« ドラクエ悪役名鑑 その37 邪教の使徒ゲマ | トップページ | ドラクエ悪役名鑑 その38 ニセ太后 »

2013年3月17日 (日)

<ドラクエ10> 限界クエ:ダークパンサー編

こんにちは

VUから2週間もたったことから、落ち着いてきたので、限界レベルを60→65にする限界クエストをすることにした。

今回のターゲットはダークパンサー

ダークパンサーは純粋に強敵で攻撃力が高く、痛恨があるということで、50→55のメガザルロックと同じようなパターンか。ただし、今回は痛恨のダメージが400超えのため、たとえ底上げHP+120であっても即死するため、複数の復活要員がいる。
例によってサポで行う場合、僧侶2枚にすると攻撃が貧弱になって辛いので、僧侶、レンジャー、旅芸人とする。これなら、復活はだれでもできるし、回復もできる。重視する点は僧侶以外は攻撃力が高いこと、耐久力(HP、守備力)が高いこと。僧侶はとにかく死ににくいステ、装備、スキルがあること。
で、ヴェリナード西でやってきました。

メガザルロックやメッサーラの時とちがい、こちらのダメージは通るので、自分も攻撃する。回復はサポにまかせ、ひたすら雄叫びと攻撃をすることに。怒りになったときだけロストアタックで、あとは攻撃あるのみ。

今までの限界クエの時と同じく2体出現するので、1匹をどれだけ早く倒せるかが勝負。ダークパンサーには以外にも状態異常がそれなりに効く。2体いるうちはおたけびなども有効なので、使っていく。
ダークパンサーはマヌーサを使うが、あまり効かないし、効いてしまっても自力で回復できるのであまり気にはならない。おぞましい雄叫びも範囲ダメだがこちらはあまり使ってこないので、やはり怖いのは痛恨の一撃となる。
攻撃はレンジャーの弓が攻撃力300超えなのでダメージは普通に出る。旅芸人は日輪棍(光属性)でやはり高め攻撃力。回復させながらひたすら攻撃。旅芸人はバイシオンもしてくれる。
痛恨さえ食らわなければ割と安定して戦えた。回復のタイミングはサポでもかなり的確なので普通にダメージを受ける分には死ぬことはほとんどない。だが、序盤で痛恨即死をくらうとかなりきつい。実際、普通に戦うとだいたい3連戦できるのだが、序盤で即死くらってしまうと復活と回復に人手がとられ1体目を倒すのに時間がかかる。このときはMPの消費が2倍くらいかかり、3連戦はできなかった。1匹倒したあとであれば痛恨で死人が出てもすぐ復活できるのであまり影響はない。

人いりPTであれば、魔法使いや魔法戦士がかなり有効になりそう。楯スキルの会心完全ガードも開幕に使えるし。

今回は16体目で目的のアイテムが落ちた。ネットからの情報だと10体前後で落ちたケースが多いので、今回は若干倒す数は緩和されたのかも。あるいは完全確率になったのか。一発で出た人もいるようなので。

これで、とりあえず限界、新職業クエ、鞄拡張クエを終わらせたので、またまったりとレベル上げしますかな。

今日はここまで。では、またー

« ドラクエ悪役名鑑 その37 邪教の使徒ゲマ | トップページ | ドラクエ悪役名鑑 その38 ニセ太后 »

ドラクエ10」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: <ドラクエ10> 限界クエ:ダークパンサー編:

« ドラクエ悪役名鑑 その37 邪教の使徒ゲマ | トップページ | ドラクエ悪役名鑑 その38 ニセ太后 »