« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »

2013年4月

2013年4月30日 (火)

<ドラクエ10> いまさらながらスーパースターゲット

こんばんは。

旅芸人のボケはレベル11ですぐ覚えられるのだが、ツッコミも覚えたかったので、続けてあげることにした。

先日お知らせしたとおり、バブルスライムが格下になったらもう100狩り対象がなくなったので、転生モンスター狩りにシフトすることに。
まず、リリパット狩り。こちらはうまい具合に30匹くらいでレッドアーチャーがすぐ出た。見破るもしてドロップもレシピが落ちたので終了。次は一度戦ったが見破り忘れしたもみじこぞう(さくらこぞう)をやるが、格下になるまでに出ず。次はアルミラージ。レベル17で格下になるまで転生もレアドロップも出ず。
さて、ここらへんになると、同格以上はソロで通常攻撃2発以内で倒れる相手がいなくなり、効率も落ちてくる。というわけで、PT組んでいきなりスライムナイト(ハートナイト)狙いにする。
ところが、レベル17だと、酒場で強いキャラがほとんど登録されていない。スライムナイトは17からみると「つよそうだ」なので、安定して速攻で倒せるにはある程度強い人が必要。
スーパースターとレンジャーに異様に強いLV17キャラがいたので、仲間にする。このレベル帯だと、預けてもたいして稼げないので、複数の職をあげてスキルたまっている人は基本職はまったくいませんでしたね。やはり新たに参入したと思われるキャラが多いのかな。

スライムナイトはいつのまにかラーディス王島までいかないといなくなっている。いったのはいいが、周りは強い敵ばかり。シーウルフと戦ったら結構苦戦したが、強さ確認したら「かなり強そうだ」。キングスライムに手を出そうとしたが「今は手をださないほうが~」だったのでやめる。
で、スライムナイトは結構いるところにはいるのだが、ダッシュランやシーウルフがまじっているので警戒しないといけない。あと、大量にいるスライムタワーが邪魔に感じる。
スライムナイト狩りを開始したのだが、突然メタルスライムに2回連続で遭遇し、2回ともあっさり倒せてしまい一気にレベルが上がってしまった。ツッコミを覚える19になるまでスライムナイトとは15回くらいしか戦えなかった(笑) 別の意味でまあ、いいかということに。

で、いよいよスーパースターとりに向けて一つ目ピエロのいるところへ。
問題なのはサポートが倒すまでにスーパーハイテンションになれるのか?という問題がある。レベル64の武闘家ソロでまずやってみるが、そもそもボケが効くのは3回に1回程度。しかも必ずテンションがあがるわけでもない。また笑っている最中にボケをかましても無効。結局テンションが50もたまらないうちに回復が必要になり、ソロは無理と判断。
僧侶を一人だけ入れてやってみる。1匹だけのときにやったが僧侶ひとりといえぞもテンションがたまる前にスティックで撲殺されてしまった。うーむ
これは結構難しいぞ。
じゃあ、2匹組でやってみることに。これがそこそこよかった。敵の攻撃が激しいので、僧侶は回復に追われる。ボケは範囲技なので2体巻き込めば2回判定される。うまい具合に50まですぐたまる。だが、言われていたとおり、問題なのはここから。笑わせてもなかなかスーパーハイテンションにならない。
2匹のピエロを同時に笑わせたらついにスーパーになった。
さすがにこのレベルであればスーパーハイテンション状態なら一つ目ピエロは一撃で倒せる。やっと1匹目が終わった。
MPが半分以上なくなっていたのでいったん宿に泊まって再開。

やり方がわかったので2回目、3回目は同じようにやって比較的早く終わった。

やってみてわかるのだが、これ、そもそも一つ目ピエロが倒せるレベルでないと無理だし、一つ目ピエロでレベル上げするぐらいの強さだと、サポでやるのは無理じゃないかなと思う。

人入りPTならピエロを赤字まで削って、あとはスーパーハイテンションになるまでひたすら回復支援をしてもらいながら待つ方法で簡単に達成できそうだが。

ある意味オンラインドラクエらしいクエストかも。

なにはともあれ、遅かれながらスーパースターに転職できるようになりました。
これで全職そろった。

ところで、「つよさ」画面の職業レベル欄だけど、今は表の左側に12職あるけど、これ、14職分ある上、2行目がある。ということはドラクエ10は最終的に職は28になるのだろうか?
少なくとも、2列目が用意されているのだから、今後も職業の追加がありそうに思える。

今日はここまで。では、またー

2013年4月28日 (日)

<ドラクエ10> 久しぶりに福引であたりがでた

こんにちは

ドラクエ10も、能力値底上げ(パッシブ)取りは一段落したので、未消化のクエストをやることにした。

超ロングクエストである「大いなる危機の胎動」のあと、その先のも進めていったが、以外と時間がかかるものが多いですね。
やっぱり移動が結構遠くてつらい。
今のところ期間限定クエはレベルさえあればなんとかなるものが多くて済んでいるけど、サポ3人設定だとカンストレベル付近でないと無理なバランスのが増えきてこれ、新規参入者のクリア、無理じゃないか?と思われるのもある。
そのうちプレイヤー操作キャラがいないと無理なボス戦とかが出てきそうで気になる。レギュラーコンテンツはともかく、ストーリー核心を紡ぐ話が期間限定クエになっているから、こうなるのはちょっと勘弁してほしいなあ。

さて、昨日は久しぶりに福引券であたりが出た。今年はじめに4,5等が出たのだが、これは継続期間ボーナスでもらった特別な福引券だったのでそもそも確率優遇されていたのであろう。なので、通常時に5等以上がでたのは今回が初めてとなる。

今回でたのは4等。白→踊る宝石格上げではなくダイレクトに赤玉がでた。
手に入ったのはアトラスのコイン。いずれ戦うときまでとっておくか、すぐ売り払うべきか少し悩んだが、バザーで13万で売れるのを確認したら売ることにした。今は13万でも、レベルキャップが解放されて相対的に難易度が下がれば値段も下落するだろう。すると今売ったほうがいいとおもっての判断である。
売上金で武闘家の装備を購入。だが、60装備は13万でも1部位しか買えないのでした。

次はいよいよスーパースターとるため、ボケ覚えるため旅芸人あげることに。
例によって装備を自作して100狩り未完対象モンスターを求めて移動。
今回の序盤のターゲットはプクレットのファーラットとクックルーにする。
案の定レベル1でもこれらのモンスターは一撃。サクサク倒せるのはいいのだが、玉なしでもわずか10分でレベル7になり格下に。その後けがれの谷に移動してゴースト狩りするもやはりすぐレベルが上がってしまい格下に。100狩りどころか50も狩れないうちに格下になる。
そして、装備品が鍛えこまれないため、レベル1装備のまま続行せざるを得ない。レベル9でまだ半分の50も鍛えられてないからなあ。
モンスターリストで100狩りがおわってないのは超序盤と40レベル以上用を除くと個体数が極端に少くてレベル上げにつかえないものしか残っていない。
すると、次にやるべきは「転生モンスターの捜索」にシフトするしかないか。
噂によると転生モンスターは出現率は256分の1らしい。ということは200狩りしても1回会えるかどうかですね。ドラクエ5の経験者ならわかると思うけど、256分の1というのは運が良ければ10回以内でくるが、ダメなときは1000回やってもこない。ちなみにドラクエ5においてのはぐれメタル等の5強が仲間になる確率である。
ちなみに私は転生モンスターについてはもみじこぞうの転生であるさくらこぞうに1回あっただけである。

まだ育成始めていないレンジャーやこれから取るスーパースターを育てるときはナスビナーラ→キラースコップ→ブラウニーのように転生対象モンスターを格下になるまで虐殺して、ダメなら次のターゲットに、ということになりそうだ。

今日はここまで。では、またー

2013年4月27日 (土)

ドラクエ悪役名鑑 その59 デュラン

こんばんは。

ヘルクラウド城と化したゼニス城の主は武人的な性格だった

本日はデュラン

・敵ではあるが、妙に武人的にふるまう

ヘルクラウド城に乗り込み前座のキラーマジンとテリーを倒したレック達はついにこの城のボスと戦うことになる。
戦闘の開始時にHPMPを全快してくれる上、死人がいた場合、その復活までしてくれる。デュラン曰く、全力で戦えないと意味がないとのこと。
実際に、城にのりこんだ後も、配下の魔物に襲わないよう命令していたりする。正々堂々と戦いたいようだが、魔王の部下であることから違和感を感じる。

だが、ともあれ、魔王の直属の部下である。弱いはずがない

・見た目通り、武闘派な攻撃をしかけてくる

デュランは2回行動でかまいたちや目にもとまらぬ早業(ランダム3回攻撃)、突撃(強化攻撃)をする。さらにムーンサルトによる全体攻撃など、体術が得意なようである。また、対魔法戦のためかマホターンや凍てつく波動もする。
当然ながら攻撃力は高いのでスクルトが欲しい。だが、スクルトやバイキルトなど補助でかためると凍てつく波動をするので注意。
属性攻撃や魔法はバギ系以外なら効く。マホターンが切れているならメラゾーマなどを打ち込むのもありだろう。敵ボスにしては素早さが高めなので注意。

なお、デュラン戦で敗れると(前座戦で敗れてもだが)伝説の武具をすべて奪われてしまう。全滅=即リセットする人は気づかないと思うが、ドラクエにしては珍しく厳しいペナルティである。ただし、再戦して倒せば取り戻すことはできる。

・倒されたときも紳士的、敵ながらあっぱれというやつか

デュランを倒すと、敗北を認め、デスタムーアについてのことをはなしてくれる。最後は「今度私が生まれ変わった時、おぬしと戦いたいものだな」といって倒れる。
最後まで紳士的である。

このような味付けをされたドラクエのボスは5のイブールから、6のデュラン、直近では9のギュメイ将軍などが有名か。

デスタムーアの腹心4体はグラコス以外は他のモンスターのグラフィックの使い回しなのが結構かなしい。特にデュランはダークドレアムやサタンジェネラルと同じ。リメイクや9ではダークドレアムこそグラフィックが固有化されたがデュランは残念なことに変わっていない。

ただし、モンスターズ等の外伝作品では立ち位置としては結構まともになっており、サタンジェネラルとは違いのあるグラフィックになっていたり、デュラン戦でBGMが変化していたりする。こちらでは優遇されたようだ。

今日はここまで。では、またー

2013年4月26日 (金)

ドラクエ悪役名鑑 その58 テリー

こんばんは

その仲間は最初敵として剣を交えた

本日はテリー

・力を求めるあまり、デュランの軍門に下っていた

ヘルクラウド城にのりこみ、ボスのデュランのところまでいくと、まず前座としてキラーマジンガとランドアーマーとの戦闘になる。この戦闘はかなりつらいが、その次に2番手として現れる。かつてアークボルトのイベントで見たときの強さが本物なら相当な強敵のはずなのだが、ここでのテリーは弱すぎる。各種剣技を使ってくるが、ひとりで出現する上攻撃回数も1回。キラーマジンガ&ランドアーマーの戦闘と順番が逆なのでは、と感じる。

これでもデュランいわく、「私に魂を捧げし世界最強の男」なのだそうだ。

・ドランゴとの戦いに見せた強さは全くなく

敵として戦うテリーはHPこそ高いが、攻撃面が弱すぎる。各種剣技を使うがしょせん1回攻撃。痛恨の一撃もないので適当に攻撃していれば倒せてしまう。唯一強力な攻撃がライディン効果のある雷鳴の剣を掲げること。90前後のダメージが全員にくる。
つまり、テリーは最大の攻撃手段が道具を使うというとんでもなくしょぼい存在に成り下がっていたのだ。
当たり前だが、直前に戦ったキラーマジンガ&ランドアーマーのほうが強い。

この後、ミレーユの弟であることがわかり仲間になるが、敵として戦ったときのしょぼさがそのまま仲間になったときの強さに引きずられている。
せめてバトルレックスを軽く倒せたはずの戦闘力はあってほしかった。

・仲間になっても弱かった

その後、テリーを連れてアークボルトにいるドランゴに会いに行くと仲間になるため、「ドランゴ引換券」といわれるのも仕方ないだろう。ドランゴのほうがはるかに強い

加入時期の割にレベルも職歴も低いうえ、育てれば強くなると思って育てても、成長性もイマイチで残念な評価をされてしまうことが多い。

人物列伝でも触れたが、彼は異常に強さを求めることに執着していた。しかし、デスタムーアの部下であるデュランの軍門に下ってまで強さを磨いていたようだが、かわいそうなことに結果はついていなかったのであった。
ただし、彼はモンスターズ1時代の魔物を育て使役する能力がある。もしかするとモンスターを引き連れて戦うというシチュエーションではそれなりに強いのかもしれない。
テリーは戦士&武闘家でバトルマスターになっているが、はっきりいって魔物使いになっていたほうがよかったと思われる(ついでに魔物使いに就けるのはテリーとミレーユだけであったら完璧だったと思う)

今日はここまで。では、またー

2013年4月25日 (木)

ドラクエ悪役名鑑 その57 ヘルクラウド

こんばんは

伝説の装備をそろえ、いざゼニスの城へいこうとした矢先、襲ってくるもの

本日はヘルクラウド

・ヘルクラウド城そのもののわけはないはず

伝説の武具をそろえ、城にいこうとすると、城のほうから降りてきて、招き入れてくれる・・・はずはなく、そのまま戦闘シーンになる。

おりてきたものはヘルクラウド城そのものという説があるが、それであれば大きさが桁違い。押しつぶされたらどんなにレベルが高い人間であってもスクラップになることはまちがいない。そのため、戦闘シーンで登場するような、城の形をしたモンスターがおそってきているのだろうと推測する。

ヘルクラウド城の攻撃方法は全体攻撃のおしつぶす、バギクロスに真空波といった攻撃をしかけてくる。そのうごきからやはり、押しつぶすは敵の本体そのものがのしかかってきているようである。ただ、そのダメージはスクルトをかけていればたいしたものではなくなる。よって、デュランや多くのモンスターが滞在している城そのものではないことは確か。

・ここからデュラン戦まで4連続で戦闘が続く

ヘルクラウドに勝利すると、城の中に入れる。ヘルクラウド城自体はダメージをうけているわけでも壊れているわけではない。やはり、戦闘で戦ったヘルクラウドは城そのものではなさそうだ。

城の中には魔物が大勢いるが、デュランの命令によってレック達をおそってこない。そのままデュランの元までいけるが、そうすると第2戦に突入する

・モンスターズでは巨大モンスターとされている

モンスターズジョーカー2で登場する。3枠を使用する予想通り巨大なモンスターであるが、それでもヘルクラウド城そのものの大きさではない。おそらく6で戦ったのもこのくらいの敵ではなかろうか。としても、出現のしかたから、城そのものが襲ってきたと思われてもしょうがない。
それにしても、押しつぶすはわかるが、他の攻撃がバギクロスだったり真空波だったり風の攻撃属性がおおいのだろうか。また、城がどうやって呪文をとなえるのか、とにかくイメージがわきにくい敵、戦闘である。

今日はここまで。では、またー

2013年4月24日 (水)

ドラクエ悪役名鑑 その56 ユリナ

こんばんは

レック達がマウントスノーの町にたどりつくと、人々が氷漬けにされていた

本日は雪女ユリナ

・約束を破った罰として人々を氷漬けにして時間をとめる

レック達一行がマウントスノーにたどりつくと、町中が氷漬けにされている。人も動物も、生活しているなか突然時間がとまったように氷像になっている。

町の中には老人がひとりだけ生身で住んでいた。この人の助言によると、北東の洞窟にはいくなとのこと。
だが、そう言われてしまうと行くしかないのが主人公の性。するとそこには女がひとり玉座のような場所に鎮座している。話しかけると村にいるゴランという若者に私のことをきいてごらんという。
再び村にもどるが、若者はここにはいない。だが、老人の名はゴラン。再度話しかけて北東の洞窟の女のことを聞くと、二度と北東の洞窟に近づくなというばかりで話は進まない。

こんなやりとりからシチュエーションからドラクエ5の雪の女王を予感した人もいるだろう。戦闘に突入しそうな気配のなか再度話しかけると戦闘にはならず事の真相がわかる。

かつて雪山で倒れていたゴランを助けたユリナだが、他人に自分のことを話すことを口止めされた。しかし、ゴランはこの約束を破ったため、ユリナはマウントスノーの町全体を氷漬けにしてしまった。
レック達が二度ユリナに会ったときに、ゴランが、ユリナのことを一切言わなかったことから、50年ぶりに氷漬けの呪いを解いた。そう、ゴラン以外は50年前の状態のまま。ゴランだけが歳をとってしまっているという結末となった。

昔話に出てくる雪女そのままである

・ドラクエ5との関係はあるのか

北東の洞窟でユリナに会うときの背景がなんとなくドラクエ5の雪の女王のときに似ている。今回は戦闘にはならないが5の雪の女王と関係があるのだろうか。
マウントスノーを氷漬けにして50年経過するが、ゴランが老人になったのに対し、ユリナは50年前とほとんど姿がかわってないらしい。歳をとらないのかとてつもなく長寿なのか。
そうなら5の時代にまで生きていた可能性があるので、5の雪の女王との関係はゼロではないのかもしれない

・偶然ザム神官も氷漬けになっていた

マウントスノーには氷の洞窟にはいるための呪文を知るザム神官がいて、50年前に偶然氷漬けにされた。その結果、レック達がユリナに氷漬けを解いてもらった際にザム神官にも会えるのである。ご都合主義であるが、氷漬けになっていなければ、ザム神官はとうの昔に老衰で亡くなっていただろう。氷の洞窟の開け方は誰かに伝授している可能性もあったが、レック達にとってはこれはラッキーであった。

今日はここまで。では、またー

2013年4月22日 (月)

<ドラクエ10> 能力値底上げスキル取りはとりあえず一段落

こんばんは。

今日はバトルマスターを40まで上げてとうこんランク9に到達した。
これで、HP、ちから、みのまもりに関しては底上げスキルをフルにとれたので、これで当面の目標は達成。

いよいよ、武器スキルを取るための育成にうつるときがきたという感じか。
盗賊を上げきってツメスキルを伸ばすか
バトルマスターと戦士、魔法剣士あげて片手剣振るか。
楯の会心ガードも欲しいけど、今回のドラクエ10ではアタッカーをやるつもりで育てたから、武闘家か二刀流のバトルマスターで通すすもり。
キャンセルショットあるハンマーも面白そうだけど、ハンマー取れるパラディンもバトルマスターも博愛ととうこんにふってるから今はむりだなあ。

当面は武闘家とバトルマスターを軸にしていこうかなと思っている。

さて、ここで、本腰をいれてクエストをすすめることにする。

公式でver1.4までの限定クエであることが公表されているからタイトルは載せてしまうが、先週から手をつけている超ロングクエスト「大いなる危機の胎動」の続き。

とにかくあっちこっちいかされる。中にはアイテムもってこいクエや星のオーラをためるために攻撃魔法をうけまくるとか、各所で言い渡される条件がひとつのクエストに匹敵するような内容なのでつらい。
この中で、星のオーラを攻撃呪文をうけて貯めるというのがあるのだが、消費MP250分をためなければならない。
というわけで、バトルマスターをそのままにキラキラ風車塔近辺で一つ目ピエロとドラキーマでやってきた。というのもイオラクラスを受けないととてもじゃないけど長くてつらい。
というわけで経験値1万くらい稼ぐくらい戦ってようやく終了。

というわけで、このクエスト、終わらせるのに3時間以上かかります。

このあとにも連続クエがあるのだが、次も時間かかりそうだ。

そうそう、今日、初めて魔法の迷宮で3階層すべてチャレンジステージだったことが。そして3回目の宝箱から金塊がでた。これ、結構おいしいかも。
福引券も3枚でたし、なんかいいかも・・・とおもったら、最低に近い結果。8等、9等、9等。個人的には緑より白が出たほうがいいと思っているのだが、格上げゼロ。理由はわからないけどドラクエの福引って薬草があたるとものすごく損した気がする。

クエスト一通り終えたら、とりあえず装備を充実させるためにお金が必要なんだよね。旅芸人あげてスーパースターとったら金稼ぎしながら盗賊をまったりあげするかな。盗賊はサポ3人盗賊いれてドロップがおいしい奴を狙い撃ちするのがいいかな。

バトマスの35装備でも3万ほど使ったから金欠甚だしい。

今日はここまで。では、またー

2013年4月18日 (木)

ドラクエ悪役名鑑 その55 グラコス

こんばんは

ドラクエ6,7と2度にわたって登場する海を支配する魔王

本日はグラコス

・ドラクエ6,7に唯一わたって登場するボス

グラコスはストーリー上のつながりが全くはなされていない6と7にわたって登場するボスモンスターである。槍をもった魚人のような姿で、やはり6,7とも海のダンジョンの奥で待ち構えている。

攻撃方法もほとんど同じで、ヒャダルコや氷の息を吐いてくる。津波による攻撃もするが、リメイク7ではなぜかハリケーンに変更された。(これは東日本大震災のため「津波」という言葉がタブーにされたため自粛の意味を含めて変えたという説が有力)

また、「グラコスのやり」という、ボスの名前の入った武器を落とす。ドラクエでもこのような敵ボスの銘入りの武器はめずらしい。さらにこの武器、登場しない10にもでてくる。(もしかしたら、これから登場するのかもしれないが)
追記:ドラクエ10にはコインボスとして登場するようになりました

・カルベローナを封印した海の魔王

ドラクエ6では海底神殿におり、カルベローナを封印している。カルベローナは大いなる魔法の聖地とされ、デスタムーアが封印すべき対象の一つとしていた。その理由はカルベローナにいきバーバラのイベントを見れば明らか。最強の魔法マダンテがまさにそこにあったのだ。実世界のカルベローナは滅びており、その住人の思念が上の世界のカルベローナに再現されている。

海底神殿は複雑でザコは強くはないがいやらしい。道中でMPを消耗するとグラコス戦にひびくので注意されたし。

ただ、ここにくるころはそこそこ熟練度も上がって、上級職についていることだろうから、ムドーやミラルゴといった相手よりは楽に戦えるし、辛いとおもったら熟練度をあげる余裕がある。多分体感的にはそれほど強いボスではなかろう。

・ドラクエ7では悪名高きハーメリア編のボス

ドラクエ7のハーメリア編は突入したら最後、クリアするまで元の世界に戻れない。それは転職できない、一部の武器防具しか購入できないことを意味し、状況によってはとてつもなく難易度が上がる。しかもこのハーメリア編の海底都市は仕掛けも複雑で広く、道中の敵の強さが急激に上がる。宝箱トラップがミミックになる最初の場所でもあり、弱い職できてしまって詰んでしまった人も多い。故にドラクエ7最大の挫折ポイントとされる。

そしてボスのグラコスも強い。ザコ戦でかなり消耗するためMPが不足気味(カジノとかで消耗品を補給したくても上記理由で無理)になるためタイミングと準備如何によって大変なことになる。老楽師が助っ人として戦ってくれることが唯一の救いか。
氷の息やヒャダルコも何度もくるので回復でMPつかうのは必至。

なお、このオリジナル版のバランスの悪さはリメイクでは改善しており、リメイク版ではハーメリア編途中でも元の世界に戻れる。そのため難易度は著しく下がった。

モンスターズ等の外伝にもだいたい登場する。それにしても、ストーリーのつながりのまってく見えない6,7にどうして登場したのか。時系列を考える上ではグラコスは重要なキャラであるといえる。

今日はここまで。では、またー

2013年4月16日 (火)

ドラクエ悪役名鑑 その54 海底宝物庫の番人

こんばんは。

ストーリー上の悪役でもない、クリアするための絶対戦う必要があるものでもない、しかしドラクエ6を語るときに必ずネタにされるであろう存在

本日はキラーマジンガこと海底宝物庫の番人

・多くのプレイヤーを全滅に追い込んだある意味ドラクエ6最大のトラップ

ペスカニのストーリーで人魚を助けて、マーメイドハープを手に入れ、いざあわあわ船にのって海底へ・・・・

そして、海底のほこらを転々と捜索してふと宝物庫のまえに番人がたっているところにたどりつく。
「もし、この先の宝が欲しいなら、この私を倒していくがいい」 ドラクエ6で何度もある、試験官のようなそのセリフにためらわず「はい」と押す。
すると、キラーマジンガなる敵キャラがでてくるので、適当に攻撃、あるいは呪文を発射。

そうしたら最後、呪文は跳ね返され、圧倒的攻撃力で秒殺される。その光景にプレイヤーはおもわずフリーズしてしまうのである。

まちがいなく、ドラクエ6を最後までプレーした人の7割以上はこいつらに一度は全滅させられている(リセット含む)ことであろう。

・本来はクリア後の裏ダンジョンの深層に出現するザコ敵

それもそのはず、こいつは通常のザコ敵ではあるもの裏ダンジョンの深層に現れる最強クラスのモンスター。あわあわ船を手に入れた直後くらいでは歯が立つわけないのである。

おまけにマホカンタ状態のため、呪文も効かない。マシンなので状態異常系の特技もきかない。そして、レベル30以下であれば2,3発殴られたら昇天しかねない圧倒的攻撃力を持ち、2回攻撃で素早さも高い。ほとんどまともに攻撃することもできないうちに全滅させられてしまう。

コイツの守っている宝はグリンガムの鞭といった最強クラスの装備。当然それに見合った番人なのではあるが。

なので、コイツを相手にするにはもっと強くなって装備も揃ってからということになる。

・どうしても早めに倒す場合

しかし、一見全く歯が立たないように見えるが、バーバラがマダンテを覚えれば比較的低レベルでも倒せる可能性がある。その戦法だが、単純でマダンテ一発でケリをつけるというもの。SFC版ではマダンテのダメージはMPの3倍。バーバラを最もMPの高くなる職につけ、本当に「一発」勝負。キラーマジンガのほうがおそらく先に行動するので、「かばう」なりをしてとにかく殺される前にマダンテを打ち込めばよい。
残念ながらマダンテでキラーマジンガが倒れなければ敗北確定。
逆にいうと、マダンテがMPの2倍に弱体化されたリメイク版ではこの戦法でも無理なため普通に強くなってからやるしかない。

この海底宝物庫の番人であるキラーマジンガはいろいろ語り草にされており、ネット上でもこのネタはよく見かける。ボスでもなければストーリー上の重要モンスターでもない。でも、何も知らないときに挑んだ相手に完膚なまでに叩きのめされることから、ほとんどのプレイヤーに大きなインパクトを与える。そのせいか、下手なボスよりはるかに有名なモンスターとなった。

今日はここまで。では、またー

2013年4月15日 (月)

<ドラクエ10> キーエンブレム9つ目

こんばんは。

今日は武闘家のレベルをうち捨てられた城でレベル上げして64にあげた。そこで、いよいよ本編をひさしぶりに進めることに。

今回は9つ目、カミハルムイのキーエンブレム

例によってネタバレになるので、ストーリーの紹介は割愛するが、Ver1.2まではこのカミハルムイ編とドルワーム編はサポでやるのは非常につらいという。
だが、レベル65最大の今では若干すすみやすいんじゃないのかな?というおもいから突撃してきました。

事前知識を少し仕入れたところ、ここのボスはアラグネとかいうクモの化け物(通称、蜘蛛)
攻撃力が非常に高く、死グモのトゲとかいう割合ダメージ攻撃が脅威とか。
レベル50キャップの時代では後衛が殴られると致命傷になるほどの攻撃力があるとのことで、メンツは耐久力重視にしてみた。

最近、限界クエなどでよくお世話になっているので、気に入っている構成、旅芸人、レンジャー、僧侶でやってみることにした。さすがに64を酒場で探すと強いキャラは以外と楽に見つかる。とりあえず、HP300以上、防御力300前後を探したらあっさりみつかったので、すぐに雇って、いざ、GO

途中の流れやストーリーはネタバレするのでとりあえず割愛し、いざ、ボス戦へ。

はい。たしかにこいつは攻撃力が高いです。一発で70~80食らう上、怒り状態だと100きます。しかし、こちらは僧侶も含めてHP300越え。サポートだとズッシードなどの補助は効果的に使わないが回復タイミングは神性能なので、普通に攻撃受けている分にはまず死ぬことはない。HPが黄色くなっても即回復してくれる。
死クモのトゲがきたときはさすがにやばそうな雰囲気も回復反応が速いので回復がまにあわないこともない。さらに死クモのトゲをうけてももう一発なぐられても耐えられる。怒りのタイミングさえ気を付けていれば問題なかった。ボミオスやメダパニ、ルカナンがくるけど、それがどうした、と押し切る形でクリアした。
59でやったヴェリナードのバサグランデより体感的に楽だったかな。あと、攻撃力が高いといっても痛恨はないので事故死の脅威がないのも楽な理由だったのかも。

やはりこれはドラクエなんだね、と感じたボス戦である。今はレベルキャップが65だけど、徐々にあがっていくので、もともと50では超難関ボスだったのに、だんだん楽になっている。  というわけで、サポートじゃ倒すのは無理といわれていた蜘蛛戦を終えることができました。

さて、蜘蛛戦があっけなかったので、ドルワームの天魔もいけるんじゃないのか?とも感じてきた。ここは武闘家の装備の完全刷新とバトマスの闘魂スキルランク9までいったら突撃してみよう。

蜘蛛退治がおわった後、ドラクエ10史上もっとも長いといわれているクエストに手をつけてみた。まだネタばれの時期とおもうのでタイトルは伏せるが、まあ、あのクエストだなとわかるとおもう。5か所の国をまわって、あちこちお使いさせられる。
はっきりいって1,2時間でおわるようなシロモノではない。
ということでこんどはコレをすすめてみよう。

ということで今日はここまで。では、またー

2013年4月13日 (土)

ドラクエ悪役名鑑 その53 ミラルゴ

こんばんは

数千年のあいだイリカ姫を拉致し続けた魔法使い

本日はミラルゴ

・恋実るまで数千年女を拉致し続けた魔法使い

フォーン城にはカガミ姫とよばれる、魔法の鏡に閉じ込められた女性がいた。そのカガミ姫は長い間、フォーン城の名物のみせものとされていたが、ふとしたことからラーの鏡をカガミ姫のいる鏡を映すと、背後に魔法使いの存在がみえる。この魔法使いこそがミラルゴである。
なお、このとき、鏡の背後にまるで背後霊というか心霊写真のように映るため結構不気味である。

ミラルゴはカガミ姫ことイリカ姫に恋をしていたが、イリカ姫が拒否するため、時間の流れが止まる鏡の世界に閉じ込めた。そして、イリカ姫がOKというまでずっと閉じ込め続けた。その年月は実に数千年。とんでもない時間である。

だが、その数千年続けたイリカ姫にたいする拉致行為はラーの鏡をもつレックらによってピリオドを打つことになる。

・強力な魔法を放ち、ランプの魔人を呼ぶ

ミラルゴはベギラゴンやメラミといった強力な呪文を唱える。さらにランプの魔人をよび、真正面から戦うとムドーやジャミラスより手ごわい。HPも高いので短期決戦に持ち込むのも難しい。またマホターンを唱えてこちらの攻撃呪文も無効化してくる。

しかし、ミラルゴは行動が賢い故、弱点がある。というのもマホターンが切れると優先してマホターンを再度唱えるため、ニフラムやメラといった弱い呪文で剥がしてしまえばミラルゴの攻撃行動がかなり抑えられる。これがマホターンでなくてマホカンタだったら相当難易度が高くなっただろうが。

というわけで、マホターンを消しながら戦えば、ベギラゴンやメラミが飛んできても回復は十分間に合うはず。こうなると呼び出されるランプの魔人のほうが厄介。一方でランプの魔人はボスではないので、間接魔法が効く。メダパニかラリホーで無効化してしまえばよいだろう。
前回紹介したしれんの敵もそうだが、ドラクエ6のボスは考えて戦わないと相当きついボスが多い(逆を言えば、うまく対処すれば思った以上に弱い)

・数千年の昔はいったいどんなところか

ミラルゴはイリカ姫を拉致して数千年。これほどの長い間があったのだから、デスタムーアやダークドレアムの存在がないほど前の世界であったのかもしれない。

そして、イリカ姫は実体があり、閉じ込められた鏡も下の世界にあったのだから、イリカ姫は実体であろう。では、ミラルゴはどうか。
ミラルゴと戦う魔術師の塔は上の世界にある。そして夢の世界といえども、イリカ姫を数千年にわたって拉致しつづけた。これはどういうことだろうか

もしかすると、ミラルゴはとうの昔に死亡し、イリカ姫にたいする執着の思念が上の世界のミラルゴになったとも考えられる。数千年もの間生き続けていたことを正当化するためにも、不老不死になって何千年もというより、思念の存在が夢の世界のミラルゴになり、本体は滅びたが、数千年のあいだイリカ姫を閉じ込め続けることができたのかもしれない。

いずれにしても、最後にはレック達に敗れる。そのときもイリカ姫の名を叫んでいたことから本当に最期の時までイリカ姫が好きだったようだ。

ちなみにミラルゴから解放されたイリカ姫はフォーン王と結ばれる。

今日はここまで。では、またー

2013年4月11日 (木)

ドラクエ悪役名鑑 その52 試練の祠の3体の「試練」

こんばんは。

ホルストックの王族は、王家を継ぐため試練の祠で試練を受ける必要がある。

本日は試練の祠で相手になる「試練」
ドラクエでは珍しい、純粋な強さより戦い方で難易度が相当変わる相手
試練をいやがるホルス王子をつれていく試練の祠。ここで、3体の試練の相手を倒す必要あがある。

・しれんその1

最初の試練の相手はバーニングフレイムと同じ格好をした敵。戦闘がはじまるやいなやメダパニダンスをしまくる。
なにも対策もとらず適当に殴ろうなどと考えていたら、たちまち混乱し同士討ちがはじまる。しかも、相手は大半がメダパニダンスのため殴られて我に返る可能性も低い。というわけで混乱の対策が必要になる。が、ドラクエ6で混乱を完全に防ぐ方法など、この時点ではないであろう。しかし、コイツはあることに気づけば楽な相手となる。

1つ目は踊り封じを使うこと。ボスであるが、踊り封じは有効で、封じるとメダパニダンスをしなくなり弱い攻撃呪文を使うようになる。これで楽勝である。
2つ目はSFC版限定だがミレーユ一人で戦う方法。ミレーユは混乱に完全耐性をもっており、メダパニダンスは効かない。つまり、時間はかかるが、勝つだけならこれでも楽に終わる。

なお、マホトーンは使わないほうがいい。マホトーンをかけると呪文も使わなくなり、強力な激しい炎を使うようになる。シャレにならない。

しれんその1を倒したあと、ホルスが逃げ出す。ホルスをさがしまわるだけでも消耗するのだから結構厄介。

・しれんその2

しれんその2はダークホーンの姿をしている。こいつの行動はドラクエ2のアトラスと思えばよい。攻撃力が非常に高く、最初に狙った相手を死ぬまで攻撃し続ける。メンツが4人いる6では、殴られたキャラを防御させて回復すれば死ぬことはほぼないであろう。あとは他のメンバーでガンガン攻撃すればいいだけである。
くれぐれも回復役が一人しかいないような状況にだけはならないこと。その唯一の回復役が殴られると、ほぼ勝てない。
SFC版では一番弱いキャラを殴る傾向が高いため、第1ターンは弱そうなキャラは最初から防御してしまうとよい。

しれんその2を倒したあとも、ホルスがまた逃げ出してかくれんぼする。ほんと世話のやけるガキである。

・しれんその3

最後の試練となるこいつはユニコーンと同じ格好をしている。ルカナン+攻撃という2回行動できる敵故「ずるい」とおもうやつの典型である。
また、マホターンがかかっており、攻撃魔法もはじかれる。
ルカナンは守備力が最低になるまでかけてくるが、底まで守備力が落ちるとルカナンをやめ、2回とも攻撃するようになる。行動が頭がよくて非常に腹がたつ相手である。

攻撃も通常攻撃だけでなく稲妻やかまいたちも放つ。この時期ではまだ強力な特技故要注意。
マホターンやこちらのルカナンは切れていると再度かけなおしをしようとするので、ニフラムをあててマホターンをけし、相手にマホターンを唱えさせて行動を阻止させることは可能。また、相手以上にこちらがスクルトをとなえておくのもあり。

無策で臨むと多分勝つのは難しい。

このしれん3を倒すとはれて王家継承の儀式を受ける。ホルス王子もこれで一人前(?)になれるのである。
ホルス王子はこの試練の後にはかなりまともな性格になって成長した。
8のチャゴスとは大違いである。

それにしても、ホルストックの王族は一人であお凶悪なしれんのボスに勝てたのだろうか。もしかすると今回主人公たちが同行したホルス王子同様、仲間に支えられつつ試練をクリアしたのであろう。

今日はここまで。では、またー

2013年4月10日 (水)

ドラクエ悪役名鑑 その51 ジャミラス

こんばんは。

幸せの国に人々を誘導、洗脳し、魔物の群の中で大演説をする魔物

本日はジャミラス

・ジャミラス! ジャミラス!

カルカドでは、「しあわせの国」という、明るい未来が約束された地にいけるという噂がたっており、人々が集まっていた。そして、満月の夜、しあわせの国に向かう船、ひょうたん島に乗っていくことになる。

ひょうたん島の中ではごちそうがふるまわれ、これから本当に天国のような場所にいけるような錯覚を覚える。
まあ、ほとんどのプレイヤーはまずまともな場所にはいかないこととおもっているが、案の定、ひょうたん島のクルーは魔物。ごちそうには眠り薬がしこまれているのか、食べた人間は眠り込む。主人公らは食べたふりしていると、案の定、魔物であることがわかる。

そのままなるがままにしあわせの国とは名ばかりのジャミラスの居城。しあわせの国を求めてやってきた人々は魔物の生贄にされる。

ジャミラスの居城には多くの魔物がおり、その真ん中でジャミラスが演説している。そしてその演説に呼応するように魔物たちがジャミラス!ジャミラス!と叫ぶ。

・体感的にはムドーより弱い

洗脳された人々に紛れ主人公たちは魔物がジャミラスを讃えている中ジャミラスに近づくと、洗脳していないものが紛れていることに気づき、すぐさま生贄にすべく襲い掛かってくる。
火炎の息や炎の爪を使用したメラミで攻撃、攻撃力も高いのだが特技転職ができない本気ムドー戦に比べると全然弱く感じるであろう。もちろん、転職後耐久力の弱い職ばかりでやってきた場合は別だが、おそらくムドーより弱い。
いちおう、デスタムーアの配下の魔王の一人で、演説の中でムドーが滅びてもジャミラスがいるかぎり魔族は滅びないなどといっているが、多くの人はあんた、ムドーより弱いよといわれる始末である。

・外伝にはほとんど登場し、最近は10にも出演

ジャミラスはモンスターズシリーズのすべてに出演し、ボスになっているものもある。ただ、6と同様、デスタムーアの配下の魔王の中では一番下の扱いをされているのがほとんどである。
10では魔法の迷宮のボスとして登場する。また、ガタラの連続クエでも出演し、ここではジャミラスではなく魔鳥の頭目として登場する。このクエストではこの魔鳥の頭目がジャミラスという名で部下に呼ばれているが、6にでてくるものと同一なのだろうか?

6のジャミラス演説がこのモンスターの最大の特徴になっているためかどうかわからないが、モンスターズでボスとして登場したときも演説をかます。ドラクエ10でも演説といえるかはわからないが、部下をひきつれてわれわれの時代がきたみたいなことを言い放っているあたり、やはりジャミラスなのか。

このジャミラス演説は元ネタはガンダムのギレン・ザビの演説であろうか。ネット上でもジャミラスというとやはりこのジャミラス演説がまず連想されるようなネタが多く見受けられる。

今日はここまで。では、またー

2013年4月 9日 (火)

<ドラクエ10> 職人特化しないことのメリットについて書いてみる

こんばんは。

ドラクエ10でレベル上げすると、装備更新で結構金が使われる。高速でレベルを上げるほど装備の更新が早くなりかえってお金がたまらないジレンマに陥る。

今の自分がそうである。

装備品はバザーで買うか自作するかになるが、実は職人特化するとたとえ1レベル、7レベル、14レベルといった低レベル装備であっても、特化した職で作れるもの以外は自作できないことに気づくだろう。レベル上げするために装備を買うと、特に防具は低レベル品でも結構高い。
ここにきて、自分が職人無特化であることが逆にメリットではないかとも思えてきた。もともと、まだ実装していない調理とか陶芸?とかの職人スキルがあるようだが、新スキルが完全に実装されるまで、特化職に就かないでいるつもりである。というのも、一度特化したら、やめることも乗り換えも現状できないので、新職が解禁されて、初めて特化しようとしている。(新職人解禁後乗り換え可能になる可能性も高いが、その場合も、もともと高レベルに上げた職スキルはリセットしなければならないような仕様になるであろう)

さて、無特化で各職のレベル10までのレシピの「こつをつかんだ」の★マークをつけるために、何度も職人を転職して合成して売るというのを最近繰り返しているのだが、これが、以外と黒字で進むのである。今現在、防具鍛冶と道具鍛冶があとひとつ、武器鍛冶があと3つ、木工があと5、裁縫はまだ半分くらいしか終わっていない、というところである。

低レベルの防具は実は★あり成功であれば、赤字になるものを探すほうが難しいほど殆ど黒字になる。逆に武器は赤字のものが多いが、★2つ以上ならほぼ黒字で、ものによってはそれ以下でも黒になるものもある。

理由はなんとなくわかる気がする。防具は錬金職人がスキル上げのために買うのだろう。逆に武器は武器につける錬金しかないので余った素材や安い素材でスキル上げができるものを探したとき、種類の多い防具類のほうが好まれるのかと考えられる。

何度も転職しては低レベル装備を作って売る、を繰り返した結果、特化職人でないにもかかわらず、武器、防具、裁縫は職人ランクCまでなってしまった。武器鍛冶はもうすぐBになりそうな勢い、木工もまもなくCになりそうなところまできている。職人名声は売れたものを装備して使ってもらうとあがるようだが、低レベル装備はレベル上げする人にそこそこ買われては装備されていくため回転は速いようだ。
もちろん、特化職人が強力な装備の★3を作ればはるかにそちらの方が儲かるだろうし名声も上がるだろうが、自分的には、自らの低レベル帯の装備を自作できるというメリットを生かしたい。

そう、だからこそレベル27までは新職をレベル上げしてもお金がほとんどかからない。28になった瞬間、万単位のカネが必要になってしまう。

酒場でキャラを雇うとき、能力値やスキルがすごい人に限ってやたら装備が貧弱だったりするのは、やはりこういう背景があるからなのだろうか。アクセサリは豪華なものをつけているのに、裸だったり、イベント賞品装備をつけて登録している人がめだつ。また、武器いらずのメリットのためか、格闘スキルの高さを売りにして登録しているひとが多い。

やはり、急いでレベル上げすると、金がたまらない、というか収入が、装備更新においつかなくなる。

ということで、特定の職人を中級以上にまだ上げてない方は、こういうのもありなんですよということを書いてみました。まあ、大儲けはできませんが。

本日はここまで。では、またー

2013年4月 7日 (日)

<ドラクエ10>花見イベで10と5の世界がつながった

こんばんは

お花見イベントなる妖精の村ツアーというものが今ドラクエ10のイベでやっているのだが、今回は思いっきりドラクエ5の世界ですな。

まず、イベントを要請する妖精がベラ・・・・ クリスマスイベのサンディは直接名乗らなかったけど、今回はオリジナルのまま出演です。

さて、飛ばされた先の世界の妖精の国ですが、ある事件が発生してアストルティアからきた冒険者一行は○○○○の姿で、このイベントをこなすことになる。
レベルが1になり、このクエストの目的を果たす為にレベル上げが必要だ。よって、強ければ数分で終了とはいかないので注意。

ネタバレになるので、クエスト詳細やクリア手順はここでは書かないが、まあ、背景はドラクエ5の妖精の国であるのは間違いない。
ベラはもちろん、ポワン、ザイルといった面々までいる。さらにこの国でかつてキラーパンサーを従えた子供に一度救われているといわれている。間違いなくドラクエ5の妖精の国である。

さて、ドラクエ5は天空シリーズ以外に接点がほとんどないので、このイベでいきなり10とのつながりができてしまったのである。あら不思議。

余談だが、妖精の世界で倒した敵もモンスター一覧の討伐数にカウントされるから、100狩り埋めしたいならアストルティアで生息域が狭く戦いにくいモンスターを選んでレベル上げするといいかも。ちなみに私はみならい悪魔やしましまキャットでレベル上げした。

クリスマスイベントの時は9のキャラが出演、今回は5が出演。今回の10は歴代シリーズからもちょくちょくキャラが出てきている。2からアトラス、バズズ、ベリアル、4からトルネコや一部ボスが出演しているので、次きそうなのは3,6,8あたりだろうか。

今日はこのイベントクエストを終わらせたあと、本腰いれてバトマスのレベル上げ再開。28まであげたが、ここで、前にも書いた「レベル上げすると金がたまらない」のジレンマに直撃。メインの武闘家用の装備を買うために貯めているのだが、バトマス装備はほとんど保管している装備とかぶらないため、最低限の装備そろえるだけでも結構かかる。特に武器は更新しないで貧弱だとレベル上げつらくなるからなあ。ちなみにレベル21装備までは自作しているのを装備しているので、ほとんど金かからない。故に28になった瞬間げっ!ということに。

今日はここまで。では、またー

2013年4月 6日 (土)

ドラクエ悪役名鑑 その50 魔王ムドー

こんばんは。

ドラクエシリーズ全体でみても本編の屈指の難所といわれるムドー戦

本日はムドー

・夢の世界を支配して

オープニングで、レックらがムドーと戦い敗れ、目をさます夢オチからスタートするドラクエ6の物語。しかし、ムドーは夢を支配する魔王であるが、実体は存在する。

オープニングは夢ではなく現実。一度はムドーに完全に敗れ本体と精神が分裂してしまった。ハッサンやミレーユはもとにもどったのが早かったためか、本体が別の人格をもっているようなことはなかったが、主人公であるレックはあとからわかることだが、分裂している。

その諸悪の根源であるムドーも夢の世界ではレイドック王が正体であった。

だが、本当のムドーは現実の世界にいる。かつて敗れた主人公は記憶のさなかムドーの城に到着し、今度はラーの鏡をもってまやかしの術からのがれるが、圧倒的な戦力をもつムドーと対決することになる。

・デスタムーアの部下であるが、敵ボスとしては周到に進めていた

ムドーは夢の世界を支配し、そこから本当の世界を夢の世界を通じて支配しようとしていたようだ。レイドック王もそうだが、夢の世界でふぬけにされたり、別人にされたり、ムドーに敗れて主人公達のように精神を分裂させられてりしている。
ムドーはデスタムーアの部下。デスタムーアの部下はムドー以外にもデュランやグラコスなどいままでのシリーズとくらべてもボスがしっかりしている。

現実の世界の者はムドーが犯人であることを突き止めきれていなかった。レックたちはそれを知っていたため、一度はムドーの城にのりこんだが、現実は甘くなく、返り討ちにあってしまう。

ふたたびムドーと相対するレック達。ムドーはまやかしを破ったことをほめるもの、夢よりも恐ろしい現実を教えてやろうとばかり、襲ってくる。それは嘘ではなく、おそらくドラクエ全体を通しても本編では最も厳しい戦闘が待っている。

・「敢然と立ち向かう」をバックにドラクエ本編屈指の高難度ボス戦に突入

現実世界でのムドー戦はおそらく、ドラクエ本編で考えると最も難度の高い部類の戦闘である。現実世界のムドーは2回戦うが、特に2回目(通算3回目)の通称本気ムドー戦の難易度はとても高い。HPが100前後の世界で、50台のダメージをくらう氷の息や稲妻がとんでくるのだ。しかも運が悪いとこれが1ターンに両方きてこの場合、ほぼ全滅する。ダメージ攻撃だけでなく強制睡眠の怪しい瞳も使ってくるので、展開によっては推奨レベルをかなり上回っていても負けることがある。15~18レベルくらいで倒すらしいが、20以上でも負けるときは負ける。

そして厄介なのは、ドラクエ6はこのムドー戦後ダーマ神殿が解禁されるため、今までのように「詰まったらレベルを上げればなんとかなる」もあまり有効でない。レベルを上げても強力な特技や呪文も覚えないし、金ためても強い武器防具も買えない。レベルを上げて力任せに倒すにしても相当あげないといけないのである。世界樹の葉もこの時点では簡単に手に入らないので、アイテムに頼るのも限界がある。唯一の救いはカジノでそこそこ強力な装備が手に入ることくらいか。

この本気ムドー戦は一般的にはゲントの杖をハッサンにもたせて全員回復行動が可能な状態にしておき、常に60以上のHPをキープして氷の息と稲妻に備える。ダメージソースは炎の爪。よほどの余裕がある場合のみハッサンも攻撃に参加する。

だが、それでも、ムドーは1~2回行動のため、運が悪いと氷の息+稲妻の凶悪コンボがくることがある。おそらくこれがきたら、防御してない限りハッサンしか生き残れないだろう。死人がでると復活させてHPも回復させないといけないので、立て直しができてもジリ貧になる可能性が高い。
間違いなくドラクエ6の最大の山場である。他のシリーズからみても、ムドー戦の難易度の高さは際立っている。

なお、異常にレベルを上げて倒した場合も弊害が残る。ダーマ解禁後、職に就いて熟練度を上げることになるのだが、熟練度は当人のレベルと比較して一定以上強い敵と戦わないと上がらない。もし、ムドーの城や、その直後にいくであろうモンストル方面でも熟練度が上がらないレベルまで上がっているのなら、その後の難易度も高いままとなってしまう。

この本気ムドー戦をバックに流れる「敢然と立ち向かう」は人気曲である。ムドー戦の厳しさも手伝って、この曲の良さが評価されているともいえる。

今日はここまで。ではまたー

2013年4月 5日 (金)

ドラクエ悪役名鑑 その49 ポイズンゾンビ

こんばんは。

ドラクエシリーズでも最もマイナーな類のボスモンスターその2

本日はポイズンゾンビ

・くさったしたいでもどくどくゾンビでもない

月鏡の塔で、上へ昇る階段がないと鏡の張られた通路を行き来すると、鏡に映っているキャラがずれているのに気づく。すると、正体がばれたとばかり襲い掛かってくる。

ポイズンゾンビという名のモンスターが3匹襲ってくるが、おそらく、ほとんどの人があとあと腐った死体かどくどくゾンビだっただろうという記憶に変わって忘れ去られていく。そんなボスキャラである。

なにより3匹で出てくるし、HPこそ高いがそれほど強くないし、ボスキャラではなくザコキャラが3匹出ただけと思われてもしょうがない。
前に紹介したブラディーポ同様、非常にマイナーなボスである。

・6以外でも出てくることは出てくるが

マイナーモンスターでモンスターズシリーズ等には登場しない。こいつもあわれ、オリジナル以外では出演しないかわいそうなボスか、と思ったらバトルロードのレジェンドクエストには出てくる。しかし、何故か理由がわからないがビクトリーではレジェンドクエスト2(ドラクエ2のシナリオ)に登場する。オリジナルは6なのに。もしかすると、開発担当者はこれが6オリジナルのモンスターであったことを知らなかったのかもしれない。

・毒がうざいけど、結局はたいして強くない

ボスなので耐久力があり、ゾンビのくせにホイミで回復したりするが、毒がうざいだけで大して強くはない。また、毒と猛毒はそれぞれ上書きされないので、通常の毒をくらったら、回復せず放置してしまったほうがよい。
補助系呪文もだいたい効果があり、この時点で覚えていることはないと思われるが、ニフラムも効くらしい。

今日はここまで。では、またー

2013年4月 4日 (木)

ドラクエ悪役名鑑 その48 ビッグ/スモッグ

こんばんは。

トルッカの誘拐事件の犯人

本日はビッグ&スモッグ

・誘拐事件発生

レックが最初に下の世界に落ちてきたとき、この二人がなにか悪いことを企んでいるような会話をしているのを目撃する。しかし、レックはこの時点ではなにもできないし、スルーすることになる。
グランマーズに下の世界でも普通の人に見えるようになってから再びトルッカの町にいくと事件が発生している。村長の娘エリザが誘拐されたのだ。

この二人は北の井戸(夢見る井戸)にいることを村長あてにきた脅迫状からわかる。どうやら身代金として5000Gをもってこいというもの。

レックたちはここで北の井戸に向かうと、犯人であるビッグとスモッグが待ち構えている。
さて、身代金を払うべきか、戦うべきか。

・戦って倒すも、身代金を払うにせよ、エリザは解放される

誘拐事件というと身代金を払う払わないに関わらず、誘拐された者は命の危険にさられさているものだが、こいつらは殺すつもりはないらしくかなり時間が経過していても待っている。ただし、事件解決後にエリザから話をきくと、村長がなかなかお金をもってこなくてイライラしていたらしく、エリザは身の危険を感じたという。

ビッグ&スモッグ相手に交渉することになり、金を払うか、戦うかの選択になるが、村長のかわりに5000Gわたすとあっさり、その場を去っていく。5000Gを持っていなかったり払う気がない場合は戦闘になるが、倒せば当然ながらエリザを解放する。

戦闘ではビッグが力をためつつ直接攻撃をしてくる。スモッグは攻撃してくるが、ビッグの身代わりになることが多い。スモッグがみがわりを多用するうえ、スモッグのほうが弱いので、普通にスモッグから倒せばいいだろう。ビッグも直接攻撃のみなので、スクルトをかけつつルカニをかけて攻撃すればそれほど手ごわい相手ではない。

まあ、小物の悪役といったところか。

・誘拐犯を倒した/金を払ったあとの答え方で報酬が変わる

ビックとスモッグに対処するのに、金を払ったか、倒したかによって当然結末がかわるのだが、村長に対しても5000G払ったか、倒したか答えることになる。その結果、この誘拐事件の結果は4通りの結末がある。
ちなみに5000G払ったと答えた場合はその場で5000Gを村長から得る。倒したのに5000G払ったといった場合、および5000G払ったのに倒したといった場合はそれぞれ違う展開になる。いずれもエリザが事の真相を村長に話しているため、最終的にはバレているのだが、その結果、倒して5000G払った回答をした場合は後味が悪い展開になると思われる。

今日はここまで。では、またー

2013年4月 3日 (水)

ドラクエ悪役名鑑 その47 ブラディーボ 

こんばんは

夢見のしずくをむさぼり、レック達がいただこうと近づくと即襲ってくる魔物

本日はブラディーポ

・夢見の洞窟のボス

実質的にドラクエ6最初のボス。グランマーズに夢見のしずくをもってこいと依頼され、実際にとりにいくとコイツが貪り食っているところに遭遇する。近づくと問答無用でおそいかかってくる。そして主人公たちを食らおうと迫ってくる。典型的な下級な魔物。

ルカニ、スカラ、まぶしい光を使い、ボスらしくそれなりに強いが、最初のボスだけあって弱い。しかも、ボスなのに混乱するという弱点があり、グランマーズの館で拾えるほしのかけらが有効。リメイク版ではNPCとはいえミレーユも参加するためさらに難易度が下がった。

・ドラクエ全体でみても最もマイナーなボスのひとり

そもそも夢の洞窟にボスがいたのは記憶に残っている人はいるかもしれないが、それが「ブラディーポ」であることを覚えている人は殆どいないと思われる。姿はレッサーデーモン系で6以降は割と登場する種族だが、コイツはモンスターズシリーズなど6以外には一切現れない哀れなモンスター。

・SFC版ではボスなのに逃げる可能性がある

このブラディーポはドラクエシリーズ全体で唯一逃げ出す可能性があるボス(厳密にはドラクエ2のパルプンテでとてつもなく恐ろしいものを呼び出すとボスも逃げるが)である。前述したとおり、混乱がきくため、混乱効果で逃げ出すが選択されると本当に逃げ出して戦闘が終わってしまう。
さすがにボスが逃げるのもどうかとおもわれたのかリメイク版ではさすがに逃げない。

今日はここまで。では、またー

2013年4月 2日 (火)

ドラクエ悪役名鑑 その46 アマンダ

こんばんは。

まだ姿が人間から見えないレック達は、ある女の企みを目撃する

・毒を盛る

レック達が、下の世界をさまよってたとき、まだ姿が見えない状態のとき、ある事件を目撃してしまった。サンマリーノの町長の息子のジョセフを巡ってサンディ(リメイク版ではメラニィ)と恋のバトルをしていたのが、このアマンダである。
アマンダはライバルのサンディを貶めるために、町長のペットの犬であるペロに毒薬を含んだエサを与えた。サンディは町長の家のメイドであり、ペロに異変がおきれば当然ながら、疑いはサンディに向く。これを狙って起こした結構怖い行為である。

だが、これによって、サンディはサンマリーノを追放される。そこまで発展するとは思ってなかったか、逆にアマンダは恐縮してジョセフに近づくことができなくなってしまった。
ことの始終を目撃しているレック達はサンディの疑いを晴らすことができるが、これによって、ジョセフがサンディを探しにいくことに。結果的にはアマンダのほうが自滅に近い結果となった。

・リメイク版では仲間の反応もある

リメイク版ではこの事件中、仲間と会話をすると、当然ながらアマンダがひどい奴というセリフが飛び出す。そして、町長に事の次第を話しかけたあと、ジョセフに話したあともやはり反応がある。

それにしても、事件の真相がわかり、アマンダが犯人となったにもかかわらずアマンダ自体はなんのお咎めもない。ペットを殺されかけた町長もそうだし、ジョセフや当の被害者であるサンディもアマンダに対して制裁を与えようとはしない。不思議なことである。もちろん、このことは仲間会話でも特にハッサンが言及する。
現実では器物損壊の扱いになるペット殺害だが、ペロを殺されかけた村長からみれば重大な罪ではなかろうか。

・アマンダの遺伝子は7のカヤに引き継がれていく(笑)

ドラクエ6でのドロドロサスペンス物語もこれだけで終わりであるが、次作の7でさらにパワーアップしたサスペンス劇場が帰ってくる。そう、グリーンフレーク編である。そして毒殺女の役割を受け継いでいくのがカヤ...まあこの話はまたそのときに。

今日はここまで。では、またー

2013年4月 1日 (月)

<ドラクエ10> 日替わりクエ消化すると結構時間とられますね

こんばんは。

3月のVUの後、日替わりでできるクエストが追加になったのだが、これをやると以外と時間がかかることが判明。

日替わりでできること(クエストとそうでないものも含めて)以下のようなことをやるが、これ、全部消化するとかなり時間とられます

今までできたのが
・福引券回収のための魔法の迷宮捜索
・職人納品

これに追加して、以下4つの日替わりクエが追加
・モンスター討伐隊
・称号紹介クエ
・職人紹介クエ
・職業紹介クエ

紹介系のクエは自分が該当していれば一発で終わるのだが、そもそも受けられる町がバラバラで移動自体時間かかる。それもオルフェア、ガタラ、アズランといわゆる職人拠点町でないところにしっかり設定されているから、最低でも列車での移動を余儀なくされる。

モンスター討伐はよく考えて受けないと悲惨である。重要なのは強さや討伐数ではなく、討伐場所。メジャーなモンスターで出現数も多いものでも生息数が少ないエリアだと受けたあと後悔することに。また、狩った数が表示されるので、100狩り達成していないのを選ぶのもありだが、ものによってはえらい大変なものにブチあたることに。

ちなみに、何回か受けて失敗だったな・・・とおもったものを例にあげてみる

・ダッシュラン/ガートランド領 20匹
 ガートランドに移動しているときしょっちゅうからまれたので、レベルさえあれば問題ないとおもって受けたら、いないこといないこと。5分で1匹見つけられるかどうかで終了するまで2時間近くかかってしまった。普段戦いたくないときにはやたら捕まるくせに、いざこちらから狩りをしようとすると全然いないというパターンの典型。

・アサシンクロー/ブーナー大森林 5匹
 たった5匹。だが、全く見つからない。カミハルムイのケセランパセランじゃないけど、本当にここに出現するのか?と疑いたくなるくらい会えない。(POPが非常に遅く、数も少ないからのようだ) このゾーンはメタルハンターや竜騎兵を相手にしているレベル上げが多いので、湧いたらすぐ倒されてしまうのかも

他にも特定箇所に2,3匹しか出ないとか再出現に10分以上かかるモンスターは選ばないほうがいいかもしれない。

討伐隊と魔法の迷宮1回、職人納品、素材マラソン1回と消化しただけで2時間近くかかっている。土日しかできない自分にとっては結構とられちゃっているなという感じである。

今週末は武闘家を62まで上げ、あとはクエストをひたすら消化。特に美容院の新色取得クエがほとんどやっていないので、これをやるが、このクエ、対象モンスターの強さが極端で、レベルが低いとそもそも無理な相手もいる。
そしてドロップが悪い。とりあえず、今までうけた中でもチョッピ原野でダークホビットを倒す「チョコレート」色のクエが一番きつかった。61PTでも3匹組相手だと死人が簡単にでる。
ダークホビットの時は27匹も倒さなければならなかった。サンダーフロッグのやつも20匹以上だったし、ランガーオのブリザードは単独出現するやつを16匹倒す必要があった。

バトルマスターも24まであげたが、今週は1レベルだけしか上がっていない。
そして、武闘家の60装備を買ったのだが、武器とからだ上部分の防具買ったら金がなくなってしまった。お金もかせがなきゃならんな。

今日はここまで。では、またー

« 2013年3月 | トップページ | 2013年5月 »