« ドラクエ悪役名鑑 その73 スイフー | トップページ | <ドラクエ10> キーエンブレム10個目 »

2013年6月 7日 (金)

ドラクエ悪役名鑑 その74 ピンク鎧の旅の戦士

こんばんは

魂砕きに手をだし、ふきだまりの町は大混乱する

本日は名もなき旅の戦士

・魂砕き勃発

ふきだまりの町である旅の戦士に遭遇する。特技を奪われ、修行の成果が水の泡とぶつぶつと文句を言っている。
やがて、魔物(ミニデーモンか?)の魂砕きの挑戦の挑発を町中にするが、この戦士がその誘いに乗ることになる。

その夜、このピンク鎧の旅の戦士は、自分が選ばれし者だとか、特別な人間なのだから何をしてもとがめられないはず、とアブナイ妄想の言葉を口走りつつ夜の町を徘徊していた。
そんなとき、兵士に絡まれ喧嘩になる。すると、ついにこの旅の剣士は魂の剣を取り出して斬りつける。ついに「魂砕き」が勃発する。
魂の剣で切られたものは絶叫を発する。とうぜんすぐに魂砕きが行われたことがわかり、スイフーが飛んでくるのだが、旅の戦士はそこらじゅうに斬りつけていく。
魂の剣できりつけた旅の戦士は「やがて勇者になる私の犠牲になったんだ。お前の魂はムダにはしない」と言いはなつ。完全にいってしまっている。

それでもスイフーやカシムを振り切り、最後はネリスをかばったザジを切りつけて魂砕きを完成させてしまう。そして魔物とともに消えていった

・ザジの仇となる

この旅の戦士の魂砕きによって物語は急変する。病弱なネリスが弟ザジの仇をとるべく、ネリス自身が魂の剣をとることになる。その後、アルス達がダーマの地下に潜入してフォズを救出して特技を取り戻すものの、ダーマはアントリアと魔物の制圧下にかわりはなくダーマ地下の闘技場での決闘が行われる。

ネリスが自分を討ちに来るのを知った旅の戦士は女の細腕で自分に挑もうなど論外と言わんばかりに嘲笑っている。

アルス達もここを脱出する必要があり、ネリスや他のライバルと戦わなければならず複雑な気持ちである。

・最後は反乱の乱戦の中、魔物に殺される

闘技場で優勝したので脱出の願かなうか?ではあるものの、現実は決闘を勝ち抜いても最後はアントリアによって抹殺されるという筋書きでおわるのが、これまでの流れであった。
しかし、アルス達が優勝し、カシムによってザジやネリスは自分自身を魂の剣で刺して正気を取り戻す。その後、ダーマ神殿で反乱がおきる。
アルスたちがフォズとともにアントリアの元へ向かう中、例の旅の戦士は乱戦の中で魔物に殺される。それも誰かをかばった結果だという。

実は、ふきだまりの町に行く前に、ダーマ前の宿でこの旅の戦士に出会っている。そのときはしがない旅の戦士でいつか勇者になることが夢だと言っている。この時の人物と同一であることに気づくことはほぼないであろう。どうやら、他人をかばって死んだことから、特技をとりもどし、反乱がおきたときは最初にであったときの人格だったのかもしれない。

魂の剣を持ったことで人格が変わってしまった結果なのだろうか。

今日はここまで。では、またー

« ドラクエ悪役名鑑 その73 スイフー | トップページ | <ドラクエ10> キーエンブレム10個目 »

ドラクエ悪役名鑑」カテゴリの記事

コメント

ライアンの魂砕き

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ドラクエ悪役名鑑 その74 ピンク鎧の旅の戦士:

« ドラクエ悪役名鑑 その73 スイフー | トップページ | <ドラクエ10> キーエンブレム10個目 »