« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »

2013年8月

2013年8月31日 (土)

ドラクエ悪役名鑑 その99 ドン・モグーラ

こんばんは。

今日は、どこをどう見てもモデルはアレだろ?といわんばかりのモグラのボス
ドン・モグーラ

・アスカンタから盗んだ月影のハープを使って・・・

月影のハープを求めてアスカンタを再度訪れたエイト一行だが、何者かにハープが盗まれる事件に遭遇する。盗んだ犯人はアスカンタの地下から穴を掘って侵入した。

そこでエイトたちは、月影のハープを取り返すためにモグラのアジトにいく。

モグラのアジトの奥には、メチャクチャな演奏で味方のモグラまで被害を与えているモグラのボス、ドン・モグーラにであう。

当然ながら月影のハープを取り返すべく近づくと、素直に返してくれるはずもなく戦闘に突入する。

・人の物は俺の物、俺の物も俺の物  お~れ~はジャイ○ン、ガキ大将♪

ドン・モグーラは部下のモグラ4匹と共に現れる。倒された部下を補充し、地響きで全体ダメージ攻撃をする。だが、ドン・モグーラの最大の技ともいえる「芸術スペシャル」が、このボスの特徴をあらわしている。
この技はとんでもなくへたくそな演奏と歌?によって敵味方無差別に混乱させるというとんでもないものである。コマンドが入力できなくなり、敵も味方も誰が何を殴っているのかわからないメチャクチャな状態になる。こうなると、もはや運まかせになり、レベルの優劣に関わらず死人がでる可能性がある。頻度もかなり高く、この時点では混乱に耐性を持つこともままならず、かなり厄介。

モグラの子分に言わせると「すぐに他人のものを盗むのと、破壊的な歌がなければ」良い親分だそうだ。この曲を聞いた仲間も「耳と心臓が腐りそうだ」(ヤンガス談)、「あんなハープの使われ方、絶対間違っている」(ゼシカ談)とのこと。

もうおわかりであろう、ドン・モグーラのモデルはドラえもんのジャイアンである。

さらにトドメとして紹介するとしたら、このドン・モグーラにかかわる曲の名前が以下の通り。
 「ワシの歌を聴け」
 「モグラのリサイタル」

そのままである(笑) というか、すぎやまこういちさん、曲にこんなタイトルつけちゃっていいの?

・ドラクエとジャイアンの意外な関係

少し外れた話になってしまうが、ドラクエでジャイアンネタが使われたのはこのドン・モグーラだけではない。

ドラクエ5ではギガンテスの2匹目の仲間の名前がジャイン(ジャイアン?) 4匹目の仲間がたけし(剛田 武?)である。

ドラクエのパロディとして深夜ドラマで放送された勇者ヨシヒコと魔王の城でも、おもいきりジャイアンと思われる敵?キャラが登場している。

ちなみに当のジャイアンであるが、のび太の魔界大冒険(だったかな?)で、セイレーンの歌で誘惑状態になった仲間をジャイアンが歌を歌うことによって我にかえすというシーンがある。特技豊富な7以降のドラクエでも味方全員の魅了状態を解除できる技はない。すごいぞジャイアン(笑)

追記:ドラクエ10では全員魅了解除ができる特技が追加されました。

今日はここまで。では、またー

2013年8月28日 (水)

ドラクエ悪役名鑑 その98 トラップボックス

こんばんは。

剣士像の洞窟で戦う宝箱のボス
本日はトラップボックス

・ビーナスの涙を求めて

パルミドで盗まれた馬(ミーティア姫)を取り返す為ではあるが、あろうことがその盗まれた馬を買ったのはあろうことかゲルダであった。

ゲルダのアジトで剣士像の洞窟にあるビーナスの涙をとりにいくことになる。

そして、剣士像の洞窟の奥でビーナスの涙の入った宝箱を開けるとトラップボックスが襲ってくる。
この宝箱の前の石碑を読めば、宝を開ければボスモンスターが出てくることはバレバレであるが、よりによって宝箱自体が襲ってくる。

・宝箱から人型に変身して襲ってくる

宝箱がおそってくるが、従来のミミックや人食い箱とちがい、手足の先に宝箱をつけたような体型である。
ちなみに終盤で、こいつの色違いのキングミミックが存在する。

ヒャダルコやメダパニを唱え、通常攻撃には痛恨の一撃が出ることがある。

ラリホーやメダパニでテンションためが解除されやすいので、回復しながら地道に攻撃していくのがいいだろう。痛恨の一撃を食らっても即死しないようにHPを100以上に保っていれば問題ない。なお、ミミック系がよく使うザキ系は使わないので安心されたし。

倒すとビーナスの涙を手に入れることができる

・なぜここにビーナスの涙が?

ドラクエ8の世界ではビーナスの涙は世界三大宝石のひとつとされ、かつてはヤンガスやゲルダも狙っていた宝である。
この洞窟にはいると、時期によるがヤンガスがゲルダの関係やビーナスの涙のことを話してくれることがある。
ヤンガスもここにビーナスの涙を取りに来ては失敗しているが、トラップボックスにやられたからではなさそうだ。

それにしても、何故ここにビーナスの涙が安置されているのか

今日はここまで。では、またー

2013年8月26日 (月)

<ドラクエ10> 忙しくてあまりプレイできない日々

こんばんは。

仕事が多忙になり、ブログの更新が1週間とまってしまった。
申し訳ない

8月の中旬ごろから強烈な多忙期に突入し、平日の更新もままならない
帰宅が日マタギあたりまえ・・・・

過去にも何度かあるが、今がまさにそんな感じ

というわけで、平日は1分たりともインできず、土日だけやる。その土日も昼間は別のことをしていてできなくて、先週と今週は迷宮と討伐と納品くらいしかまともにやっていない。

平日インしないと、納品クエが実に壮観なラインナップになる。7種類+高級納品で8つもならんでいるのだ。

さて、自分は納品クエにかんしては、基本普通に鍛冶打ちして作り、バザーに出して黒になるものはバザーに、★1以下ができたなら納品するようにしている。するとたいていかなりのプラスになる。魔法の鎧シリーズやバンデッド装備、そして高級納品はまあ、★3以外はほぼ赤字なので★2でも納品することになるが。

相変わらず魔法の迷宮は僧侶でいってきて少しずつ上げている。まあ、後衛職は自分的には後回しなので、目標はランク9のMP+10になるのだが。

討伐もv1.5以降、結構幅広くでてくるようになった。ブラックマンティスとかゲリュオン、先先週やったキラーマシンあたりがおいしいか。昔からの定番であるグールやマッドルーパーもあるが。

名声が40までいけば、さらに種類が増えるようだけど、もう少し必要だ。

さて、昨日は先週につづき、盗賊でレシピもちをドロップするか300狩り達成するまでやるという内容で狩りをしたのだが、今回はレアドロ+1.8もち×2、1.4持ちをいれてやってみる。するとえらいことになった

 ・ふくめんバニー
 ・バサラーナ
 ・えんまのつかい
 ・いわとびあくま
 ・バイキングソウル
 ・キラートーチ
 ・メタルハンター

わずか3時間弱でこいつらからレアドロップをゲット。やはり、レアドロ+1.8の威力なのか。

ちなみにエビルチクリンとサイレスはダメだった。
(ただ前者はもともと260匹討伐済みからやって40匹程度だし、サイレスは連続して戦闘できなくて断念)

次はアサシンエミュー、ベビル、ブリザードといったところだが、こいつらはあまり長くやりたくないなあ。

かなり高速でレシピもちハントが進捗してしまったので、盗賊をまともにレベルアップせざるをないか。とりあえず今週は48までしか上がらない。

福引はあいかわらず7等より上が全く出ず。orz
おどる宝石も白いがいからきてくれないかなあ。白→青ばっかり。

そういえば最近はジュレットのひがわりクエのコーデが立て続けに2回成功できるパターンになって驚き。(玄武シリーズと手品師シリーズ)むしろガタラの職人のほうが消化率悪くなってる。(防具特化したから、防具以外きたらアウトだし、防具鍛冶も35きたらダメ)

今週も多くは時間とれないので、あまり本編がすすまない。

今回はグチが多い書き込みになってしまった。失礼!

今日はここまで。では、またー

2013年8月15日 (木)

ドラクエ悪役名鑑 その97 嘆きの亡霊

こんばんは。

伝染病で苦しみの中亡くなっていった神父の亡霊

本日は嘆きの亡霊

・苦しみ悶え死んでいった修道院の神父の亡霊

旧修道院跡地のボス。アンデッドの巣窟となっているこのダンジョンだが、これは、かつてこの修道院を強力な伝染病が流行り、修道院の者が次々と亡くなった。そして嘆きの亡霊である、このモンスターも元は神父

おおおヲ おヲオオおオ…!苦しイ……くるシい 苦シイ……
神ハ いずコに おらレル?こノ苦しみハ イツマデ続く?
おヲオぉお……!!死ンだ死んダ死んだ死ンダのだ!ミナ 苦しミながら 死んデ行ッた!
あノ 恐ろシィ 病ガ 我ラを コの 修道院ノ すべテを 死に包ンだ!
苦シイ クるしイ クルシイ……く クククッ。
我が苦シみぃッ! 我等ガ苦シミっ!おマエにも 味わワセて やるゥゥゥッ!!!

戦闘前に嘆きの亡霊がいいはなつこのセリフには悶絶しながら死んだ恨みがこめられている。

・骸骨と腐った死体を呼び出す

このボスは仲間呼びをするが、他の仲間よびと違い、腐った死体と骸骨をセットで呼び出す。そして片方だけが倒されても補充されることはない。

そのため、どちらか1体を残して嘆きの亡霊を攻撃するのがいいだろう。

攻撃力は低いが、ベギラマを放ってくる。ただ、それほど強いボスではなかろう。

・ドラクエ10では超強力に。

ドラクエ8ではボスだったが、10ではザコになっている。しかし、その強さはドラクエ8の比ではない。また、グラフィックは9のデスプリーストと同じものになっており、どうやらこの系統になったようである。

10では高レベルでなければ倒すのは難しいだろう。まだイオラも使えないレベルで戦う8と比べても全くの別モンスターになったと思っていい。

今日はここまで。では、またー

2013年8月14日 (水)

ドラクエ悪役名鑑 その96 オセアーノン

こんばんは。

ポルトリンクから、海に入って退治を依頼されるのはイカの魔物

本日はオセアーノン

・ドルマゲスに呪われた海の魔物

オセアーノンはポルトリンク近海の船を襲っており、そのせいで、港から一般の船が出港できない状態になっていた。
ドルマゲスを単身追って家を飛び出したゼシカもまた、ポルトリンクで足止めを食らう。船がでないからだ。
そんなとき、エイトたちと再会。今度は強引に船を襲う魔物を退治することをむりやり頼み込んでくる。
そしてオセアーノンと戦うことになる。

オセアーノンは倒されると我にかえるようだが、このときに海上を移動していたドルマゲスを攻撃したところ、逆に呪いをかけられ、凶暴になったとのこと。

・あまりにも早い「火炎の息」

シリーズの中で負けバトルを除くと最も早く火炎の息を浴びせてくるモンスターかもしれない。この時点の味方のHPは70あるかどうかなので、最初のターンにかましてくる火炎の息で問答無用でHPが半分以上奪われる。
オセアーノンの攻撃は完全にパターンになっているので、火炎の息がくるターンは防御しておきたい。この時点では回復も薬草頼りなので、準備は怠らずに。
火炎の息以外にも薙ぎ払いなどもするので、HPはすぐに削られてしまう。
序盤の敵にしてはかなり強い部類に入る。

・巨大モンスター

オセアーノンは軟体動物の化け物である。船を襲ってくる演出通り、結構な巨体である。ラスボスのラプソーンやドラクエ5のブオーンほどではないものの、ドラクエシリーズに出てくるモンスターのなかでは最大級のものと思われる。

なお、この先にすすめていくとオセアーノンの子供?と思しきプチアーノンもでてくる。関連はあるのだろうか。
また、イカ系の敵の中で炎のブレスを吐くのはこいつだけである。
7以降のボスとしては珍しく、オセアーノンは8以降に出てくるモンスターズシリーズのほとんどに登場するようになっている。 

今日はここまで。では、またー

2013年8月12日 (月)

<ドラクエ10> ひさしぶりにまったりプレイ

こんばんは。

今週末は休日とはいえ夜しかできなかったので、久しぶりに普通に武闘家をあげることにした。

とはいっても、土曜は水玉ドラゴン以外討伐対象にロクなのがなかったので、69のサポを用意して突撃。今回は洛陽の草原のみずたまドラゴンなのだが、まあ、このレベルから見るとつよなので、そもそも普通に経験値が稼げる。

よって元気玉を使ってやることに。
30分でちょうどよく3万弱ほど稼ぐ。ここで後4000くらいになり、ドルボードタンク増加クエの後半のメタルハンター狩りをして70になった。

さて、70になったからには装備を一新したいのだが・・・・・・

やはりというか、高い。自分の今の所持金では、防具は2か所まともなやつを買うとそこ尽きる。竜王の爪をみてみると、やっぱりというか+3は3か所とも成功以上になっているものはそもそも売っていなかった。攻撃+6錬金が3回失敗しているのが30万するから、こりゃひどいななんておもったら、殆どが攻撃+6錬金失敗&パルプンテでゴミがついてるパターンのがほとんどで、攻撃錬金3失敗のほうが高いというヘンな状態。
ふと、ここで、+2のほうも見てみる。すると恐るべきことに、+2のほうは、値段が+3より一桁安い。そして、攻撃+6の成功と失敗が1回ずつの錬金モノが5万・・・ ちなみに攻撃+6の3回失敗と同じ値である
ということで、+2のものを購入することにした。
なんか、新レシピがカオスになっているのはこういうところにも出てるのかな。

というわけで、+3装備の錬金の全滅失敗モノより+2装備の錬金成功モノのほうがはるかに安いというのが現状なので、気になる方は見比べたほうがいいいかも。

防具のほうもこれで探すと同じ性能でも+2のほうが+3よりはるかに安いのがほとんど。まあ、+3の全成功以上のものは100万超えるのが当たり前だから、しばらくは+2に注目すべきかな。

土曜にたまっている防具納品をしたら5万くらいプラスができた。
納品物を作っているときに銀の胸当ての大成功とかがあったこともあり、70装備の足しにできたらいいな。
ちなみに高級納品依頼はなぜかルフの楯とドラゴンシールドしかこない。失敗しなければ材料費差し引いても3万以上プラスなのでおいしい。

迷宮と福引は芳しくない。ミネアもトルネコも出ないし隠し部屋もゼロ。福引はすべて7等以下。

今週末は武闘家が70に、魔法使いを1レベル上げた。

日曜も夕方に1時間ほど入って迷宮と納品だけやり、夜に討伐をやる。

キラーマシン×30 で9100 

これはおいしい。問答無用で選んでいざ、ラギ雪原へ。

そして、それは狩りだしたときそいつはいきなり現れた。
赤いキラーマシン・・・タイプG

驚いているヒマはない。せっかく出た以上は戦ってみるしかない。
戦闘力が普通のキラーマシンの1.5倍あるような相手である。攻撃パターンもキラーマシンとほぼ同じ。強いが、歯が立たないわけではない。MPを相当消耗したものの、倒すことができた。

盗賊もレアドロップ+装備者もいなかったのか、通常宝箱が落ちて終了。
まあ、こちらもスチームインテリアのレシピだったので、転生を倒せたことだけでもよしとすべきか。

その後は先週の続きで盗賊で冥府の心臓へ。マポレーナ狙い。

なんでこんなものを狩るのか?と言われそうだが、これは、盗賊のレベルあげは、同格で使い込みが進捗するぎりぎりのところでまったりあげるつもりだから。レシピ持ち、アクセ持ち狙いでやるつもりなので。

・目的のレアアイテムをゲットする
・300狩りを達成する
・格下になってしまう

のいずれかがくるまでやる。

で、先週はフロストギズモをやったわけだが、今週はマポレーナをやる。

結果は・・・  どちらも300達成で終了(泣)

玉つかわないとこのレベルでは300狩りしてもレベル上がらない。

来週のターゲットは覆面バニーとエビルチクリンだ。

サポにレアドロップ+持ちばかり雇ったのにレア箱は全く落ちず。金箱が出てやった!と思ったら小さなメダルなのはお約束。(それも1回だけ)

先々週チームメンバーとやったときはビーナスの涙がゲットできたりとやたらツイていた反動なのか、今週はアイテムドロップは全然ダメダメ。

まあ、今週の収穫は武闘家70になったのとタイプGを倒せたことだろうか。

今日はここまで。では、またー

2013年8月 8日 (木)

ドラクエ悪役名鑑 その95 ザバン

こんばんは。

本日からドラクエ8となります。というわけで、8の最初のボス、ザバン

・原因はザバンにあるわけではないのだが

ザバンはドラクエ8最初のボス。滝の洞窟の底でエイトたちを待ち受ける。
この滝の主であり、マーマンの色違いの姿をしている。襲ってきたわけというか、本当は、滝に水晶玉を投げ入れたルイネロが悪いのだが、どうやらその水晶玉がザバンにあたってしまったらしい。

当然、水晶玉をとりにきたエイトたちに怒って襲ってくるというわけである。どちらかというと、こちらのほうが悪者にさえ思える展開に。

戦闘で勝利すると、水晶玉は返してくれる。(お説教されますが)
そういう意味でも、悪い魔物ではないようである。

・最初のボスにしては結構強い

ザバンはギラや爪による強化攻撃を行い、1ターン休みになるおたけびや呪いの霧を使ってくる。従来のシリーズで考えると最初のボスにしては結構強い。この時点ではまだエイトとヤンガスだけなので、薬草も用意しておかないと回復がまわらないだろう。

呪いの霧はエイトには効かない。

・金が手に入りにくいシリーズなので、回復アイテムそろえるのも結構大変

滝の洞窟、というか、ドラクエ8のシステム変更で、ダンジョンが全般的に結構広くて奥地にたどりつくまで、戦闘を重ねるために消耗する。ドラクエ8はシリーズ1金がたまりにくいので、薬草をため込むにしても出費がかさむ。全滅したりするとかなりのダメージになる。
この時点では錬金もできないので、辛いとおもったら素直にレベルを上げるのが得策。

ドラクエ7までと比べると操作性が変わり、序盤の行動で「ドラクエ勘」がないためとまどうかもしれない。あまり早くボスと戦闘すると負ける可能性もある。

今日はここまで。では、またー

2013年8月 7日 (水)

ドラクエ悪役名鑑 その94 四精霊

こんばんは。

ドラクエ7最後となる裏ボス

本日は四精霊

・裏ダンジョン・さらなる異世界の最奥に待ち構えるものとは

神さまを倒したあといくことができるさらなる異世界。ドラクエ7最後にして最難関のダンジョンの最後に待ち構えるのがこの四精霊である。決して悪役ではないが、一応裏ボスということで紹介する。

そのラインナップは炎、水、風、地が全員、つまり4人同時戦闘である。この中で本編で戦ったのは炎の精霊だけだが、ここではすべてそろっている。

エビルエスタークや煉獄魔鳥が徘徊する凶悪なダンジョンの最奥にいるボスである。神さまの後ともあって、プレイヤーはそれなりに構えて挑む相手と思うはず。

だが・・・・

・神さまよりもオルゴ・デミーラよりも弱い

4体相手なので、さぞかし、苦戦するとおもいきや、敵の攻撃のヌルいことヌルいこと。
炎の精霊はエンゴウで戦ったときとほとんど強さが変わらない。ブレスは激しい炎どまりで、ザコが煉獄火炎をするダンジョンを潜り抜けたアルス達には全然痛いとすら思わない攻撃だろう。水の精霊は最高の攻撃方法がマヒャドであとは中途半端な回復や津波、ハリケーンといった全然弱いものしか使わない。風の精霊はバギクロスや真空波など、威力が高い攻撃を仕掛けてくるが、一番HPが低いため、すぐに倒せてしまう。最後の大地の精霊が4体の中でもっとも強力で、全体即死効果のある地割れが怖い。痛恨の一撃もする。

というわけで、神さまに勝てる実力があれば、よほどの不幸(地割れで3人以上即死してしまうなど)がない限り負けることはまずない。神さまと四精霊は戦う順番逆じゃないか?と思えてしかたがない。

・ストーリー上は重要な役割があった

主人公アルスは水の精霊の加護を受けており、この水の精霊が四精霊の中ではリーダー格のようである。神を騙って復活したオルゴ・デミーラは再び世界を封印しようとしたが、四精霊を解放した結果、オルゴ・デミーラの正体を暴くことに成功する。

ただし、その直後、四精霊はオルゴ・デミーラに吹き飛ばされてしまう。

やはり、神さまよりは実力はかなり下の存在だったのだろうか。

今日はここまで。では、またー

2013年8月 6日 (火)

<ドラクエ10> リベリオクエをやる

こんばんは

昨日書き込めなかった分ということで、土日のドラクエ進行について

土曜日はインすると当然ながら、平日やっていない分がたまっている。まず、例によって440時間上限までたまっている元気玉を交換する。

魔法の迷宮、日替わり福引クエを例によってやったあと、5日分たまっていた合成納品をする。

はっきりいって、これだけで3時間は軽く過ぎてしまう。

すべて消化しきったところで、今日は新クエと残っているクエを消化。
ガートランドの連続シナリオを3番目まで終わったところで、チームとは別のフレから声がかかる。

そこでこちらは地方都市の5番目のやつが終わってないかなあと話をすると、どれでもいいからやろうよということでとりあえずジュレットかランガーオのラストのやつやりたいかなーと答える。

一方、もう一人合流した方が手伝ってくれるということで、まず、討伐クエをやる。自分の討伐対象だったオークキングやることに。
レベル60台ならオークキングは楽勝なので、さくっと消化して、5100ゲット。

そのあと、キャット・リベリオのクエ(ジュレット編)の最後の猫の手もかりるのだにゃを受ける。
このクエ、最後までやってない方もいたので、できるのか?とおもったけど、どうやらストーリーリーダーになれば、できてしまうらしい。
ただ、まだやってない人からみるとネタバレだったから悪かったかななんて思ったけど、イベントはスキップできるみたいなのでOKみたいである。

ネタバレなので、ストーリーは割愛して、ボス戦へ

即座にヒポポ・サードンと対決。攻撃力が非常に高く、テンションバーンや斧無双を使ってくる。強烈だが、操作できるキャラでの戦いであったため、きついところもあったが無事に倒すことができた。

ここは手伝っていただいた方に感謝である。

それにしても、ストーリーリーダにすれば、未消化であってもできてしまうのは今回はありがたかったけど、ネタバレ覚悟になってしまいますね。ただ、本編はこの方法ではダメみたいだけど。神話編もだめなのかな

土曜はここで終わる。

日曜は、一連の日替わり関連を終わらせたら、久しぶりに盗賊ソロで300狩りしながれレシピもちをだらだら倒しながれレベル上げをしたいと思い、ランドン山脈のフロストギズモを大量に狩る。目標はレアドロのレイニーロッドの書。が、残念ながら、出ずに300狩りが達成されたのでここは終了。

さて、前回書いたとおり、タイガークローまであと1レベル。チームから強ボスの誘いがきて、タイガー覚えたらいかないかと。ただ、この時点で23時半すぎていて、時間的に厳しいので、今回は断念する。
ランドン山頂から、まだ入っていなかったなということでラストダンジョンの冥府の心臓にはいってみる。入り口にいるマポレーナを狩ってレベルが上がり、ここでついにタイガークローを覚えたよ。
さて、次の盗賊だらだら上げはマポレーナかな。300達成とレアドロップ先にくるのはどちらか。今日は、フロストギズモもマポレーナも金箱は1回ずつ落ちたがメダルだった。

ちなみにレシピ狙いながらだらだら上げするのは盗賊だけ。ほかは討伐するときの敵のつよさに合わせてキャラ選び

魔法の迷宮 ・・・ 僧侶
討伐の経験値 ・・・ 魔法使い
酒場に預ける ・・・ バトルマスター
討伐      ・・・ 敵の強さに合わせて武闘家、バトマス、戦士、パラディンで

ということで、レベル上げのためのレベルあげ、最近は全然やってなかったりする。
チームの討伐などで強くて報酬の多いやつをやるときはさすがにメインの武闘家になることが多いかな。

そういえば、クエストでもらえる経験値アイテム。あれ、幾つぐらいはいるのだろうか?

場合によっては集中投入でとっととレベルを上げた方がいいかもね。

今日はここまで。では、またー

2013年8月 4日 (日)

ドラクエ悪役名鑑 その93 神さま

こんにちは

ドラクエ7の裏ボスはダークドレアムを凌ぐえげつなさ

本日は神さま

・ストーリー上の悪役ではないが、プレイヤーからみれば悪役かも

ドラクエに出てくる神様はなんか変な存在が多い。ドラクエ5のプサンことマスタードラゴンがそうだったように、今回の7の神さまも普通じゃない。

かつてオルゴ・デミーラとの戦いに敗れた。かろうじでオルゴ・デミーラを過去世界に封印し、敗れる寸前にメルビンをホットストーンに封印したが、しばらくの間存在が不明になってしまう。
そのメルビンはアルス達によって現世に呼び戻され、アルス達一行は過去に向かい、神さまとの戦いで力を奪われ100%の力を発揮できないオルゴ・デミーラを倒した。

だが、当の神さまはこの時、姿をあらわさず、異世界で修業(?)をしていたらしい。あんたの仇は倒されたんだよと言いたい(笑)
このことを無視していたかみさまは、あろうことか、オルゴ・デミーラが神の復活の儀式に乗じて神さまを騙って復活する。そんなところまで見過ごしている。これはひどすぎる。

地上が再びオルゴ・デミーラに封印され、アルス達が精霊の協力を得るため奔走していたころ神さまは何もしない。

そしてアルス達だけで封印を解き、デスパレスに籠城したオルゴ・デミーラを打ち破る。

神さまは何もしていない・・・ 復活した以降はオルゴ・デミーラはアルス達だけで打ち倒されたといっても過言ではない。

ドラクエ5のマスタードラゴンでさえ、主人公一行をセントベレスの神殿に運んだり天空城で過去を見せてくれたりした。

7の神さまは本当になにもしていない。

プレイヤーから見たら、この神さまの怠慢で世界が魔王のもとに陥落しかけたといっても過言ではない。

・この戦闘力でオルゴ・デミーラに敗れたのか

かみさまは異世界で待ち構える。このときはじめてかみさまとオルゴ・デミーラの戦いについての話がきけるが、いざ戦闘になると、これがとんでもなく強い。

ジゴスパークや煉獄火炎といった200ダメージ強の攻撃をするほか、プラチナキングマスターでも回避できないいてつく冷気や怪しい瞳、そしてなによりも行動回数が理論上無限(たいていは2~3回行動で済むが)であることである。
ステテコダンスや一発ギャグも凶悪である。こちらは1回行動なのに、これを何発もやられるとまともに行動できずに「ずっと神さまのターン」状態になって全滅する。

3DSリメイク版では2回行動どまりになったが、ジゴスパークや煉獄火炎の頻度が上がり、上級職の特技を持ちこせないため、逆に難易度は上がった。確実かつ安全に戦いたいのなら、全員プラチナキングマスターになるしかない。

オルゴ・デミーラと比較しても天地ほどの強さの差がある。いったい、どうやったら、この戦闘力でオルゴ・デミーラに敗れたのか、大いなる疑問が残る。
神さまは修行をして、今の力をもつようになったというが、修行する前はオルゴ・デミーラより弱かったというのか。

・最後は移民の町の住人に

この世界の万物を創造した(はず)の神さまだが、アルス達の戦いに何度も敗れると、移民の町にかみさまを移住させることができる。
その後は移民の町で神さまと戦えるが、まかりなりにも「神様」である。一個人の依頼に応えてしまうのはいかがなものか。

そういう意味では最終的に神以上の存在になってしまったのはドラクエ5と7の主人公ということになる。

今日はここまで。では、またー

2013年8月 1日 (木)

ドラクエ悪役名鑑 その92 ネンガル

こんばんは。

立体テトリスこと風の迷宮に待ち構える本編最後の中ボス

本日はネンガル

・攻撃力が高い久しぶりの正統派ボス

ヘルクラウダー後は過去のオルゴ・デミーラを除くと、設定が間違っているのではと思えるほど楽なボスが続いていた。そんな中、封印された風の精霊を解放するために立体迷路に四苦八苦しながらたどり着いたところに待ち構えるボスは今までのような拍子抜けするような弱い相手ではない。

攻撃力が非常に高く、痛恨の一撃を繰り出す手強い敵。さらに剣の舞や体当たりをしてくる。逆に防御力は低く、攻撃呪文に抵抗がない。だが、間接呪文は全く効かない。
正統に攻めてくるボスである。どとうの羊も効かない。
痛恨をくらったり、剣の舞がひとりに集中して当たったりすると即死することがあるので、蘇生役は二人以上いたほうがいい。

搦め手は効かないので、正攻法で攻めるしかない。スクルトをかけつつ、最大の攻撃手段を叩きこむべし。凍てつく波動はしてこないので、バイキルトで強化するのもいいだろう。

・オカマモンスター

ネンガルは始祖たちの村から風のローブを奪い、宝物にしている張本人。アルス達が風のローブを取り返そうとすると、美しいボディの栄養(?)にすべく襲い掛かってくる。ダンビラムーチョの色違いの外観をもつが、しゃべる言葉はまさにオカマキャラ。
7はラストのオルゴ・デミーラもオカマ的台詞を吐くが、コイツもである。

ふざけた登場でありながら実力はなかなか。攻撃がとにかく痛いので、外見にまどわされないように。

・人によってはボスより迷宮のほうが手ごわかったということも

ネンガルのいる風の迷宮は別名「立体テトリス」と呼ばれるようにキャラの移動方法が独特である。ブロック状の床の上を歩いたり、上下左右に「落下」したりと、頭が混乱すること請け合い。行きたい場所に思うように行けず(すぐ近くにみえている場所になかなかいけないケースが多い)ここで苦戦した人もおおいだろう。
さらにゲリュオンなどザコも強くなっている。あまりに長い間迷うとモンスターの戦闘で消耗してしまうこともあるかもしれない。

消耗していたなら、ネンガル戦の前の回復は忘れずに。
拍子抜けするボスが続いていたので、そのまま何も対策せず消耗したまま戦闘に入れば最悪全滅もあり得る。

今日はここまで。では、またー

« 2013年7月 | トップページ | 2013年9月 »