« 2015年4月 | トップページ | 2015年6月 »

2015年5月

2015年5月26日 (火)

<ドラクエ10> 80台は試練もやるように

こんばんは。

現在、エイロスの各職のレベルもだんだんカンストが近づいてきてるのも多くなった。

特に戦士、魔法使い、賢者、僧侶がのきなみ80台に突入。これらは装備も最近80装備をそろえたので、カンストとほとんど差がない。

ピラと王家は戦士、迷宮は僧侶、酒場にあずけるのは賢者、コインボスは魔や僧でやることが多くなった。

そこに必殺の閃き宝珠が試練や迷宮でしか入らないとのことのため、試練もやることにした。

試練は経験値が大量にはいるため、レベルも上がりやすいのだが、あえて元気玉つかわずにやる。

結論いうとエレメンジャー以前の試練は十分ソロ(自分+サポ3)でいける。
魅了使いのボスがいるので、頭アクセはぐるぐる推奨。(今はサポでもキラポン使うようになったものの期待できません)

ちなみに、私が最近討伐などでサポを雇う場合、自分がまものor盗賊でサポはレン、賢、魔戦にすることが多い。この3職はいずれも自己MP回復の必殺があり、回復もできるので、重宝している。で、サポはこの構成で、試練によって魔、戦、賢をわけてやっていく。

かなり安定で倒せました。

宝珠のドロップ率は噂通りかなり高いです。2,3回に1個は出るため、ビッグモーモンからディーバくらいまでやってだいたい4~5個はおちました。

しかし、必殺宝珠はおちません。まあ、はじめたばかりなのでそう甘いものではないのはわかっているが。

今週もボスカードラッシュしました。
今はボスカードを消化することは宝珠あつめにもなるため、お得です。

先週は王家からアトバズベリの弱いのは一切出ず、ガイア、グラコス、バラモスとパラ構成がひつようなボスばかり。

今回も15回くらいやりました。海魔と竜玉の現物がでました。
最期に三悪魔やマジンガもやる。ちょうど今日オーグリード福引やったがマジンガ当たったのでそのままやってしまう。
バラモスブラザーズと対戦するバラモス強もやったが、これは負けてしまった。ネクロだらけでたまらん

宝珠は4個ほど出た。だいたい4分の1くらいでしょうかね。試練よりは出にくいみたいです。

次のバージョンアップでいよいよ新コインボス追加になるが、最近6の関連のコインボス多すぎな気がする。それにしてもデュラン、グラコス、ジャミラスはいいとして、もう一体がなぜかアクバー。おーいムドーはどこいった?
6の4魔王を設定するならこれは明らかにおかしい。

Ver3.0のストーリーにムドーが出るのであろうか。わざわざ6のボスで固めたボスコインなんだから、ムドーの位置にアクバーいる理由は何らかの理由でムドーが出せないとしか思えない。(まさか開発がムドーのことを知らないとは思えないし)

気になるアクセだが、今回はソサリンかロザリオの伝承合成先のアクセになりそうな予感。

今日はここまで。では、またー

2015年5月22日 (金)

<ドラクエ10> 達人のオーブの石版について考えてみる

こんばんは。

あえて宝珠あつめをしていない自分だが、迷宮ボスや討伐などをやっていく中少しずつ宝珠がたまってきた。
そして、そろそろ、初期石版の右側を埋めるべく各2枚ずつ10枚を交換してみた。

穴の形もつながりもバラバラでした。
そこで、この石版についてちょっとかいてみる。

石版は、以下のようなルールがあります。

・石版は9×9のエリアの中に4か所の穴があいている。
・石版を回転・反転することはできない
・石版をセットすると元にあった石版は消滅する(新しい石版の上書き)
・今のところ5つ以上の穴があいている石版は存在しないようである
・石版の穴配置は完全にランダム。狙った石版を手に入れるためには相当数のメダルを消費することになる

石版は小さなメダル20枚で交換し、内容は全くのランダムで運頼みです。
はっきりいって石版ガチャです。

なので出てくる石版によって神レベルからゴミレベルまで扱いが異なる。

では、石版がどんなものがあるかというと

A.4連結穴型(テトリス型)
B.3+1型
C.2×2型
D.3はなれ型

一般的に上のほうが当たり石版、下のほうがハズレといわれています。

なお、穴の位置がランダムであれば

ひし形    4隅型    y字型

□●□   ●□●    ●□●
●□●   □□□    □●□
□●□   ●□●    ●□□

という4はなれ型も考えられますが、さすがにこれではあまりにも
使えなさすぎるのか、存在しないようです。

では、石版ごとに考察してみます。

A.四連結型(テトリス型)

  穴4つがつながっているもので、テトリスの棒型以外の6種類のいずれかパーツの形になります。L字、J字、T字型のものは外側に配置されているか内側に配置されているかでバリエーションが分かれます。とりあえずこの形が出たら間違いなく当たり石版です。

A-1.四角型

●●□
●●□
□□□

いわゆる「理論値石版」とよばれている石版の一番の大当たりの形。穴が寄っている位置により4種類あります。
一般的に最高の石版の形はこの四角型を中央によせて4×4の穴を固めたものといわれます。

A-2.外接L字、外接J字型

●□□  □□●
●□□  □□●
●●□  □●●

四角型についで評価が高い石版です。3連続する穴がとなりの石版につなげられるため、汎用性やほかの石版との親和性も高いです。L字、J字とも回転させた形がそれぞれ4通りあります。

A-3.外接T型

●●●
□●□
□□□

L字、J字とちがい、中央に穴があるため、わずかにこちらのほうが使い勝手は悪いです。しかし、これも辺に3つ穴がつながって隣り合わせられるため、十分優秀です。これも回転させた形で4通りあります。

A-4.内接L字、内接J字型

□●□  □●□
□●□  □●□
□●●  ●●□

中央を貫通するL字、J字。初期石版の配置の左上がこの形です。やはり回転させた形でそれぞれ4通りあります。すべて外接している外接L、J型に比べると隣どおしのつながりは条件が必要になります。しかし、これでも4連なので普通に3玉宝珠がつけられます。

A-5.Z型、逆Z型

●●□  □●●
□●●  ●●□
□□□  □□□

使い勝手は内接L字やJ字に近いです。こちらはどちらかというと3玉宝珠でまがった形のものと相性がいいです。隣り合う石版の親和性もあります。これもそれぞれ回転体で4通りずつあります。

A-6.内設T字型

□□□
●●●
□●□

3方向に穴が続く形のT字型です。やはり回転体で4通りあります。トの字になっているものは初期石版の左下のものになります。
石版の配置の都合上、必ず1か所は行き止まりになってしまいます。そのため、テトリス型では一番使い勝手が悪いです。それでも3はなれ型等にくらべれば十分当たりといえる形です。

B.3+1型

3連結している穴と飛び石で1か所穴が開いているものです。一番バリエーションが多いのもこの形でしょうか。3連の形とはなれた1か所がどこかによって価値が変わります。

B-1.3直&角型

●□●  ●□□
●□□  ●□□
●□□  ●□●

3+1型では最も良い形と思われます。単独穴になっている部分を角に配置しない限り、すべての穴がとなりの石版に隣接する形になるため、他の石版との組み合わせの汎用性が高いです。これも回転体でそれぞれ4通りあります。

B-2.矢印型

●●□
●□□
□□●

こちらも単独穴が角に配置しないようにおけば隣り合うところが利用できます。3直&角型に比べると同一辺に3連にはなっていない分隣接箇所が少ないです。
これも回転体で4通りあります

B-3.?型、逆?型

●●□  □●●
□●□  □●□
□□●  ●□□

こちらも矢印型に近いですが、3連穴の一つが中央になっているので、一見矢印型より下のように思えますが、矢印型も配置的に1辺しか3連部分はつなげられないので、ほとんど大差ありません。これもそれぞれ回転体が4通りずつあります。

B-4.ナナメY字型

□●□
●●□
□□●

矢印型に近いですが、角ではなく辺の中央でとなりの石版へつなげる必要があるので、使い勝手は若干悪くなります。この3連穴にぴったりはまる宝珠があるなら、あえて3連部分を隅において飛び石の穴を中央に向けておく、というおき方も有効です(上の例でいうと左上にセットする) これも回転させたもので4通りあります。

B-5.くの字+中点型

●●□  ●●□
●□●  ●□□
□□□  □●□

3+1の1の穴が隅にないタイプは価値が一気におちてしまいます。中点は一つの方向にしかつながらないため、どうしても3連結しているほうを端に置かざるを得ません。これもそれぞれ回転させた形で4通りずつあります。

B-6.3直+中点型

●●●
□□□
□●□

この形は3直側を隣り合う石版方向に向けると反対側にある1穴が死んでしまいます。そのため、これを有効な方向に向けると逆に3直側は外周に向けることになり、どうしてもイマイチな使い勝手になってしまいます。
これも回転させた形で4通りあります。
※この石版の形まだ自分では見たことないですが、この形存在するよね?

C.2×2型

2連結が2か所ある形でバリエーションは意外と少ないです。炎、水、風は3連宝珠しかないので、2×2型では宝珠をセットすることができません。一方でかならず縁に2連の穴が配置される形にしかならないため隣の石版の組み合わせの親和性は下手な3+1型よりいいのが特徴です

C-1. ハの字型

●●□
□□●
□□●

隣り合わせの石版と組み合わせて初めて効果のある石版ですが、隣り合わせのつながりの良さに関してはかなり優れています。例の形の場合左下に置けば上や右へのつながりの良さは非常に良いです。これも回転させた4種があります。

C-2. 並行棒型

●●□
□□□
●●□

こちらは対になる辺につながりが良い形ですが、必ず一方は外周に隣接するため、ハの字ほどの親和性はないです。反面、例の形なら右下におくことで隣接する石版の穴とはそれなりに親和性があるでしょう。回転させた4種類があります。

C-3.ズレ並行棒型

●●□  □●●
□□□  □□□
□●●  ●●□

並行棒型がずれた形。おなじ面に続く箇所が少ないため2×2の中では一番使いづらいかも。このへんからはハズレ石版と言われるレベル。
※これもみたことありません。もしかしたらないかも

D.3はなれ型

いわゆるハズレ石版といわれる形。2連と単独の穴が2つという非常に使い勝手が悪い石版です。特に3連宝珠しかない炎、水、風については、死んでしまう穴がでるため実質的に「3穴」石版になっているものすらあります。

D-1.角3点型

●□●  ●□●
□□□  □□□
●●□  □●●

3はなれ型は角3か所に穴があいているかいないかで価値がかなり変わります。
この3つの角に穴があいているものは、3はなれ型で唯一炎水風において死に穴がない配置ができる形。例の左の形なら右下に配置すればすべての穴(2連含む)が隣につづきます。とはいっても、かなり限定的な置き方が必要なため、お世辞にも当たりとはいえないでしょう。これも回転体がそれぞれ4通りあります。

D-2.Y字型

●□●
□●□
□●□

石版のことを書いているサイトやブログみるとほとんど最低の石版の一つに挙げられています。実際、この形は3連穴が必要な炎水風ではどこにセットしてもどこかの穴が死んでしまうため実質3穴石版といっても過言ではありません。宝珠がまだ全然セットするものがないのであればとりあえず使うこともあるでしょうが、いずれ替える石版になるはずです。

D-3.中点+角点+棒型

●●□  □●●
□□●  ●□□
●□□  □□●

これはY字とほとんど価値が同じです。やはりどこにおいても炎、水、風では死んでしまう穴が出てきます。
※これもまだみたことないのだが、存在するのだろうか。

D-4.中点2+棒型

●●□  □●●
□□●  ●□□
□●□  □●□

個人的には一番使えない石版はこの形と思います。回転体と鏡面体が4通りずつあり、出る確率が高いのも厄介です。中点のため、一つの方向しかつながりません。2連の穴をとなりあう石版に向けて配置すると必ず1か所の点が死にます。また2連穴があればよい光闇についてもY型なら生かすためには2通りの置き方ができますが、こちらの場合は1通りしかありません。残念ながら完全なハズレ石版です。

今日はここまで。では、またー

2015年5月20日 (水)

<ドラクエ10> 今だからこそ結晶金策が有効かも

こんばんは。

最近、合成職人で高レベルの装備を作成するために欠かせない結晶が高騰しています。
VER3前は1500くらいだったのが2000後半から3000台と倍近くなっています。

新装備ができたための特需もありますが、一番の原因は「調べる」の仕様がVer3.0で変更になったことにより、いわゆる「自動狩りBOT」が激減したのが原因といわれています。

確かに最近はフィールドでレベル上げをする機会がかなり減りました。さらに高レベルでは装備品が高いために装備自体を買い替えする人が少なく、カンストすると結晶が進むモンスターを狩ることも少なくなっています。

前にもかいたかもしれませんんが、レベルあげ傍ら結晶つくるなら防具についてはある程度のユニクロ装備で結晶化して黒字にするものを装備することは可能でしょう。しかし、武器についてはレベルの低いものを装備すると結晶化する強いモンスターを狩るのは難しくなります。加えてそもそもカンストしてしまうとフィールドのモンスターを狩るのはせいぜい討伐くらいになってしまっています。

低レベルでもメタキンで簡単にあげられる上、高レベルでは試練ツアー等で稼ぐことができ、もはや結晶を作るシュチュエーションがなくなってしまっています。

そんな状態なのであえて結晶を作るのは今では結構いい金策になると思います。

では、どうやって結晶金策するべきか

自分の答えとしては低レベルをスロー上げすること、です。

結晶化するためにはとにかく戦闘回数をこなす必要があります。それも同格以上です。
カンスト付近では同格以上のモンスターはそれなりに強く、倒すのに時間もMPも消耗します。
一方低レベルではパッシブや武器スキルのおかげで、ほとんど一撃で倒せます。
ちなみにパッシブがあれば踊り子レベル20くらいまでは同格ならソロで一連撃で倒せます。武器の使い込み度などあっというまに上がります。

錬金サブの失敗錬金皮装備を処分するために渡しますが、ブロンズナイフと皮の盾はとにかくすぐ結晶化します。そして、レベル21~35くらいまでは間違いなく結晶化の黄金ゾーンといっていいでしょう。銀の短剣に初級錬金2つつければ結晶4つ返却される装備になります。自分自身が錬金術師か錬金サブがいるなら銀のナイフ★★が1000くらいで購入できるので、これにテキトーな初級錬金2つつけて渡します。
結晶が1こ3000であれば約20~30分で結晶8個ゲット。防具も結晶化できるので、自給3~4万Gはありますでしょうか。
たかが自給3~4万で金策とか言うなと思う方もいると思いますが、これでレベルもあがり、討伐数も稼げるので結晶の高い今はお勧めといえます。ちなみに、エンゼル帽はサポ含めて使わないほうがいいです(レベルの上がりが遅くなるので)。自分のレベルに合わせた仲間モンスターをつれていくのもいいでしょう。

メタキンで速攻踊り子低レベル帯を超えてしまった方は残念ながらできませんが、それでもサブキャラでならやれるでしょう。
ただし、この金策ができるのは武器コストが結晶作成分を大きく下回らなければなりません。そのため武器や錬金に結晶を使うようになる50レベルからは全く旨みがなくなるのが難点です。
ちなみに私もメタキンが余ってますが使い道は間違いなく60~75と思っています。このレベル帯は装備の買い替えは不経済ですが、武器を新調しないと前衛職はレベル上げがだるく感じます。私の場合、戦士やパラをこのレベル帯をメタキンや討伐経験値であげてました。武器スキルは戦士のオノ以外ほとんどふっていない上、装備の新調もおっくうになっていたからです。

あとは、通常ドロップのおいしい相手を狙って狩るのがいいですかな。

低レベルであることの数少ないメリットを利用しましょう。ということで今回のネタとなります。

最近は達人のオーブの宝珠探しのため、フィールドがにわかににぎわっています。しかし、ほとんどのプレイヤーはえものよびを利用した大量狩りをするのが主流のようです。えものよびは、結晶化とは相性が悪く(1戦闘で大量にモンスターを倒しても結晶化は1回の戦闘単位のため)結晶作成の促進にはなりません。
やはり、結晶化金策するなら乱獲がベストでしょう。

さて、先週も大量のボスカードを消化。魔王のネックレス、悪霊の仮面、竜玉、ソサリンなど結構アタリがでました。

リーネ合成は悪霊に必殺チャージ+がきました。他の今週の合成結果についてはブローチ2つも含めてダメでした。だけど悪霊仮面に必殺チャージ+がきただけでも御の字ですかね。

今日はここまで。では、またー

2015年5月15日 (金)

ドラクエ悪役名鑑 その137 妖剣士オーレン

こんばんは。

本日より悪役名鑑シリーズのドラクエ10編を書いていきます。
本日はキーエンブレムストーリーグレン編のボス

・キーエンブレム入手のメインストーリーのおそらく一番手になるボス

キーエンブレムのストーリーの中最初にめぐる5大陸の町のクエスト。その中でグレン編で登場する。
ここのストーリーでは、魔障に冒されて異常な行動をするバクト王を治療するため、グロリアのしずくをためることのできる聖杯を求めてベコン渓谷にいくのだが、聖杯は渡さぬと戦闘になる。

オーレンはがいこつ4体をひきつれて襲ってくる。ただし、オーレンと配下のがいこつは弱く、レベル20のパーティで楽に倒せる。オーレンは零の洗礼やなぎはらい、ふりおろしを使うが、レベルさえ足りていれば楽勝だろう。その推奨レベル20はまだスキルの振り直しなどができない初期のもの。パッシブや武器スキルを高い水準で持っていればレベル1桁でも勝てる。

なお、グレン編はオーレンの次にギルギッシュとも戦うため大陸ごとの最初につく駅のある町のキーエンブレムストーリーでは唯一2回になるのだが、ギルギッシュも30もあれば余裕で倒せるためキーエンブレムの中では最も難易度は低い。

そのため、キーエンブレムはグレン編から手に入れた人が多数なのではなかろうか。これに合わせておおきな町のキーエンブレムもオーグリードのものが難易度がほかより突出して低いため、グレン・ガートランドからキーエンブレムを取りに行く、という流れができ、オーグリード大陸は繁盛した原因ともされる。

変な言い方になるが、Ver2.4まで経済発展したオーグリードの一人勝ち状態を生んだ理由は、謎考察でも書いたが、オーレンやマリーンが他の大陸のボスより弱かったからである。そういう意味では間違いなく、オーグリードの発展に貢献した人物(笑)ともいえる。

・配信クエスト「なげきの妖剣士」でオーレンの正体と背景がわかる

キーエンブレムのときは、レムルの聖杯をとりに来た際にガートランドの追っ手と勘違いされて戦闘する。ここでは深くを語らないが、かつてグレンとガートランドが戦争をした時期があり、どうやらそのときにオーレンは関連あることがわかる。

そして、配信クエを進めることにより、オーレンの過去が暴かれていく。
オーレンはもともとはグレンの兵士であり、とても強い人物であった。
あるとき、ベコン渓谷に魔障発生の調査に赴くが、その際に魔障に襲われ部下が冒されてしまう。
魔障に冒された者を救うにはグロリスのしずくが必要で、グロリスのしずくを持ち帰るためにはレムルの聖杯が必要なことをおしえてもらい、オーレンはレムルの聖杯を持つ商人に会う。しかし、商人はガートランドの者で聖杯を手放すことを拒否。
さらにあろうことか、この商人の娘であるパリンに恋におちてしまう。二人は聖杯を持って駆け落ちするが、これが「グレンの兵士が娘をさらっていった」ということで広まってしまい、最終的にはグレンとガートランドの戦争の原因にもなってしまう。

そして、オーレンはグレンの汚点ということで歴史上から抹殺されてしまう。

なお、パリンとともにグロリスのしずくを取りに行ったオーレンであるが、その際に水竜ギルギッシュと戦い、パリンは命を落としてしまう。
さらにグロリスのしずくを持ってベコン渓谷に戻るとすでに部下は魔物と化し手遅れになっていた。オーレンは救えなかった部下に殺されるに身を任せた。悲しい結末である。

最終話ではキーエンブレムのときとはけた違いにパワーアップしたオーレンと戦闘になる。まだ配信クエが実装された当時は、エンドコンテンツに等しい難易度となっており、食らえば即死確定の痛恨はもとより、攻撃力など最初に戦ったときとは比べ物にならないほど強くなっている。

この最終話のオーレンを倒すと彼は正気に戻り、成仏する。

・強ボスは恋人と共に

オーレンはさらに強ボスモードが存在する。ここではオーレンの恋人であるパリンや、パリンが死後トランスしたギルギッシュとともに出現。配信クエのものよりさらに強くなりギルギッシュと同時に戦わなければならない強敵である。

ただし、その後弱体化され、レベル上限の解放やパッシブ、強力武器スキルの解放もあり、実装当時は非常に難易度が高かったのが、今ではサポ3人でも倒せるくらいに落ち着いている。

今日はここまで。では、またー

2015年5月12日 (火)

哀愁物語がダウンロードできるではないか

こんばんは。

ドラクエ10をプレイするには時間がない、平日の寝る前にやってるシアトリズムドラゴンクエストだが、定期的にダウンロードできる楽曲があり、いまのところ2週間に1度くらいのサイクルで追加楽曲がある。

さて、今回新しいダウンロードのラインナップが増えていたが、その中に私がドラクエシリーズで一番好きな曲である「哀愁物語」があるではないか!(かなーり前にドラクエ曲のことを本ブログにも掲載しました)

ということで問答無用で即ダウンロードして、プレイします。FMSですね(個人的にはEMSでもよかったかも) 改めて説明しますが、この曲はドラクエ5のイベントシーンで流れる曲で、特にパパスの手紙を読むとき、天空城での回想、マーサの最期のタイミングで流れるシーンは鳥肌モノです。

いやー、まさかくるとは思っていなかったからこれは逆にうれしい。

あとは「精霊の冠」、「遥かなる空の彼方へ」が来ると自分的にはクリティカルヒットなのだが。

おおぞらをとぶと勇者の挑戦はさすがに人気曲なのでデフォルトでありましたが。

本編はポイントがある一定にたまってあるバトル曲をクリアすると仮のエンディングがながれた(いわゆるスタッフロール) その後もポイントはたまるのでまだまだ先ありますが。

すれ違いもだいぶ進んできて、ラプソーンとゾーマの石版が完成した。
都内の通勤時間だとさすがにすれ違いできますね。

だけど、まだオーブが少なくて仲間にできるキャラがおそらく3分の1も終わってないと思う。ちなみに仲間にできたのは今時点で1主人公、ソロ(4主人公)、5主人公、アルス(7主人公)、アリーナ、バーバラ、5の主人公の息子・娘、マリベル、ゼシカ、ホイミン

まだまだ先は長い。ダウンロードも次々でてきそうなので最終的には100曲くらいいくのかなあなど最近は感じている。

というわけで、シアトリズムドラゴンクエストの話でした。

さて、最近は週2回程度の更新になってしまい、ドラクエ10のVER3がでたこともありドラクエ10の記事ばかりになりますが、次は、悪役名鑑、人物列伝を書きます。今まで取り上げていなかったのと10のキャラにいよいよ入ります。

今後もエイロスのブログをよろしくお願いします。

今日はここまで。では、またー

2015年5月 9日 (土)

<ドラクエ10> 達人のオーブ

こんにちは

GW中は意外とプレイ時間少なくて、日課・週課と踊り子をゆっくりあげていた。

今回、新しい成長システムである達人のオーブについて、やっと仕様というかなにをどうすればいいのかがわかってきたのだが、まあ、オーブのレベルの最大まで億単位の経験値が必要だったりするのでともあれゆっくりあげとこうかなと思っている。

さて、今回の達人のオーブは200種類を超える効果の宝珠を石版にはめるというもので、先日、まだ試行錯誤の書き込みしかしていなかったが、簡単にまとめると以下の通り

■石版と宝珠の基本的なルール

・宝珠は5属性にわかれており、3つ、または2つ(光、闇のみ)つながった形をしている。形や方向は鑑定結果で確定したもので固定であり、回転や反転はできない
・石版は各属性ごとに2×2の4枚設定でき、1枚の石版には4か所の穴があいている。これを組み合わせて、宝珠がはまるようにセットする。
・石版は回転することも、一度セットした石版を外したり、入替したりすことはできない。替える場合はすべて新しい石版による上書きになる

まず、さっそくというか、提案広場に要望が多数上がっている通り、宝珠も石版も全く回転できません。鑑定結果そのものの形方向に収まるようにセットするしかないのです。

そのため、現状は、「石版におさまるような形の宝珠を集める」「宝珠が収まるように石版を更新する」のどちらかになりますが、前者は気の遠くなるようなモンスター狩りをすることになり、後者はソシャゲーよろしく石版ガチャで望むものが出るまで引き続ける必要があります。

現状、石版に関しては達人のオーブもらったときの初期の石版以外はラッカランでメダル20枚で交換するしか調達する手段はなく、石版の穴の配置は全くのランダムです。

一方、宝珠のほうは今のところ以下のような法則があげられています。

・迷宮ボス、試練等公式でも「でやすい」と記載されているコンテンツのボスからはたしかに高確率で宝珠を落とします。中身はランダムです。
・フィールド上のモンスターは一定の強さ以上のものが落とす。落とすものは1種類のモンスターから最大3種類の効果の宝珠が出る。

迷宮ボス(コインボス含む)は体感的に3回に1回くらいの確率で宝珠が落ちます。一方フィールドのモンスターは100回やって1,2回落ちる程度ですが、モンスターや宝珠の種類によって確率が異なるのかもしれません。
フィールドモンスターのドロップが効果固定なのもあって、一部の人気宝珠を落とすモンスターは取り合いになっています。

とはいっても、メダル枚数に限りがあり、運が悪いとメダルがなくなるまで1枚も欲しい形がでてこない可能性も高いため、個人的に今時点では石版に合わせた宝珠を手に入れるほうがいいのではと思います。

■石版、宝珠の置き換えとペナルティーについて

それから、意外と落とし穴なポイントとして、宝珠を一度セットするととりはずしにへろへろペナルティーがかかること。
入手した宝珠をなにも考えずに次々にセットしていくとあとあと後悔します。できるだけ、「これはずっとセットしたままになる」と思われるものだけをセットするほうが無難です。
宝珠をはずすとへろへろ状態になり、5万経験値を稼ぐまでへろへろ状態が解除できません。へろへろ中は宝珠をはずすことができなくなるので、大量にはめた宝珠を付け替え・置き換えしようものなら、宝珠を付け替えるだけで何十万もの経験値をよけいに稼ぐ必要があります。

なお、石版を置き換えてはまらくなった宝珠に関してはリスクなしで外れますが、石版は上書き置き換えオンリーなので、宝珠を外すために石版を変えるのでは本末転倒です。

■宝珠の効果について個人的に思うもの

5属性の宝珠はそれぞれ、効果がカテゴリ化されています。

炎:能力値や耐性などステータスアップもの。効果がシンプルでわかりやすいので、入手順についついはめてしまいがちですが、上記のとおり、外すとへろへろになるので、ある程度決めてからつけたほうがいいです。

水:開幕に効果が発生するもの、死亡したり盾ガード時といった特定の条件で発揮されるもの。確率ものがほとんどなので、期待できるものではありませんが、地味に効果があるものが多いです。

風:デメリット付パラメータ上昇、特定条件で発動するものなど、炎や水より癖の強いものが多いです。同じ宝珠は2つ以上セットできないため、デメリット付パラメータ上昇のものは基本炎のパラメータ上昇宝珠とあわせて使うことになるでしょう

光:特技の効果や威力の増加、発動時間の短縮など。後述する闇のものより一般的によくつかわれる特技のもの

闇:光とおなじく特技の効果の増強ですが、こちらは今まで不遇といわれている特技に対応しているものがほとんどです。その分、光のものより増強割合が高くなっています

まず気になったのが「闇」。おもいきり狙っているかのように不遇特技に対応するものが多いです。そして効果もそれなりに大きい。現時点ではまだ活用された例があがっていませんが、間違いなくこの中に大化けするものが潜んでいると思われます。

そのほかで、個人的に気になる効果のものをあげてみます。

・鉄壁の魅了ガード
 ご存じのとおり、Ver3より前は、特定の装備セットをしていなければ魅了100%は実現できませんでした。これのレベル5で10%耐性となるため、ぐるぐるメガネ理論値(80%)、輝石のベルト(魅了10%)で特定装備をせずとも魅了耐性100%が可能になります。

・不滅の××アップ
 死亡しても強化効果やテンションが残るもの
 最近のボス戦は一撃即死が当たり前で殺されても葉っぱで復活して戦うゾンビ戦法をせざるを得ないものが多いため、以外とこの効果が有効になる場面はあると思う

・始まりの移動速度アップ
 どのくらい速くなるかによるが、これを持っていると回避できる範囲技などが増えると大化けするかもしれない。変な勘繰りだが、Ver3.0になって戦闘中の敵味方をターゲットして行う行動の移動速度に変更があったものがある。現在、はげおた等を回避するために「ツッコミ避け」が裏ワザとして使用されているが、近々できなくなるように修正される前触れのような気がしてならない。

・勝どきMP回復
 現在、宝珠効果の中で最も壊れた性能と呼ばれている効果。敵を倒すごとに1MP回復する。レベル5なら5である。海竜とちがい条件で100%発揮されるのと、リアルタイムに回復するため、現在モンスター狩りで主流であるまものよびを使った戦闘でも有効なのも大きい。

・××の閃き
 必殺技のチャージ率が上昇するもの。1レベル0.5%と一見すると低すぎると思われがちだが、必殺がチャージされるのは自分の行動は無論ダメージを受けた時など判定の機会が多いのでレベル5までであげれば明らかにチャージが溜まりやすくなるものと思われる。一喝やお宝ハンター等は、レベル5まで振っていると特定の条件で相当ニーズがあると思われる。
一方、永久MP機関防止のためか、マジックルーレットとポルカはないようである。
※訂正。ポルカの閃きはありました。

・闇の種族特効技となる××の極意
 ドラゴン斬り、裂鋼拳など特定種族にダメージがアップする系統のものでアップ率が20%のもの。レベル5で+100%、つまり倍。ここまでくると、かなり有効ではなかろうか

まあ、自分自身まだ達人のオーブにはまともなものがついていませんね。
最初にもらえる石版と宝珠(不屈の闘志)をセットして以降は石版4枚ほど追加して、宝珠自体はいくつかみつけたものの、追加で装備したのは始まりの移動速度アップのみ。
他の宝珠はまだすぐにでもつけたい、と思うのではないためつけていない。

今日はここまで。では、またー

2015年5月 5日 (火)

<ドラクエ10> Ver3.0からPCに乗り換えました

こんばんは。

Ver3.0からPC版に乗り換えました。
正しくは5/1にWii版のVer3.0買いにいったら軒並み売り切れていて入荷時期も不明とのこと。

というわけでWin版をオールインワンパックとVer3.0といっしょに購入

さっそくインストールしてレジコ登録。うむ、PC版はバージョンアップ等はとてもはやいですなあ。

しかし、インしてゲームパッドの登録がメチャクチャで最初の1時間はコンフィグをいじくりながらログイン・ログアウトを繰り返すことに。

なんとかWii版でやっていたのとほぼ同じ状態にまで復旧しました。

ちなみに、アナログコントローラーでキャラ移動させている人は、みなさんどのように操作しているのでしょうか。
自分は左スティックを上に倒しつつ右スティックで方向転換するような操作しています。(右スティックを右に倒すと左にまがり、左に倒すと右にまわる)
左スティックだけで移動することがあまりない。

初期状態が決定ボタンとキャンセルボタンが逆になっていたので、最初テンパりました。

さて、Ver3.0をさっそくプレイ。

まずはINするとポストにカジノチケットやVer3.0特典などがはいっていてこれを回収。まずは噂の石版システムを拝むため、グレンの駅中の達人に話して石版をゲット。最初は火のみでHPが増える宝珠がもらえました。

次に踊り子のクエを受けに行きます。
さすがにレベル1で受けられるものなので内容はとても楽。
オルフェア西であるモンスターを倒して即終了。Ver3.0導入後2日たっていることもあり、特に混雑していませんでした。

で、次にVer3.0の最新ストーリーに突入させて少しだけ進めます。

で、それが終わったら日課・週課をやっていきます。

まず、魔法の迷宮へ。
案の定、踊り子を上げていると思われる人とマッチングしました。今回は僧侶81で突入。自分と他何名かがメタスラをいれ、一人がプチボスを入れます。
すぐに終了。福引2枚しかでないので続ける選ぶとまたメタスラいれてきたので、自分もメタスラ。一人が別のプチボス。また福引2枚しかでない。
3週目、また、全員つづけるだったので、自分がプチベリかキャッツいれていい?ときいたら、即OKされたので、キャッツを投入。さらに4週目に突入プチを投入。
ここまで福引全部2枚で5周目に入ると、メタスラボスコインを投入してくれた方がいて、やると、これはメタルスライム8匹戦なんですね。
アクセはでませんが、代わりに固定で福引券3枚出るようです。普通の紫の福引券箱からようやく3枚でたので、ここで終了。

どうやら今は踊り子を高速上げする方が多いようなので、踊り子を含めレベルを上げたい職でインするといいみたいです。多分メタキンをぶちこんでくる人もいるとおもうので、あえて高速で上げたくない職ではいかないほうが良いと思われます。

次にリーネの合成いってきました。
噂通り、リーネには合成レベルがあり、アクセを合成すると経験値が入り、合成レベルが上がります。
ストックしたアクセ20個くらいを一気にあげましたが、
モンスタードロップアクセ<コインボスアクセ<ブローチの順にもらえる経験値がおおくなります。

モンスタードロップアクセ(属性指輪や竜のお守りなど)は一律10しか上がらない反面、コインボスアクセは50~100上がり、落とす元のモンスターの強さに比例して高いです。
ブローチはセルケト、バステト、オシリス、アヌビスやりましたが、どれも同じですが、コインボスより大目です。アンクはフレに聞いたところ200上がるようです。

気になる合成エナジーのMAX値は全アクセ共通で30でした。ようは合成30回で天井です。まあ、この値は妥当なのかな。
これだと理想は天井までに理論値3回ひければいいのですが、2回ひいて30回で天井発動でフィニッシュ、というのがいいのだろうか。

さて、20回以上合成したのだから、少しは進捗してくれたかなあ、とおもったら結構きました。

ハイドラベルトの重さ+4(2回)、竜玉のHP+5(これが一番うれしい)、悪霊の必殺チャージ+、セルケトの攻魔+5

とがった性能のアクセの理論値に必要な値は結構きましたね。

反対に汎用性の高いソサリン、ロザリオ、アヌビス、そして属性指輪、お守り等は軒並みスカ。
竜玉に唯一HP+5がきたくらい。

しんぴのカードやぐるぐるメガネのようにカジノやメダル交換アクセは残念ながら経験値は入りません。(だけど、エナジーはたまります)
ちなみにすさまじい話ですが、最大273000枚のカジノコイン+約27万Gで確実に好きな値のついたしんぴのカード+3が手に入る、といってもいいでしょう。

ここで一気に倉庫に空きができました。次に戦士・パラ用に鎧を買い替えます。今回は新装備の騎神の鎧を購入。
新装備なので高いです。とりあえず、耐性装備で手以外は耐性100%1か所のものでチョイス。騎神セットはからだ下部分がないのでこの部分だけ凱歌。

所持金の残りが100万を切ってしまいました。

で、次に王家を消化。不具合対応でマップ上に敵の位置を表示するのがなくなってしまったので、5層で消化。残念ながらこれに関してはver3になっての新要素は感じられませんでした。今週はガイアとバラモスのカードがでました。

そしてピラミッド。
Ver3.0から毎週1か所があたり霊廟になり、確実にブローチが1つてにはいります。
最初は7層とのこと。
3層まで消化したところで、フレに声をかけられたので、そのあと6層までクリア。問題の7層ですが、やはりまだ未クリアな自分はクリアできず。いつもカードやってるフレを誘い再挑戦するもボスまではいけるのですが、そこでやられてしまいます。
魔3僧1でだめなので、火力落ちるが魔2僧2でやってやっとクリア。みなさんありがとう~

これが7回全滅したあげく、8回目で成功です。

当たり霊廟は黄金の秘宝?がブローチ?になるのではなく、黄金の秘宝?+ブローチ?になるようです。つまり、運がよければ当たり層で2個ブローチ(アンク)が手にはいるのかも。

さて、踊り子ですが、これは本職踊り子をするか、パッシブだけ取るかで振り方が大きく異なりそうです。踊り子専用のスキルラインが2つあるため、本職として踊り、歌両方を150までとることを考えると特訓やマスタースキルも投入しないと足りないのではないか。

ちなみに私はサブの錬金納品で失敗した皮装備をしてレベル1から雑魚ををエンゼル帽なしで狩っていきました。ついでにバトルロード用に育てていた50スライムナイトを転生させてともにレベル1から狩ります。
案の定、武器はすぐ結晶化しますが、防具が全然結晶化しません。今現在レベル18まであげましたが、ようやく頭からだ上下が結晶化。しかし、この時点でもまだ手足は70くらいです。

達人のオーブですが、一定以上の敵や迷宮ボス、試練の門、強ボスなどで手に入るようですが、フィールド上のモンスターは落とすものが決まっているらしく、一部のモンスターが乱獲されているようです。
とりあえず、自分はフィールド上のモンスターは討伐に合わせて狩ることになるので、特定の敵を取り合いしながら狩らなければならない今はちょっと一歩ひいて様子見です。
火、水、風が汎用的なものが多く、光と闇は特定の技やスキルが強化されるものが多いようです。ただし、あまりにも細分化されているので、欲しい効果のものはめったに出ないと思っていいでしょう。

また、宝珠にあわせて宝珠をセットできる石版が必要になりますが、これ、現状、メダル20枚で交換するランダムな仕様。
はっきりいって、ソーシャルゲームのガチャみたいですね。
運が悪いと自分のつけたい宝珠がはまる石版を引くまで何回も石版ガチャをひかなければなりません。またしても運ゲーシステムですなあ。
しかも石版は2個までしかストックできません。単独では使えなくても組み合わせればいけそうな石版引いたとしても、2枚しかストック枠がないので厳しい。

こうなると、まず宝珠ありきで石版厳選せねばならないのかな。
多分縦横方向に4か所つながっている「テトリスのパーツ型」が一番使えるのでしょう。

自分が引いたのは2連×2、3点L字+飛び石、Y字型。前の2つはともかく、Y字型は明らかにハズレですなあ。光・闇は宝珠が2個(ぷよぷよ型)のものもあるので、辛じで使えるのかもしれないが。

早くも石版を回転させろとか石版や宝珠のストック数を増やせとかひろばの書き込みにあるが、まだ導入されて間もない今ではいくらなんでもわがままですな。

まあ、しばらくはあまり魂詰めすぎない程度に宝珠・石版選びするしかないでしょうか。

今日はここまで。では、またー

« 2015年4月 | トップページ | 2015年6月 »