« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »

2012年8月

2012年8月30日 (木)

<ドラクエ10> 第2東名ですれちがい

こんばんは。

夏休み休暇で出かけていましたが、今戻りました。

タイトルの通り、車で高速を移動したとき、第二東名のSAですれちがいしたら、まあ、無理だろと思っていたら、3人すれ違いできたよ!
海老名SA(これだけ第二東名じゃないけど)、駿河湾沼津SA、清水SAですれ違った方、もしドラクエ10世界で会えたらダブルすれ違いしましょう。

ちなみに酒場にキャラ登録したときのコメントも高速SAですれ違いできるかもと書いておいたので、気づいた人がいるかも。

ということで、ブログ書き終わったらインして確認してみる。

ただ、自分が活動していた11サーバがいつの間にか一人プレイ推奨サーバになってる。
いつのまに・・・・
これって、定期的に推奨プレイスタイルのサーバをローテーションさせているのかな?

今回のすれ違いのメッセージは9のようにフリー入力ではなく選んだ言葉の組み合わせしかできないのが難点。今回も「○○SAでわざわざすれ違いありがとう」みたいなコメントを入力したかったのにそれができない。これは9で個人情報を思いっきりコメント欄に書いてしまってた人とすれちがいしたともあったから、個人名などが流出してしまうのを防ぐためなのかな?

ネットゲームの最低限のマナーとしてリアル世界の個人情報は知っている仲でも出さないのが常識だけど、ネトゲ初心者や親にインターネット接続してもらってプレイしている小学生とかだと、匿名にできなくてつい書き込みそうだよね。

発売日から1週間以内に始めた人たちは、無料期間が切れたころですね。でも人口はあまり変動ないからほとんどの人が継続プレイをしてそう。ちなみにキッズタイムは普通の社会人ではプレイ不可能な時間帯。まあ、社会人プレイヤーは続けている人は間違いなく月額料金払っているはずだけど。

というわけでこれからインします。

では、またー

2012年8月26日 (日)

<ドラクエ10> すれちがい通信

こんにちは。

先にお知らせしますが、やっと夏季休暇とれて、これから数日家を空けるためエイロスのブログは4,5日更新をお休みさせていただきますのでご了承ください。

お題の通り、先ほど3DSにお出かけツールをダウンロードしました。といっても、本当なら通勤ですれ違いするのが普通の日ですが、今回はちょっと旅先に持って行ってみます。
もしかしたら高速道路のPAとかですれ違いできる方がいるかもしれません。(笑)

というわけで、出かける前のドラクエ10の仕込みをしていきますか。
といってもたかだかレベル25しか進んでいないのに大したことはできませんが。

名声はレベル6まで上がったので、競売は4つまで出品できる、とはいえ、ドラクエ10のバザーは値付けが丸わかりなので、相場より高い値段つけると全く売れず、逆に安めの値段つけると1時間しないうちに売れてしまうんですね。

というわけで、時間もそれほどないので今日はここまで。
次の更新はおそらく30日ごろになります。では、また~

<ドラクエ10> レベル上げ集中

こんばんは。

今日はレベル上げを集中してやった。というわけで、結論からいうと一気に25までいった。ただ、やはり、元気玉1個使い切るくらいでレベルが上がるか上がらないかなので、かなり延々とレベル上げをすることになる。

オルフェア西でトンブレロ中心に狩る→ミューズ海岸で同じようにトンブレロとジャガーメイジを狩る→ラーディス島でタップペンギーを狩るの順で上げていった。

ただ、やってて傾向として、MP小回復がないと後衛はガス欠になって狩りがつづけ辛らくなる。いちいち宿屋に戻るには移動で時間喰うし、金もいる。スティック持ってて回復できるとしても、基本レベル上げは連戦だから、戦闘毎に少量であってもMPが回復する方がうれしい。というわけで、レベル上げのサポート仲間として後衛を選ぶときはやはり戦闘後MP回復~みたいなメッセージがあるキャラを選んでしまいますね。スティックもって「MP回復できます」といわれてもちょっといまいち。
MP回復するなら僧侶が槍や棍でも仲間にしちゃいますね。
今のところコメにウソかかれて仲間にしたらちがうじゃん、というのはないけど、コメントにウソは書かないでほしいな。

そういうことを考えると、酒場で登録するときはレベル上げに向いた装備とコメントしといたほうがいいかも。特に武器にスキル振っている人は、当たり前だがその武器を装備しておきたい。
また、特に装備を新調する7の倍数レベルでは、攻撃・防御が人によって大きな差がでる。どうせ7レベルごとにしか装備かえられないのだから、装備更新レベルになったら、全財産使い切って最新装備をしておいたほうがいい。パラメータが大きくちがう。

魔法系はレベル上げとイベント攻略時では全く選ぶ基準かわりますね。レベル上げなら上述した通りMPが回復する人を選ぶし、ボス攻略なら純粋に回復魔力や魔法攻撃力の高いキャラを選ぶ。

今回、ダーマ神殿クエのゴーレム退治で、自分の攻撃が全然ダメージが出ないので、魔法使い2名にして再戦。かなりしんどい結果だったけど、無事倒すことができた。

あと、酒場でサポート仲間の一覧を見ると人間がちらほら出始めているところを見ると、やはり、ストーリー的にどこかで人間にもどれるんだろうね。

ドラクエといえばフィールド曲に名曲も多いが、今回は大陸ごとに曲が違うみたいだから、とりあえず5大陸全部ちがいますね。いまのところ、この5大陸のフィールド曲で一番いいなと思ったのはオーグリードのやつかな。

今度はたまっている未消化のクエストのうち終わらせやすそうなのから進めていくか。

今日はここまで。では、またー

2012年8月25日 (土)

ドラクエ人物列伝 その79 ジャン

こんばんは。

ライラの許嫁は一族の掟をやぶり、自ら一族を去って行った

というわけで、本日はジャン

冒頭の通り、ライラの許嫁で大地のトゥーラの弾き手。神の復活の儀式に欠かせない、踊り手と大地のトゥーラの弾き手ということで、最初は話がすすんでいく。

神の祭壇を前にしてジャンは長老がまだ早いのではとの制止を振り切り、復活の儀式をおこなう。しかし、やはり神は降臨せず、失敗に終わった。

そして自分が体にアザを持つ者であり、掟によりライラとは結ばれることは許されない。ジャンはこの後去ってゆく。

そしてキーファがライラと結ばれる運命となったのだが。

だが、ジャンの本当の活躍の場はこの後数十年後になってからとなる。ストーリーと話をよく見ていればわかることだが、彼とはハーメリア編で会うことになる。

各国をまわりトゥーラを弾いてまわる吟遊詩人のような旅を続けていたが、彼はハーメリア地方が洪水に見舞われることをどこかで知る。そして、彼の魅了の歌(曲)で、人々を安全な場所に誘導するのであった。

移動させた先は山奥の塔。この老楽師こそ名前は名乗らないが、ユバールを去ったジャンであることは明らかである。

老楽師はアルス達をみて、一族を捨てて旅に出るときに会ったようなみたいな話をするが、まさにそれが、ライラとジャンがいたユバールの時のことであろう。

その後、アルス達は海底神殿へ向かい、グラコスと対決することになる。このグラコス戦にもジャンは参加する(あくまで老楽師としてだが)
戦闘能力は以外と高く、ベホイミやイオ、天使の歌声などを使える。結構賢い行動をし、死人がでると天使の歌声を使う。HPは無制限ではないだろうが、1000や2000では済まない数値をもつので、グラコス戦で彼に助けられた人も多いのでは。
一時的にしか仲間にならないキャラの中では、フォズに並んで優秀である。
さらに、グラコス戦で万が一全滅してしまうと、通常戦闘にも参加するようになる。

ハーメリア編はドラクエ7最大の挫折ポイントだが、上記のことを知っていれば少しは気が楽になるかも。

なお、ハーメリア編をクリアしたあと、アボンの村で老楽師の名前がジャンであることが聞ける。まちがいなくユバールであったジャンであろう。

・仲間になると仮定しレベル99まで上がるとした場合のカンスト時のつよさ

HP         700
MP         700
ちから       280
すばやさ      300     
かしこさ      300
みのまもり     200
かっこよさ     110 

・強さ評価

もとは旅慣れしているユバール族。そして、ベホイミやイオなどを使え、天使の歌声。魔法を多少かじっている吟遊詩人ではなかろうか。彼の演奏する曲には魅了する力があり、これもおそらく特技として使えたらかなり有効であろう。

今日はここまで。 では、またー

2012年8月23日 (木)

ドラクエ人物列伝 その78 ライラ

こんばんは。

アルス達は遊牧民族のごとく移動しながら旅をする一団に出会う。

というわけで、今日はライラ

ユバールの踊り手にして、のちのキーファの妻になる人である。17歳にしてユバールの一族の運命を背負う身。大地の精霊の加護を得るアザをもつ。ユバールの民は来るべき時の神の復活の儀式をするため転々と旅をする。ライラにはやはり神の復活の儀式に欠かせない大地のトゥーラを演奏できる弾き手であるジャンと婚約していた。

そんなさなかアルス達はライラのいるユバールのテントを訪れる。何の予感がしたのか、運命にひかれたのかはわからないが、キーファがライラに興味深々となる。やがて神の復活の儀式をするため、神の祭壇に向かう。

ライラによるとユバールの民には戦いのできる強い人物がいないという。キーファがそのことにつられたのか、ライラを守ることができないかと考えるように。

神の祭壇へつづく洞窟の水を曳かせるため、ジャンとともに洞窟に向かうが、このときも、キーファはアルス達に同行せず、ライラの護衛としてのこっていた。
無事に祭壇にたどりつき、水が曳くと、いよいよ神の復活の儀式を行うことになった。ただ、長老いわくまだ早すぎるのではと。

ライラが踊り、ジャンがトゥーラを弾く。一連の儀式が終わったが、神が降臨することはなかった。そして、ライラの婚約者であった、ジャンは自分が運命のアザを持つ人物であり、ユバールの運命を背負う踊り手であるライラと結婚することができないことを告白する。そして、ジャンは、自ら一族を離れていった。

突然婚約者のジャンを失い、ライラは困惑する。そして、キーファがここで決断をすることになった。キーファはユバールの守り手となり、ライラを守ると。事実上のプロポーズともとれる。

ライラはキーファと結婚し、ユバールの旅をつづけることになった。このことはエンディングでもあのメッセージからわかる。

ライラとキーファは子孫を残し、遠い未来、その子孫であるアイラが運命的な出会いでアルス達の仲間になる。そのアイラもユバールの血をひき、こんどこそ本当に神の儀式を完了することになったのだ。

・仲間になると仮定しレベル99まで上がるとした場合のカンスト時のつよさ

HP         650
MP         650
ちから       250
すばやさ      390     
かしこさ      350
みのまもり     180
かっこよさ     140 

・強さ評価

ユバール族は旅慣れしているので、旅先で襲われたとしてもそれを撃退する戦闘力はあったと思われる。ライラ自身「戦いになれたものが生まれない」といっているあたり、それなりに戦闘の経験もあるのだろう。ベースは踊り子なので、上記のような値を想像します。

今日はここまで。では、またー

2012年8月22日 (水)

ドラクエ人物列伝 その77 カヤ

こんばんは。

グリーンフレークの物語が火曜サスペンス劇場だの昼ドラマなどといわれてしまうにはこのキャラの存在が欠かせない。

というわけで、本日はカヤ

アルス達が到着して石化を解除したという時期ではボルックの屋敷のメイドとして住んでいた。イワンに好意があり、実際にイワンにせまる様子もうかがえる。料理に毒を盛ったなどと洒落にならないことを言ったりするが、実際に何年か先になって・・・・
だが、イワンはリンダに好意があり婚約している。そのリンダはペペが気になる人。当然、カヤはそれを見逃さず、イワンとリンダを離すために、ペペにリンダと駆け落ちさせようとせまる。

だが、この説得は失敗し、結局ペペはひとりで町を出て行ってしまい、リンダとイワンが結婚してしまう。

しかし、カヤもイワンをあきらめたわけではない。おそらく、そのままリンダとイワンが結婚したあともメイドをつづけていたのだろう。そこでイワンはハーブ園からぶどう園に経営の舵をきるが、これが大失敗。大きな負債を抱えてしまい、屋敷を手放すことになる。

さあ、ドロドロした人間模様がでてくるのはこの辺から。

カヤはイワンが荒れた生活をするようになり、リンダにもあたりだすようになる。カヤは再びイワンと結ばれるべくリンダがイワンから離れるのを辛抱強くまつことに。

やがて、カヤのもくろみどおり、リンダはイワンに愛想を尽かし家出して町からでていってしまう。

一方カヤは後からこの屋敷の主となるカサドールの妻になる。だが、これさえもイワンをむかいいれるための布石であったことがすさまじい。
カヤは負債を抱えたイワンを金銭的に支えていた。イワンは荒れた生活を送っており、リンダには逃げられ行き場をなくしていた。ここぞとばかり、カヤは次の計画をすすめることに。

カヤは病弱な夫(カサドール)を支えながら時には元メイドらしく自ら食事をつくったりと町中の評判がよかった。どうして没落して飲んだくれになってしまったイワンを金銭的援助するのかといわれるくらいである。

だが、表向きのカヤと裏の顔のカヤは全く別物。恋は盲目というが、カヤはイワンに首ったけ状態で、悪魔のような恐るべき計画が進行中であったのだ。それは、表向き看病する良き妻とみられているが実際はカサドールを毒殺することであった。主がいなくなったあと、イワンを屋敷に向かいいれ、今度こそ一緒になるとの魂胆であろう。

カヤは自ら食事を作るが、カサドールに遅行性の毒を盛っていた。もし、カサドールが亡くなり、カヤが屋敷を継ぐことになれば、完全に一人になり、カヤの金銭的援助を受けるしか生活できない状態のイワンを再び屋敷に戻すことができる。そして結ばれることも。

だが、その悪事もひょんとした事故でバレてしまう。屋敷の新しいメイドであるチュリにカヤが作った食事の失敗作を捨てるように命じたが、チュリはもったいないとばかりに犬に与えてしまう。そして犬が倒れてしまう。毒が盛られていたのではという騒ぎの中、カヤがイワンに会いに行く途中、致命的なことにアルス達の前で毒のはいった袋を落として去ってしまう。これが証拠となり、一連の恐るべき計画が発覚するのである。

だが、最後の最後になって、イワンがカヤをかばう行動に出る。カサドールを殺そうと毒を盛るよう指示したのは自分だと。
カヤはイワンとともに町を追放されるが、カヤの長い間の想いはついにイワンに伝わったようである。

町を出てからの二人のその後は一切わからないが、カヤは相当の強か(したたか)な人。その後も難なくやっていけたであろう。イワンもおそらくカヤには頭が上がらないと思う。それまでのことの成り行きを考えれば、裏切れば、彼自身、カヤに殺されるんじゃないだろうか。

こう見ると、一途さがあまりにも強すぎて怖い人。一方でとても頭のきれる人物のように思われる。

もし、アルス達が有名になっていたりしたら、イワンとのやりとりの中でカヤに利用されていたかもしれない。

グリーンフレークの物語は7の中でも結構よくまとめられており、評判も高い。

・仲間になると仮定しレベル99まで上がるとした場合のカンスト時のつよさ

HP         700
MP         700
ちから       280
すばやさ      370     
かしこさ      450
みのまもり     200
かっこよさ     130 

・強さ評価

相当頭のいい人と思われる。その気になれば何でもできるように見える。イワンと二人で町を追放され、モンスターと戦うこともあるかもしれない。だが、実際に戦闘することになったとしても生き残る人ではなかろうか。すべてはイワンのために、が原動力であるだろうが。上記設定は私の勝手な想像であるが、グリーンフレーク物語の登場人物の中では戦っても一番強いとおもわれる。

今日はここまで。では、またー

2012年8月20日 (月)

<ドラクエ10> 全種族のはじまりの町を巡る

こんばんは。

先週あずけてから、実に6日ぶりのログイン。実は、ブログが書けなかった金、土は仕事でいなかったのであった。

さて、インすると、3人に雇われていたようだ。経験値は1700くらい。レベルアップするほどではないにしても、結構ある。そして元気玉が200時間以上たまっている。では、今日はレベル上げと、最後のスタート地点、ウエディの故郷へいってみますか。

外へ出て、しびれくらげと戦う。弱い。次にキメラと戦闘。....強ええ..火炎の息もうここでくるのか?まだHP100もないのに。
てか、しびれくらげとキメラの経験値差がこのエリアの敵の強さの差を物語っている。次にジャガーメイジと戦ったがこれもかなり強い。スライムナイトも強め。結論からいうと、このエリアはガタラ周辺と同じくらい強い、というか強さの違いが大きすぎる。

一方で、ミューズの海岸を抜けて、洞窟のような、ところに行き、ぐんたいガニと戦う。これはちょうどいい強さで、これを狩ることに決める。近くにいるおばけヒトデも同じようなものなので倒す。今日はメタルスライムは2回会ったが、タゲる前に逃げ出されて万事休す。
前回、ななめに逃げて引っかかったようなことを書いたが、逃げるときは「逃げ出した」の表示とともに消えてしまうので、前回は後衛を殴ろうとしたようですね。どのくらい素早さが上がったら先手とれるのかな?武闘家ですら先手取れないととても倒すのは難しい。

とりあえず21にして、装備を一新。8000Gほどたまっていたので、かなりいい装備を買うことができた。とりあえず、武器だけは競売で買えるかなりランクの高いものを買った。

次にウエディの故郷であるレーンの村へ向かう。ジュレットの近辺が異様に強いが、渡し船にのってレーナムに出ると敵が急に弱くなった。逆を言えば、ウエディはこの渡し船に乗ったあと、急に敵が強くなって苦戦するのだろうなと勘繰る。

例によって図鑑にのせるため新顔モンスターとはバトルする。さすがにこのエリアだとほとんど一撃。

レーンの村到着。やはりここでもしぐさクエのみしかできない。だが、これで名声レベルが5になり、競売の出品数が4になった。

ふたたびジュレットに戻り、カニ相手に経験値稼ぎを再開。レベル22になった。

そうそう、今回のドラクエ10のレベルアップ時のスキル割り振りだけど、3,4レベルに1回の割合で、全くスキルポイントが得られないレベルありますね。このペースだと、一点に集中してあげないと、各スキルの最後までいかないんじゃなかろうか。

次はダーマのクエストと、各国の未消化クエをやりますか。

明日以降も平日はできなそうだなーと思いつつも仕方がないかとも思う。

今日は、ここまで。ではまたー

2012年8月17日 (金)

ドラクエ人物列伝 その76 リンダ

こんばんは。

今日も遅くてドラクエ10できず、それはさておいて、

グリーンフレーク劇場登場人物その2 リンダ

グリーンフレークの物語のある意味かわいそうな役まわりのキャラである。リンダはペペに好意を持っているが、イワンと婚約をしている。婚約といっても、純粋な恋愛ではなく、イワンの一方的な好意と、リンダが抱える借金の肩代わりをしてくれるという点である。

カヤがペペに駆け落ちするように仕掛けるがペペはなかなか決心できないばかりか、逆に追い詰められて一人でグリーンフレークを去っていってしまう。
ペペに好意を持ったリンダもまた、ペペと駆け落ちするには躊躇しているうちにペペが町を去ってしまっている。

結局リンダは婚約通りにイワンと結婚する。ところが、イワンはハーブ園からぶどう園に変えて経営しようとするが、失敗し、財産を失い屋敷を追われる身となってしまう。没落した後は、イワンは荒れた生活をするようになり、妻のリンダにすべてを任せるようになる。エペという子ももうけたが、イワンとの生活にとうとう耐えられなくなり、家出してしまう。

家出したリンダはペペが新な地で成功したのを知るが、他人の妻になってしまったのが後ろめたいのかペペ本人に直接会うことはなかった。そして、ギュイオンヌ修道院に身を寄せ、名前もべシアと変え修道院生活をしていた。
そんなさなかでも、ペペへの想いはあったらしく、修道院のシスターの姿のまま何度もペペのハーブ園に通ったようである。

やがてリンダは病に倒れ若くして生涯を閉じることになる。リンダの遺言には墓はハーブ園を見わたせる場所に建ててほしいとあり、最期までぺぺへの想いが強かったようだ。

ペペもそうだが、相思相愛のはずだが、環境と状況が許さず、「あと一歩」を踏み出せないまま、未練ののこる結末になってしまった。儚い恋の物語である。

リンダも共に旅をする人物としてはありえない存在なので、レベル99仮定は割愛する

今日はここまで。では、またー

2012年8月16日 (木)

ドラクエ人物列伝 その75 ペペ

こんばんは。

今日も日またぎ帰宅のため、ドラクエ10できず。というわけで、人物列伝を再開いたします。

本日はグリーンフレーク火曜サスペンス劇場登場人物その1 ペペ

アルス達は石化の雨が降って間もないグリーンフレークにたどり着き、雨ふらしを倒して、石化もといた。しかし、その中で天使の涙の効果でもまだ完全に直りきらないペペがいた。彼はアルスたちの助けにより、最終的には回復したが、ぺぺとそのまわりをとりまく人物関係はさながらドラマのような様相をしていた。

ペペはイワンの屋敷に仕える庭師のような立場。イワンはこの屋敷の主ボルックの息子。イワンはこの町に住むリンダが好きであり、リンダの借金を帳消しにするからと結婚を迫り、婚約している。一方リンダはペペに好意をもっている。さらに、ボルックの屋敷のメイドのカヤはイワンに好意がある。このような複雑な関係からか、やがてドロドロした物語に突入するのである。

イワンはリンダに好意をもち、リンダはペペに好意をもち、カヤがイワンに好意を持つ構図から、カヤがペペとリンダに駆け落ちするように仕掛ける。
だが、なかなかペペは決心はせず、やきもきする展開に。このへんはマリベルのセリフを聞くとなんとなく雰囲気がわかる。

最後には、ペペは一人で町を去ることになる。駆け落ちすれば、兄弟や親に迷惑をかける。かといってこのまま残るのも耐え難い。結局、この行動は人によっていろいろ評価がちがう。

ぺぺはその後グリーンフレークの東に彼自身のハーブ園を作り、成功を収める。やがて、新しいその町はメモリアリーフの町となった。現代ではグリーンフレークは滅び、メモリアリーフが残る。

グリーンフレークの物語は、リードルードの橋が開通したところで、終末を迎えることになるが、ペペはグリーンフレークを抜けて新たなる大地で成功をおさめたものの、リンダへの想いを捨てきれなかったようだ。彼は知らないのだが、イワンと結婚したあと、イワンが没落して荒れるようになってリンダが離婚。ギュイオンヌ修道院でべシアと名前を変えて仕えたが、若いうちに病死した。リンダの墓はペペのハーブ園を望む高台にあり、この場所を指定したのも彼女の遺言である。

成り行きを知るアルス達からリンダの墓のことをきくと、血相を変えて修道院の墓に向かい、後悔するのであった。あのとき、カヤにそそのかされたとはいえ、駆け落ちするべきだったと。

このペペとリンダのストーリーの流れで、マリベルが明らか主人公に対して好意をもつようなセリフが聞ける。このセリフを名シーンという人も多い。

ペペは一生独身を貫いたようだが、両親を失ったリンダという女の子を養子として迎えた。明らかにリンダへの想いを断ち切れなかったようだ。マリベルいわく、リンダという名にビビッときてこの女の子を自分の子として迎えると。

グリーンフレーク編はドラクエというゲームとしては異色のストーリーとなるが、いい話だという人も多い。

ペペが冒険者として仲間になることは考えにくいのでレベル99仮定のお話しは割愛します

今日はここまで。では、またー

2012年8月15日 (水)

<ドラクエ10> エルフとプクリポの故郷へ向かってみる

こんばんは。

やはり、平日はまともに時間とれないので、レベル上げせず、町々をまわってみることに。まず、エルフのスタート地点であるツスクルの村に向かってみる。
そうそう。アズランでも感じたのだが、どうもエルフの種族はドラクエでは和風なんですよね。宿屋が畳敷きになってたし、入れないが温泉の施設もある。街灯が灯篭になっていたり妙な感じ。エルフのNPCの名前になんとなく日本的な名前のキャラいるし...

アズランの周りの敵が、戦いやすいうえそこそこおいしいので、エルフは楽なんだろうなと思っていたのだが、ツスクルに向かう途上のエリアがかなり高い難易度な気がする。距離が長いうえ、至るところにもみじ小僧がいる。入る経験値からみると、キャタピラー等と同じくらいだが、好戦的で異常に数が多い。アズランへのエリアの近くはしびれだんびらがうろついており(こいつもかなり好戦的)エルフたちはここ抜けるのかなりしんどいんじゃないかと思える。さらに場違いというかサイクロプスがうろついていた。なんだあれ?

ツスクル近くは敵がさすがに弱くなり、なつかしいナスビナーラとかもいた。
ツスクルに到着。やはり、ここも、しぐさのクエスト以外には今時点では特にクエもイベントもない。一通り村を回ったら退散。

次はプクリポの町オルフェアへ。
ここは、町が遊園地みたいな建物になっており、中央に巨大なサーカステントがある。一通りまわってイベントを見たら、プリクポのスタートの町プクレットへ向かう。

オルフェア周辺も敵が弱い。そこそこ強いのはグレムリンだけで、あとはレベル20ならソロで充分倒せそうなやつらばかり。プクレットに近づくにつれ、確実に敵が弱くなっていくので、この地方も序盤は楽なエリアなのだろう。例によって図鑑をうめるため、新顔とは一回戦う。それにしても、スライムつむりは、10ではスライムよりちょっとだけ強いザコにされていたのには驚いた。でてくる3や6では中盤以降なのに...

プクレットの町もしぐさクエストくらいしかやることがなかったので、これにて退散。今日はここまで。
あとはウエディのところ回れば、各種族のスタート地点は全部まわったことになるかな。

ちなみに、今回は登録している間に1回雇われていて確かに経験値やお金が手に入った。経験値が、経験値稼ぎにしては少なく、移動の護衛にするには多い値だったので、もしかしたらクエストのおともにされたのかな。レベル20だからダーマ解禁イベが目的なのかも。

今日はここまで。

仕事がまた繁忙期になってきており、平日はドラクエ10をプレイしにくい日が多くなりそう。なので、ドラクエ人物列伝を再開します。平日(火~金)は人物列伝、土~月がドラクエ10のことを書くことが多くなるとおもいますのでご了承下さい。

では、またー

2012年8月13日 (月)

<ドラクエ10> 世界はとても広いのだ

こんばんは。

今日は、ランプ錬金で娯楽島にいったあとなので、列車でいろいろまわってみることにする。まず、合成職人になるため、港町レンドアにいき、壺錬金と道具鍛冶のクエを終わらせる。ルーラストーンをくれる人がいたが、レベル25になるまでお預けのようだ。

次にオーガの本拠グレン城下町にいく。そのまま、グレン東領かへ出てら、オーガのスタート地点であるランガーオ村へすすめる。グレン城の周りの敵どのくらいかためしにぶつかるが、おおくちばしもどくろあらいも弱い。岳都ガタラ周辺とくらべると弱すぎて相手にならん。なので、そのまま北へぬけ、新顔の敵だけわざと戦う(モンスター図鑑埋めるため)

ランガーオ村では、今のところしぐさのクエストしかできなかった。とりあえずここで止める。

次にエルフの本拠風の町アズランへ。噂に聞いてはいたが、最も人口の多いエルフの町であるのはウソでなかった。町中に人があふれている。そして、外にでると、レベルあげでごったがいしている。ここのまわりのザコ敵である浮遊樹や毒矢頭巾が冒険者に蹂躙されている(笑)。戦いたくてもなかなか戦えない。だが、少し奥まったところにいくと人が少ないのか戦える。ここの敵は攻撃力が高い敵が少な目なので、戦いやすい。ガタラ原野のときはプテラノドンとガチャコッコが戦いづらかったのに対し、ここの敵はサクサク倒せる。よし、こちらでレベルあげしようか。

さて、アズランで受けたクエストのアイテムはあばれこまいぬからあっさり手に入れ、あとは毒矢頭巾や浮遊樹相手にかせぎを開始。
ところが数回戦闘し、毒矢頭巾に攻撃をしかけたところ

「メタルスライムがあらわれた!」

おおおおお! 

きゃー メタルよ メタルよ 早く倒すのよ (byマリベル)

は、いいとして、メタルスライムとご対面。何も考えずタゲをメタスラにかえて殴る。すると、これはラッキーとしかいいようがない。なんと、メタルスライムは後ろではなく、ななめに向かって逃げ出している。ものすごい勢いで自分がおされるが、どうやら10ではメタルといえども障害物にひっかかると止められるようだ。
そして3回目の攻撃で会心が出てなんと初対戦でいきなり倒すことができてしまった。

メタルスライムを相手にする場合、後ろに回り込んでから攻撃した方がいいかも。運がいいと逃げ出した方向にいるキャラに引っかかって攻撃のチャンスが増える。まっすぐ後ろに逃げられると、追っかけながら切り付けなければならないのでこちらの攻撃は多分1,2回しか届かないと思われる。

経験値は今までのシリーズと同じで、4人PTなら1350のようである。うますぎる。30~50くらいの稼ぎの世界で1350である。40分くらいの経験値稼ぎ分くらいはありそうだ。

ここの狩場はおいしい。メタルが出なかったとしても、ガタラ周辺よりは稼ぎやすいであろう。

レベル20まで上がったので、今日はここまで。

まだあと2種族の大陸がのこっているのに。まだまだやるべきことはたくさんある

それにしてもレベル上げしんどいなあ。キャラをあずけて本日は終了。平日はできない日も多いから、だれか使ってもらってレベル上がっててくれないかなあなんて期待してみる。

今日はここまで。では、またー  

2012年8月12日 (日)

<ドラクエ10> 結構レベル上げしんどい

こんばんは。

今日は集中まとまってやっとプレイできたので、一気にすすめる。

とりあえずソロのままで、レベル15まで上げる。だが、オフラインのドラクエと違い、これがかなりしんどい。敵の強さがかなりまばらで同じエリアでもえらい強さに違いがある。

結局キャタピラーをひたすら狩った。ピッキーとかは倒せないことはないのだが、1回の戦闘で薬草を数回使わないと勝てないので大赤字になる。キャタピラーも倒すまでに2回殴られると回復しないといけないのでお金は殆ど稼げない。ただ、こいつが落とす蝶の羽が高く出品できるので、まさにドロップアイテム次第。

レベル15になったら、預り所に金を預けて端数は薬草などの消耗品を買って(すでに装備品はそのレベルで店で買える最高品(ハイクオリティ品ではないが)を取得済み。とりあえず岳都ガタラへ向かう。途中でスカルガルーに会うが、はっきり言ってこの時点では歯が立たない。痛いし、ダメージが1ケタしか通らないしで、退散。救いなのは、ドラクエ10は奇襲されないかぎり、ほとんどダメージなく脱出できることがほとんど。敵が密集しているところを強行突破する場合、逃げやすそう(あるいは飛び道具を持っていない)相手をえらんでわざとぶつかったほうがいいかも。追いかけられて後ろから捕まるとかなりの確率で奇襲される。戦闘脱出後3秒くらいは当たり判定がないし、敵にみつかることもないから、ここで一気に突破できる。

なんとか岳都ガタラについたが、めちゃくちゃ広くてわけわからん。この規模の町が世界にはいくつもあるんだよな。

やっとサポート仲間を連れて行ける酒場を見つけたが、クエストを終えないとサポート仲間は仲間にならないようだし、元気玉をくれる宿屋協会もクエストとかないといけない。特に後者はしびれだんびらを倒す必要あるんですぐには無理だな。

サポートキャラのクエストはランプ錬金ギルドの素材屋でさえずりのみつを買ってこいだと?娯楽島ってどこ?ああ、列車にのるのか。

とりあえず列車に初めて乗って、外の大陸へ。この娯楽島、メダル王とカジノ都市みたいだな。おまけにBGMが8の対話ときたもんだ。コロシアムとか施設が未完成でいっぱいあるけど、これってまだ未実装ですね。これからどんどんアップデートで増えるのか。

さて、錬金ギルドでさえずりのみつはゲット。これでサポート仲間がつかえるように。

僧侶と戦士を仲間にしていざバトル。

とりあえずピッキーをやる。1匹だと楽勝だが、2匹いるときは結構ダメージ食らうのでなかなかスリリング。ただ、サポート仲間の僧侶の回復タイミングはかなり良くて、充分。レベリングに限ればサポート仲間システムでもやっていけそうだね。

このエリアにでてきるスカルガルーとプテラノドンもやったけど、前者はメダパニするしホイミするしで、腹ただしい。後者はかなりの強敵で、イオ撃つし、ダメージが戦士ですら3分の1へるので、超苦戦。かろうじで倒せたけど、この1回の戦闘でMPがほぼ底尽きる。

というわけで、ボス戦でもないかぎり、各上を相手にするのは4人でもあまりお勧めできませんね。3人で倒すとソロの45%くらいの経験値になるのだが、ひとりだと被ダメが多くてまともに倒せない相手でもある程度楽に戦える。ただ、本当に強い相手だと回復がフル稼働、前衛は相手にまともなダメージが出ない。。。となったら、いまいち。

FF11と違い、レベル上げは倒しやすいものを連戦したほうがいいみたい。

結局、3人でピッキー狩りになる感じだが、ピッキーも1匹だと19とソロのキャタピラー狩りより少ない(ただ、こっちはホイミしてもらえるから薬草大量浪費はさけられるけど)

ちなみにオーガの戦士をいれたのだが、自分が武闘家なこともあるのだが、やっぱりダメージを与えるスタイルが全くちがうね。戦士は一発が大きいけど、武闘家はすばやさの関係なのか、戦士が1回攻撃する間に2回攻撃できるくらい差がある。逆に固い相手だと武闘家はダメージがでないのでためるして攻撃というパターンになる。

ちなみにスキルポイントは全部気合いに投下。9などと同じに考えるとベースの能力のボーナスが増えあとあと楽になるかも。瞑想が覚えられる(しかも武闘家専用)のもポイント。スキル振りはやはり一点豪華主義でいくことになりそうですね。

宿屋クエスト対象のダンビラ狩り(こう書くと7のアレを連想してしまうが(笑)、ここではしびれダンビラのこと)をする。さすがにPTだとそれほど怖い相手ではない。4匹目で目的のブツをゲット。宿屋協会(?)も利用可能に。

その後もレベルを17まで上げたところで、本日は終了。やることはまだまだたくさんある。ほんと、時間ないよ~;;

明日は、転職ができる20までもっていけるかなあ

今日はここまで。では、またー

2012年8月10日 (金)

<ドラクエ10> 以外と時間がなくてできない・・

こんばんは。

いつもブログ書くのは寝る直前なんだけど、今までもたいてい日付かわってから書くことが多いから実際にプレイする時間は平日だと2時間もないー;;

下手に手つけちゃうと寝不足モードになるんで、今日も入れません。

明日は金曜(あ、書いているときすでに日付かわったな)だから今度はゆっくりプレイさせてもらう。

さて、ネットのほうをちらほら見たけれど、今回のドラクエはかなり規制が厳しいらしく、画像や動画を載せてるサイトは少ないですね。なんせ、ドラクエ立ち上げるないなやゲーム内の画像や音楽をネット配信してはいけないメッセージでるし。

ドラクエ10の売り上げ、1週目で50万届かないみたいで、やはりオンラインだからできないもしくはやらないときめた人が多かったのかな。ただ、ドラクエシリーズもしょっぱなからバカ売れしなくても徐々に売り上げが増えたシリーズはあるから、なんだかんだでいずれミリオンに到達するだろうけどね。

初版の売り上げがあまり高くなかったのが1,4,5かな。これらはクチコミであとからじわじわ売上あげたし。4,5なんかはリメイクの売り上げを加算すれば7や9よりも実は多いので、その証明かも。

ドラクエ10もまだ、オンラインゲームだからという理由で手を出せないで様子見している人結構多そうだから、1か月くらい過ぎてからが本当の評価がされるのかもね。

廃人プレイしている人はそろそろ本編クリアしちゃう頃なのかな?

ドラクエといえば、クリア後の極めプレイがあるが、オンラインゲームだから、少なくとも種や木の実は存在しないのではなかろうか。無制限にパラメータあげられる仕様だと、廃神プレイヤーが、ドロップするモンスターを延々と狩っていることになりそう。

あと、やはりカジノはやはりないのかな。ただ、オンラインだから負けたらリセットが効かない分、存在してもいい感じかも。

気になるのは、ドラクエ8や9と同じ原理だと、転生か外部でスキルポイントがあがるイベントがないと、スキルカンストは不可能ですね。

もう一つ気になるのは、ザキ系魔法とメガンテの存在。オンラインなので、一発で即死する呪文ってあってはならない気がする。

各特技や呪文がジョブ固有になっているものが多いのは納得がいく。そうじゃないと、ほとんどのプレイヤーは魔力に依存しない便利魔法(回復系や支援系)や盗むやためるなどの便利特技をかじるように覚えるだろうから、本家がくわれてしまう。

まあ、このあたりは、バランスが悪いとわかればシステム自体がアップデートされるだろうからなんとか保つのかな。

今頃になってPVの画像みたけど、8の「対話」とか他のシリーズの曲まだまだつかわれていそう。よく考えたら、アップデートの待ち時間とか2のLOVEソング探してが流れてたね。集大成的に曲が使われているのならそれはwelcomeですね。

ちなみに、10の通常戦闘の曲って、なんか懐かしい曲に似ている。ずっと昔にテレビで流れてた曲だけど、なんだっけな?と思ってたら、思い出した。「水曜スペシャル 川口浩探検隊」のテーマ曲だ(笑) これ見てた人は間違いなく40前後と思われる(自分も人のこといえないけど)

さて、2:00まわってしまった。もう寝よう。そして明日はゆっくりインしよう

今日はここまで。では、またー

2012年8月 9日 (木)

<ドラクエ10> 少し遠出してみる

こんばんは。

ドラクエ10、鉱山のボス倒したので、いよいよフィールドを遠出することに。

知らなかったけど、ドワーフは一番人気がないらしいですね。エルフあたりがすごい人気が集中しているようで、込み具合もちがうとか。確かにドワーフの数は少ないようで、その分敵が枯れることもないんだけどね

まあ、そんなことはよしとして、

やっぱり外は結構広い。で、キャンプのところまで来て初めて競売(あ、競売とはいわないか)と預り所が....この競売のシステム、FF11に近いなあ(こちらは出品の値段が丸見えなので、普通に安いのから売れていくけどね)、ただ、このシステム使わないとお金は全くたまらないね。なんせ序盤は宿代や薬草代もバカにならない。

ちなみにキャンプの近くにいるキャタピラーとか戦うんだが、やはりダメージもらうので、ソロだと2、3回くらい戦ったら回復が必要。その都度薬草使うんで、下手すると赤字になる。

今日もレベルあげ目的の人と組んでやったけど、自己回復ができないと、回復アイテムで金がかかってしまう。競売の銅鉱石や鉄鉱石の相場は思ったより高かったので、これが速攻で売れたので、すぐ装備を新調した。ただ、やはり装備品は装備レベルがあるので、金さえあれば序盤かららっくらくというわけにはいかない。

預かり所のクエストでバブルスライムを倒してドロップアイテムを取るのだが、毒もらうと完璧に赤字になるので、非常に苦しい。幸い、6匹狩ったら出たのでよかったが。

今日はレベル12まで上げて終了。プレイ時間は2時間弱である。

平日はやはりそれほど長くはできない。

というわけで今日はここまで。では、またー

2012年8月 8日 (水)

<ドラクエ10> 曲の使い方がなるほどと思うこと

こんばんは。

今日は帰宅が遅いので、あえてインしないことに(昨日は12時過ぎからはいって3時ちかくまでやって眠い~ということになったので)

さて、今回ドラクエ10プレイしていると、なんか懐かしい音楽が結構使われているんだよね。少なくともまだ数時間しかプレイしていないなかで、聴けたのが

・悪のモチーフ(5)
・この想いを(8)
・エレジー(4)
・不思議のほこら(4)
・死(1,8,9)

ドワーフでプレイしているためか、オンラインのオープニングはアッテムトが記憶によぎる。まさか、各種族のオープニングでそれぞれ別のレクイエム曲が使われていたりはしないのだろうか・・・など思う。

結構、場面はあっているので、この使い回しはいいと思う。
そうすると、自分のすきなドラクエ曲が今回のにはあるのかな~なんて思ったりして
「哀愁物語」と「精霊の冠」どこかのイベントで使われないかな?

9や8の傾向からすると、船や空の曲は再登場でありそうな予感

ちなみに全滅したときの曲は、おなじみ「あなたはしにました」のアレでした。

さて、プレイのほうは初めてパーティを組みました(といっても今日プレイしていないから、昨日の話になるが)

ドラクエ10はFF11と違って絶対経験値制なので、レベル差があり過ぎる敵を倒しても経験値が得られないということはない。で、パーティ組むとパーティ内のレベル差によって経験値が減少することもなさそうだ。
ただ、これ利用すると、とても強いキャラに頼れば新米キャラが楽にレベル上げできちゃいそうですね。

ドラクエ10はレベル上げに時間をとられないようにインしていない間、だれかに使ってもらうことにより経験値がたまるとか、インの間があくと元気玉がもらえて、一定時間経験値の入りが2倍になるとかのシステムがあるので、FF11のようにレベル上げがゲーム中の8割を占めるようなことはなさそうだ。

さて、そのとき初めて組んだPTは自分と同じ武闘家と僧侶。レベル上げ目的なので、とにかく手当たり次第殴る。(ちなみに鉱山ね)。やはりソロプレイよりレベル上げ効率は段違いで、小一時間で2レベル(加入時レベル4だった僧侶さんは8まで上がった)そのままイケイケで3人でボスに突入し、倒すことに成功した。ボスそんなに強くなかったような。
そのとき、その僧侶さんとはフレ登録したけれど、今日は入れないのでごめんね。

うう、やっぱりオンラインゲームは時間をバカ食いする。平日は入れない日(入ろうとすればできるが、はいったら1時間以内というわけいかないしねえ)ありそうだ。でもそれでも続きがしたいですなあ。

このオンラインシステム、やはりFF11がベースではなかろうか。FF11とは違うとおもっていたけれど以外と共通することも多いので、FF11プレイヤーだった自分としてはなれるのは早かったと。

ドラクエ10は全年齢対象らしいけど、オンラインゲームはインターネットの知識とか、チャットの仕方とかあるから小学生には敷居が高いんじゃないかな。しかも、説明書によると、15歳以下の人は親と一緒に登録してくださいみたいな文言が書いてあったぞ。この時点で、このゲームCERO:Cじゃないのか?などと感じる。

さて明日(というか今日か)は早く帰れそうならインできそうだ。

オリンピックといい、ドラクエ10といい、今月は寝不足にひきこまれる要素満載でたいへん(笑)

今日はここまで。では、またー

2012年8月 6日 (月)

<ドラクエ10> とりあえずオンラインのところまで進めたが

こんばんは。

やはり、しばらくドラクエ10のことを書くことになりそうなので、人物列伝は申し訳ないけど、一時お休みとさせていただきます。

さて、ネット接続はPCにWI-FI USBアダプタを入れて解決したのでいよいよオンラインのところまで進めることに。

さて、やった感じだが、システムは個人的にはDQ8+DQ9+FF4+FF11と思った。

ドラクエ世界の見た目としては8の3D世界を動くような感じ(これはFF11にも近いけど)。そして敵はシンボルエンカウントである。画面上に敵がいて、触れると戦闘モードになる。FF11のようにリアルタイムで攻撃するものではなかった。しかし、今までのドラクエの伝統である、早い順に1ターン1行動するというのはなくなった。コマンドを投入してから次のコマンド入力まで待ち時間がある。この違和感はまさにFF3からFF4に移ったときに感じたもの。ATB式になったようだ。

アクション性はドラクエだから皆無とおもっていたら、これが結構ありそうな予感。たとえば密集しているところに範囲魔法やブレスを受けると全員がダメージをもらうが、ターゲットがわかっているなら、離れたりすることもできる。ブレス攻撃も分散していれば最小限の人数のダメージで済む。敵と敵の間に割り込んで敵を後衛に近づかせないような戦法もできそう。

あと、FF11とはアルゴリズムが違うだろうけど、今回のドラクエ10もパーティプレイではダゲをうまくコントロールしないとなにかと厄介かもせいれない。

さて、オンラインモードまで進めたが、設定は特に問題なく終わり(自分はFF11やっているのですでにスクウエアエニックスアカウントはあるし、あとはありきたりな情報打ち込むだけだから特に問題ない。

ちなみに私のキャラはブログ名とおなじ「エイロス」でプレイしています。キャラはドワーフの武道家。とりあえず初期ジョブは9と同じですね。今回はドワーフにしたけど、設定が地属性で武闘家がしたかったのでというところで直感で選んだ。キャラ説明みるとドワーフって器用さと速さが高いみたいですね。器用さはともかくドワーフって遅いイメージあるけど。ウエディやオーガでもよかったけど。こういうのは直観で決まったものをすぐ決定したほうがあとあとよかったりする。

まあ、最初は町のキャラの話をきかなければならないのでテキトーにまわったが、早くもチャットしている人もいた。

ただ、サーバが異常に重いらしく、システムメッセージでチャットは自分のまわりしか使わないようにとアナウンスが。いろいろ話ききながらまわって結構時間がかかった。

とりあえず鉱山でレベル上げ&金稼ぎしてレベル6まで上げて本日は終了。
FF11と同じで、敵の落とすゴールドは微々たるもの。ドロップアイテムと、9でもあったような素材拾いで序盤はカネ稼ぎする。

今日はここまで。では、またー

2012年8月 4日 (土)

<ドラクエ10> セットアップして気づくwiiのワナ

こんばんは。

やはり、人物列伝は今回はお休みです。

ちょっと今日だけはドラクエ10買ってさあ、はじめようとした矢先におきた問題について書いてみる。

ドラクエ10買ってきてセットアップしてみたが、はっきりいってしまおう、インターネット接続についてそれほど苦にしない人でも、このドラクエ10からwiiをインターネット接続するにはいくつかの罠があるので注意されたし。
といっても、自分も含めすでにひっかかった人はそれなりにいそうだね。

ワナ:その1

 wiiには直接LANケーブルを挿せない!

これは自分では気づいていたのだが、インターネット接続ができる据え置き機にもかかわらずLANケーブルの口がありません。なにも考えず、ドラクエ10のソフトだけ買ってきて、パソコンのLANを抜いてwiiに挿す、あるいはLANケーブルを追加で買って、HUBにさしてつなごうと思ったら最後、LANの穴がない!とあわてること請け合いです。

wiiに有線でLANをつなげるにはLANアダプターが必要です。

ワナ:その2

 wiiはPPPOE接続に対応していない!!!

買い替えたパソコンやゲーム機を普通に自分でインターネット設定できていた人でも、多分、多くの人がこの罠にかかってしまうと思われます。私もモロにひっかかりました。
ワナ1を見抜いてインターネットの有線をwiiに挿すことができました。そしてwiiのインターネット接続から新しい接続(有線接続)を選び、接続テストまでいくのですが・・・・・、エラーになります。
ネットワークの知識がそこそこある人ならここで違和感を感じるはず。なぜ、新たな接続先にもかかわらず、プロバイダIDやパスワードの設定がないのかと。
それもそのはず。PPPOE接続なら、プロバイダIDやパスワードが設定されてなければ接続できるはずがありません。そう、wiiはPPPOE接続ができないのだ。そのため、WIFIかルータを通してインターネット接続する必要がある。
つまり、この時点で、私はオンライン接続できないことが判明。ルーターを購入しないとできないのである。

ワナ:その3

 wiiにはUSBの穴は2つしかない!!

最後はこれ。USBの穴2つのうち、片方はUSBメモリーを挿す必要があるので、強制的に使うことになります。そして、有線接続する場合、LANアダプタを介してもう一つのUSBの穴を占有することになる。
え、べつにこれならオンラインプレイできるでしょ?とおもったあなた、遅かれ早かれ、実はどうしてももう一つ穴が必要なことに気づくことになる。
MMORPGでは他のプレイヤーとチャットしたり、メッセージを送ることができる。では、それはどうやって入力するのか。正解はキーボードである。そう、キーボードを接続するにはUSBでつなげる必要があるのだ。たしかにキーボードなしでも文字は打ち込める。しかし、パソコンをそれなりにさわっている人であれば、キーボード以外での日本語入力はとても不便で苦痛と思う。

早いはなし、有線LANでドラクエ10をプレイする方はキーボードが使えません。といっているのに等しい。

というわけで、特にワナ2とワナ3に該当する方(私もそうだ)は無線ルータを買いましょう。そうしないとたぶん快適にドラクエ10はプレイできないと思われる。無線ルータの代わりに、PCを同時に起動する必要があるが、PCに差し込んでWIFIの拠点にするようなWIFIアダプタのような製品もある。とにかく、無線でつながるようなものにしたほうが良いです。

ただ、幸か不幸かオンラインはすぐにプレイできない。インストールだけで1時間以上かかるので、2日から3日にかけてインストールし、キャラ作っただけで初日は終了。そして、今日仕事から帰ったあと、先に今ブログ書いて更新して、これから始めようとしてます。どうやら、オンラインになるまではそれなりにストーリーをすすめなければならないようなので。

というわけで、今日はここまで。ドラクエ10の世界にいってきます。

2012年8月 2日 (木)

ドラクエ人物列伝 その74 ゼボット

こんばんは。このブログを書いているのは8月2日。ドラクエ10でたんですね。
明日の題目としては、人物列伝お休みするかも....

それはさておいて

フォロッドのからくり学者、本日は、ゼボット

ドラクエ7でも凄惨なストーリーであるフォロッド・フォーリッシュ編にでてくるからくり学者。
からくりの研究に没頭しており、人間とはあまりコミュニケーションを取るのを避けており、人里はなれた一軒家に住んでいる。
ゼボットの人間不信は、もともとゼボットの婚約者であったフォロッドの王女エリーが狩りの際に事故死した。これに兄であるトラッドがからんでいる。

フォーリッシュやフォロッド城がからくり兵に攻められた際にトラッドやアルス達が説得にいくも、最初は断られる。だが、最終的にはからくり兵の弱点を発見し、からくり兵を改造したお手伝いロボットであるエリーにそのからくり兵の弱点となる妨害電波を発する装置をつけて対抗した。このときもゼボットは協力する気はあまりなかったようである。

からくり兵撃退後は、完全に人間を拒絶する態度を取る。改造したからくりにエリーと名をつけたのは、その事故死したフォロッド王女エリーであることは明らかである。

その後はロボットのエリーを唯一の友としてからくりの研究をつづけ、生涯を閉じる。

現代に戻り、ゼボットの家にいったときのシーンはドラクエ7でも5本の指に入る心に残るシーンであろう。遥か昔に死亡し、白骨化したゼボットの死体にエリーは百年以上食事を作り続けていた。「ぜぼっと、キョウモ ウゴカナイ・・・・ ナニモ シャベラナイ、 すーぷサメタ ツクリナオシ・・・」のメッセージは涙を誘う。

ゼボットの心境からして仲間になる可能性はほぼゼロであろう。よって、レベル99仮定のおはなしは割愛する。

今日はここまで。では、またー

2012年8月 1日 (水)

ドラクエ人物列伝 その73 ガボ

こんばんは。

オルフィーの町で出会い、間封じの洞窟でデス・アミーゴを倒すと仲間になる人間にされた狼がいた

ということで本日はガボ

デス・アミーゴの呪いによってオルフィーの町は人が動物に、動物が人になっていた。そんななか、鎖につながれていた子供を助けると、間封じの洞窟へいってしまう。

この子供こそもともと狼であったガボである。デス・アミーゴ戦のあと、白狼の唯一の生き残りであり、人間の姿のままついてきた。そして謎の神殿で正式に仲間になる。この時には言葉はほとんどしゃべれない。

現代に戻り、デス・アミーゴのいたところにいくと、封印された棺があり、開けるとデス・アミーゴがガボを狼に戻す呪文をとなえる。しかし、呪文はその効果がなく、しかもガボが人間の言葉をしゃべるように、そう、より人間化してしまったのだ。

そしてそのままアルス達についていくことになる。
人間状態のガボはまさに野生児。狼の時の年齢がわからないが、人間の姿のガボは見た目10歳前後のように見える。

戦闘では元オオカミということもあってか、素早さが高い。MPは低く、装備できるものが、他のキャラに比べると劣る。特に武器は相性が悪いものを装備すると攻撃力が下がってしまう。ただ、他のキャラのように途中離脱する時期がないため、職歴や経験値はアルスとだいたい同じになる。そのため、実はかなり強くなっていることも珍しくない。
序盤では、元狼であったことからガボ専用特技であるほえろ等が使える。速さがメリットなので、回復や支援系の適正もある。

元狼であったことから、人間のことがあまりわからないことが逆に強みとなることがある。特にマリベルの毒舌によく対抗するセリフを言うが、やはり普通の人間とちがうからなのであろう。
動物本能なのか、食べ物に興味を示すことが多く、おなかがすいた等のセリフが多い。
ガボのセリフは人間の「裏」をもたない故、純真で彼の言葉はうるさいことはあっても、嫌味な台詞がすくない。ストレートに言うので、マリベルが反論することも。

フォズが好きなようで、現代のダーマ神殿で転職しようとするとガボが転職はフォズ大神官に決めているようなことをいってだだをこねる。

ちなみに肩書きは「オオカミ少年」 なんか違うものを連想させる。

・物語中の行動

オルフィーで怪我をしたところを介抱された白狼。ところが、デス・アミーゴの魔法によって、町中は人間と動物の姿が逆転してしまう。ガボもこのとき人間になった。

デス・アミーゴを倒したあと仲間になる。しかし、このときは人間の言葉がしゃべれない。言う単語、単語が「ガボ」ばかり。だから「ガボ」という名ともいえる。
その後、現代のデス・アミーゴに会うと、狼にもどしてくれるとばかりに呪文をとなえるが、失敗し、逆に人間の言葉をしゃべれるようにより人間化した。

そのあとは突然ガボはしゃべりまくりになる。

その後の人間への順応は非常に早く、元狼であったことがわからなくなるくらいに。

ガボは物語の最後まで一時離脱のないキャラである。つまり、主人公アルスに次いで長いつきあいになるのである。

オルゴデミーラを倒したあとはきこりのもとにいるようだ。一方で、時々過去のダーマ神殿にフォズに会いに行っているのかもしれない。

・代表的な台詞

「オイラ これが いいぞ!すっごく うれしいぞ!これで ○○○○たちとちゃんと話が できるようになったんだもんな!わーい!しゃべれる しゃべれるー!ひゃっほー!」
「チカラを うばってくれたお礼を たっぷり してやろうぜ!もちろん 剣とコブシでな」
「やだやだ ○○○○。オイラ 転職するなら 絶対フォズ大神官って決めてんだい!」
「うはぁ バロックさんてまるで マリベルが 男になっちまったみたいな人だなあ」
「クンクン。○○○○の村は いつ来てもうまそうな 魚のニオイがするぞ!」
「オイラ おっちゃんにたのんでアミット漁の見物に 来たぞ。○○○○!おいしい魚を いっぱいいっぱいまっているからな。気をつけて いってくるんだぞ。」

・カンスト時の強さ

LV        99
HP       780
MP      650
ちから     350
すばやさ   350
かしこさ     210
みのまもり  190
かっこよさ   80

・歴代キャラとの比較のため、補正した能力値 
 ※順位や補正方法は以前ドラクエキャラランキングで掲載したものです 

HP       780     15位
MP      650     12位
ちから     223     17位
すばやさ   223     15位
たいりょく   201     
かしこさ    107      -
みのまもり   121      
かっこよさ  160      -

総合1            20位
総合2            21位
肉弾系総合1         8位

・強さ評価

突出して高いのはないのだが、肉弾戦能力は総合的にはかなり高い。また、MPが低いのが弱点であるが、レベル99では650まであがり、ここまでくれば弱点ではないであろう。シリーズ全体でみても高い水準だったりする。
装備品が弱いのが残念なところ。6,7の強さは覚えている特技依存になるため、ガボははやさを生かした特技を覚えたい。

今日はここまで。では、またー

« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »