« ドラクエ悪役名鑑 その75 イノップ/ゴンズ | トップページ | <ドラクエ10> 神話編突入。でもコレなんだ? »

2013年6月14日 (金)

ドラクエ悪役名鑑 その76 アントリア

こんばんは

ドラクエ7前半の最大の山場となるダーマ解禁となる直前のボス

本日はアントリア

・過去ダーマを制圧していたボス

転職のためにやってきた人々から特技を奪い、無力化した上でふきだまりの町におとす。その奪った力で魔王を強化し人間世界を支配しようと企んでいた者である。
力をうばった人間には「魂砕き」をして力を取り戻そうとさせるが、実態は、取り戻すために、5人を廃人にしたうえ、力は返してもらっても闘技場を勝ち抜かなければならない。そして、優勝したとしても、最後はアントリア自身によって抹殺される。

結局、最後には殺されるというのがダーマにやってきたものの運命となる。

ところが、アルス達の活躍により、本来のダーマの神官であるフォズが救出され、闘技場をアルス達が勝ちのこり、魂の剣で傷つきあったものが正気に戻ると、ダーマ神殿ではついに反乱がおきる。

アルス達はフォズと共に、ダーマの支配者、アントリアに向かう

オルゴデミーラもまた、勇者が誕生する可能性を秘めたダーマ神殿を警戒し、アントリアを制圧のためにつかわしたのであろう。
だが、最後はアルス達と本来のダーマの大神官フォズの協力により、打ち破られる。

・勝てるかどうかの最大の要素は「運」である

アントリアはある攻撃以外は、普通に場にあった強さの攻撃がくる程度。行動は1,2回行動で、ベギラマやイオ、火炎斬り、マジックバリアなどを使う。そのため、レベルが低すぎたり、手負いで戦闘をはじめなければ普通に勝利を収められるようにみえるのだが、一つだけ、桁違いに凶悪な攻撃手段を持つ。それは念じボール。
この時点でHPは100を少し超えたくらいのバランスで80以上の軽減不可2回攻撃というとんでもないものである。これが、同じキャラを直撃すればほぼ確実に死んでしまう。
逆に、NPCのフォズはHPが極端に高い設定になっており、フォズが死ぬことは殆どない。
他のベギラマとかイオがものすごくぬるい攻撃に見える。
早いはなし、「念じボールの頻度」「攻撃対象にフォズが選択される割合」如何で難度は天国と地獄以上の違いになる。

ドラクエ6のムドーもそうだったが、ダーマ解禁の直前のボスは本当に凶悪なボス戦が設定されるようになったものだ。

・マジックバリアを使われる前にルカニとラリホーを打ち込め

アントリアはデスマシーンと同じく、ルカニが非常に有効。これまたデスマシーン同様、マジックバリアでその弱点を補おうとする。そのため、速攻でルカニを入れて猛攻をくわえたい。さらにアントリアはラリホーやガボのほえろが有効。敵の行動を1回でも潰すことができればかなりのアドバンテージである。
逆にマジックバリアをつかわれると、ルカニもラリホーも入らないのでガチで戦うことになる。アントリアはMPが意外と少なく、そのうちベギラマやイオを使わなくなる。こう書くと長期戦に持ち込むと楽なのか?と思えるが、実際にはその逆。呪文を使うことができなくなれば念じボールが使われることが多くなり、悲惨である。
この時点では世界樹の葉も有限な貴重品。アイテムを総動員した末に全滅したとなればとんでもなく痛い。
ただ、「運」が大きな要因である戦闘であるため、ラリホーで毎回眠らせ、一方的に攻撃できるような展開になり、たまに反撃がきても念じボールでなければ、あっさり勝ててしまう。
何回か負けたとしても、そのうちに勝てるであろう。

ここを超えれば、念願の膨大な数の職業への転職の道が開かれる。

今日はここまで。では、またー

« ドラクエ悪役名鑑 その75 イノップ/ゴンズ | トップページ | <ドラクエ10> 神話編突入。でもコレなんだ? »

ドラクエ悪役名鑑」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ドラクエ悪役名鑑 その76 アントリア:

« ドラクエ悪役名鑑 その75 イノップ/ゴンズ | トップページ | <ドラクエ10> 神話編突入。でもコレなんだ? »