« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »

2013年12月

2013年12月24日 (火)

<ドラクエ10> 仲間モンスター集め

こんばんは。

今週は仲間モンスター集めメインに進める

仲間モンスターは12月現在は10種類しかいない。
しかし、デフォルトで入手できる書はスライム、モーモン、猫魔道、リザードマンのみ。
これにバザーに出ているものを買えばなんとかなるのがホイミスライム、スライムナイト、プリズニャン、いたずらモグラ。そしてカジノで取ってくるしかないのがキメラとバトルレックス

今のところ大金を積むか自力でとるしかないのが4種類ある。

ふくびき3等と転生のドロップであるスライムナイトといたずらもぐら
それとカジノで自力でとるしかないキメラとバトルレックス

である。

こいつらをどうにかしたい。

ところが、運よくスライムナイトの3等は約2週間目にして入手できてしまった。まあ、ふくひき80回くらいはしたのだから妥当なのかもしれないが。
後述するが、カジノのほうも8000枚確保ができたので、ルーラストーンとキメラを交換した。
プリズニャンは強ボスの報酬なので一見高額になると思われたが、日常的に強ボスめぐりする人は多いようで、市場にはダブつき、どんどん値下がりしている。ver2.0の開幕当初は10万くらいしたのに、2,3日で1万を下回り、今日にいたっては1000を切ろうかとう勢いである。

というわけで、早速スライムナイトとキメラを仲間にする。あとは、そろそろリザードマンがやれるレベルになりそうなので、これでひとまずという形をとりたい。

私はスライムナイトを育てたいので、とりあえず、最初に仲間にしてひたすらなつき度を上げたスライムがなつき86まできたので、これが100になったらスライムナイトを育て始めますかね。

さて、そうなると、先週も書いたカジノが問題になる。
今週も寝る前直前位に5万ほど軍資金を使うつもりでやった。

するこ今回は4万使ったところで、「ゾーン」をひいたらしく、8000枚確保できた。

これで感じたのは

とりあえず「モンスターレイド」はボーナスゲーム。これに入れば(10枚賭け台)で5000枚は堅い。レイド中はフリーププレイになる上、明らかに子役の確率が上がっており2,3回に1回は何かがそろう。レイド発生時は同じスロットのシマが一斉にぶんまわして当たりでモンスターにダメージをあたえるので、5分時間があったものの、3分もしないうちに倒してしまっていた。ここではゴールデントーテムで倒したら3000枚もらえた。

そして、もうひとつ、演出上はなんらかわらないものの、明らかに「ボーナスが入っている」ようなあたりの連打がくるゾーンがあった。実際に30ゲーム内にメタルや宝箱、10~20倍クラスの子役が2,3回に1回揃うような状態になり、2000枚くらい一気に増える。特大あたりがくるのではなく、連続で中小の子役がそろう。こんなのが2回ほどあり、一気に増える。最後にBAR×4のあたりのあとは一転して完全に「地獄モード」に転落したかのように恐ろしい勢いで1000枚減ったところで(最大時9000枚あった)やめ。
最後の1000枚減った時の出方は凶悪で、40回ほどまわしてスライム×3が1回きただけ。

ルーレットの「約6分の1で5000枚獲得できる賭け方をあたるまで続ける」に手をだそうか迷ったが、結局、何回かスロットやってで勝てた。残っているバトルレックスの書もなんとかなりそうな手ごたえはあった
なんどかやっていれば5000枚クラスのあたりはくるのだろう。

3日フルでドラクエをやったわけではないので意外と進みは遅かったが、
来週というか年末年始は本命を育て始められそう。

今日はここまで。では、またー

2013年12月21日 (土)

ドラクエ悪役名鑑 その122 大怪像ガドンコ

こんにちは

更新ままならず半月ぶりのつづきで申し訳ない

竜の門の試練を与える石像。本日は大怪像ガドンコ

・竜の門を渡るために必要な光の矢を得るために

ドラクエにかかわらずこの手のイベントで手に入れるために試練のボスが立ちはだかる典型。

石像だが、ギリメカラの色違い。ここでもボス使い回しである。
もっとも、ギリメカラは宝の地図に出現するモンスターだからガドンコにほうに会うのが先になるだろう。

というわけで、試練のモンスターということで、例外なく戦闘になる。

・やけつく息と痛恨が脅威

終盤のボスらしく攻撃力も高くなってきているが、こいつは痛恨が最大の脅威。200近いダメージを食らい、ファーストプレイでは即死してしまうことが多いであろう。

9以降のドラクエに共通することだが、終盤や裏のボスの痛恨は最大HPより大きいダメージを受け即死することがほとんどでほぼ例外なく最大の脅威になる。
今までのシリーズに比べてHPが低めなドラクエ9では、この辺から即死攻撃になりかねない。ドラクエ9で最も有用なアイテムが「盾の秘伝書」といわれているのも納得いくものだろう。

ガドンコは痛恨以外にも全体麻痺のやけつく息を使ってくる。回復役が痛恨や麻痺をくらってなし崩し的に全滅に追いやられることもあるのでボスとしては手強い部類になる。

特に有効な手段はないので正攻法でいくしかないだろう。

逆に、痛恨や麻痺を食らわなければ大して強く感じないかもしれない。運も実力のうちとかなんとやら。

・こいつもマイナーモンスター

こいつもマイナーモンスター。書いている自分もグラフィックを忘れていた。モンスターズにも出ていない。完全に9だけの存在である。

なお、ガドンコは竜の門を守る精霊が姿を変えた存在らしい。

この手の「○○が姿を変えた」存在ならば、適当なザコモンスターのグラフィックを充てるのはおかしいと思う。

今日はここまで。では、またー

2013年12月17日 (火)

<ドラクエ10> インする時間ごくわずか

こんばんは。

リアル忙しすぎで休日もドラクエやる時間少ないところ

ブログ更新も滞って失礼。

本当に今は繁忙期で、日跨ぎ前に帰れることがほとんどない。月間270時間コースの状態。休日は休めるのがせめてもの救い

と、こんなものだから、土日も「休養日」と化している。というわけで、土日のドラクエ10もいつもより少な目。

今週はいつものをこなしたあと、超スロー魔物使い上げをする。
前回にも書いたが、魔物使いを超スロー上げするのはなつき度を100にするのが目的のため。もう巷には転生の4周目とか5周目とかですさまじい強さのモンスターを連れている人がいるが、転生ラッシュに突入するのはなついてから。

そして、いよいよカジノに挑戦することにしてみた。

もう、既出だから書いてしまうが、カジノを遊んでコインを増やそうと思う人と、ルーラストーンやモンスターの書などの一部のアイテムを手に入れるための試練と思う人に分かれている。

この日1日だけでだいたいわかったが、やはり、ドラクエ10のカジノは回収設定はほぼリアルのカジノに近いのではと思う。つまり、還元率は100%未満なのである。

ということは、ちびちび賭けていると最終的には負けるということだ。

カジノコインを金で購入できるのは1000枚というのが実はかなり厄介。

そのため、ネットでは5000枚速攻で稼ぐ(可能性の高い)方法がいくつか紹介されている。

ちなみに最初、自分はスロットをやってみたのだが、いろんな役がそろうことはそろうが、微減微増を繰り返しながら最後には沈むというパターンになることが圧倒的に多い。

意外と配当の倍率は低く、777がそろったくらいではあまり大きくは増えない。またメタル変化やテンションアップといった配当倍率が上がるゾーンがあるが、肝心の当たる確率が上がるわけではないので、メタルゾーンを何も当たらずスルーしたり、テンションアップ状態のまま20ゲーム以上ノーヒットのまま、カス役がそろっておしまいというパターンも多々。

ただ、当たるときは細かく子役がそろったり、メタルやフリープレイ等が立て続けにおきるので、ある程度ねらい目ゾーンみたいのがあるのかもしれない。特に、当たりがつづくときは「戻りすべり」がやたらおきるような気がする。メタルやフリープレイ中は明らかに確変にはいっているように当たりだすこともある。(種なしだと、なにも当たらずに終わるが)

ただ、全体的に増えても100倍くらいの役がくるのがせいぜいで増えるにしても減るにしても結構時間かかる。ので、短時間で増やしたい人にはお勧めできない。

3000枚のアイテム狙いの場合、フレンドと組んでルーレット台を4人以上で占めて4×9で36倍すべてに100ずつかけるという荒業もある。これだとどこに玉がきても誰かひとりは当たる計算。もちろん、ルーレットの00にあたる宝箱も誰かがおさえること。

あるいは6人で150ずつかけるというのもある。これだと当たれば即5000枚。台を8にんで占拠した場合ならもっと楽だろう。

まあ、自分はしばらく様子見でカジノはやってみることにする。
ただ、ルーラストーンはほしいなあ。

ということで今日も遅いのでここまで。では、またー

2013年12月10日 (火)

<ドラクエ10> Ver2.0をやってみて

こんばんは。

週末にしかできない時間でやったver2.0についてかいてみる

まず、目玉その1、魔物使いだが、これはクエストはとても楽。レベル20で受けられるが、条件は余裕のはず。

で、魔物の仲間の仕方であるが、スカウトアタックをして倒すというもの。かつてのモンスターズに倣う形である。
まだ、現段階では10種類しか仲間にできないが、それ以前に一人あたり8匹までしか仲間にできないので、しょっぱなから全種類そろえるのは無理となる。

さてと、自分はなにを育てようか。と考えたとき、やはり5でお世話になったスライムナイトと、回復役として優秀なホイミスライム、あと、5では仲間にならなかったリザードマンが気になる。
ただ、最初は間違いなくスライムが仲間になることになるから、どこまで育てるか。

ただ、現時点では、すでにハードルが高いモンスターがいる。キメラとバトルレックスはカジノの景品、ホイミスライムとスライムナイトは福引の3,4等、いたずらモグラは転生モンスターのドロップ、

まだ2,3日ではあるが、デフォで買える4匹以外はすべて高額。速攻で仲間にしようなどと考えるとえらい出費を強いられる。
また、福引の2種類はレンダーシアの福引でかつ3,4等という微妙な位置にあるのが非常に厄介。なんせ、今現在は殆どのプレイヤーがオーグリードで福引を回しているとおもうが、これによってレンダーシアに流れる可能性もあるとはいえ、ほとんどの人は初当たりは自分に対して使うだろうから、流通量が少ない=高額。下手すると、3等4等あてて自分の分を確保したら再びオーグリードに戻る流れになってしまうと、スライムナイトの書とホイミスライムの書はかなり長い期間高額を維持したままになりそうですな。

カジノについて、事前に書いたが、現金購入が1000枚までというのが、実は、人によっては非常に頭が痛い問題ではなかろうか。どうしても欲しい景品は、いままでのオフのドラクエだったらマネーパワーで無理やり買うことができた。
多くの人はとりあえず、キメラの書、バトルレックスの書、ルーラストーンを確保したいだろうから、そのためにはカジノに金を突っ込むことになる。
1000枚以上は、自力で増やすしかない。ところが、ドラクエ10のカジノはオフのドラクエカジノほど甘くはないという。

すでに、毎日の討伐の報酬をカジノにぶち込んでは負けてすっからかんになる・・・・・
といった話をよく耳にする。

まさしくカイジの世界が再現されることに(笑)

そういえば、カジノの中央にジャックポットなるものがある。ギャンブラーが投資したコインが詰まれてゆき、ジャックポットが起きるとその全部があたりとして還元されるという。
・・・・これってカイジの沼のシステムそのものじゃないか(笑)

そもそもジャックポットって何をどうすればなるのか今の時点で全くわからない。永久に当たらないようなイカサマがあるならまさしく・・・そんなことはないと思うが

さて、話が脱線したが、では、自分は魔物使いどうやって上げるか

自分自身の結論は、「超スロー上げ」にすることにした。
これは、魔物はなつき度が100になるまでは、魔物使いと一緒に上げるしかない。前に書いた通り、ドラクエ5に近いシステムから、できるだけ仲間モンスターと一緒にいる時間が長いほうがレベルが上がるのが遅いかわりになつき度は高くなると踏んでいる。

低レベルは高レベルサポートを雇えば、やろうと思えば1時間でレベル20になる。しかし、これだと、戦闘回数は70回くらいだろう。

なつき度だが、10回に1回くらいしか上がらない。極端な話、メタスラ、はぐメタや今回特典でもらったメタキンコインなどで、高速で魔物使いを上げてしまうと、下手をするとカンスト近くまであげてもまだ完全になつかないなんてことになりそうだ。
さらに魔物は転生して、再度レベル1からあげられる。

魔物使いをカンストしてしまうと、なついていないモンスターのなつき度を上げるために、経験値も稼げない時間がふえることになりそうで、モチベーションがガタっとおちそうである。しかも、これから次々新モンスターが追加され、仲間にできる数もそのうち増えるだろう。そう考えるとなおされ、急いで魔物使いは上げたくないなと感じる。

となれば、完全になつくまでは魔物使いで超スロー上げをするのがよいかと考える。格下相手だと上がりにくいようなので、同格ギリギリのモンスターを狩る方針でいこう。

その結果、最初に仲間にしたスライムがレベル18時点でなつき度38まできた。

もちろん、完全になついたら、他の職に転職して、その後はガッツリ超元気玉等をつかってあげてゆけばよい。

そして、最後にレンダーシアの大地に行ってみて。
BGMが感動である。
どうやらver2.0は7の曲が多く使われるようである。船とレンダーシアのフィールドが7のものだった。特にフィールドの曲のほうは個人的に好きなので感動である。
すると、7のボス戦とかも曲がかわるのだろうか。ダンジョンも曲ちがうかも。
思ったほど凶悪な敵はいない。ラスボスを倒した人ならば、全く問題なし。
ただ、辺境の地には凶悪なモンスターが山のようにいるようだが。
当然ながら新顔のモンスターも大量にいる。「みやぶる」を連発だ。

ということで、今日はここまで。では、またー

2013年12月 7日 (土)

<ドラクエ10> インストール中に執筆

こんばんは。

タイトル通り、まさに今インストール中。

発売日の12月5日(木)はまあ、店が開いている時間に帰れなかったから当然買っていない。

今日はなんとか20:30頃あがりで、ギリギリでパッケージを購入して帰宅。

で、wiiにインストール開始。だが、2時間コースでめげる。
さらにインストールのあと、オンラインでのバージンアップ分もあるから、まあ、早くてもインできるのは2:00過ぎかというところである。

昨日は、緊急メンテが1回あったようだけど、それほど大きな混乱はなかったようですね。
とりあえず、問題はあまりなく更新できそうなのでよかった。

まずはいってやることはいかに。

と、思ってみたものの、さすがに2:00からはいってガッツリ新要素のクエストに入ることはできなそうだ。

多分、迷宮1回と福引券めぐりしておわりかも(いつもとかわらんじゃないかw)

ガッツリやるのは明日(あ、今日ともいうかな)ですね。仕事疲れも幾分あるから、徹夜するつもりはない。ついでに今現在そこそこ眠い。

魔物使いのシステム考慮すると、魔物使いは高速上げするのは「めっそうもない」もののようなきがする。

というのも、モンスターが完全になつくまでは、魔物使いでモンスターのレベル上げをする必要がある。

ドラクエ5を思い出してほしい。仲間にするのでまず苦労し、その後、レベル上げをすると、当然のように主人公のほうがはるかに高レベルになる。確率の低いモンスター等を集めた暁にはレベルが99になっている。ドラクエ5では主人公を馬車に引っ込めることができるが、10はそんなことは無理だろう。カンストしてたあとば、入るはずの経験値も無駄になる。

となれば、魔物使いは常にモンスターと共にレベル上げができるのが理想である。

ネットでは早くも魔物使い80にした強者の情報があるけど、もったいない気がするなあ。

とはいっても、魔物使い固有スキル、結構優秀ですね。パッシブスキルもちゃんとあるし。武器は斧、爪、ムチ

武闘家の自分としては爪スキルが生きてくるから武装面でもよさげ。

魔物使いになったらとりあえず即座に手に入る書のモンスターはあつめてレベル上げ開始かな。低レベル帯は仲間集めと、例によって転生狙いで玉使わずあげていくことにしよう。

事前にネット調べたけど、カジノ景品に特筆すべきものがいくつもあるが、コイン貯めるのはなかなか辛そう。オンラインだから「負けたらリセット」はありえないし、1000枚以上は購入不可というのが、実は結構シビアなルールのような気がする。
ルーラストーンやいくつかの魔物の書など、金がある人からみれば「運が悪いとアウト」なカジノをプレイするより、強引に金で解決できそうな枚数だし。
簡単にコインが増える仕様であったら、アストルティアはインフレ起こすから、個人的には現実のカジノなみに増えないと思う。多分還元率100%いってないかも。
そうでないとスロット回転放置で無制限に増やそうと企む人がいっぱい出てくる。

さて、ここまで書いて、まだ30分以上ある。

というわけで、今日できるかどうかもわからないが、インストール終了をまつことしよう。

今日はここまで。では、またー

2013年12月 4日 (水)

ドラクエ悪役名鑑 その121 エルシオン卿

こんばんは

死してなお亡霊として現れるスパルタ教師
本日はエルシオン

・亡霊となってもスパルタ教育することを忘れない

エルシオン学院で、生徒が失踪する事件が起きている。ちょうどナインたちがきたときも、学院の問題児が失踪し、旧校舎跡である地下校舎の奥にその犯人はいる。

それは、このエルシオン学園の創設者であるエルシオン卿。とにかく教育に熱心であり、それが理由で死んでも亡霊としてこの世に残り続ける。
さらに女神の果実を入手した結果、魔教師エルシオンに変身。最近のエルシオン学院の生徒の質が落ちていると憤慨しており、問題児を拉致してはスパルタ教育を施す行為をしていた。

丁度、ナインたちは問題児であるモザイオらが失踪、地下校舎を調べることになり、その奥地でかつてのエルシオン卿のなれはてに遭遇する。

・教師ではあるが、魔法より物理攻撃が得意

エルシオン卿は、のちの宝のボス、イデアラゴンと同じグラフィック。本とムチを持っており、見た目は魔法が得意そうに見える。敵として戦うときは「魔教師エルシオン」としてナインらに立ちふさがる。

だが、いざ戦闘になると、その本で殴りつけたり、呪文を唱えるときになぜか本を破っていたりと、どう見ても知的な攻撃ではない。

テンションを高めつつ、ヒャダルコやドルクマの呪文、それに2回連続攻撃である往復ビンタなどをする。攻撃力は見かけによらず高いので、テンションが上がった状態で、同一キャラが攻撃を受けたりすると危ないので注意。
逆に搦め手は全く使わない上、こちらの属性呪文の耐性もない。スクルトで身をかためてあとはテンションのたまりにだけ気をつければ問題ないだろう。

倒すと正気を取り戻し、成仏する。

・成仏したはずだが、また舞い降りてくる

本編で成仏したはずのエルシオン卿だが、クリア後の配信クエストで再びこの世に舞い戻ってくる。そのクエスト「エルシオンの子は世界一!」では、クエストを確認すると、いきなり「コラ!なまけ者!!どこを見ているのだ!?そこにいる キサマのことだよ!今すぐ 旧校舎地下室に 来るのだ!」と書かれている。
もう、この時点でエルシオンがクエストの依頼者であることがわかる。

そして魔教師エルシオンのときとおなじグラ、言動をし、クエストを受けるには、エルシオン流のあいさつまでする必要がある。
理由がわからないが、前の性格にもどってしまったようだ。

さらに、このクエストをクリアしても、成仏することはない。そして、同じクエストを何度もうけることが可能だ。

今日はここまで。では、またー

2013年12月 3日 (火)

ドラクエ悪役名鑑 その120 呪幻師シャルマナ

こんばんは。

美貌を装い支配を企むシャルマナ。しかしその正体は
本日は呪幻師シャルマナ

・カルカドの草原の支配を目論んで

カルカドの集落では、長であるラボチュのもとにいる謎の女。
不思議な術を使い人々の支持を得ており、ラボチュにも取り入っていたが、長の跡継ぎであるナムジンら一部の者はすでに怪しいと踏んでいたが、そう簡単に化けの皮が剥がせるわけでもなく、怪しいっ雰囲気を漂わせるのみで白黒つくことはなかった。

そんなさなか、マンドリルがカルバトの集落を襲撃するイベントがある。この時はラボチュが狙われたかのように思われた。
ところがこれはラボチュではなく、シャルマナの正体を暴こうと画策したナムジンの行為であり、マンドリルはナムジンに友というくらいなついているマンドリルのポギーであった。

そして、再びマントリルの襲撃(もちろん演じているのだか)でシャルマナの正体が発覚する。

・似ても似つかず、結局モンスター

美人とのふれこみであったが、正体がばれると当然のごとくモンスターになってしまう。
グラフィックはうみうしひめやフォボロシータの色違い。前にも書いたが、ボスでグラフィックを2体以上、さらにザコモンスターにまで使い回しされているかわいそうな存在。

戦闘ではマヌーサで名前の通り幻惑し、杖で殴ってMPを吸い取ったり、イオラで攻撃したりする。マジックバリアも使うので長期戦になりがち。
強さはないものの、状態異常が多く、妨害系の特技が多いので、長期戦になる。通常攻撃でMPを吸われるのが地味に効いてくるので、MP回復アイテムを持っていた方がいい。

ドラクエで人間に化けて取り入るパターンは数多くあるが、どれも正体がバレるとモンスターに変身して襲ってくるのはもはやお約束。

・その正体はなんと

シャルマナを倒すと、みるみる姿が変わっていき、最後にはただのテンツクであったことが判明する。こいつは周りの魔物に見下されていたようで、それを見返すためにたまたま見つけた女神の果実を食べたことから変身したという。

戦闘で正体を現すまでは美人の女性に化けていたことから、このテンツクの願望が美人になることだったのかもしれない。

力を失ったあとはナムジンの「恩赦」を受け、マンドリルのポギーと共に野へ帰っていった。

今日はここまで。では、またー

2013年12月 1日 (日)

<ドラクエ10> 気付いたらVer2あとわずか

こんにちは

ドラクエ10の時間もあまりとれない繁忙期ですが、いよいよVer2.0が近づいてきました。

解禁の12/5は木曜日ですね。というととは、自分は今のところ、この日にプレイすることはほぼゼロでしょう。普通に12/5か6にパッケージだけ購入しておいて6日の夜にアプデですかね。

公式な情報もだいぶ出てきているようで、まあ、新天地と魔物使いが目玉といったところ。

Ver2.0はラスボスを倒していないといけないようだ。

パッケージ追加に伴う、当日の混雑が予想されるけどなんとなく、FF11のときに通じるものがあるよなあ。5日から意気込んでいる人は恐怖のリトライオンラインにならないことを祈るのみか。

FF11では新パッケージが導入された日はよほど運がよくないとほぼインできない状況だったから、ドラクエではそれらの実情踏まえて対策されているのかな。

FF11では後期になると追加パッケージのデータ部分の導入で詰まることはなくなっていたが、レジストレーションコードの手続きサーバが高負荷に耐えきれず、せっかく追加パッケージをインストールできても、追加分のレジコの手続きができずに新たな要素をプレイできないというのが数日続いていた。

ドラクエ10もFF11もレジコの登録は同じスクエニの管理サーバのはずだから、いくらドラクエ側のサーバが大丈夫でも、また、レジコ登録で「リトライオンライン」が発生しないだろうか。そんな心配がある。

まあ、自分は5日はまずインできないだろうから、6,7日までに解消していればいいかなと思う程度だけど。
平日にカットオーバするのは、すでに当日にトラブル発生を織り込んでの予定なのかもしれない(笑)。

5日に有給休暇取ってドラクエする社会人もいると思うけど、障害でまともにプレイできなかったらそれこそ「激おこプンプン丸」でしょうな

まあ、ともあれ、新パッケといこともあって、やりたいこと盛りだくさん。
今は・・・・プレイする時間が欲しい!

さて、今週末は引き続き転生狩りをしながらまったりレベル上げです。

今週は結構収穫アリ

メーダプリンス、ほねリーダー、レッドバロンが終了。

ジュレリアで、メーダクイン(メーダプリンス)、ほねコウモリ(ほねリーダー)狙いで。
ここはひとつのエリアで2つの転生が出るばかりでなく、ドロップのいい奴がいるせいか、いつも満員御礼状態。
メーダクインはここにしか出ないので、混んでいようとやるしかない。
先週から続けでメーダプリンスが出現。310匹とそこそこで出て助かった。

ジュレリアでほねコウモリは効率悪すぎるので打ち捨てられた城に移動して狩る。
ここは先々週からずっとやっていたせいか、ついに転生狙いで1000ハマリを突破。
1238匹目に赤い奴が出てきてようやく終了した。

最後にレッドバロン。45のパラディンで出撃。ホースデビルを狩りまくる。
ここは出現数が多いので、ライバルもいたけどひたすら狩り続けられる。
ホースデビル自体、まだ20匹くらいしか倒していなかったが、ここから200匹強倒してレッドバロンが出現。

ということで、1日で3つ転生を出すことができた。

さて、強さ順にいくと、次はおそらく最大の難関「モテモテ」となる。
このモテモテ、転生元がデザートゴースト。討伐クエでは同格モンスターと比べても報酬が高いが、東ゴブル砂漠の全域に点々としかいない(しかも同時出現数は1匹)ため、達成するには時間がかかり、敬遠される代表格ともいわれる、悪名高きモンスター
それの「転生」である。

明らかに戦闘する時間より探す時間のほうがはるかにかかる相手。それを転生だから大量に狩る必要ある。
ここでハマリをくらうと地獄ですな。
いずれデザートゴーストが大量出現する場所ができることを期待してモテモテは飛ばして、リトルライバーン(ドラゴンキッズ)に移ったほうがよいだろうか。

そうそう、転生狩りに関して、
冒険者の広場での提案広場で、「3000匹倒しても会えないですが、あまりにも同じ敵を狩っているので自動狩りとみなされていたりはしませんか」みたいな質問があった。
現実的には確率の逆数の10倍くらいのハマリはあり得るのだが、3000もいってしまうとこう思うのも致し方ないね。
転生の抽選がされなくなるのは当て逃げ(エンカウントして、転生がいなかったら逃げる)をした場合と公開されているけど、確かに自動狩り防止のために同じ敵ばかりを一定時間たおし続けると転生やレアドロップの抽選をしなくなるような仕組みがありそうで怖い。

このような「運」がすべてのところはやっぱり天井機能があったらうれしいなと思う。

といっていた矢先に、コインボスの報酬アイテムがver2.0からまさしく天井機能をもたせるようになっていた。具体的には、コインボスの報酬のハズレが聖水じゃなくてアクセサリーの破片になり、これを一定数持ち寄ると目的のアクセになるという。
仮に10個だとすれば、最悪10回やれば目的のブツを手に入れることができるというわけだ。
コインボスの報酬について、20回、30回やって1度もアクセが出ないという書き込みがえらくあったので、さすがに対応したのかな。
1回戦闘するのに挑戦権であるコインだけでも10万以上コストがかかるのにそれを20回やっても出ない、じゃ萎えますよね。

今日はここまで。では、またー

« 2013年11月 | トップページ | 2014年1月 »