« <ドラクエ10> ドラクエ10ではザキ系は怖くない? | トップページ | ドラクエ悪役名鑑 その101 アルゴングレート »

2013年9月 4日 (水)

ドラクエ悪役名鑑 その100 チャゴス

こんばんは。

敵キャラではないが、エイトたちはもとよりミーティア姫は散々な目にあわされる。
本日はチャゴス

・馬の正体を知らずやりたい放題のバカ王子

ドラクエ史上最大級のヘタレっぷりをしめすチャゴス王子。試練を避けるためにあの手この手でにげまくり、最後にエイトたちの護衛のもとしぶしぶアルゴリザート討伐に向かう。

その途中、チャゴスが知るよしもないが、許嫁のミーティア姫(呪いで馬にされている)にさんざんな目にあわせる。あとのミーティアとの会話で、チャゴスにロデオされたことに強い嫌悪感をしめしている。

さらにアルゴングレート討伐後はせっかく取ってきた大アルゴンハートより大きなアルゴンハートを闇商人から買い取ってこれを試練で取ってきたといわんばかりに挿げ替える。
もはやエイトたちは呆れるほかはなく、多くのプレイヤーの怒りがたまったことだろう。

・戦闘に参加するも・・・・

チャゴスはアルゴリザード戦で一瞬だけ戦闘に参加する。だが、2ターン目には真っ先に逃亡してしまう。まあ、前にでてやられてしまってはエイトたちも大変なので逃げてくれてありがたい・・・とおもうのだが、

実はチャゴスのHPは20000もあるのである。つまり、エイトたちが、チャゴスにまともな武器を持たせればひとりで余裕でアルゴリザードに勝てるであろう。なんでこんなに強いのにあれほどのヘタレなのか。

結局、なにひとつ好印象をあたえることなく、チャゴスの試練は終わる。

・最後に報いがくる

チャゴスの性格はその後も変わることはなく、エンディングであのような結果になるのはある意味当然といえるのである。

同じヘタレであっても、6にでてきたホルス王子のほうがはるかにましである。
ヘタレながらであっても、最後はなんとか見せ場があるような展開になれば、エンディングも変わったかもしれない。

また、サザンビークの第1王子であったエルトリオの息子がエイトであることが判明し、真エンディングではエイトとミーティアは結婚する。

王位継承こそエイトにされることはなかったが、チャゴスが王位をつげば間違いなく、トロデーンともめごとがあった可能性が高い。下手すれば戦争を仕掛けていたかもしれない。

今日はここまで。では、またー

« <ドラクエ10> ドラクエ10ではザキ系は怖くない? | トップページ | ドラクエ悪役名鑑 その101 アルゴングレート »

ドラクエ悪役名鑑」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ドラクエ悪役名鑑 その100 チャゴス:

« <ドラクエ10> ドラクエ10ではザキ系は怖くない? | トップページ | ドラクエ悪役名鑑 その101 アルゴングレート »