« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »

2014年8月

2014年8月26日 (火)

<ドラクエ10> 災厄の王にいってきました

こんばんは。

先週エレメンジャー撃破のあと、もうひとつ大きな進展があったのが、今日書き込む災厄の王の件になります。土曜日にやりました。

長きにわたり停止していた神話編を再開、ついに「災厄の王」やってきました。

僧侶フレの助っ人に集まっていただき、突入です。
本当はバトマスフレの方もいるときにしたかったのですが、せっかく集まっているのに長時間待たせるのも難なので先にいきました。ごめんね。

メンバーは僧2パラ2バト2、魔1、自分が武。ひとりはサポ

攻撃力が非常に高いですが、これはV2.2や、強ボス級を相手にしているならもはや普通のレベル。特殊攻撃の種類が多く、危険度がピンキリなのが特徴。魔旋断、ジゴスパーク、インドラの矢、武器をふりおろすが凶悪。後半になって使ってくる魔蝕(これは、耐性あれば大丈夫ですが)も一気に形勢逆転になる恐れがある。
逆にドルマドンなどは無視してもいいレベルのものもあります。

今回集まったメンバーも自分も含め初対戦者が何名かいましたし、サポも入っています。ただ、よくいわれているように、人操作プレイヤーのキャンセル役(パラor戦)と回復役がいれば難易度は格段に落ちるようです。今回はパラディンと僧侶が2人ずついたので、その点は非常にありがたいです。

災厄戦では、今でこそ、肝になる職がプレイヤーでいればあとはどれでも行けるとのことですが、実装当初は、僧、パラ、魔、戦しか求められていない時期もありました。それくらい、肝になる職が必要になるバトルです。

ネットをみても2PTのリーダーだけPCであとはサポという組み合わせでクリアした例はないことはないですが、その場合も、サポは超絶厳選された強力キャラでPCが僧とキャンセル役(パor戦)を担当していることがほぼ前提。

で、今回は、十分なメンバーに恵まれ、死人が何人かでることはあるもの、半壊以上になるピンチはなく、倒すことができました。

パラがキャンセル技連発、僧侶は回復フル回転
あとはアタッカーがひたすらダメージを与えていく展開。自分は、タイガー入れる中で必殺チャージしたら一喝。怒りのロスアタ解除をしていました。

勝利した感想ですが、やはり人間プレイヤーでやれば着実に勝てる相手、と思います。

とはいっても、メンバー集めるのは大変なので、手伝っていただいた方々には大変感謝しています。

真・災厄の王は、これの比ではないくらい強く、こちらは本当に僧・パラ・戦・魔以外では一般的に断られるいとのことです。(Gや最高級薬品を惜しげもなく使うスパや道は例外ですが)

自分も僧侶か戦士をカンストさせなきゃならない時期にきたかも。

ともあれ、倒せてよかったです。ありがとう。

今日はここまで。では、またー

2014年8月24日 (日)

<ドラクエ10> 温泉?戦隊エレメンジャー撃破

こんばんは。

久しぶりに金曜日にお休みとれたので、昼からドラクエイン。ver2.2をすすめます。

Ver2.2はグレイブディガーがボスである、トーマの行方が難易度高いほかは、カンストレベルPTならそれほど難しくない敵を倒してお使い系がほとんどで、中には全く戦闘せず、強敵がうろつくエリアすらいく必要ない楽なものもある。

なんで、トーマの行方さえ終われば後は楽勝・・・と思ったらとんでもない罠がひとつ。

それは秘湯の花のクエストでおきる。
ビッグスロースからアイテムをとり、ココラタの浜辺で交換し、モンセロ温泉峡の小屋やもっていくだけ。
こうかくと温泉峡が強敵エリアであったとしても、クリアはそれほど難しくないように思える。

ところが、ここには物理系ソロメインのプレイヤーにとって、今までのどんなボスよりも手ごわい相手が待っている。おそらく、強ボスやコインボスをサポ3で倒してきた強豪であっても、コイツは僧侶、魔法使い以外でサポ3で突破するのはほとんど無理。

その敵の名はエレメン戦隊。レッド、ブルー、グリーン、イエロー、ピンクというどう見ても戦隊ものをほうふつさせる。まさしく温泉戦隊エレメンジャー!(笑)

今までと同じような感覚で突撃したら最後、1匹も倒せないうちに魅了され、みとれて、眠らされて怒りのレッドの強化攻撃でなすすべもなく全滅する。

とにかく厳しいのが、放置できない状態異常を複数もつこと。しかもその中に装備で100%防ぐことがほとんど不可能な魅了と、装備ではどうしようもないみとれ(メイクアップみたいなものか)攻撃がある。

他にも即死、眠り、混乱と致命的な状態異常がわんさか。

これらの耐性をもつサポを探すだけでものすごく時間がかかってしまう。
特に魅了耐性は現状ぐるぐるメガネと一部のセット装備にしかない。前衛は魅了事故を防ぐ意味でぐるぐるを装備していることもあるが少数派で、後衛に至ってはぐるぐる装備している人がほとんど見つからない。

結局、魅了はぐるぐるのみの50~80%で我慢するしかなく、他の耐性も即死、眠り、混乱のうち2つ以上持っているやつを選ぶ。

そしていざ、戦闘するが・・・・・

全然ダメです。序盤の猛攻を防ぐことがほとんどできません。最初こそ回復が回ってますが、そのうち、一人、また一人と耐性のないところの状態異常にかかり、まともにうごけなくなって回復が回らなくなり、二人死人がでるとほぼたてなおすことができず全滅です。

自分が武闘家ORバトルマスターでいくのですが

武レ僧賢
バレ僧賢
武魔僧賢
バ魔僧賢
武戦僧賢
武賢賢僧
バ賢賢僧
武バ賢僧
武武僧僧
ババ僧僧
ババ僧賢
武賢賢賢

これらの組み合わせで20回以上やったけど、結果は全敗。それもほとんど最初の1匹も倒せずに全滅。
2回だけ1匹目が倒せたが、そのときはすでにPT半壊、敵はスクルト2段階でバイキルトかかってる敵がいる状態で立て直しもできるはずなし。(いずれも自分がバトマスになって、最初の敵を猛攻した結果である。強化消せないと、そのあとにっちもさっちもいかなくなる)

どうやったら勝てるんだ?
今までのストーリーボスと比べても勝ち目が全く見えてこない。

攻略サイトみたら、ソロ(サポ3人)で突破するには、自分が僧侶になってキラポン配って敵の数が減るまではひたすらベホマラーがセオリーらしい。
それも序盤の猛攻で誰も倒される前に4人全員にキラポンが配れて初めてスタートラインに立てるという半分以上運がからむとのこと。

もう一つが僧侶3人に自分が魔法使いになって、ひたすら強力範囲魔法をぶっ放すという手段。こちらは僧侶3人なので、回復や復活が間に合わなくなって全滅になりにくい代わりに火力がプレイヤー(魔法使い)のみとなるため、敵の数が減るまでに僧侶が持ちこたえてくれるか(死なないという意味でもMPという意味でも)が重要になる。

物理職でのサポ3はほとんどクリア例がなく、動画投稿レベルの神業(あるいは強運)が必要とか。

というわけで、さすがに今回は僧侶のフレにお願いすることにした。

ということで、武(自分)、僧(フレ)、賢、バトの4人で突撃。4人目のバトは魔にするか迷ったが、グルグルメガネ装備し、眠り、即死、混乱ガードも完璧でHPも400超えている人を偶然発見。迷わず選択した。

ということで戦闘に突入。
やはり序盤の猛攻が強烈。キラポンもらっても倒されてしまっては意味はない。が、序盤で状態異常で回復や攻撃が止まらなかったのが大きく、まずピンクを撃破。これでバイキと魅了という最大の厄介ポイントがなくなる。今回はブルーのみとれ攻撃が不発してくれたのと、一喝がここで入ったので、ブルーも撃破。この間にバトや賢者が倒されたりもしたものの、何とか復旧。
3匹になると急に難易度が落ちる。次レッドいきたかったが、バトがイエローを攻撃したので、イエローを追撃。イエローが倒れたら、賢者をガンガン行こうぜに変更。
すると、固いグリーンを先に攻撃しはじめる。だけど、スクルトをはがせば、バトルマスターの攻撃力で十分ダメージを与える。
最後にさんざん大ダメージで苦しまされたレッドを攻撃。ついに撃破。

とにかく、ピンクとブルーを倒すまでが勝負といって過言ではない。この二つが倒れてしまえば、もう状態異常もそれほど恐れる必要ない。

昼間20敗以上したのに、一発でクリアできてしまった。
僧侶のフレに感謝である。
キラポンが肝になるボス戦、最近増えてきましたね。

というわけで、無事、モンセロ温泉に到着です。
温泉もバングルがうようよいて、こんなところに一般人が温泉旅行にこられるのが甚だ疑問である(笑)

これで、ver2.2の前半の高難度クエが終わった。
お使い系を終わらせたら、王家の迷宮に向けての最後の山場の戦闘に向かうのみ。

このあと、土曜日にも、実は大きな進展があったことがあるのだが、これはまた次の機会に書きます。

今日はここまで。では、またー

2014年8月21日 (木)

ドラクエの謎考察 その76

こんばんは。

ドラクエを巡る不思議、疑問、謎にツッコむおはなし 76回

・ドラクエ世界の宗教は何教なのか

ドラクエ世界には、教会があり、祈りをささげて回復したり、復活したりする。シリーズによっては天使だったりするこの宗教観、一般的にはキリスト教と思われる。

ただし、気づいている人も多いと思うが、PS版ドラクエ7までは、教会には十字架がかかっていたが、8以降は十字架ではないシンボルになっている。「教会」は教会とよばれるが、これらは十字架ではない。つまり、キリスト教ではないのでは?ということである。

これには実はちゃんとした理由がある。

いくつかの欧米国ではキリスト教のシンボルである十字架をゲームに使うことが許されていない。そのため、北米版のドラクエなどは、7より前のものでも十字架でないものにグラフィックが変更されている。

日本は比較的宗教に関してそれほど多くの制約はないので宗教観の強いゲームなどは発売されやすい傾向があるが、一部の外国人から見るとものすごいカオスなことにおもわれているようである。
極端な例だが、女神転生シリーズのようなゲームをイスラエルでプレイしたら、間違いなく逮捕されるのではなかろうか。

ドラクエもインターナショナルになり、ヨーロッパや北米、アジアに輸出されている。当然こういった宗教観のチェックも通過しなければ販売することもできない。

新作はオリジナルと外国版と差をあまりつけないようにするつもりなので、このように、教会のシンボルが変更されていたりするのである。

あと、RPGにおける聖職者のお約束というのがあるが、ドラクエの僧侶は若干例外がある。古いRPGユーザの中には僧侶は刃物をもってはならないという戒律があるゲームが多かった経験があるのではなかろうか。

しかし、ドラクエでは剣こそ持てないが(ゾンビキラーが装備できた作品があった気がするが)槍が得意武器になっているし、いくつかのシリーズではナイフが装備できる。
よくある話だが、刃物を持てない僧侶は鈍器(ハンマーやモーニングスターなど)で殴ることが多いがこちらのほうがよっぽど聖職者らしからぬと思っている人が多いとか。

ただ、いくら武器が制限されているといっても戦う以上、どうしようもないともいえる。僧侶だって殴られたら痛いし、ダメージを受けすぎれば死に至る。

教会でなんらかしらのサービスを受けるにはお金が必要になる。ドラクエでも表向き寄付の形をとるが、レベルが上がれば上がるほど高くなっていく。
リアルの教会も基本はサービスを受けるかたちで寄付をする。
宗教もビジネスである。ドラクエの世界でも同じことだろう。

ドラクエ6等では、魔王に対抗するために異教の神・魔神を呼び出そうとするものもある。またキリスト教以外の宗教由来のモンスターも結構いる。
このへんはやはりMADE IN JAPANのゲームだからあまり深く考えないほうがいいかも。

今日はここまで。では、またー

2014年8月19日 (火)

<ドラクエ10> コインボス最後の称号ゲット

こんばんは。

今週のドラクエ10はとうとう、全部のコインボス称号をとることができました。

最後に残っていたのは「悪霊の神々」
こればかしはフルメンバーでしかも寝かせ役がいないときわめて難しいものなので今までは放置していました。

今週は、すでに王家の迷宮をこなしているフレが拾ってきたカードと自分がレンダで拾ってきたカードを消化します。
時間がかかりそうなので、最初にアト1バス2ベリ2、ヒドラを消化。
どれも勝利ですが、うれしかったのは、ついにヒドラがベルト落とし、自身最後の空欄であったベルトを着けることができました。

さらにソーサリーリングも出ました。ソーサリーリングは+3になりました。

さて、そんなとき、ちょうどフレのさらにフレがコインボスしたいということで助っ人として参戦してくれました。
ドラゴンガイアをやって勝利。次はどうしようとおもっていたところ、せっかく4人PCでやれるのだから、悪霊の神々をしようということで初めて4人フルPCでの悪霊の神々の挑戦です。

悪霊の神々はアトラスバズズベリアルを3体同時に相手にします。攻撃能力はオリジナルとほとんど同じなので、まともに相手していてはとてもかなう相手ではありません。

一方でラリホーが有効でHPはオリジナルより少ないです。
ので、寝かしつつとにかく早く敵の数を減らすことが勝利への近道となります。

最初にバズズが動き、あとにアトラス、ベリアルと行動するので、一般的にはこの順番で倒すのがセオリーらしく、とにかく早くバズズを沈めることができるかどうかが重要みたいです。

戦武僧道でいきました。

バズズは押して後衛から離すと同時に猛攻を加えます。
アトラスとベリアルは助っ人の道具使いに眠らせを任せます。この間は回復は僧侶一人なので負担も大きいです。

案の定、ツインクロー連打とかで倒されたりしますが、何とか耐えてバズズを倒すところまできました。
すると、そこからは難易度がばったり落ちます。実際、アトラスとベリアルはずいぶんと楽に倒せてしまいました。

というわけで初勝利。コインボスの最後の称号を得ました。
ありがとうございました。

振り返ると、称号コインボス初勝利の順に並べると

アトラス
ベリアル
キングヒドラ
バズズ
ドラゴンガイア
グラコス
バラモス
悪霊の神々

順番がおかしいです。自分で並べて笑ってしまいます。
でも、これが事実ですw

ちなみにプチと強も含めると、あと勝利していないのはアトラス強だけだったりします。
ドラクエ10国勢調査によると強シリーズはアトラス、バズズ、ベリアルの順に勝率が高いとか。
自分から見ると逆なんですけど・・・・(強ベリアルが一番倒せそうで実際に倒せたし、強アトラスは3分もたずに何度も全滅させられて、勝てる糸口すらみつからないんですが。。。)

まあ、サイトみると、強アトラスは女神の祈りをもらって大地の怒りの即死を防ぎつつひたすら攻撃、後ろは僧侶二人で回復と女神をひたすらするの繰り返しのようですが。逆に言うと必勝パターンでないと難易度がすさまじく高いの裏返しなのでしょうか。

ちなみに、今回はフレも助っ人も大量のカードを抱えており、消化するつもりで連戦したが、こういう時に限ってうれしい(悲しいともいう)事故が発生。

最初4人でいったら、ミネアが出てしまいました。全員カードゲットwです。
しかし、それは序の口で、次にいったら、今度は宝部屋にいきついてしまいました。そしてあろうことか2つの箱からカードが。4人で8枚ゲットw

結局、2枚使って12枚増えるという結果にw
しょうがないので、助っ人のもっている期限切れ直前のベリアルをやり、助っ人の方が時間でおちたあと、3人でさらに弱めのボスカード(バズズ&ベリアル)もやりました。
この日は冒険者の広場の自動撮影の履歴から確認したら
アト・バズ・バズ・ベリ・ヒドラ・ガイア・悪霊・ベリ・ベリ・プチベリ・バズ・バズ・バズ
12回+プチ1回もやったんですなあ
あたり2個でたので、通算あたり確率は10/83
ほぼ期待値まで巻き返してきたなあ。

この話は日曜にやったこと。

一方、その前日、コイン持ち寄りをやりました。そこで初めてやり直しの宝珠を使い、パラディンの博愛と盾スキルを分解して槍120にしてやってきました。(一閃突き+αのため)
メタキンゴルスラはぐれなどをばっこんばっこん投入。
1時間で5周くらいやってパラディンが57から63まで上がりました。ちなみに導きの香水使ったのですが、残念ながら導かれませんでした。
土曜はさらにVer2.1のラストをクリアして、ルーラストーンゲット。

今週もまた収穫・進捗が多かったです。

今日はここまで。では、またー

2014年8月14日 (木)

ドラクエの謎考察 その75

こんばんは。

ドラクエのふとした疑問、謎、不思議の考察 その75

・天空の城とは

天空シリーズの4以降のドラクエでは必ずストーリー中のどこかで天空に浮かぶ城や大陸などを巡ることになる。
どれも例外なく終盤であり、ときにはラストダンジョンにすらなっている。

天空シリーズでは天空城はいわば神の城であり、4と5ではマスタードラゴンが治めている。6はゼニスの城で、ときにデュランに占領された時期もあるがやはり空の城。

7は空にうかぶ天上の神殿があり、8はラプソーン復活後暗黒魔城都市として空に浮かぶ。9は天界が存在し、堕天使エルギオスの力で最後はラストダンジョンと化す。

10ではまだはっきりと天空の城は出てはいないが、天空城の曲が使われていたり、V2.2以降のストーリーで天空にいけるのではと推測される。

ドラクエをやってきた人でも、「天空の城」というとドラクエ内の天空城より、やはり天空の城ラピュタを思い浮かべる人が多いのではないだろうか。

というのもラピュタに影響されたような設定の天空城がでてくるゲームが当時結構あった。
有名なRPG探してもすぐ見つかる。
そしてドラクエも例外ではないのだ。ラピュタが公開された時期の後にリリースされた4から天空シリーズとして天空の城が登場した。
ちょっと外れる話になるが、私がドラクエ10より前にFF11をやっていたのは以前書いたが、FF11には「トゥーリア」という天空の世界がある。どこをどう見てもラピュタから連想したとしか思えない光景が広がる。人口建造物に草木が生え、壁の中にロボットが埋まっていたり、鳥が飛んでたり・・・
当時、トゥーリアは「空」とよばれていたが、ラピュタといっていた人も多かった。
この「空」にいけるようになることがFF11のステータスだった時期があったのだ。初めてこの地に足を踏み入れたプレイヤーの多くがラピュタの有名な台詞をつぶやくのである。
「ラピュタは本当にあったんだ」「見ろ、人がゴミのようだ」etc

ドラクエ10でもおそらく、ストーリーの最前線で行ける「天空の城」がでてくるに違いない。
ドワチャッカのウルベアの文明とかをつなげれば、ラピュタのような、科学の力で浮遊していた建造物があったといわれれば可能性は大であろう。

そんなとき、その天空の地に初めて足を踏み入れた冒険者はやはりラピュタのセリフを叫ぶことになるのだろうか(笑)

天空城の曲がドラクエ10に存在しているのが非常に気になる。本当にこの曲を使うなら、空に浮く(飛ぶ)世界があることを示唆しているように思われる。

ドラクエ10はまだ、空を飛ぶ乗り物が登場していない。ドルボードも宙を浮いているが飛行しているほどではないだろう。
このへんも一緒になにか来そうな気がします。

追記:ドラクエ10では空を飛べるようになりました。

今日はここまで。では、またー

2014年8月12日 (火)

<ドラクエ10> 今週はまたも初勝利3連発

こんばんは。

数か月前はガイアもヒドラもバラモスも無理・・・とかおもっていましたが、今週はまた一気に3種類も初勝利がありました。

強カードそんなにでるんかいと思われるが、どうやら答えは「出る」らしい。
王家の迷宮をやっていればガンガン手に入るとか。

これでアトラスバズズベリアルの勝ちはガタ落ち・・・というわけではなく、どうやら強しか出ないようなのである。

そして、こいつらは生半可な戦力では歯が立たない。

とにかく1勝はしてみたいとのことで、いざ、勝負
先週の感覚だと強ベリアルはなんとかなるのではという思い。

先週3戦全敗の強アトバズベリ

では、強バズズから

一撃で300以上もっていかれるので、2回連続で攻撃されたらジ・エンド。
さらに強バズズは頭がいいのか、即死耐性全員もってるとザラキーマは全然こないし、怒っていようといまいとツインクローは女神があろうと必殺である。

今回はバトマスではなく戦士できてもらい押し合いをしようとする。すると対抗してズッシードをかけてくるではないか。
だが、ここで、以外なことに気付く。ズッシードをGFで解除するとすぐにまたズッシをしてくる。そこそこ詠唱時間があるし、この間は後衛も強化魔法が使える時間に。
実際、解除→ズッシ→解除のループが結構あり、やたらとズッシードの優先順位が高くうまい具合に進む。
ただし、GFは燃費が悪いので、おそろしくMPの消耗が激しい。だが、その間に戦士がダメージを与えていけるし、GF自体も火力があるので、先週全く歯が立たなかった戦闘とは打って変わって順調にけずっていく。

きになったのは今回は敵がほとんど呪文を使わない。バギムーチョきたら即離れる用意はできてるのだが全然こない。とにかくズッシと通常攻撃、たまにクモノや輝くいき。
死人さえ出なければ結構拮抗する。

気付くと敵のHPは赤くなっていた。終盤も連続攻撃やツインクローで殺されることはあるもの、何人もバタバタと倒れなければ大丈夫だった。
GF&ズッシループがきいたのか、初勝利である。

戦利品はかけら×2。
これ、最低でも×5はこないとやってられないかも。
明らかに普通のバズズを2回倒すほうが楽ですね。

割にあわない強さだからなのかな。たくさん出る理由は。

次は強ベリアル。
こちらは先週、HP半分まで減らせたので、一番勝てそうに思えた。
強ベリアルはベリアルの強化とは思わないほうがいい。ベリアルの行動の中で一番しょぼいイオナズンやヘルファイアがなくなり、代わりにジゴスパークとバイキルトを身に着けた。
ジゴスパークは300以上食らううえ、麻痺までする。
よけられるのだが、かなり範囲広く、ジゴスパークの文字がでると同時ぐらいに逃げないと避けられない。攻撃モーション中とかにきたらもう無理。
バイキルトはすぐに消さないと通常攻撃が必殺ダメージになる。今回も自分はGF係と化す。
もちろん、通常攻撃は300オーバーでぐさっと2回刺されればあの世いき。
回復役はフル稼働。それでもMPがきれかかり聖水を使うことに。
だが、何度も倒されたりしたが、勝利。
なお、強ベリアルは殺した相手にタゲが張り付くことがあり、死体の前にとどまる異様な現象があった。生き返っても無敵時間に殴ろうとしたり不思議な行動があった。まあ、時間的には短いのでバグではなさそうだが、これは別の意味でありがたい。

こいつもかけら×2 報酬がこれじゃ、やってられないなあ。

ちなみに、このあと、強アトラスやったが、全く歯が立たず敗退。大地の怒りどうにもならんわ。これはセオリー通り女神作戦でやらないとダメなのかな。
グラコス2回目もやったが、今回は途中でフレが回線落ちというトラブルに巻き込まれたこともあり、敗北。フレが落ちている3分くらいのあいだにタコをどんどん呼ばれ、MPすわれてどうにもならないことに。最後はタコやわかめなど6,7匹にかこまれでフルボッコにされておしまい。

さて、今度はバラモス。
多彩な攻撃方法と数々の状態異常が得意なバラモスだが、今回はいけるのか

しょっぱなから魅了をくらってとんでもないことになる。

混乱や眠りの耐性はあるので暗闇や耐性低下は不屈で直せる。
途中から僧侶にキラポンを入れてもらうとだんだん安定してきた。

ガイアとバラモスは盾が押すのがセオリーなのだが、今回もヒットアンドアウエーに徹する。攻撃も強力だが、状態異常系の技が多いので、キラポンもらったあとは、それらの行動がボーナスになる。
いちばん怖いはらわたをえぐるは1度しかこなかった。

何度か魅了されたり倒されたりしたものの、なんとか撃破。
バラモスも初勝利です。戦利品はかけら・・・

そのあとは普通のアトバズ2ベリ バズズがソーサリーリングをおとしました。
今日はボス7体で1個。まあ、だいたい確率通りか。強じゃなくて普通のバズズのほうがおとしたのが納得いかんなあ。所詮運できまるものなのか。

通算8/71

最後に締めとして福の神のコインをやりました。
本当に福の神と福招きだらけです。敵はそれほど強くなく、倒すと大量の福引券とSP福引券がてにはいります。

SP3枚でたのでさっそくやる。赤、緑、緑
SPはとにかく緑と青さえでなければ基本あたりである。
赤→ボスカードなのでバズズももらった。

あと、今週はV2.1を一気に終盤まで進めた。とりあえず3つの町のは終わり、グランゼドーラのシナリオを残すのみである。

今日はここまで。では、またー

2014年8月 9日 (土)

ドラクエの謎考察 その74

こんにちは

そもそもドラゴンクエストとはどういうものか。

・ドラゴンクエストとは。ドラゴンをクエストしているのか

ドラクエはDRAGON QUEST、直訳すれば竜の捜索、探索とかいう意味になる。
ようは竜を探し出すことが目的のはずだった。

1作目は、ラスボスが竜王だったため、このタイトルで違和感はない。

だが、2作目以降、ドラゴンをクエストしているものが実はほとんどないことに気付く。

ドラゴン自体は全シリーズに登場する。しかし、ドラゴンのボス、そして1以外にはドラゴンのラスボスは全くない。
ちなみにボスでドラゴンなのは4のアンドレアル、7の闇のドラゴン、8の竜神王、9のグレイナル、バルボロスくらい。

ドラゴンクエストというタイトルが完全にストーリーと一致しているのは竜王を倒す1とラスボスを倒した後の主人公の生い立ちがわかる8くらいではなかろうか。
「クエスト」の意味からすれば8のほうがしっくりくるかもしれない。

とはいっても、もともとドラゴンクエストというタイトルで続編を出し続けたのだから、ストーリーとあってるかどうかなどという話はそもそも論外といわれてもい仕方ないか。
それいったらファイナルファンタジーはいつまで「ファイナル」なのかということと同じである。

それでもドラクエのドラゴンは影が薄いときは本当に薄い。

1,2ではドラゴンがそれなりに強く、インパクトがあったのだが、天空シリーズになると、仲間になる5を除いて、本当に影が薄い。
7以降は少し復権したが、8をのぞいてあまりぱっとしない。8もラプソーンを倒すまでの本編では、ほとんど出番がない。

最新の10ではドラゴン系のボスも多く存在し、中でも竜の地玉を求めて戦う、コインボスのドラゴンガイアは10のドラゴンのアイデンティティになっている。10がリリースされた初期ではキングリザードが最強の雑魚モンスターになっていて、これもドラゴン系だった。

ドラゴンクエスト1で登場したドラゴンはいわゆる一般的なイメージのドラゴンではなく、羽のない、大地の竜であった。
前に書いたかもしれないけど、ドラゴンのイメージに一番あっているドラゴンの姿は、個人的には5のグレイトドラゴンや竜王(正体を現した後)かなと思う。

3のスカイドラゴンは鳥山明絵ということもあって、ドラゴンボールのイメージが強い中国の龍である。
ちなみに、西洋の竜はDRAGONであるが、東洋の龍はLUNGでロンと発音する。麻雀で他人の牌であがるときのロンと同じなのだろうか。

10のドラゴンガイアは手に水晶玉をもっているが、これは西洋の竜と東洋の龍のハイブリッドなのかもしれない。

今日はここまで。では、またー

2014年8月 6日 (水)

<ドラクエ10> もう2年なんですね

こんばんは。

ドラクエ10は8月2日で2周年になったんですね。はやいものでもう2年たっているんですな。

週末も夜間くらいしかまともにインできない自分は最近はめっきりレベル上げもストーリーの進捗も遅くなってきています。

そんなさなか、フレンドになったときは、自分よりかなり低い方でも、気づけば追いつき追い越されで、自分のほうが追いかける身になっていたり。

今週はフレのVer2.0のラスボスを手伝ってきました。自分はソロ+サポ3でクリアしたけど、やはり人間プレイヤーでやると格段に楽ですな。とにかくボスの範囲やトラップ技が普通によけられるだけで難易度がかなり落ちる。

今週はアトラス・バズズ・ベリアルの強をやってみました。王家の迷宮でそこそこ強カードがおちるようです。
初めてだし、フル人間プレイヤーでなかったのでどれもダメでしたが、展開いかんではベリアルとバズズは倒せるかもと思えた(HP黄色以上けずったし)
ベリアルはベホマが無ければ勝てただろうなあ。怒りで即ベホマされると防ぎようがない。
アトラスは全くダメ。大地の怒り一発で即死で接近戦してると文字が出てすぐ逃げても間に合わない。ツッコミ避けを駆使してよけまくるやり方もあるが、基本は僧侶2人いれてひたすら女神いれて即死避けをつづけるしかないとか。

あとドラゴンガイアもやったのだが、これがあっさり竜玉をおとして(笑)
やっぱりものすごい勢いで確率が収束してきてます。
ちなみにガイアは3連続で当たりでたことに。これで通算7/64
平均値への収束はもう目の前です。
一時期は2/53とひどいところまでいってましたがウソのよう。

リーネ合成で竜玉は+2とはいえHPついたのでよしとしましょう。

今度は自分がカードを回収して、ボス戦に出向かねば。

そろそろ災厄の王がやりたいですなあ。

今日はここまで。では、またー

2014年8月 1日 (金)

ドラクエの謎考察 その73

こんばんは。

ほとんど週1の更新になってしまっていて申し訳ない。
約1か月ぶりの謎考察になりました。

・ドラクエとリアルがつながってるかもしれない土地

一般的に地球を舞台にしたものではない世界のRPGでリアル世界とつながりがあることはあまりない。
ドラクエにおいても、ある1作を除き、リアル世界とつながるようなものは微塵もない。

では、その1作とは、もう、お気づきだろう。MAPがどう見ても地球の世界地図になっている、ドラクエ3の上の世界である。
ちなみに、ドラクエ3のスタート地点であるアリアハンはあの世界を地球とたとえたとしても存在しない大陸である。一説にはムー大陸とか噂もあるが、憶測の域を超えない。

では、上の世界を巡っていくところは、当然リアル世界に対比するものがある。

まず、3ではアリアハンを出た後まずロマリアに着く。ここはリアルではイタリアに位置する。ロマリアはローマのことであろう。そのあとカザーフの村はカザフスタン、ノアニールはノルウエーでしょう。
カンダタのいるシャンパーニ(の塔)はシャンパーニュ(フランス)

このへんは見事にリアル世界と対比できる地名になっている。

カンダタをやっつけたあとは、アラビア半島から北アフリカにいく。とっかかりのアッサラームの町はイラクだろうか。ちなみにアッサラームとはアラビア語で平穏、平和を意味するものらしく、挨拶の言葉としてつかわれるとか。
そこから南下してサハラ砂漠にはいるのだが、ピラミッドは現実のエジプトよりはるか西にあり、位置的にはアルジェリアの西の位置にある。また、イシスの町は対応する現実の都市がわかりにくい、サハラ砂漠の南端に位置する。これ、どこなんだろうか。

そのあとジブラルタル海峡(とはいわれていないが)をわたっていくポルトガはそのまんまポルトガル(ただし、位置的にはスペインなんだが(笑)

そのあといくバハラタはインド、ダーマ神殿はネパールかブータンあたり。チベットかも。(余談だが、5のチゾットの元ネタがチベットらしい)

船を手に入れたあとは世界各国に向かうのだが
ジパングは説明するまでもない。日本である。イギリスに位置する城はエジンベア。これはイギリスの都市エジンバラが元だろう。北アメリカ大陸には町が2つしかない。商人が作る町はおそらくニューヨーク。中央に位置するスーの村だが、ネイティブアメリカンにスー族というのがあるので、これが元ネタとか。

南米にいたっては、ワープしてやってくる祠がブラジルにあり、この大陸唯一の街(城)サマンオサはチリかペルーのあたりにある。あとは、南アルゼンチンの位置に海賊の家がある
オーストラリア大陸には唯一ランシールがある。一人で突入する必要がある地球のへそはエアーズロックのことらしい。

上の世界でも終盤にいくことになる中央~南アフリカは現実世界と対比させるものがなかなかない。いずれも中央アフリカでしかも海沿いではない。
作中はこのエリアはネクロゴントと呼ばれるが、対応する地名は存在しないうえ、語感でつけられた名前らしいので対応する地名はないのかもしれない。

その他のエリアについては
グリンラッド=グリーンランド
レイアムランド=南極のグレイアムランド
このへんはそのまんまである。

やっぱりドラクエ3の上の世界は現実とつながりがあるのだろうか。

今日はここまで。では、またー

« 2014年7月 | トップページ | 2014年9月 »