« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »

2014年6月

2014年6月24日 (火)

<ドラクエ10>またしてもコインボス攻略

こんばんは。

先日の週末もフレが大量のカードを回収してきたのでまたコインボスいってきました。

今回はアトラス、べリアル、ヒドラ、ガイア×2

まず、羽衣僧侶2人雇ってまずはサクっとアトラスとべリアルをやっつけます。
もう、場数も踏んでいるので危なげなく倒せます。

どちらも戦利品はハズレ

では、三度キングヒドラやります。
今回は2度目のときよりは辛いものの勝利することができました。
今回のヒドラは踊らされることがおおかったので踊りガードあるといいかもと感じた。ただ、ブレス耐性と炎耐性持っていれば炎ブレスや火球のターンがボーナスになるから基本ブレス耐性でいけるのかな。
途中で3人倒されてヤバイ展開になったけど、葉っぱで切り抜けました
これで3匹目の討伐成功です。まだ負けてないのがある意味怖い。

戦利品はハズレ;;

そして、ガイア2連発いきます。
前回のように刃砕きをいれて両側はさんで殴ります。

が、今回はちょっとうまくいかなかった。というもの、押し込まれてその後ろに後衛が閉じ込められるような展開になってしまい、雄叫びが回復役もくらってしまう。
自分が後ろから攻撃するが、タゲ自分にむいたときわざとはなれたら、遠くから炎はいてきてすぐタゲがかわってしまう。

サポの回復役も、早く横なりこちら側に動いてくれればいいのに、詰められたところから動かない。

結局雄叫び食らって危ない展開になること数回。
隅につめられたら、方向転換してもらうためにも移動するしかないかな。

前回の初勝利と比べてかなり辛い(葉っぱも3枚くらい使った)勝利でした。

続けて2回目(通算3回目)は先ほどほどひどくなく、回復役のひとりがこちらの後ろについてきたり、横にいってくれたため、ガイアが隅に詰める展開にならないので、ピンチになることは少なかった。竜眼も頻度少なく、零洗も早いのでだいぶ展開が楽でした。

これも勝利して、ガイアも3勝目です。

やっぱり、ガイアを押せる盾1枚いるか肉入りの後衛がいるとだいぶ楽になりそうな感触です。

そして今日、コインボス5体たおしたのだが

戦利品・・・すべてはずれ。それもかけら2個のときすらない。

さて、今週はコインボス&ピラミッドのいつものフレではなくこのブログの読者である別のフレの方と久しぶりにプレイ。
エンディングの手伝いにいってきました。
最近インの頻度が上がってきて、夜の時間にくるようになったので、声かけられたときに、いくことに。レベルはまだ60代ですが、すでに主要能力値の底上げは済んでいて、戦力的にも十分です。メインは僧侶と旅芸人だが、最近は僧侶が多いとか。
というわけで、72のバトマスで手伝いいってきました。

さすがに50キャップ時代のラスボスですからパッシブもち60台なら全然余裕でしょう。今回は自分がそのとき出していたサポ(LV80)をそのままもっていってしまったので戦闘がえらく楽に終わってしまいました。

ちょっと過剰戦力だったかな?ごめんね。

というわけでウェディ女のエンディングを見させてもらいました。
(エンディング、種族ごとに微妙に違うんですよね)

さらに、期限がきれそうなバズズのカードがあるので、やってみたいとのこと。彼女は当然コインボスは初めてです。

これについては、いつものコインボスのフレがいるときに声かけますということにしたら
なんと日曜の夜にインしてそろったので、すぐやることにした。

サポ僧ひとりにして肉入り3人で。彼女だけレベル64だが、殴られたりバギムーチョや輝く息には十分耐えられるので回復を任せて狙われたら誰かの後ろに隠れるようにしてもらい、自分(武)とフレ(バト)はいつも通りタコ殴りです。
即死装備忘れる失態をしてもろにザラキーマで殺されたりしましたがあとは問題なく、バズズ撃破に成功。

これで当たりなら最高の展開なのだが、それは許されずかけら・・・

まあ、初コインボス勝利おめでとうということで。

今度は別の野望がわいてきた。ガイアである。ただ、さすがに今の状態でいきなりは無理だから、ガイアは70台になってからにすることに(ガイアはカードじゃなくてコインだったから余計急ぐ必要ない)

さて、今週はなんと6回もコインボスやれてしまった。
そしてこれで、全部ハズレだったので私のコインボスの戦利品の当たり率は
通算2/41に。
あのー 5%切ってしまったのですが;;
本当に8分の1なの? 実績20分の1未満なんですが。

いい加減確率通りに収束するように当たり連打こないかな。

今日はここまで。では、またー

2014年6月21日 (土)

ドラクエの謎考察 その72

こんにちは。

昨日の歴代キャラアストルティア転生考察 続き

・ドラクエ歴代キャラがアストルティアで転生したら その2 (勝手な推測)

・レック

困った。まったくつながりが思いつかん。
レイドックの人間で考えても・・・
能力値はやや前衛よりで勇者の気あり。
直感でエルフで

・ハッサン

見た目、職業適性、能力値・・・・・
ストレートに見てオーガでしょう

・ミレーユ

こちらも容姿、適性、能力
やや後衛で魔法適性だがプクのイメージはないのでエルフか

・バーバラ

これも難しい。伝説の魔法使いなのだが、
これはドラクエ10は最大の魔法適性というとプクなのだがイメージが合わない。
オガやウエディでもなかろう。彼女もエルフか。

・テリー

力を求めて魔王の軍門に下ったことすらあるこの人、いい意味でストイックともいえるが
6の中では素早さが高めの前衛志向なのでウエディか

・アモス

オーガっぽいが、性格はちょっとちがう。
ここはドワーフで。

・アルス

水の加護を得ている、海に関係深い、HPちから高い
これだけでウエディでよいかと。
背が低い、緑基調なので・・という別の見方もあるが

・キーファ

ややチャラい性格や背は高い、前衛志向なので彼もウエディか

・マリベル

マリベルっぽい性格のキャラって10にいませんね。
能力や適性考えるとドワーフな気がする

・ガボ

彼は元オオカミで人間に転生したのだから、ここからさらに
アストルティア5種族というとおもいうかばないなあ
雰囲気と外見からするとプクリポかしら

・メルビン

メルビンぐらいの年のキャラってドラクエ10だと、エルフがやたらと
おおいんですよね。
オールマイティになんでもできるけど魔法の適性が高かったりと
エルフでいいのかな

・アイラ

踊り子だけど戦士志向、能力値もそれに準じる
純粋にオガ子にあいそうなイメージなのでオーガ

・エイト

割と歴代主人公の王道の性質がある。
スキルが勇者、HPちから守備が高い
オーガで。

・ヤンガス

彼は、外見そのままで、転生しなくても同じに見えますね
盗賊だし。ドワーフ確定。わかりやすすぎる

・ゼシカ

これもゼシカがモデルになってると思われる10の容姿(特に髪型)
ありますね。外観からもイメージはウエディではないか。

・ククール

この手の性格があうキャラは10ではウエディ♂なんだろうな
ウエディで
8のキャラは全般的に見た目でイメージきまるなあ

・ナイン

外観天使だとエルフに近い。
ドラクエ10は主人公すら全職業に転職化。自由すぎてわからん
なら、外見で判断。上記のとおりエルフで。

・リッカ

宿屋、酒場のイメージが大きいのと明るいイメージが
プクリポで

・ロクサーヌ

外見とは打って変わって腹黒い台詞があったり、割と天然はいってる
なんとなく、直感で彼女はドワーフで

・ルイーダ

これも難しい。割と自由人な人生歩んでいたりするが、プクのような
性格ではないな
ウエディかな。

今日はここまで。

では、またー

2014年6月20日 (金)

ドラクエの謎考察 その71

こんばんは。

また、最近更新が鈍くなって申し訳ない。

ちょっと今回はやってみたかった独断と偏見な推測なことを書く。

・ドラクエ歴代キャラがアストルティアで転生したら (勝手な推測)

ドラクエ10ではレンダーシアの人間としての主人公が肉体を失い、5大陸の各種族のいずれかに転生するところから始まる。

では、同じ経緯を経てドラクエ歴代キャラがアストルティアで転生したらどうなるか
あくまで、自分の勝手な想像なままに書いてみる。

メインで仲間になるキャラのみで考えてみる

・1主人公
 いきなり難しいぞ。ロトの血を引く勇者の末裔。ひとり旅で、剣から回復、魔法までこなす万能型・・・・  イメージはエルフで。

・ローレシア王子
 ドラクエキャラ屈指の脳筋。MPなし、HPちから高し。 オーガで

・サマルトリア王子
 いやーさがしましたよのお調子もの。攻撃は武器が弱くてイマイチ。魔法は結構使える。能力値も低くはないんだが・・・ 性格や魔法寄りだから プクリポで

・ムーンブルク王女
 魔法特化。犬にされる、使える魔法は回復系にバギ、イオナズン 自国が滅んでいる。
アストルティアではカミハルムイのイメージ よってエルフ。

・3主人公
 オルテガの子、魔力は低いが力やHPは高い オーガで

・ソロ/ソフィア
 背が高い、1や3以上に力や体力がある。ただし、見た目も実際も脳筋ではない、ウエディで。

・ライアン
 ぱっと見一番似合いそうなのはやっぱりオーガですね。 なんでオーガで

・アリーナ
 圧倒的素早さと力がある武闘家素質の彼女は ウエディで。

・クリフト
 クリフトの神官姿が一番あってそうなのは エルフで。

・ブライ
 これ、結構難しい
 気難しくて毒舌、氷の魔法が得意
 この手の老人ってドラクエ10ほとんどいないのね。彼もエルフで。

・トルネコ
 商人で、体系があれで盗賊っぽい技使えて・・・・ ドワーフで。

・マーニャ
 踊り好き、光属性、性格は解放的で奔放 プクリポで。

・ミネア
 マーニャと反対属性 回復系だが闇属性。暗くて狭いところが好き ドワーフで。

・5主人公
 力体力が高く使える魔法がパラディンぽい オーガで

・レックス
 勇者なのに素早さが高い。力も高い。でもって、戦闘ではアシストに寄ることがおおいね。素早さの高い魔法戦士・・・ドラクエ6,7のパラディンぽいね  ウエディで。

・タバサ
 魔物とお話しできる、イオ系ヒャド系が得意 魔法寄り プクリポで

・ビアンカ
 魔法系だけど体力はある。 バトルロードでは炎属性 オーガ

・フローラ
 ビアンカに対して彼女の基調色は青。バトルロードでは水属性 ウエディ

・デボラ
 火でも水でも光でもないだろう。 黒髪 なんで 難しいけど ドワーフで

・サンチョ
 体型はトルネコに近い中年だが性格はトルネコとは異なる。おせっかいやき
 力が強く、魔力、素早さ低い。 オーガか。

・ピピン
 彼のセリフ聞くと なんとなく プクリポかなあと

とりあえず、5まで書いてみた。

念のため書いておくけど、これらは私の勝手な考えを羅列したものです。公式なネタなどは一切ないのであしからず。

続きは次回

では、またー

2014年6月17日 (火)

<ドラクエ10> ガイアやピラ4など

こんばんは。

最近、コインボスやピラミッドにいくフレが戦士やレンジャーを80まで上げたので、またしてもコインボスやってきた。

まずはヒドラ2ND
ブレス炎耐性を初回攻略のときよりも高くして、またバト武僧僧でいってきた。
Ver2.2で僧侶のAIがかなりよくなっているのが第一印象。天使最優先するし、祈りも使ってくれる。SHTからの即死や連続かみつきなど、どうしようもないのもあるが、一度に複数死ぬことがほとんどなく、かなり安定していた。

もちろん、しょっちゅう赤くなるし死ぬときは死ぬが、僧侶が倒れたままの状態になることがほとんどないのでこちらはひたすら攻撃するのみ。
あら、2回目も勝利してしまいました。しかも今回はほとんど必殺が発動せず。一喝も聖者の詩も1回だけ。やはり、僧侶が自動復活して続行できるのが大きい。また、炎耐性は万全なので、灼熱や火球攻撃がボーナスタイム。これ、今後もやれそうだな。
ベルト欲しいよ。

次にガイアに再挑戦。今回は雄叫びで全員とばされないよう、前衛はガイアを挟んでたたかう。これならおたけびきても、どちらか一人しか食らわない。さらに刃砕きをいれて戦闘開始。すると、これもかなり有効。
おたけびで複数名ふきとばされることはほとんどなく、刃くだき入っていると、通常攻撃の2回攻撃を食らってもHPが100以上残るのでその後にブレスなどがきても大丈夫。

火力は落ちたものの確実にダメージを与え続け、勝利。
これでガイア初勝利である。

かんじんのアイテムだが・・・・・・かけら(泣)

さらにアトラスも1回やるがそれもかけら

これで私の通算コインボスアイテムのヒキは 2/35

8分の1のはずだよね。その倍以上でないんですけど・・・・・・

またカード手に入れたらやるか。早いはなし、ヒドラを7回、ガイアを9回ブチ倒せば天井で100%なんだから。
・・・・・って、本当に全部天井までいかないことを切に望む。

ピラミッドは、今回から魔法戦士を入れて戦う方式にかえた。フレがレンジャー80で斧もマスターしたからだ。
少し弱体化したらいしいが、その結果は

はっきり言って強いです。斧無双強すぎます。ついでにバイキルトも強力です。集団撃破はひたすら斧無双でよく、離れていった奴を自分が倒しに行きます。バイキルトもらえば、2,3回タイガーしただけで、敵を倒せる。なんてすばらしい。

結局、この構成にしたら、今までのバト武レン僧に比べてかなり早くなった。魔法戦士はそれ以外にもさまざまな強化あるので、これば結構効いてくる。そして、フォースブレイクもなかなかエグい。

前の構成では3層ダメだったけど、今の構成ではすさまじく楽。
前の構成の2層よりも楽にクリアできた。怖いのは秘法の剣士が最初にくることかな。
ここだけは秘法の使い魔が2匹でるので、ルカナンやスクルト連打されると厳しい。

そして、ソロ(サポ3)では無理といわれている4層を攻略。さすがに魔法は痛いのだが、なんとかクリアできた。

メガンテ使う敵がいるのだが、これ、まともに食らってしまった。でも一発で全滅しないので、すぐに復旧できればいいのかもね

あとはマヒャデドス使う敵が要注意なのか。
ディバインスペル使う生意気な奴もいるので侮れない。

さて、これで高レベルコンテンツの攻略もかなりすすんできた。

今日はここまで。では、またー

2014年6月10日 (火)

<ドラクエ10> Ver2.2になってもいつも通りに

こんばんは。

先週バージョンアップされたドラクエ10ですが、今回はバージョンアップしたからといって特段なにを急いでやろうというのはなかったかな。

とりあえず新しい仲間モンスターが増えたので、プレゼントの呪文の分と数日分の福引41枚をレンダーシア福引で回した

結果

3等1個、あとは全部7等以下

以上。
SP福引は5,8等だったので、図鑑を埋めるためにプチアトラスを選んだ。

だけど、1個だけでも3等でたので御の字である。というわけで、問答無用でキラーマシーンを選択。とりあえずコイツは仲間にしてみたい。

ドラゴンキッズやベビーサタンのほうが強力とのうわさだが、自分はキラーマシーンを選んだのに悔いはない。

平日に入った初日はさすがに重いし時間もなかったので、日替わりクエと迷宮だけで終えたが、週末は一通りまわってみる。

だが、今回のVUではあまり自分にとっては「これをやる必要がある」というのがなかったせいか、普段と同じように。
まず魔物使い43にする。これで正真正銘のフルパッシブになりました。(正確にはスキル100以降にもパッシブスキルあるけど、あれは各職専用だし)

さらに戦士と魔法戦士のレベル上がったので、片手剣も100になりました。
といっても、ギガスラなんていまさら感なんだよね。
迷宮ではまだまだ現役で活躍するけど。

あと数日で謎解き型のミステリークエストが実装されるようだけど、冒険者の広間みるかぎりかなりネタバレ注意報がでてますね。いくら注意したところでネットの世界では拡散してしまうから、本気でこのクエスト楽しみたい人は、クリアするまでネットでドラクエ関連のネタを見ることをシャットアウトしたほうがいかも。

日曜にいつものフレと例のプチアトラスを消化。弱い。レベル50くらいでも倒せそうな強さだった。
当然、戦利品もさっぱりで魔法の聖水×3 かけらすらでない昔バージョンのハズレです。
おそらく、プチはかけらが当たり枠で、聖水がハズレ枠なんだろう。
プチで完成品がダイレクトに出たらいままでまともにやって全然でなかった人が泣いちゃうよ(笑)

ピラを2層までやる。今回はセルケトが出た。
これでイシス×2、セト、バステト、セルケト。(と飾り斧)どうやらピラミッドのほうは平均以上であたりが引けているということか。

アンルシアと潜るソロ用の第2の迷宮は後期のようだし、新ボスグラコスはまだのよう。

さて、せっかくフルパッシブになったので、クエスト消化にとりかかる。
ということで
連続クエの
ガートランド編
アグラニ編
そして
魔法戦士の50クエ
を終了させる

あとはレンダーシアの便箋クエストなどを終わらせた。

クエスト類は以外とあちこちいかねばならんので結構時間とられてしまう。

次は盗賊をダラ上げしますかね。レシピや通常ドロで稼ぎながら。
あとはなつき上げのため、魔物や道具もダラ上げですかな。

酒場にあずけたり迷宮を消化したりとで、僧侶と賢者は57になりました。こちらは順調にあがってきてます。

というわけで、今日はここまで。では、またー

2014年6月 5日 (木)

ドラクエの謎考察 その70

こんばんは

ドラクエの謎や裏設定、デマ、噂などを考察するお話第70回

・特別な場所に”渡る”ための手段の考察

ドラクエシリーズでは、1、3は竜王(ゾーマ)の城、6は次元の狭間、8は暗黒魔城都市、10は冥府の心臓と特別な場所にいくために特殊な橋や乗り物をつかうことになる。

これらはいったいどういうものか

まず、乗り物から考える

6ではペガサスで次元の狭間へいくことになる。ペガサスが次元をこえて移動することからだ。デスタムーアのいる狭間の世界は、現世とは異なる空間らしい。

8の暗黒魔城都市は物理的にラーミア、じゃなかったレティスにのっていく。普通に空をとんでいく。
9の天上世界も天の箱舟で飛んでいく。9の天上界が地上からどのくらい上空にあるのかはわからないが、少なくとも異次元ではなさそうだ。
10の冥府の心臓は空間のゆがみのようなところへ神の船(見た目どうやってもスワンボートだが途中でフェニックスのようになり・・・)で侵入する。旅の扉と同じ原理で異空間を接続するなにかがあるのだろう。
5の魔界は完全に冥界とつながるトビラである。

一方で橋をかけて渡るのもある。

1の竜王の城と3のゾーマの城。いずれもにじのしずくをつかって虹の橋をかけてわたる。虹の橋とはどんなものなのか。しばらくすると消えるのだから一時的に表れるもののようだ。
バトルロードで1主人公とローラ姫が使う必殺技でダブルインパクトがあるが、これもローラ姫が虹の橋をつくってそれを1主人公がわたって敵を斬るというものだった。やはり、ちゃんと地に足をつけて走れる場所なのだろう。

この「水面をわたって向こう岸にわたる」というものは、5以降であれば魔法のじゅうたんでことがすむはなし。どうしてロトの時代にはこれがなかったのだろうか。

4では普通の河をわたるのに石像をうごかして渡るところもあった。あれに至っては船で普通に渡れそうなのだが。

7のアルスはハーメリア編で水没したあとで、海底神殿にもぐっていった。水の力で海中でも息ができるようだ。もしかすると、アルスは水の加護を得れば海中を移動できるのかもしれない。

6は船が海中に潜り潜水艦のように航行できる。

10のドルボードは地表をわずかに浮いて移動するのだが、これ、なんで水面はだめなんだろう。ドルボードの浮遊移動のメカニズムを考えれば、魔法のじゅうたん同様海の上を移動できそうなのだが。

3のゾーマの城については城に単身わたることができたオルテガの存在があることから普通に海から侵入できたのではなかったのだろうか。

そういえば、8でドルマゲスが海上を歩いて渡っていたという証言がゲーム中にある。「人間が海を歩いていた」だから飛行していたのではないのだろう。

海の上を人間がわたるには、右足を出してその足が地につくまえに左足をだし、左足が地につく前に右足を・・・・ということから高速回転で海上をあるけるなんてバカげた話もある。忍者ハットリくんじゃないけど水ぐものような道具でも使って水上歩行とかできるのか。

そういえば、最近、虹のしずくもってなくても、ひとりで竜王の城へいけるな的なキャラクターがいたのを思い出した。2014年現在大人気の映画の主人公でレリゴーレリゴーなあの人。足元の海面を凍らせて水上歩行したり、氷の橋をつくって空中をわたったりと・・・・

あ、話がそれた。

案外、「謎の城」「謎の島」へ移動する手段ていうのはよく考えればいろいろありそうだ。

というわけで、今日はここまで。では、またー

« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »