« <ドラクエ10> レシピ集持ちでレベル上げ | トップページ | ドラクエ人物列伝 その107 ハワード »

2012年11月 7日 (水)

ドラクエ人物列伝 その106 チャゴス

こんばんは。

ドラクエ世界でもヘタレ度が最も高い部類のキャラ

本日はチャゴス。

サザンビークの王子。クラビウス王の息子で、サザンビークの王位継承者。トロデーンとの王家の約束で、ミーティア姫とは許嫁の関係である。

丁度エイトたちが、魔法の鏡を手に入れるためサザンビークを訪れる。その際にチャゴス王子を王家の試練に連れて行き、手助けするよう要請される。
チャゴスはこの試練を受けるのを非常に嫌がっており、城中逃げ回り、樽に入って脱出するような行為もしていた。エイト一行も最初は試練を受けるための王家の山にいく以前に城の中を逃げ回るチャゴス王子の捜索から始まる。

なんとか捕まえて試練を受けさせる手筈は整ったが、エイトたちは完全に振り回される。正体がわからないとはいえトロデやミーティアは非常に耐え難い目にあわされる。この時の因果でエンディングであのような結果になるのだが、これは誰が見ても仕方ないとしか言いようがない。

チャゴス自身は当然まったく戦うそぶりすれせず、アルゴリザードとの戦闘では真っ先に逃げてしまう。まあ、エイトたちからみれば下手に戦って怪我されるくらいなら隠れていても問題ないが、本当に逃げ出してしまったら目もあてられないだろう。

やがて、試練の証に十分な大きさのアルゴンハートを手に入れるが、城に戻ったあと、商人からより大きな宝石を買い、それをいかにも自分でみつけてきたようにもっていくことになってしまった。
このことはクラビウス王にはすでにばれており、エイトたちがチャゴスの試練で手に入れたアルゴンハートは別にクラビウス王にわたすことになる。

このあまりにも情けない行為はクラビウスはもちろん、エイトたちにもしっかり焼き付けられる。

チャゴスのようなキャラは他のシリーズにも似たようなキャラがいた。6のホルス王子も同じように試練から逃げ出していたが、主人公たちに護衛されてではあるもの試練を終えるとその経験が生きるのか、その後はまともな王子になっていた。
8にはほかにもハワードなりニノ司教なり最初は相当なダメ人間のように思えたキャラも最期はかなりまともになっている人物が多い。
チャゴスだけは例外的に最後まで全くヘタレっぷりが治らない。

エンディングでのミーティアの結婚式、ミーティアはついに結婚式から逃げ出すことを決める。トロデはもちろん、クラビウス王まで黙認した。
さらにエイトがエルトリオの息子であることが確認される裏エンディングでは、エイトとミーティアの結婚をクラビウスは認める。
そう、悲しいかな、エイトはチャゴスとは親戚の関係になるわけなのである。

自らが招いた結果であるが、ほんの少しでもいいからまともだったらチャゴスもこのような結末にはならなかったであろう。

なお、クラビウスはエルトリオの息子であるエイトが王位を継承する権利があるのはわかっているが、さすがに混乱するのを避けるのか王位継承は認めなかった。しかし、サザンビーク家とトロデーン家との間で結婚するという約束は適用できるため、エイトとミーティアは結婚を許された。

チャゴスにとっては嫁を奪われた立場である。彼の性格があのままで王を継いだら下手をするとトロデーンに戦争を仕掛けるかもしれない。
・・・もっとも、ラプソーンから世界を救った英雄がいるトロデーンに勝てる可能性は殆どないと思われるが。

ドラクエ全体でみても、最も嫌われるキャラの上位にいるキャラで、ネットですきなドラクエキャラ嫌いなドラクエキャラを掲載しているサイトでは、たいていチャゴスは嫌いなキャラのトップ付近にいる。

チャゴスが前に出て戦闘に参加することはないと思うのでレベル99仮定は割愛する。というか、チャゴスの根性ではレベル10くらいに上げることさえ難しいだろう。

今日はここまで。では、またー

« <ドラクエ10> レシピ集持ちでレベル上げ | トップページ | ドラクエ人物列伝 その107 ハワード »

ドラクエ人物列伝」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ドラクエ人物列伝 その106 チャゴス:

« <ドラクエ10> レシピ集持ちでレベル上げ | トップページ | ドラクエ人物列伝 その107 ハワード »