« ドラクエ悪役名鑑 その1 沼地の洞窟のドラゴン | トップページ | <ドラクエ10> 久しぶりにフレといろんなクエを敢行 »

2013年1月13日 (日)

ドラクエ悪役名鑑 その2 メルキドのゴーレム

こんにちは。

本日は1のメルキドの町の入り口に待ち構えるゴーレム。悪役といってはいかがものかと思えるが、倒さなければならないボスモンスターなので登場とする。

・メルキドの守護神

メルキドの入り口に守護神として立ちはだかるゴーレムだが、妖精の笛で眠らせることができる。実に、1からボス専用のアイテムが存在していたのである。

FC版では、ゴーレム自体はメルキドに入るためのボスとしての扱いで、特にゴーレムに関する目的の記述はゲーム内にはない。普通に単なる町の守護神としての位置づけであったのであろう。

・竜王軍との戦い

ドラゴンクエストモンスター物語にはこのメルキドの守護神としてのゴーレムのについて書かれている。
かつてのメルキドは勇者ロトとともにいた光の魔道師によってつくられたゴーレムが町をまもり、強固な城塞をもつ都市として発展していた。城塞を築いたのは、勇者ロトがいずれ来る厄災に備えておくという予言(?)からであった。
メルキドは竜王軍によって襲撃されたが、モンスター物語で書かれているゴーレムはゲーム中のゴーレムとは桁違いの強さを持っており、ドラゴンやストーンマンの大群をたった一体で全滅させるほどあった。
しかし、最後に鬼面導師のメダパニにかかってしまい、敵味方区別なく攻撃するようになってしまったという。しかし、混乱しても町を守る本能だけは残っていたようで、その後も竜王の軍隊を撃退したという。そのため、ゴーレムはメルキドの入り口で常に待ち構えており、やってきたものを攻撃するのである。

・倒し方さえわかれば・・・

ゲーム中では、妖精の笛をつかうことで100%眠らせることができる。つまり妖精の笛さえあれば簡単に倒せる。が、初代1の眠りの目覚め判定はターンの切り替えで行われるため、目覚めたターンは必ず殴られる。ゴーレムの攻撃力は変身後の竜王に次ぐので非常に強力。一方で目覚め判定は漏れ続ける限り眠ったままなので、運がよければ1ダメージも受けずに倒すことができる。一方で運が悪いと何度も目覚めては殴られるので、想像以上に強く感じる場合も。
イベントモンスターなのか、経験値もゴールドもほとんど入らない。
一方で妖精の笛を使わないとベホイミがない17レベル未満では倒すのは無理であろう。

このようないきさつがあって、ロトシリーズでは1でボスモンスターとしての登場のみであったが、5以降通常モンスターで再登場するシリーズもでてきた。

今日はここまで。では、またー

« ドラクエ悪役名鑑 その1 沼地の洞窟のドラゴン | トップページ | <ドラクエ10> 久しぶりにフレといろんなクエを敢行 »

ドラクエ悪役名鑑」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ドラクエ悪役名鑑 その2 メルキドのゴーレム:

« ドラクエ悪役名鑑 その1 沼地の洞窟のドラゴン | トップページ | <ドラクエ10> 久しぶりにフレといろんなクエを敢行 »