« ドラクエ悪役名鑑 その58 テリー | トップページ | <ドラクエ10> 久しぶりに福引であたりがでた »

2013年4月27日 (土)

ドラクエ悪役名鑑 その59 デュラン

こんばんは。

ヘルクラウド城と化したゼニス城の主は武人的な性格だった

本日はデュラン

・敵ではあるが、妙に武人的にふるまう

ヘルクラウド城に乗り込み前座のキラーマジンとテリーを倒したレック達はついにこの城のボスと戦うことになる。
戦闘の開始時にHPMPを全快してくれる上、死人がいた場合、その復活までしてくれる。デュラン曰く、全力で戦えないと意味がないとのこと。
実際に、城にのりこんだ後も、配下の魔物に襲わないよう命令していたりする。正々堂々と戦いたいようだが、魔王の部下であることから違和感を感じる。

だが、ともあれ、魔王の直属の部下である。弱いはずがない

・見た目通り、武闘派な攻撃をしかけてくる

デュランは2回行動でかまいたちや目にもとまらぬ早業(ランダム3回攻撃)、突撃(強化攻撃)をする。さらにムーンサルトによる全体攻撃など、体術が得意なようである。また、対魔法戦のためかマホターンや凍てつく波動もする。
当然ながら攻撃力は高いのでスクルトが欲しい。だが、スクルトやバイキルトなど補助でかためると凍てつく波動をするので注意。
属性攻撃や魔法はバギ系以外なら効く。マホターンが切れているならメラゾーマなどを打ち込むのもありだろう。敵ボスにしては素早さが高めなので注意。

なお、デュラン戦で敗れると(前座戦で敗れてもだが)伝説の武具をすべて奪われてしまう。全滅=即リセットする人は気づかないと思うが、ドラクエにしては珍しく厳しいペナルティである。ただし、再戦して倒せば取り戻すことはできる。

・倒されたときも紳士的、敵ながらあっぱれというやつか

デュランを倒すと、敗北を認め、デスタムーアについてのことをはなしてくれる。最後は「今度私が生まれ変わった時、おぬしと戦いたいものだな」といって倒れる。
最後まで紳士的である。

このような味付けをされたドラクエのボスは5のイブールから、6のデュラン、直近では9のギュメイ将軍などが有名か。

デスタムーアの腹心4体はグラコス以外は他のモンスターのグラフィックの使い回しなのが結構かなしい。特にデュランはダークドレアムやサタンジェネラルと同じ。リメイクや9ではダークドレアムこそグラフィックが固有化されたがデュランは残念なことに変わっていない。

ただし、モンスターズ等の外伝作品では立ち位置としては結構まともになっており、サタンジェネラルとは違いのあるグラフィックになっていたり、デュラン戦でBGMが変化していたりする。こちらでは優遇されたようだ。

今日はここまで。では、またー

« ドラクエ悪役名鑑 その58 テリー | トップページ | <ドラクエ10> 久しぶりに福引であたりがでた »

ドラクエ悪役名鑑」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ドラクエ悪役名鑑 その59 デュラン:

« ドラクエ悪役名鑑 その58 テリー | トップページ | <ドラクエ10> 久しぶりに福引であたりがでた »