

 キラーパンサー、ドラキー、クックルー、キメラ、プリズニャン等

 動物も基本的にはペットと同様だろう。ちゃんと調教すれば意のままに指令できる、はず。人語を話す奴もいる。

■無機質系

 ゴーレム、パペットマン、爆弾岩、メガザルロック、踊る宝石

 これも人語をしゃべるやつがいる。ただ、ほとんどしゃべらないのもいる。爆弾岩のセリフは結構不気味。踊る宝石は唯一賢さが命令できる水準まで上がらない。賢さの種必須。なにを言っているのかわからない。さすがにモンスターの心をとらえるの能力の一番高い5主人公もコイツだけは手こずったようだ

■エビルアップル、ガップリン

 おいしく食べないでねとかのたまうリンゴのモンスター。というわけで人語は理解できるようだ。エビルアップルはもう少しレベル上限が高ければよかったのにと思う。ちなみにこれらリンゴ系の攻撃のとき、リンゴをかじる音がする。ちょっとまて。リンゴをかじっているのではない。リンゴがかじっているのだ。

■植物系

 ダンスニードル、おばけきのこ

こいつら、人語しゃべる。普通に会話できる。というわけで問題なしか。

■キラーマシン

 機械である。会話しても機械語(?)の音がするだけで、普通の人は理解不能。だが、5の主人公はこんな相手でも会話できる。機械の意識の部分はコンピュータだろうか。そうすると言語はプログラム言語かOSコマンドか...こういったシステムなら、命令するには権限がなければ従うはずがない。キラーマシンが仲間になるというのは、攻撃でコンピュータに衝撃を与えた結果外部からの命令の権限がなくなった、もしくは無意識に主人公たちの言った言葉がパスワードとして通用したのかのどちらかであろう。キラーマシンの頭脳がコンピュータでその知識はメモリなりDBのようなものに蓄積するのであろうか。主人公はキラーマシンに指示をするとき、どう話すのか。まさか

UPDATE ROBBIN_PLAN

             SET  BATTLE_COMMANND = 'たたかう'

                     BATTLE_TARGET = 'ゲマ' ;

とかいっているのではあるまい(爆) あ、脱線した。

というわけで、今日はここまで。では、またー

2012年2月20日 (月)

ドラクエの謎考察 その27

こんばんは。

ドラクエの謎、デマ、裏設定、仮説に突っ込んだことを書き連ねて その27

種や木の実でどうして強くなれる? (仮説)

力の種、素早さの種、賢さの種、命の木の実、不思議な木の実、スタミナの種、ラックの種、うつくし草、スキルの種、魔力の種、信仰の種・・・・・ 何もしなくても「食べる」だけで強くなれるアイテム。本当にそんなことはあるのか

一般的にクスリで強化するような行為は、ドーピングであり、現実の世界では副作用もあるためあまりよろしくないとされる。ところが、ドラクエ世界では薬ではなく種や木の実である。もちろん、現実の世界には麻薬になる植物とかあるからすべてがそうではないといえるが、少なくとも毒ではないのであろう。

となれば、魔力を帯びたもので希少価値がとても高いものであるのか。

実際に、カネで種や木の実は買えない。シリーズによってはとんでもなく入手確率が低く、種や木の実を集めてオールMAXにしようと企んでも挫折するのがオチである。

ただ、種1個食べても劇的に能力が上がるわけではない。長い期間すこしずつ食べていくとやがてちりも積もればなんとやらで、かなりの効果がでる。  こう書くと、別に普通にありえることだろう。となれば、種や木の実は希少ではあるもの、決して人知を超えたものではないと思う。

ちなみに種・木の実類をもっとも手に入れやすいのはラッキーパネルで入手可能な7か。(ザコ敵もそれなりに落とす奴いるし)。3~5も現実的な確率で敵が落とす。逆に6や8では種、木の実類は落とす奴も少ないし、確率は256分の1ばかり。9はwifiで入手できるほか、ホイミテーブルの解析で確実にドロップさせる手法が確立している。

モンスターの心とは (仮説)

ドラクエ7ではモンスター職になるためにモンスターの心を手に入れなければならない。モンスターの心をかわすことによってそのモンスターになりきる=モンスター職につくということだろう。だが、何故モンスターの心を知るために倒さなければならないのだ?

個人的には魔物使いあたりに「モンスター心をつかむ」みたいな特技があって、それに成功したら手に入るようなシステムにしてほしかった。カジノや宝箱から心が手に入るのはあまりにも変だ。

だが、設定上はドラクエ7でモンスターの心をゲットするのは、ドラクエ5でモンスターが立ち上がるのと同じ理由であろう。戦いによって心を通わした結果、心をゲットできるのだ。

製作者はドラクエ5で「モンスターを手に入れる」瞬間であるモンスターが立ち上がる興奮を、7の世界では「スキル入手」のための「心の入手」をつなげて考えたと思われる。当然、簡単に手に入るものからマゾ仕様といっても過言ではないものまである。

最下級職であり、使える特技をもつ多くの上級職の前提条件にあるダンビラムーチョは意図的に設定したに違いない。コイツの心はカジノや宝箱、イベント等では一切入手できない。唯一の手段、ダンビラと対戦して勝利したときのドロップだけである。さらに強さも中途半端で、高レベルになると熟練度が上がらないエリアにいて、メタル系などの稼ぎ用のモンスターもいない。早いうちに心を手にいれられないと、心を手に入れるためだけの延々とした作業をやらされることになる。地味にいやらしい仕様である。

故に、ダンビラムーチョの心を求めて過去ハーメリア地方もしくは世界一高い塔の低層では大虐殺がおきているのである。運が悪いとダンビラの心を集める過程で撃破数が999になってしまう。ドラクエ5のはぐれメタルを仲間にする試練の再来である。

今日はここまで。では、またー

2012年2月19日 (日)

ドラクエの謎考察 その26

こんばんは。

ドラクエの謎、デマ、仮説、裏設定について語る 第26回

ドラクエの乗り物考察 (仮説)

ドラクエにもいろいろな乗り物がでてくる。今日はこれについて書いてみる

■船

ドラクエ2以降必ず登場する乗り物で、もちろんその目的は海や川といった水上を移動するための乗り物である。

しかし、船ひとつとっても、入手経路や存在は全く違う。2や3は普通に手に入れる普通の船である。4は4章の最後に乗るのは定期船、5章で乗るのはトルネコの所有船(この事実を知らない人は多い)5はルドマンから譲り受けた船。ストレンジャー号という名前がある。6章はゲントの村で神の船として借りているもの。さらに人魚の力をつかってあわあわ船という潜水艦にまでなってしまう。7はキーファが秘密の場所に隠した小型の船だが、後半はシャークアイ率いるマル・デ・ドラゴーンの海賊船である。8の船が一番謎である。手に入れる方法も他のシリーズと全く違う。9は原点にもどったのか、普通に譲りうけた船。

■馬車

馬車は4~6で登場。いずれも馬車のいるところで戦闘した場合、戦闘中に馬車のメンバーと入替が可能。シリーズによっては馬車の中まで全体回復が届いたりするのもある。パルプンテで暴れることもある。6は後半ペガサスとして空飛ぶ乗り物になる。8は機能としての馬車はなく、呪われたミーティア姫と同行する形で馬車がある。

この中でも5の入手法が酷い。たったの1000Gである。安すぎる。とおもえば8でパルミドで盗まれたときにも売りとばされた金額が・・・ミーティア姫いとあわれ

■ラーミア

3の空飛ぶのりもの。鳥である。FC版ではグラフィックが貧弱だったため、ヒヨコなどともいわれたがSFC版ではかなり鳥らしくなった。リメイクされたドラクエ1・2・3ではオープニングタイトルの最後に出てくる。ここまでくると神鳥といっても過言ではない。だが、ラーミアといったら「おおぞらをとぶ」だろう。あの曲は素晴らしい。

■気球

4の空飛ぶ乗り物。気球だが熱気球ではない。「空気より軽いガス」を詰めてとんでいる。つまり、これは飛行船に近い構造である。しかし、そのガスの入手先が封印されしエスタークの神殿というのが謎である。ちなみに、この気体、ヘリウムだろうか?水素だろうか。現実の世界でも水素とヘリウムは圧倒的に水素のほうが安い。初期の飛行船は水素の飛行船が多く、たびたび爆発事故を起こしていた。まあ、ここではヘリウムなのだろう。ちなみにドラクエシリーズで最も遅い空飛ぶ乗り物である。イメージ通りである。

■空飛ぶ絨毯

ファンタジー世界では割とメジャーな空飛ぶ乗り物であるが、ドラクエでは5が初出である。魔法の絨毯は飛ぶというよりは浮いている乗り物であり、平坦な地上や水上を飛べる代わりに山や森を乗り越えられない。

■天空城

なんと5では天空城そのものを空飛ぶ乗り物として使える。かくしも神であるマスタードラゴンの居城である。それを勝手に操作しうごかすことができるのだ。しかも天空城はちゃんと内部も歩き回れる。しかし、空を飛ぶといってもスピードは遅い。着陸するには大きなスペースを必要とする。ちなみにこのあと間をおかず天空のベルを手に入れるので使う期間は短い。

■マスタードラゴン

いくら地上の英雄といっても天空のベル1本でまるでタクシーを呼ぶかのごとく主人公にこき使われる様はとても神ではない。5のマスタードラゴンは相当平和ボケしているのか、やたらと俗っぽい性格。ちなみにマスタードラゴンに命令するシチュエーションがあるのは5の主人公とミレーユだけだ。

■飛空石

「ひくうせき」と読む。漢字が一発で変換できない。多くのひとが必ず1回は飛行石と間違える。その形は空飛ぶジャガイモと形容されるようなデザイン。ドラクエ7ではこの空飛ぶ乗り物である飛空石にのる時間は極端に少ない。現代しか使えないうえ、移動はルーラを使ったほうが楽な場合も多い。これでしかいけない場所も少なく出番があまりない。

■神鳥の魂

8の乗り物はよく間違えることだが、レティスでもラーミアでもない。神鳥の魂と一体化し、自らが空を飛ぶのである。それにしても8の飛行シーンは美しい。

■天の箱舟

本編クリアするまではこれで好きな所に飛んで行けることはない。クリアあとのあるイベントをおわらせると天の箱舟の行先を自分できめることが可能になる。

■キラーパンサー

8でのみ登場する特殊な乗り物。スピードが倍になるが、モンスターとエンカウントするし、呼び出せない場所もある。

■空飛ぶベッド

6の夢の世界で登場する。上の世界限定の魔法の絨毯である。これを手に入れるイベントは少々悲しげな内容である。

■ひょうたん島

ひょっこりひょうたん島・・・ではないが、ジャミラスの住城にいくために乗る。自分でも動かせるようになるが、ほとんど使うことなく放置されるであろう。

今日はここまで。では、またー

2012年2月16日 (木)

ドラクエの謎考察 その25

こんばんは。

ドラクエの謎、仮説、デマ、裏設定などに突っ込む話 第25回

ふくろの存在 (謎)

ドラクエ6以降、持ち物を袋にいれることにより、大量の持ち物を預けることなく持ち歩くことができるようになった。実に武器や鎧を数十人分いれても、4~8名でもってまわることができるのである。なぜ、そんなにたくさんの持ち物をもてるのか

一番都合がよく解釈されている説はなんといっても四次元ポケット説でる。ドラえもんのポケットにほぼ無制限にものをいれても場所も重さもとられない。

預り所が存在したSFC5以前のドラクエ経験者であれば、常に各キャラに持たせている持ち物に気を使ったものだ。いらないものを捨てようとして「それを捨てるなんてとんでもない!」と怒られた人も多いはず。それをたったひとつの袋で解決できてしまっているのだ。ただし、これ、9を除くと袋は各キャラの持ち物とは別に配置されており、戦闘中は袋の出し入れができない。それを考えると4~6は馬車においてある倉庫のような存在ともとれる。四次元ポケットでないと説明がつかないのは7以降であろう。9にいたっては武器についてはなんと4人が共用で戦闘中も使えてしまう。戦闘中は戦闘現場の床に武器がずらりとならべられているのだろうか?

持ち物を最大に持てるのはPS2版の5であろう。他のシリーズが99個に対し、PS2の5だけは999個(!)である。世界樹の葉やエルフの飲み薬がそんなにたくさんあったら、無敵の存在である。

とはいえ、冒険者でなくてもこのふくろ、あったらさぞかし便利であろう。

・ドラクエ世界の銃 (デマ)

ドラクエ世界はナンバリングタイトルの中ではない。しかし、7で海賊船は砲撃するので、銃があってもおかしくない世界観である。

当然、主人公サイドが銃火器を扱うことはないのだが、ドラクエ2に銃が存在するという裏設定とデマが存在した。裏の武器、レアアイテムなどいろいろな説がありゴールドカードを持っている状態でもう一度ゴールドカードが当たるともらえるとか、ゲームクリアあと、特定の場所にある武器やアイテムなどを持ち込むともらえるというもの。クリア後だから、復活の呪文を聞いて終わらなければならない等条件があった。

6や7でもガンマンとかガンファイターとかいう職があって、銃が扱えるとかいう裏設定があったとかないとかいう噂。

ファンタジー世界の銃は存在したとしてもかなり弱い存在にされている。しかし、暗殺の武器として使われるケースはあるにはある。シミュレーション系では射程の長い武器として確立されているケースが多い。銃火器はスライムもりもりドラゴンクエストで採用されたが、やはり銃が存在して問題ない世界観でないと出てはいけないアイテムなのであろう。

よく考えたらラスボスを銃で撃ち倒したとしたらなんか違和感がある。ゾーマやデスピサロを銃で撃ち殺したとしたらなんかむなしい。5のゲマはパパスの剣でとどめをさした人が多いだろう。やっぱり、しかるべき武器で因縁の相手を倒すというのがストーリーイメージ的にも正しいとおもわれる。まあプレイヤーの感じ方如何でありますが。

今日はここまで。では、またー

2012年2月15日 (水)

ドラクエの謎考察 その24

こんばんは。

ドラクエの謎、裏設定、デマ、仮説について書き連ねる 24回目

勇者ってなんだ? (仮説)

勇者、かつてドラクエの主人公キャラクターは勇者かその子孫であった。しかし、5から主人公が勇者でなくなり、8以降は勇者の存在自体がなくなった。そもそも勇者とはなんぞや。

ロトシリーズは3の主人公がゾーマを倒して元祖勇者ロトとなり、そのまま時間を経過し、1主人公は「勇者の末裔」、さらに1主人公が起源となる建国した3つの国にロトの血を引くものがつづく。3のところで話したが、3主人公は決して最初から勇者ではなく、普通の人が勇者の職をついでいき、ゾーマを倒したことによって伝説になった。ただし、ロトシリーズでは勇者の能力という形では血統として続いていない。職として勇者がつづいているが、それも1まで。2はロトの血こそ引いているが勇者の専用技や魔法などはない。

天空シリーズのうち4と5ははっきり血統で勇者が存在している。だが、天空の勇者は、なぜか天空人と特別な能力を持つ地上人と結ばれてなるという。勇者の優性遺伝子は天空人側にあるらしく、それゆえ5主人公側に勇者の血はなく、妻側にあったため、子が勇者となった。4主人公も母親は天空人、父親は死亡しているが地上人であった。

問題なのが6の主人公である。6では誰でも勇者になれる。職業としての勇者として。ここで天空の勇者の血が主人公は強く流れていると考えたい。彼だけが勇者に転職する条件が緩い。

7の世界では勇者の血は相当薄まっている世界といっていい。主人公だけが特別勇者になりやすい存在ではない。しかも、7主人公は海賊と王妃の子あるいは漁師夫婦の子である。水の精霊の加護をうけているが、勇者の血筋ではない。他のキャラも同様。

8は逆に勇者の名前こそないが、彼の勇気スキルが限りなく勇者であることを示している。8の主人公は竜神族と人間のハーフ。しかし、勇者の使える能力をことごとくマスターする。無意識に勇者の血を引いているに違いない。

9は7同様勇者の血はないであろう。そもそも9の主人公は天使。人間になったとはいえ勇者とは何のつながりもない。

というわけで、勇者が血統的なものは天空シリーズと8、職を継いでいるのがロトシリーズと7(弱め)、両方なのが6、全く関係ないのが9であると思われる。

・ルーラの呪文は、どうして決められた場所にしかいけないのか(謎)

ルーラは遠いところへ飛べる便利な魔法である。しかし、決まった街や城、特別な所にしか飛べない。なぜか。

まず整理する。1ではそもそもラダトームにしか飛べない。2も最後にセーブした場所(ほぼ教会)にしかいけない。1と2ではある決まったポインタのようなものでそこに飛ぶようになるものだ。

一方3以降は各地の代表的な町や城、村、ダンジョン、祠などになる。4や5のラストダンジョンの手前にいくもの、6のように上と下の世界では同じ地名なのに飛べたり飛べなかったりするところもある。7は現代だけ。8は海辺の教会のようにメジャーでない土地に飛べたりする。

では、これらの共通点がルーラの行先としていける理由といえる。まず、城や街はほぼ例外なく行ける先であろう。ルーラで行けない町はその町が何等かの理由でとび先として指定するポインタ(魔法的に)が設置できない場所であろう。一方メジャーでないところであっても、旅人がお世話になる施設にはポインタがおけるというのではないのではと考える。

では、5のエビルマウンテン等ラストダンジョンに直で飛べるのを許すのはなぜか。これは敵方もルーラで戻るためであろう。つまり敵が使えるからこちらも使えるという理屈だ。特に5は主人公側も、魔物を味方に引き入れている背景もある。

7の過去世界にルーラできないのは時空を超えてルーラは効果がないのであろう。6の上と下でいけたりいけなかったりするのは(特に上)上の世界が夢の世界なので、ポインタをおくにしてもあやふやでうまく設置できないのかも。

そしてルーラという呪文は瞬間移動する魔法ではない。唱えた瞬間ロケットのように真上に発射され、上空を物理的に飛んでいくのだ。着地のときはちゃんと寸前でブレーキがかかり、足から着地する。8のルーラをみればわかりやすい。故に場所に気をつけないと天井に頭をぶつける。そして、物理的に飛んでいくのだから、おそらく乗り物酔いする者がいるかと思われる。

今日はここまで。では、またー

2012年2月14日 (火)

ドラクエの謎考察 その23

こんばんは。

ドラクエの謎、仮説、デマ、裏設定につっこむお話し 23回目

・呪文の命名について考察してみる (仮説、裏設定)

ドラクエの呪文の命名ですが、明らかにゴロ合わせ的にあるものもあれば、語源が全くわからないものがあります。ということで呪文の命名を考えてみる

■ホイミ

 ドラクエ最初の呪文であるホイミは最初ホーミになる予定もあった。というものドラクエ1では使えるカタカナの数をメモリを削るために最小限にしており、「イ」の字も削られる候補であった。もし、ホイミがホーミだったらベホイミはベホーミとかになったのかも。ちなみにホイミ自体は「ホイ!身」か「保医身」と思われる

■ギラ、メラ、ヒャド、バギ

 攻撃呪文はだいたい音感で作っているようだ。呼んで字のごとく。バギはバキューム(真空)からかも

■ベホイミ、ベギラマ、イオラ、バギマ、マヒャド

 基本呪文にマやラをつけると上級になるのはドラクエ以外でも万国共通なのかも。あの最古のコンピュータRPGのウィザードリィすらそうなので。ドラクエの場合、ベも上級扱いか

■ラリホーマ、ザラキーマ、メダパニーマ、メラゾーマ、ザオリーマ

 上級編その2 「-マ」がつくケース

■ベホマズン、イオナズン、ベギラゴン、ドルマドン

 最上級編は最後の2文字が濁点文字+ンが多いような

■バイキルト

 2倍斬るからバイキルト。そのまんま

■メガンテ

 目がテンになるほどすごい呪文だから。女神転生ではない。ちなみに、メガンテは8のみ英語版表記が「KAMIKAZE」となっている。確かに自分の命と引き換えに大ダメージを与える効果とはいえ、こういう引用ってちょっとまずくないですかね。「トロデーン王国万歳」とか叫びながら唱えるのだろうか・・・

■メガザル

 メガンテ+ザオラルだろう。本当ならメガンテ+ザオリクだからメガザクとつけたかったにちがいないが、これだと巨大なモビルスーツを連想してしまう...

■マホカンタ

 魔法をカンと跳ね返すから。実はマホカンタは最初マホステマ(魔法捨て魔)になる予定であった。

■マホステ

 魔法を捨てるから。

■マホトラ

 魔法を盗るから

■マホターン

 魔法をターンさせるから。まあ、マホカンタと似ているし

■アストロン

 アストロンとはそのままの意味だと小惑星帯(ASTRON BELT)のことだが岩石、隕石、石の塊+アストロ(鉄人)から連想してこの名になったのかも。

■メダパニ

 目玉がパニック 

■ラリホー

 酔ってラリるからとかラリってホーと寝るからか。ちなみにラリホーというフレーズは別にドラクエ以外でも使われていて、一部の歌などにあったりする。

■ライディン

 雷電の読みからであろうが、勇者専用魔法だから勇者ライディーンからかも

■ギガディン

 ディンのG(ギガ) だろう。メガディンとかテラディンとか候補にあったと思われる。

■マホキテ

 まんま「魔法来て」からに違いない

■ミナディン

 これは「皆ディン」ですね

■マジックバリア、ハリケーン、コーラルレイン、ディバインスペル、メイルストロム

 7あたりから、英語そのまんまのドラクエらしくない呪文が追加されました。

■ヒャダイン

 「ヒャド大」であろう

■バギクロス

 バギがたくさんクロスするからであろうが、語感が結構いいので、意外とそのままつけたのかも。

■モシャス

 「模写す」でしょう

■ヘナトス

 「へなへなとする」と思われる

■マジャスティス

 魔justice(正義の魔法?)からと思われる

■ギガジャティス

 ギガのマジャスティス。長いので短縮されたと思われる

■ザオリク

 英語の復活を意味するリザレクションを語感変えて並び替えたものらしい

■トラマナ

 「トラップにはまらない」からのように聞こえる

■バギムーチョ

 バギ+スペイン語で「たくさん」。バギクロスのほうが強そうに聞こえるのだが...

■イオグランデ

 イオ+「壮大な」を表すラテン語

■マヒャデドス

 これは仮定だがこの呪文の誤表記のマヒャドデスからではなかろうか。(マヒャド+死)それをちょこっとだけ配置換えしたような気がする。

■ザメハ

 「醒め波」と思われる

■レムオル

 消えていても「でもおるよ」かららしい

■フローミ

 「フロアー見る」からかな

■インパス

 In Passからだと思われる

■シャナク

 「邪なくす」→ジャナク→シャナクではなかろうか

■マホトーン

 魔法を取る→マホトール→マホトーンか。ちょっと強引かな

■ジゴスパーク、ジゴデイン

 ジゴは「地獄」とバックトゥーザフューチャーのジゴワット(ギガワットを誤植して表記したとか)の両方を掛けていると思われる。

■バシルーラ

 「バシッと飛ばすルーラ」あたりか

ちなみに、公式に命名理由がわかっているもの(堀井雄二氏本人の談話等)とそうでないものが混ざっているので、あしからず。

今日はここまで。ではまたー

2012年2月12日 (日)

ドラクエの謎考察 その22

こんばんは。

ドラクエの謎、仮説、デマ、裏設定等に突っ込むお話その22

主要キャラがラスボスや他のシリーズの祖先になる仮説いろいろ (仮説)

テリーがエスタークになった、キーファがオルゴデミーラになった仮説の紹介はしたが、ほかにもいろいろな仮説があるので、ネットや二次創作でよく言われている他の○○が××になった系のネタをここで取り上げてみる。

■チャモロ=エビルプリースト

 テリーがエスタークになり、エスタークとマスタードラゴンの間で戦争になる。その間にゲント族が滅ぼされ、かつて仲間だったテリーがエスタークだったことがわかり、やがて精神がゆがみ、のちのエビルプリーストになったとか。

■トルネコ=ミルドラース

4の時代にすでにトルネコには黒い野望があり、世界のバランスを裏で操る死の商人という設定。

ピサロに勇者のいる山奥の村をひそかに教えて襲わせたり、ロザリーの存在をエビルプリーストに教え、ロザリーの居場所を勇者に(間接的に)教えたり盗賊バコタの事件やサントハイムの無人化等のほとんどの黒幕という。さらにピサロが勇者側に寝返るとエビルプリーストを切り捨てるという非道もの。

平和になったあと、勇者と同行した者として進化の秘法を特別に使うことを許されたことから、異次元の扉を開き、「不思議なダンジョン」を発見、それを制圧し、異次元のモンスターや魔王とコンタクトをとり、いよいよ世界征服をしようとする段階に移行しようとしたとき、マスタードラゴンにその計画を悟られまだ戦力が不十分なトルネコ軍が不利に。自ら進化の秘法を施し魔王と化す。しかし、それでもマスタードラゴンに対抗するのが困難と悟ると、魔界に撤退し、力を蓄えることに。ミルドラースがかつて人間であったということからこのような設定になったとか。

地上の状況をプオーンに探らせ、長い年月をかけてほとぼりがさめるのをまつ。やがて、マスタードラゴンが平和ボケして、「人間になってみたい」などという頃になり、反撃開始。まずはマスタードラゴンが人間の姿になっているときに、トロッコ洞窟に罠をしかけておびき出す。これにひっかかって無限ループに陥ると、入り口を火山噴火でふさぎ、天空城はゴールドオーブを外され湖の底に撃墜される。さらにひどい話だが、この説ではネネがゲマに、金で味方に引き入れたスコットとロレンスがゴンズとジャミになったとか。ポポロはイブールになったとかプオーンになったとか。これも考えてみればけっこうすごい。

だが、ミルドラースになったということは、結局最後は5主人公とその家族に討たれることになる。この説では、ライアンがパパスの祖先、ソロ(ソフィア)がビアンカ・フローラの祖先とされていた。ライアンはトルネコの野望に気づきかけていたため、勇者と合流する最後になるように仕掛けていたとか。

■テリー=ダークドレアム

 テリー=エスターク説の別バージョンで、そもそも「夢の世界のテリーがダークドレアム」というもの。これは、主人公、ハッサン、チャモロ、イベントはないが、話からミレーユについては、ムドーに敗れたときに本体と精神が分裂させられ、のちに復帰する。バーバラはすでに滅んで現実の体がない。ところが、テリーについては夢の世界の存在がない。そしてかつてガンディーノの苦しい過去から執拗なまでに強さを求めた。夢の世界にはその願望に対応するキャラや自分が存在する。しかし、テリーに関しては作中にそれがない。故に力を求めたテリーの願望が夢の世界のダークドレアムだという。

■エイト(8主人公)は竜王の一族の血が流れている

8のストーリーとして、エイトは竜人族と人間のハーフであることが判明している。そして、その竜神はかつての竜王であるという。確かに竜王も3→1→2で竜王の一族が存在する。だが、これではロト編の世界が8の前になるということになる。ただし、レティス=ラーミアの存在から3と8がつながっているのならロトシリーズの時間軸とは別の竜王の家系が8の世界にあるのかもしれない。

■トルネコはロトの末裔

これは身も蓋もない理由、「ロトの装備を身に着けられるから」からきている。しかし、先日、トルネコ3のロトシリーズは複数でてくることから本物ではないことからこれはおかしい。前述のトルネコ=ミルドラース説も含めてしまうとロトの子孫はやがて天空の勇者一族の敵となるという結果に。

■ミレーユはマスタードラゴンの上を行く存在

この説には2つ理由がある。ひとつはバトルロードでミレーユがオカリナでマスタードラゴンを呼び出して命令していること。もう一つは、ムドーの城で主人公、ハッサン、チャモロは実体を石にされてしまったのに対し、ミレーユだけは早期復帰ができたこと。

ただ、これは前者なら5の主人公もそうだし、後者も復帰は早いものグランマーズの力をかりて復帰したことが作中で語られている。

■ローレシア王子はシドーを超える第2の破壊神に

これのネタ元はあるドラクエ2の漫画にある「破壊神を破壊した男」というフレーズから生まれた説。

ほかにもいろいろあるのだが、こういう説で二次創作がいろいろあることからもドラクエは熱狂的なファンがおおいのだなと思う。

今日はここまで。では、またー

2012年2月11日 (土)

ドラクエの謎考察 その21

こんばんは。

ドラクエの謎、仮説、裏設定、デマに突っ込むお話第21回

トルネコはどのような経緯でネネと結婚したのか (謎)

トルネコとネネが結婚した理由はドラクエ4でも多く語られる謎である。ドラクエ4の3章の時点では、子持ちにも関わらず、武器屋のバイトのような職で生活しているのだ。この武器屋のバイトで数十G。1G=100円としても1日1万円未満で妻と子供を養なっていかなくてはならないのだ。まあ、現代と同じ環境とは限らないが。しかも、容姿も決して普通に惹かれるものではない。トルネコは年齢も不詳だ。トルネコ3で51歳というのがVジャンプかなんかで載っていたが、このときポポロ12歳。結婚したのは30代であろう。ただし、人というのはそう簡単にわからないもので、「蓼食う虫好き好き」で偶然できあがったカップルである可能性は高い。

ネネが若返った不思議のダンジョンシリーズのせいで歳の差が激しいことからこの議論がつきないが、何度もいうが、FC4設定であれば、トルネコとネネの結婚は相応であり、特段おかしいものではないと思う。結婚の動機も普通にありそうな理由ではなかろうか。トルネコとネネの謎は、FC4から不思議なダンジョンシリーズでネネが若返った理由さえわかればほとんど普通にありえることと考えたいものだ。

世界樹とは (謎)

ドラクエ1以外には「世界樹の葉」が存在し、世界樹そのものが存在するものも多い。3も世界樹の葉が採れる場所に世界樹があるとも考えられる。特に4,7はダンジョンそのものが世界樹のところがある。さらに4ではどこでも葉になっている床を調べれば世界樹の葉をゲットできる(なぜか2つ以上とれないが) 5は天空城で世界樹の苗が手に入る。

世界樹の効果はザオリクの魔法とほぼ等しい。こんな便利なものが成る木だからさぞかし、便利なものだろう。一方で先日話したイベントで死亡するキャラはザオリクや世界樹の葉で生き返らないのか?を裏付ける証拠が4にある。本当に死亡した人を生き返らすには世界樹の花を与えなければならなかったのだ。世界樹の花は1000年に1度しか咲かない。もし葉で死人が蘇らせることが可能なら、4の悲劇は起きなかったはずだ。

この便利なアイテムも、シリーズを重ねるごとに一般的なものになっていく。2や3では特定の場所に取りに行く必要があったが、4以降は普通に店に売っていたり、カジノの景品になっている。複数持ち歩くことも可能となっている。便利になったものだ。

さて、どのシリーズでも世界樹の存在があるため、世界樹を通してつながりがあるのでは、と考えたくもなる。だが、形態も場所も異なり、各世界を通じる話をまとめるのは結構難しい。

今日はここまで。では、またー

2012年2月10日 (金)

ドラクエの謎考察 その20

こんばんは。

ドラクエの謎、デマ、仮説、裏設定に突っ込むお話第20回

エンディングを迎えるまでどのくらい年月が経過しているか (仮説)

どのシリーズも、レベル1からスタートし、それなりの旅をつづけ、最後にラスボスを倒してエンディングになる。では、各シリーズ、最初からエンディングまでどのくらいの年月が経過しているのだろうか。

実は1~9の中で、一つだけ旅の期間がはっきりとわかるシリーズがある。それは5である。

5は幼年期、青年期前半、青年期後半とあるが、主人公の年齢とともに経過時間がはっきりとストーリー中に明記されている

幼年期こそ6歳のまま終わるが、まず奴隷にされて10年たつため、青年期前半は16歳。そのあと結婚してグランバニアにたどり着き、妻がさらわれた時が20歳。ここはサンチョのセリフでわかる。デモンズタワーで石化したあと、8年、子供とともに妻を救出するまでに2年。ここまではっきりしている。つまり、青年期前半~石になるまで4年、石化が解けて、イブールを倒すまでが2年。少なくともドラクエ5の物語は6年強の時間旅していることになる。ドラクエ5はストーリーの長さとしてはドラクエシリーズとしては標準と思われるため、おそらく他のシリーズも5~6年は経過しているのではなかろうか。

一方、4については、各章と5章までの時間の経過がいびつである。というわけで、以下のようにまとめる。私の勝手な仮説として

1.ラダトームで竜王征伐を王様から言い渡されてから4年くらいと考えるか。折り返しの2年目くらいでローラ姫を救出したと考えるのが妥当か

2.3人がそろうまで1年、船を手に入れるまで1年、ロンダルキアの洞窟につくまで2年、そのあと1年で5年で終了..か

3.ロマリアに出るのが1年、船を手に入れるまで1年、ダーマにつくまで1年、ラーミアを蘇らせ、バラモスを倒すまで2年、アレフガルド1年でゾーマ討伐 計6年

4.1~4章はどれも1年以内であろう。ここで各章と5章までの間の年月を考える必要がある。

1章のライアンは「生まれた勇者を探すため、バトランド付近の5,6歳の子供の誘拐をピサロの手先がしていた」ことから、勇者5~6歳のころと思われる。5章で、勇者は17歳であるから、1章と5章の間には11年経過したことになる。ライアンはさらに勇者と合流するため2年くらいかかっていると思う。

2章と5章の間だが、2章のエンドールでライアンに出会っている。そのため、1章よりは後になる。ライアンはこのあと、キングレオに向かい、アリーナは無人の城に戻ったあと、さらに旅に出ている。2章、3章はほぼ同時期と思われる。後述より、2-5章間は2年と推定

3章は最後にエンドールとブランカの間にトンネルを開通する。また、この時点でアリーナが優勝したあとであることから、2章の直後であることがわかる。ここで問題になるのは3章と4章の間の時間だ。5章の時点では毎日続くあの結婚式がエンドールで行われているわけだが、アリーナが優勝したことで、優勝者とエンドールの姫が結婚することがなくなったため、その後それほど間をあけていないと思われる。3-5章間も2年か

4章はキングレオに敗れ、船でエンドールにわたってきてその後、間もなく勇者と合流する。4章と5章の間は1年ないと思われる。

5章の進行は導かれし者全員がそろうまで2年、エスタークを倒すまで1年、天空城につくまで1年、最後、デスピサロを倒すまで1年 5章が約5年ではなかろうか

5.幼年期は殆ど1か月間くらいであろう。レヌールはパパスが風邪をひいている間程度だから長くても2,3日。妖精の世界を旅しているのも1週間くらいだろう。あとはラインハットにいくと即座に誘拐事件が発生し、一気にパパスの死まで進んでしまう。奴隷から解放され結婚、グランバニアで妻誘拐、デモンズタワーで石化するまで4年。石から戻り妻を救出するまで2年。そのあと魔界に乗り込み、ミルドラースを倒すまでは1年かかってないであろう。すると、6年半くらいが冒険中ということか。これは推定ではなく確定である

6.本気ムドーを倒すまで2年、あわあわ船手に入れるまで1年、テリーと再会するまで1年、狭間の世界いくまで1年、デスタムーア倒すまで1年で6年か。

7.キーファと別れるまで2年、ダーマ解放するまで1年、メルビンに会うまで1年、アイラに会うまで1年、過去のオルゴデミーラ倒すまで1年、(この間、神の復活の儀式まで半年)、現代が封印され、それを解くまで1年、デスパレス攻略しオルゴデミーラ倒すまで半年。約8年くらいと考えたい。

8.ククールに出会うまで1年、船を手に入れるまで2年、ドルマゲス倒すまで1年、ゼシカと再会するまで1年、レティスに会うまで1年、ラプソーン倒すまで1年の7年くらい

9.9はやや短めであろう。ダーマまで1年、エリシオン学園につくまで1年、ガナン帝国にたどりつくまで1年、ガナタサイ倒すまで1年、ラスボス倒すまで1年  約5年くらいか

勝手な推測でごめんなさい。

今日はここまで。では、またー

2012年2月 8日 (水)

ドラクエの謎考察 その19

こんばんは。

ドラクエの謎、仮説、デマ等に突っ込むお話 第19回

旅の扉とはいったいどのようなものなのか (仮説)

別の場所に瞬時に移動できる旅の扉。これはいったいなんなのだろうか。

まず、ファンタジー世界では「ワープ」とか「ゲート」とかいう感じで場所を瞬間移動することが可能な装置がほとんどの場合ある。ドラクエの旅の扉はどれも渦を巻いている空間のようになっており、中に入ったものは周りがゆがむような感じでどこかに飛ぶ。

いっぽう、この螺旋を描くところの底に吸い込まれるというのは、物理的に考えられる存在として宇宙でのブラックホールの現象に近い。ということは旅の扉とは小型のブラックホールに吸い込まれて別の場所に吐き出されるというのがメカニズムなのかもしれない。

当たり前だが、ブラックホールとは「光すら逃げられない」ほど重力が強力なもの。人間が吸い込まれたら、間違いなくバラバラになって粉々に引き裂かれてしまう。ちなみにブラックホールの渦は「膠着円盤」といって、ブラックホールに吸い込まれる堺で光を発している箇所があのように見えるのだという。渦は中に行くほど早くなり、ブラックホールに吸い込まれたものは、直に落下して吸い込まれてつぶれるのではなく、錐もみ状態で落ちていき、膠着円盤の中で引き裂かれてバラバラになるのが運命だとか。

さて、ここでなぜか引き裂かれないとして無事にワープできたとしても、恐ろしいほどの乗り物酔いになるはずである。4や5のキャラの中には酔ってしまったセリフをいうことも。

ドラクエ3のギアガの大穴も超巨大な旅の扉の可能性が高い。

地球は丸くない (謎)

ドラクエの地図は東へいくと西に抜ける。これは地球でありえることだ。しかし、北へいくと南に抜ける。これはこの世界が地球のような球体の惑星ではないことを意味する。

では、このようなループを起こすような立体の形が存在するのだろうか。答えはYESである。その形とは、ドーナツ型である。

ドーナツ型は確かに南から北へ北へと進むとやがて一周して南からでてくる。また、筒状になっているため、東西方向もつながっており、東へ進めば西からでてくる。

そう。信じがたいことだが、ドラクエ世界は全部ドーナツ型の惑星ということになる。もちろん惑星ですらない可能性もあるが。ドーナツ型の巨大なスペースコロニーとか。

ちなみに、ドラクエ3では、アレフガルドの端にいくと行き止まりになる。しかし、これはゾーマの力でアレフガルドの外に出られないように封印されているからだろう。アレフガルドの外には実際に2のローレシア等が存在する大陸がある。

今日はここまで。では、またー

2012年2月 7日 (火)

ドラクエの謎考察 その18

こんばんは。

ドラクエの謎、仮説、デマを取り上げ突っ込むお話 第18回

名前のついていないドラクエキャラの公式名はあるのか (表&裏設定)

ドラクエのキャラクターは主人公を筆頭にいわゆる「デフォルトネーム」がないキャラクタ-が多く存在する。主人公はプレイヤーの分身なのであえてつけていないのが本音である。ただし、モンスターバトルロードやドラクエ9のリッカの宿屋のゲストとして半ば公式名がついたキャラはいる。それすらもないものは、公式名はないので、一般にはスクエニが出版した小説やCDシアター、あるいはガンガンで掲載された漫画でつけられたものになる。では、そのようなキャラを挙げてみよう

■1主人公

  1主人公には名前はなく、説明書では「えにくす」となっている。この「えにくす」の名は、初期のドラクエの説明書などにはたいていこの名がつかわれている。すると、1主人公に関しては、公式とよべるものはない。小説版は「アレフ」である。公式名に一番近いのはこれであろう。

■2主人公(ローレシアの王子)

  2主人公も名前がきまっていない。1同様に考えると小説版が「アレン」。これが近いか

■サマルトリアの王子

  サマルトリアの王子は自動的に8種類の名前から選ばれる。ので、この中のどれかが公式名とみて問題ないだろう。(裏ワザで自分の好きな名前にすることも可能) しかし、9でリッカの宿屋にゲストとして登場したのは「クッキー」である。いただきストリートSPECIALでも同様。ということでこれで公式名と考えて間違いない。

■ムーンブルクの王女

  これもサマルトリアの王子と同じ理屈。8名の候補があるが、ドラクエ9、いただきストリートSPECIALでは「プリン」 これで確定だろう

■3主人公

  3主人公は大々的に主人公の名前を募集した結果「アルス」が一番人気だったようだ。しかし、「アルス」を3のデフォルトネームとしてはのせなかった。リメイク版もである。そのため、「アルス」の線は薄くなる。そうなると3も小説版ネームが公式名に近いか。「アレル」である。

■4主人公

  4主人公はモンスターバトルロードで公式名が確定している。男が「ソロ」、女が「ソフィア」 リメイク版でも主人公の名はソロで載っていた

■5主人公

  5主人公は一番まぎらわしい。バトルロードでも「伝説の魔物使い」であり、公式名がなかった(息子と娘はレックス、タバサとついていたのに)

9の5主人公装備にも5主人公の名を直接表記されることはなかった。一方、小説、CDシアター等は「リュカ」で統一されている。リメイク版が出るまでは、5の主人公はこちらが公式名と考えられてきた。しかし、リメイク版では「アベル」の名で説明書などには載っている。ただ、この時点ではまだ公式名とするには若干弱い材料であった。5主人公の公式名がアベルのほうが強くなった最大の要因はDS版6のデスコッドで遠い未来を選択するときに現れる5キャラの一団。ここでの5主人公は「アベル」となっている。現時点ではアベルのほうが公式名に近いだろう

■5主人公の息子

 バトルロードで名乗っているほか、DS6のデスコッド、リメイク5の関連書籍につけられた名前がほとんど「レックス」で統一されているため、これは公式名確定であろう。なお、リメイク版やバトルロードが出るまではティミー(小説、CDシアター)、テン(漫画:天空物語)が公式名に近い存在だった。

■5主人公の娘

 同様に娘のほうは「タバサ」で公式名確定であろう。こちらもリメイクやバトルロードが出る前までは、ポピー(小説、CDシアター)、ソラ(漫画:天空物語)が公式名に近い存在だった。

■6主人公

 バトルロードで「レック」となっており、公式名確定。バトルロードが出るまでは漫画版の「ボッツ」が有力候補であった。

■7主人公

 唯一公式のデフォルト名がついている主人公。説明書に主人公の名前が「あなた(アルス)」と書かれている。恐るべきことに7に関してはバトルロードは言うに及ばず、小説、漫画すべてがアルスで統一されている。鉄板。

■8主人公

 8の説明書に「エイト」とあったが、さすがに数字そのもののはずはないだろうと考えていたら、バトルロードで本当に「エイト」であっため公式名確定

■9主人公

 これも8と同じ。9だから「ナイン」であるが、そのままバトルロードでも「ナイン」。公式名確定。

今日はここまで。では、またー

2012年2月 6日 (月)

ドラクエの謎考察 その17

こんばんは。

ドラクエの謎、仮説、デマ等のお話 第17回

ドラクエ2をクリアすると裏ストーリーがプレイできる (デマ)

FCドラクエ2が登場した当時、ゼルダの伝説等、クリア後の裏モードみたいなものがあるものが多かった。単に難易度が上がる、ちょっとマップが変化するといった程度のものだったが、これがドラクエにもあるのではという当時のデマである。

しかし、ドラクエ2の裏モードとはいったい何か。このころは、容量の関係上さすがにストーリーが全く違うものができるというのはない。しかし、マップや難易度が難しくなるというのは多々あった。さて、ドラクエのナンバリングタイトルの中でも最も難しいFC2である。これでさらに難易度が上がったらどうなるか。たとえば敵のHPや攻撃力が3割増しになったくらいでも相当きつそうだ。敵の思考ルーチンが賢くなるなんて難易度アップもあるが、これは死ねる。あまりにも難易度がきついMなゲームになってしまっていたかも。

だが、時代が過ぎ、3ではクリア後は勇者抜きでパーティが組める、5からはいよいよクリアあとのダンジョン、裏ボスが出るようになった。FC2ではデマであってもやがては実現したものである。

重婚ルート、独身ルート、離婚ルート、再婚ルート etc (デマ)

これが、なんのことかお分かりだろうか。そう。ナンバリングタイトルの中で唯一ゲーム中で結婚する5に関するマルチストーリーの存在のデマのことである。

誰もが思いつくビアンカとフローラを両方仲間にすることが可能ではないのかという願望から生まれた「重婚ルート」(不倫ルートかもしれない)、ビアンカ、フローラどちらとも結婚しない独身ルート(でも、これじゃ勇者が生まれないよw)、どちらか一方と結婚したあと、あるイベントをこなすと仲たがいをおこし離婚するルートそしてもう一方と結婚もしくはよりを取り戻した後再婚するルート。第三者と結婚するルートのデマもあった。

また、お約束のようにいわれるのが「ルドマン結婚ルート」「メイド結婚ルート」...ビアンカ、フローラを選択するときにまずルドマンに話しかけるというのがお約束パターンとかいう方いますよね(笑)

他にもマリア、ベラ等と結婚するルートがあるとかいろいろデマはあった。これらはやがて、デマというより二次創作でのドラクエ5物語としていろいろ作られていったのである。

CERO:D以上指定のドラクエだったら、上記のようなストーリーがあってもおかしくないかもしれない。しかしアブナイドラクエになりそうだ。

ちなみにデータをいじくるとビアンカとフローラをふたりとも仲間にすることはできるらしい。ヘンリー等を後半戦にもっていくことも。もちろん、シナリオ上はビアンカと結婚しているかフローラと結婚しているかのどちらかがベースになるため、サラボナや山奥の村にいくと、おかしなことがおきてしまう(ビアンカorフローラが二人いるとか)

今日はここまで。では、またー

2012年2月 5日 (日)

ドラクエの謎考察 その16

こんばんは。

ドラクエの謎、仮説、デマ等に突っ込むお話 第16回

キーファはオルゴ・デミーラになった (仮説)

テリーがエスタークになったのに続き、主人公の仲間がのちにラスボス・裏ボスになる仮説その2として言われているのが、キーファ=オルゴデミーラという説。これは、テリー=エスターク説に比べるとかなり無理がある仮説である。実際に、この説について議論されているのを見ると以下のような理由から推測されると書かれているのが多い

オルゴデミーラの存在がわかるようになるのはキーファが離脱したあと

オルゴデミーラの存在がわかったあと、キーファに主人公たちは出会えないこと

オルゴデミーラの第2形態(人間形態)がキーファに似ていること

オルゴデミーラはエスタード島だけ封印していなかったこと

正体を見破るラーの鏡がラストダンジョンに安置されていること

オルゴデミーラが封印した世界では人間が魔物と化すような事件、ストーリーのものが多いこと

ドラクエ7は開発中ある時期に大きな延期を行った。キーファに関するストーリーが変更された可能性があること

ドラクエ7のゲームデータの中にキーファのマダンテのセリフがあったり、主人公専用の装備のいくつかはキーファが装備できる設定になっていること。なんらかの形でキーファが終盤に会えるという予定の残骸がある。

マナスティスとマジャスティスは魔王と化すキーファとそれを元に戻すために設定された特別な呪文である(過去マーディラス編こそキーファと再会イベントになる予定だった?)

だが、キーファ=オルゴデミーラになるのには無理がある点として、キーファはライラと結ばれて子孫を残していること。キーファが暴走して魔王になった、とかだいじな何かを失ってこの世に絶望を持ったとかいう描写は一切ない。魔王になる理由をほのめかすようなことが作中に一切ない。

というわけで、私はちょっとこの説は無理があると思う。

ライフコッドの住民はなぜあそこまで強いのか (謎)

ドラクエ6の下のライフコッドで、モンスターが襲撃してくるイベントがある。襲撃しているモンスターはずしおうまる、ガーディアン、ボストロール。いずれも終盤で相対するモンスターでここを訪れたころは主人公一向が4人がかりでも辛い。ところが、ここの住民はタイマンでこいつらと戦っている。そして襲撃イベント終了後、一人も死人がいないばかりかけが人もいない。戦っているときの農民は鋤や鍬で戦っている。防具として特別な鎧もつけていない。強すぎる。

こう考えるとここの住民はレベル40以上あってもおかしくない。上(夢)の世界なら、このような異常な強さがあったとしても、下の世界の住民の願望でかたずけられるが、こちらは現実世界のほうである。本当に強いとしか結論づけられない。

ここで一つ考えるとドラクエの終盤の町の周りには、それこそ低レベルキャラがモンスターに遭遇したら間違いなく即死するような場所である。例として6では欲望の町の住人は、宝を求めて、湖までいくが、この道中には一般市民では到底耐えられないレベルの敵がでる。これを考えると町の外に相当の強さの敵が出る場所の町の人はレベルが本当に高いのではともとれる。(ちなみに絶望の町-温泉間のエリアには、かなり弱めのモンスターがでるようになっている。これならレベルが低めでも死なずに済む)

ライフコッドの住人はランドやターニアも含め、実はかなりレベルが高いのかもしれない。ランドが下の現実世界の主人公に食ってかかるシーンがある。主人公と同格かそれ以上であった可能性すらある。

今日はここまで。では、またー

2012年2月 4日 (土)

ドラクエの謎考察 その15

こんばんは。

ドラクエの謎、デマ、仮説等に突っ込むお話 第15回

2のラスト、謎の声の主はだれ(謎)

ドラクエ2のエンディングで、どこからともなく「私のかわいい子供たち」なセリフが聞こえてくる。この声の主はいったい何者か。

説はだいたい2つに分かれる。一つはロトの子孫を見守る精霊ルビス。もう一つはローラ姫。遥か先の子孫を天から見守っているとか。

ドラクエ5のエンディングのように明らかになっているわけではなく、特定の人物名もなにも出ないため、このような仮説がひろまっているのである。

まあ、これは普通に考えたら、天からのルビスの声というのが妥当な話と思う。

魔物をなつかせるとは (仮説)

ドラクエシリーズでは、モンスターを仲間にして一緒に戦ったり、ブリーダーとなって育成したりできる。しかし、その能力を持った者はかなり限定的である。では、モンスターズや5の主人公など、モンスターを率いる人物ごとに考察してみる

5主人公・・・・母マーサのエルヘブンの力か、魔物と心を通わすことができる。故に、直接仲間に率いることはもちろん、装備させたり直接戦いの指示が出せたりする。おそらくドラクエシリーズの中で最上級の能力。故に称号が「伝説の魔物使い」なのであろう。不思議な瞳で、モンスターだけでなく人も惹かれるという。

テリー、キーファ・・・・いずれもモンスターズで魔物を仲間にし、行使できる。5主人公のように共に戦うことはできないが、ブリーダーとして成長方向を決めながらモンスターの育成ができる。仮説のところでも書いたが、テリーは若干魔物(魔王)の素質がある。キーファも実はラスボス説があり、テリーと同じような背景がある。

ポポロ、ヤンガス・・・・ともに不思議なダンジョンでモンスターを仲間にし、ともに戦う能力をもつ。特にポポロは直接の命令こそできないが、仲間にしたモンスターを同時に3体まで配下として扱える。ヤンガスも同じようなことだが、こちらはツボがないとできないことから若干違う。ポポロも大人になれば、5主人公と同じくらいの魔物使い能力をもつことになるのかも

レックス、タバサ・・・・バトルロードでモンスターとともに戦う。5本編でもタバサは父親の魔物使いとしての能力を大きく引き継いでおり、魔物の扱いは上級と思われる。レックスは勇者の血のほうが濃いのでタバサよりは下と思われる

エイト、ライアン、トルネコ・・・・こちらはバトルロードのモンスターオーナー。前述した人たちよりは劣るが、ある程度魔物を扱うことができる

6のキャラ、7のキャラ・・・・魔物使いになることで、モンスターを仲間にできる。7はモンスターパークに送って育てる程度しかできないが。

今日はここまで。では、またー

2012年2月 2日 (木)

ドラクエの謎考察 その14

こんばんは。

ドラクエの謎、仮説、デマ等につっこむお話 第14回

ロトの装備品は本物かニセモノか (仮説)

ドラクエ3の勇者がゾーマを倒して勇者ロトの伝説となったあと、彼の装備品はロト装備として剣、楯、兜、鎧が後世に伝えられた。しかし、後世でのこのロトの××ははたして本物だろうか。

まず、1について。ロトの剣とロトの鎧がある。これはいかにも本物である。どちらも敵が勇者にわたすまいと隠してあったり、ラストダンジョンにあったのだから。

一方で2のロトの剣については疑問符がつく。有名な話だが、2のロトの剣は中盤で買える武器程度の強さしかない。たしか大金槌と攻撃力が同じだった気がする。あまりにもの劣化である。故に、これはニセモノか模造品といわざるを得ない。

そして、ロトシリーズではない天空シリーズのしかも外伝であるトルネコの不思議なダンジョンでは、ついに唯一無二であるはずのロト装備が複数見つかっている。少なくともトルネコでのロト装備は、模造品で、高性能な武具をロト装備と名をつけたニセモノであることが確定する。そして、トルネコのいる世界にロトの名のつく装備があるということはロトシリーズと天空シリーズがつながっている可能性が高くなる。時系列のところで8を経由してロトシリーズと天空シリーズがつながっていると思ったが、もしかしたら、不思議なダンジョンはロトシリーズと4を直結しているところがあるのかもしれない。

一方で、ロト(3勇者)が使った装備ということでその装備が伝えられたとしたとしても、万が一3勇者が変態装備で倒したならどうだろうか。よく、ドラクエのラスボスを棍棒で倒すという遊びが流行った時期があった。もしゾーマを棍棒で倒したなら、伝えられる武器はロトの棍棒になってしまう。鎧ではなく水の羽衣やみかわしの服あたり、女勇者なら光のドレスや魔法のビキニ(!)なんてオチもありそうだ。これだとロトの服(ロトの水着?)として後世に伝わるはずだ。

にも関わらず、ロト装備は必ず剣、鎧、楯、兜である。ロト(3主人公勇者)が装備していたものではなく、後から祀り上げた装備品として伝わったというのが落としどころと思われる。

ドラクエのカジノは経営破綻しないのか (謎)

ドラクエのカジノははっきりいって客がかなりの確率で勝てるようになっている。現実の世界では経営している胴元が儲からないとビジネスとして成り立たない。一般的なギャンブルの還元率は宝くじ5割、競馬7~8割、パチンコパチスロが9割といわれている。さて、ドラクエのカジノをよく見てみると、店側に儲けが出そうなバランスなのは4と6(SFC版)くらいだろう。5,7,8のカジノはやればやるだけコインが増えるようなバランスでどう見ても還元率が100%超えどころか200%くらいありそうでカジノ側が儲かっているようには到底思えない。しかし、カジノは経営破綻せずに続いている。なぜか。

まず、ドラクエカジノは直接お金が儲かることはない。景品という形で交換するのだ。景品の中には換金性の高めのものもあるもの、それを交換するコインの金額には遠く及ばない。つまり、景品を安く仕入れることができるなら店側が儲かることも考えられる。

もう一つはカジノのバックに国や特別な組織がいる可能性。カジノ自体の儲けはなくても、それを宣伝や何等かに利用している機関があるということだ。ドラクエ世界だと、魔王の配下の組織が牛耳っているかもしれない。現に6の欲望の町はデスタムーアが間接的にかかわっているように思われる。

しかし、それにしても客に有利なバランスである。特に甘いのが8のスロット。検証結果、777以外の当たりが全くないとしても機械割が110%を超えるとか。4と6以外はある程度元手があれば、コイン増やし放題である。

今日はここまで。では、またー

2012年2月 1日 (水)

ドラクエの謎考察 その13

こんばんは。

ドラクエの謎、仮説、デマ、裏設定について考察するお話 第13回

・ドラクエ2のメイン3名はロトの勇者の血を引いているがなぜあそこまで能力が違う (仮説)

ドラクエ2のメインキャラであるローレシア王子、サマルトリア王子、ムーンブルク王女はそれぞれ、能力が全く違う。ローレシアは魔法が全く使えないが肉弾能力が最高、ムーンブルクは逆に魔法特化。その間がサマルトリアだ。

勇者の血を引いているなら勇者の呪文が使えるはず。しかし、主人公であるローレシア王子は勇者専用呪文以前に全く呪文が使えない。

ここで、ドラクエ2の設定をよく顧みると、ローレシアは勇者の「力」を継承、ムーンブルクは「魔力」を継承、サマルトリアがそのバランスを(説明では僧侶タイプとあった)継いでいる。つまり、一番勇者に近いのは実はサマルトリア王子だったりする。

しかし、ご存じのとおり、サマルトリア王子はドラクエ2では器用貧乏、役立たずなどマイナスイメージのレッテルが張られてしまった。ちなみに能力値でいうとローレシア王子とそれほど大きく差をつけられているわけではない。サマルトリア王子が弱いイメージが強いのは強力な武具を装備できないことと呪文が中途半端なことだろう。

ドラクエ2の後の世界であるキャラバンハートでは、サマルトリアだけが残り、ローレシアとムーンブルクは滅んでしまっている。勇者の血筋が一番濃いサマルトリアが残った理由なのかもしれない。

というわけで、ドラクエ2の主人公はローレシア王子だが、勇者の血が一番濃いのはサマルトリアの王子である、と結論したい。

・ザオリク・ザオラルで人間を生き返らせるはずなのに、どうしてストーリーの中核となる人物を死から救えなかったのか (謎)

オルテガ、シンシア、ロザリー、パパス、七賢者の末裔等、各シリーズで非業の死を遂げる人物が多くいる。にもかかわらずザオリクで復活させることができないのはなぜか。

これは、簡単なことである。ザオラル、ザオリクは人間を死から蘇らせる呪文ではない。HPがゼロになるというのは大ダメージを受けて重体になった、ザキのような呪文を食らって心肺停止状態になった、が、即座に応急処置を行えば死から救われるような状態から復活させる呪文である。ストーリー中で非業の死を遂げるキャラは本当に息だえるからである。と考えるのが妥当であろう。そして、復活魔法が使えない場合、必ずHP0のキャラは棺桶に入れられる。これは、死体を入れるためではない。本当の死の状態になる前に教会で復活させるために応急処置をほどこして、安静状態にさせて「保存する」ためのものだ。

最大HPの100倍を超すようなダメージをうければさすがに即死してしまうが、幸いなことにドラクエでは味方がそのようなダメージをくらうことはないというかできない。

当たり前だが、骨だけになったり、死体すらないようなものは復活のしようがない。よく、「選ばれし者だけがザオラル、ザオリクで復活できる」という説があるが、ドラクエ3や9では、ルイーダの酒場でいくらでも新人を雇い入れることができる。これが矛盾する。特別な存在なのは主人公だけだ。主人公は全滅しても、ただ一人最後にセーブした場所で復活する。これだけは運命に選ばれしものだからだ。一方で死ぬことは許されないという宿命をもつ。

« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »