« ドラクエ悪役名鑑 その83 闇のドラゴン | トップページ | ドラクエ悪役名鑑 その85 ゼッペル »

2013年7月11日 (木)

ドラクエ悪役名鑑 その84 ヘルバオム

こんばんは

ルーメンの厄災第2ラウンド
本日はヘルバオム

・町のいたるところで生えまくる蔦

闇のドラゴンを倒して光をとりもどしたアルス達は未来に戻ると、ルーメンはまた滅んでいた。そんなばかなと再び過去のルーメンに戻ると町は信じられない光景につつまれていた。

街の至る所から地面より突き出たウネウネと不気味にうごめく蔦。町の住人がのみこまれ、あたり一面阿鼻召喚状態。
シーブルの家も例外ではなく、家を床下から突き破ってシーブルをおそってきた。そして、ここにすみつきシーブルになついていた爆弾岩のロッキーはシーブルを庇って自爆してしまった。

わけもわからずアルスたちは巻き込まれるわけで、再び、今度はこの蔦の原因をつきとめるべく地下へ向かう。

その奥地にいくつもの触手というか蔦をはやしていた本体、ヘルバオムにいきつく。アルス達はなんとかこのお化け植物を倒すことで再びルーメンは平時に戻る

・原因は皮肉にも闇のドラゴンを倒したため

こんな怪物植物が猛威をふるう原因になったのはなぜか。それは、植物であるヘルバオムは闇のドラゴンがこの地方を暗黒の世界にしたことでヘルバオムは日光をうけることができず衰退していた。
ところが、アルス達が闇のドラゴンを倒し、再び日が昇るようになると、ヘルバオムは復活。巨大化しルーメンの地下から一気にわきでてきた。

パワーは強く、一般人では手がだせない。アルス達も地上にわいた蔦をたおすことはできるが倒しても倒しても湧き出てきてラチがあかない。

これでは、ヘルバオムの本体がたおせなければルーメンが滅ぶのも致し方ない。

・搦め手が多く、いやらしい反面、意外と攻撃力は低い

ヘルバオムは大ダメージや全体攻撃といったダメージを与える技が少ない反面、こちらの行動を阻害する間接攻撃が多い。甘い息やマホトーン、まぶしい光などを放つ。また、左右にいるヘルバオムのねっこが攻撃役であり、こちらが物理攻撃をしかけてくる。
ねっこの方をたおしてしまえば敵の攻撃力が落ちるので長期戦になっても負けることはないだろう。

グラフィックはローズバトラーの色違いだが、この種族として登場するのは最初である。

ヘルバオムを倒すとふたたびルーメンは平和になる。が、現代に戻るとまたしてもルーメンは滅んでおり三度過去にいくことになる。

この3度目の行動でルーメンが復活するか本当に滅んでしまうかきまるが、そのときのキーキャラがヘルバオムにくっついていたヘルワームのチビイである。ヘルバオムに寄生していたこのイモムシがルーメンの最終的な運命を握っていたとはその時はアルス達はs知る由もなかった。

今日はここまで。では、またー

« ドラクエ悪役名鑑 その83 闇のドラゴン | トップページ | ドラクエ悪役名鑑 その85 ゼッペル »

ドラクエ悪役名鑑」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ドラクエ悪役名鑑 その84 ヘルバオム:

« ドラクエ悪役名鑑 その83 闇のドラゴン | トップページ | ドラクエ悪役名鑑 その85 ゼッペル »