« <ドラクエ10> 道具使い上げ | トップページ | <ドラクエ10> ストーリーとクエストをすすめる »

2014年3月18日 (火)

ドラクエでよくあること その13

こんばんは。

ドラクエでよくあること ドラクエ10編さらにつづき

《自分のスキルと他人のスキル》
自分と違う武器スキルの技を見るとなんとなくそっちのほうがよさげに見えるものだ

《低レベルの装備品》
別の低レベル職を育てるときは、ありあわせの防具をつけたままレベル20くらいまで上げてしまうものだ

《酒場にあずけたときの法則》
酒場にあずけるときに別の職に変えるとまともな装備をしていないままあずけてしまう

《酒場にあずけたときの法則2》
まともな装備をもっていたとしても、転職時に装備が外れていることに気づかない

《酒場にあずけたときの法則3》
装備を新調したときに限ってコメントを更新するのを忘れ、コメントがウソの内容になる

《鍛冶合成の法則》
計算して打っているときに限って会心が出てしまい、おかしな位置にとまってしまう

《鍛冶合成の法則2》
普通に叩くには強すぎ、手加減打ちでは足りないところによく止まる

《鍛冶合成の法則3》
会心を連発してエリアに全部いれたとしても大成功しないものだ

《乱れうちの法則》
乱れうちを多用すると、同じところばかりたたかれてすぐ打てなくなるか、平均的に上がっていくが、続けた瞬間同じところを4回叩いて成功ラインをオーバーしてしまう

《錬金の法則》
どんなに成功率の高そうなところにしぼって錬金しても、失敗するときは失敗する

《錬金の法則2》
真っ黒な大外れゾーンの真中に止まって失敗することは少ないが、大成功エリアの中にほんの少しだけあるハズレゾーンにはよく入ってしまう。

《パルプンテの法則》
パルプンテにとまる確率は成功(大成功)錬金がついている数に比例し、失敗錬金のついている数に反比例する。

《パルプンテの法則2》
大成功やパルプンテのレア効果がついている状態で錬金をつづけパルプンテにとまると、すべての錬金効果を別の効果で上書きする効果が出る

《木工の法則》
木目がわかりにくいときについ間違った方向に掘り込んで失敗してしまう。

《木工の法則2》
割と計算が楽といわれる木工だが、不意の会心がでるとわけがわからなくなってしまう

《裁縫の法則》
縫いの強さと今やろうとしている縫いの組み合わせがあわないものだ

《裁縫の法則》
縫いの強さを計算して縫っているときに改心が出て計算を狂わされるものだ

《装備の耐性》
装備の耐性は3段階しかない。
すなわち0%と100%とそれ以外だ

補足
運が悪いときの80%は運がいいときの20%より低い

《装備の入手の法則》
あなたが欲しい装備にほしい錬金がついた装備はめったにない。

《装備の入手の法則2》
バザーでベストマッチなものを発見すると、それは装備できないものだ

補足
もし装備できたとしても値段がとんでもなく高い

《ピラミッドの法則》
軽い気持ちでサポを適当にえらんで挑戦して惨殺されるのは誰もが通る道

《ブローチの法則》
初回は当たりアイテム確定なのだが、ブローチが入らなくて(黄金合成品が出る)落胆することが多い

《ブローチの法則2》
初回にブローチが引けないと、その後かなり長くハズレばかり出る

補足
ピラミッド全層制覇し、50回以上探索しているがいまだブローチを持っていない人もいることを覚えていてください。

《コロシアムの法則》
初心者は間違いなく、なにが起きているか理解することもできずに一方的にボコボコにされて敗れる

補足
このせいで二度とコロシアムに行かないと決めてしまうプレイヤーも多い

《カジノ景品を求めての法則》
各種モンスターの書やルーラストーン等のアイテムは自力でコインを増やして取る必要があるが、これらのアイテムを入手するまでに割にあわないくらいのお金をつぎ込むことになる。

《目標枚数まであと少しの法則》
目標枚数をきめてカジノにいくとその目標数にあとすこしまでは増えるが、目標数に届かず飲まれてしまうことがよくあることだ。

《ヤメ時の法則》
目標枚数まであと100枚を切ったら、すっぱりやめて、のこり枚数は拾うかチケットを使う方がよい

《ヤメ時の法則2》
あとわずかのところでやめずに続けて飲まれてしまう

《ボーナスと目標枚数》
スロットでメタルチェックやテンションアップ中に目標に決めていた枚数を達成したら、目標枚数までは回していいが、次回すと目標枚数を切る枚数ならたとえボーナス中でもやめたほうがいい

補足
ボーナスを消化しても減っていくことは以外と多いものだ。
上記の状態で、ボーナスを消化すると、目標枚数を下回り、そのまま続けると全部のまれてしまう。

《スロットのはぐれメタルの法則》
はぐれメタルは、コインがあとわずかになったときに限ってよく揃う

《スロットのはぐれメタルの法則2》
残りコインわずかなときに入ったメタルチェンジは消化途中でコインがきれて強制終了させられてしまう

《談合ルーレットの法則》
6~8人で組んで1~36すべてを仲間内でおさえて賭けると宝箱にとまる

《談合ルーレットの法則》
一番当たってほしい人には当たらず、目的を達成した同じ人ばかりが当たる

《モンスターレイドの法則》
弱いモンスターは参加する前に倒されている
強いモンスターは倒しきれずに時間切れとなる

《ダブルアップの法則》
ポーカーのダブルアップでディーラーの3がやたら強い

補足
KとかQが弱いということもない

《カジノ全体の感想》
オフラインのドラクエカジノに慣れている人には相当きつい仕様に思う

補足
200万以上つぎこんでまだルーラストーンが交換できない人がいることも覚えていてください

今日はここまで。では、またー

« <ドラクエ10> 道具使い上げ | トップページ | <ドラクエ10> ストーリーとクエストをすすめる »

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ドラクエでよくあること その13:

« <ドラクエ10> 道具使い上げ | トップページ | <ドラクエ10> ストーリーとクエストをすすめる »