« <ドラクエ10> 乱獲の時代かも | トップページ | ドラクエ人物列伝 その100 ククール »

2012年10月19日 (金)

ドラクエ人物列伝 その99 ゼシカ

こんばんは。

兄サーベルトの仇を討つべく主人公達に加わった女性。

ということで本日はゼシカ

ドラクエの女性キャラの中では一、二を争うくらいセクシーさを前面におしたキャラデザインにされている。特にゼシカの専用装備のいくつかをつけると、戦闘中のグラフィックもちゃんとその内容に変わったりする。
走ると乳揺れまでするようになり、全国の男性プレイヤーを釘づけにする。

彼女のアルバート家の家系は七賢者のひとりシャマルの末裔。そのため、兄サーベルトは七賢者の末裔を抹殺を企てるドルマゲスによって殺されてしまう。

MPや賢さが高く、HPや力が低い、典型的な魔法使い。攻撃魔法であるメラ・ギラ・ヒャド・イオ系をすべて覚える。MPが非常に多いので、MP切れになることがほとんどない。また、8から賢さによって攻撃呪文の威力が変わるシステムになったため、ゼシカの攻撃魔法は他のキャラよりあきらかに強い。
ゼシカはどのスキルを上げたかによって戦闘スタイルが変わる。杖を上げるとさらに別の魔法を覚えることができ、最終的にはザオリクまで使えるように。ムチスキルを上げると前衛に匹敵するくらいの威力のある技を覚える。お色気スキルは彼女特有の技が使える。敵が見とれる可能性も高くなる。短剣を極めると剣が装備できるようになり、マダンテを覚えるためには格闘をあげなければいけない。
地雷スキルこそないが、極めきらないと特徴的な技がおぼえられないのが難点。

ぱふぱふに完全耐性をもち、敵にぱふぱふされると、「勝利の笑みを浮かべている」と表示され、全く効果がない。他にバギ系の魔法などに耐性がある

・物語中の行動

兄サーベルトはドルマゲスに殺される。ゼシカは犯人を追うためリーザス塔に向かっていたが、リーザス塔の最上階で主人公と会ったため、ゼシカは主人公達をサーベルトを殺した犯人と勘違いし、魔法で攻撃しようとする。しかし、リーザス像のグラン・スピネルに封印された兄の記憶から真実が告げられ、犯人がドルマゲスであることを知る。

その後兄の仇を討つために旅に出ようとするところを母親に止められるが、それに反対して家をでていってしまう。しかし、魔物が出没してポルトリンクから船で外にいけないために足止めをくらっていた。
そのとき主人公達に再会し、半ば強引に魔物退治を依頼される。そしてタコの魔物オセアーノンを倒したあと、ドルマゲスを探すという目的がゼシカの目的と一致したため、仲間に加わった。

その後もドルマゲスは各地で七賢者の末裔の殺害を繰り返すが、ついに追い詰め倒すことができた。しかし、ドルマゲスが持っていたラプソーンが封印された杖をゼシカが手にとってしまったことにより、洗脳されてしまう。

ゼシカはリブルアーチのハワードを襲うが、主人公達と対峙することになる。
ゼシカを洗脳したラプソーンは七賢者がハワードではなくチェルスであることに気づいているが表向きハワードを襲う。主人公達とゼシカが戦闘になり、ゼシカは戦いで正気を取り戻すが、洗脳が解かれたスキに杖をくわえたハワードの飼い犬レオパルドが洗脳され、チェルスは殺される。

洗脳された前後で若干ゼシカのセリフが変わる、というか心情がかわったのであろう。
特にラプソーンが復活した後のゼシカのセリフから垣間見ることができる。

ラプソーン討伐後はリーザス村に戻ってすごしているようだ。

・代表的な台詞

「……マルチェロ?ああ 2階からイヤミね。なんで あいつの許可がいるのよ!」
「あいつは 私ひとりのカタキじゃないわ。ドルマゲスに殺された人 みんな……みんなに代わって 私たちで。○○○○と 私たちとであいつを倒そう。ね。」
「ミーティア姫が あんな美人なお姫様だったなんて ショックだわ!でも スタイルでならミーティア姫に 勝つ自信があるわ。私の胸は 最強なんだから!」
「兄さんのカタキさえ討てばすべてが終わると 思っていたころが遠い昔のように 感じられるわ。でも じっさい 私たちの旅はラプソーンを倒さないかぎり終わらないのよね。」

・カンスト時の強さ

LV        99
HP       683
MP      726
ちから     306
すばやさ   289
かしこさ     556
みのまもり  181

・歴代キャラとの比較のため、補正した能力値 
 ※順位や補正方法は以前ドラクエキャラランキングで掲載したものです 

HP       683      -
MP      726      9位
ちから     195      -
すばやさ   184      
たいりょく   216      -
かしこさ    255      1位
みのまもり   115      -

総合2             5位
魔法系総合1         7位
魔法系総合2         6位

・強さ評価

個々の能力は賢さとMPしか突出していないが、総合的な能力値はかなり高い部類に入る。8では、賢さの値が魔法の威力に連動するため、数値以上強さが目立つ。
ゼシカの場合、どのスキルを伸ばしたかによって強さのタイプがだいぶ変わる。武器を極めると魔法使いながら肉弾戦もかなり強い。(実はちからも結構高い)
また、テンションシステムがある8ではスーパーハイテンション時の強力魔法はすさまじい威力になる。

今日はここまで。では、またー



« <ドラクエ10> 乱獲の時代かも | トップページ | ドラクエ人物列伝 その100 ククール »

ドラクエ人物列伝」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ドラクエ人物列伝 その99 ゼシカ:

« <ドラクエ10> 乱獲の時代かも | トップページ | ドラクエ人物列伝 その100 ククール »