« ドラクエ人物列伝 その113 イザヤール | トップページ | <ドラクエ10> 限界こえたところで一休み »

2012年11月18日 (日)

<ドラクエ10> メガザルロックの悪夢

こんばんは。

ついにレベル50になり、限界クエストを受けるときがきました。

先週1週間で、すでにレベル50まであと17000まできていたので、49→50は前回と同じくエビルチクリンとげんじかぶと相手に上げて、すぐに50になりました。

そして限界超えのクエストを受領。ザクハンにいるメガザルロックを倒せとのこと。

敵は相当強いとのうわさで普通に事故で一撃で死んだりするらしいので、本気メンバーをまず雇う。

まず僧侶だが、さすがに耐久力の高いのを探すのは無理がある。そこで僧侶の証を装備し、信仰に振っているであろう僧侶を仲間にする。HP+30も持っているようでこれ以上求めるのは難しい。
パラディンは勇敢、気合、博愛を全部カンストしているであろうHPが300近いパラディンがいたのでやとう。そして旅芸人。これもHPが自分と同じ270くらいあるのがいたので仲間に。

さて、まずはサーマリ高原をぬけてザクハン丘陵にいかねばならない。ところが、サーマリ高原にはいっていきなりげんなりなのである。
敵はレベル50から見ても「手をださないほうがよさそうだ」ばかり。しかも、アクティブっぽいのでよけて進むしかないようだ

序盤のフォレスドンは反応しても直進するだけなので、見つかってもよけられる。問題はそれ以外の敵。
途中で橋があるのだが、鬼棍棒がうろついている。横を向いているときに後ろを走り抜ける。
後半のヒッポキングがいるエリアは悲惨そのもの。密集しているは、ホーミングでおいかけられるので、全速で逃げても捕まるわで、結局途中一回捕まった。まあ、奇襲さえ受けなければ逃げ切れるのだが。

そしてザクハン丘陵につく。ここの敵もかなりつよ以上ばかりで手がだせない。幸い敵の数自体が少ないのでよけながらメガザルロックを探す。

すると、メガザルロックはクレーターのようなすり鉢状のエリアに何匹かいた。最初の穴はすっでに2PTほどで狩っているようなので、さらに南下。
2つ目にクレーターも3PTほどいる。しかも、メガザルロックに混じって変なモンスターがいる。と、そいつに誰かが絡まれて一撃でやられていた。名前をみるとブルーイータ-・・・・ドラクエ5のトラウマモンスターですな。

冗談じゃない凶悪な環境だなあ
さらに南下したクレーターは人がいなかった。しかもブルーイーター、レッドイーターもいない。よし、ここでやろう。

さて、メガザルロックを相手にするのだが、戦って、こいつは今までのシリーズのメガザルロックとは全く違います。今までのシリーズは固くて、メガザルがうざいというイメージが強いのですが、10のメガザルロックはとにかく痛いです。ただ、前衛の人選は間違っていなかった。痛恨の一撃で240前後のダメージがあるため、おそらくHPが250くらいないと耐えられない。今回は僧侶以外自分も含めてHPは270以上。実際に2,3割くらいの確率痛恨の一撃が来るので、何度も瀕死になるはめに。もちろん、通常攻撃でも70くらい食らうのでHPが減っている状態で痛恨もらえば即死する。
さらに固い。結局、私はウイングブロウ連打。旅芸人は殴っても10位しかダメージでないので、攻撃魔法を撃っている。残念なのがパラディンで、たしかに痛恨受けても死なないのはいいのだが、攻撃力が弱くでダメージがほとんど出ない。

痛恨で即死したりして復活呪文使ったり、旅芸人は攻撃魔法撃たないとまともにダメージが出ない。MPの減り方が尋常でない。自分自身は特に毎戦闘MPが尽きる。魔法の小瓶や魔法の聖水をつかいまくりに。だが、MP回復アイテムがそこ尽き、20体ほど倒した時点で続行不能になり、撤退。「女神の黄玉石」手に入らず。

パラディンが予想外に役にたたなかったので旅芸人をもう一人雇っていれかえる。
小瓶も99個用意して、再挑戦

今度は旅芸人をガンガンいこうぜにしてメガザルロック狩り再戦。

これが結構有効だった。旅芸人は二人でバギマを打ちまくり、自分はウイングを連打。ダメージがどんどん通るので、かなり楽になった。(その代償としてMP消耗ははやい)

何回も殺され、復活するような戦いを繰り返し、31匹目でついにドロップした。

ちなみにこの数時間でドラクエ10で殺された回数の一番多い相手がメガザルロックになってしまった。
カンストレベルでも底上げしていないと間違いなく一撃で死ぬのでこのクエストは手伝うにしても相当リスクが大きいので、親しいフレでもないと手伝ってくれることはまずないだろう。

このクエも二度とやりたくないクエになりました。

上限が55になって感無量である。でも、このバランスで60解放クエとかくるとしんどい。

今日はここまで。では、またー

« ドラクエ人物列伝 その113 イザヤール | トップページ | <ドラクエ10> 限界こえたところで一休み »

ドラクエ10」カテゴリの記事

コメント

しんどいクエでしたよねー。

私がやったときはアップ直後立ったので、まずエンカウントするところから難儀でした…

VU直後に特定クエで必要なキーアイテムドロップモンスターが酷い取り合いになるのはオンラインゲームである以上致し方がないですね。噂によると1時間に5回も狩れないとか、動き回って不意のエンカウントをうけてやったーとおもったらブルー/レッドイータ-だったとか。もちろん、メガザルロックにエンカウントしたはいいが潰されて屍をさらす人続出で地獄図のような光景がひろがっていたようですね。

自分がやったときも北側のクレーターのほうは混んでましたよ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: <ドラクエ10> メガザルロックの悪夢:

« ドラクエ人物列伝 その113 イザヤール | トップページ | <ドラクエ10> 限界こえたところで一休み »