« 2015年10月 | トップページ | 2015年12月 »

2015年11月

2015年11月30日 (月)

<ドラクエ10> 「チャンス」求めてガメラ退治

こんばんは

遅かれながら、チャンス特技のクエストをクリアしてきました。

レベル90まで上げないと受注できないため、放置してたのですが、賢者が90になったのでやりました。

一応、事前情報として、ガメゴンロードの転生のガメゴンレジェンドを倒せばいい、という内容ですが、このガメゴンレジェンド、なんと怒り状態で逃げるというとんでもないものです。

さらに、ガメゴンレジェンドは相当強いとのことで、適当なレベル上げや討伐編成でいくとあっけなく返り討ちに遭うとのこと。

まず、転生なので、きせきの香水が必須になります。
また、ガメゴンレジェンドの「あれくるういなずま」はダメージが300オーバーな上フォースブレイク状態になり、その後のガメゴンレジェンドの範囲攻撃がすべて即死級になってしまいます。

人4人PTかサポ3PTかでやり方がかなり変わると思われますが、サポ3でやる場合は、おそらく、プレイヤーはロスアタ待機していないと間違いなくアウトでしょう。

さて、戦闘に入るため、エジャルナからフィールドに出ます。ところが、ガメゴンロードはエリア全域にいるようですが、数がまばらで、実装から3週間経つといえいまだガメゴンロードは狩られています。そのため、簡単には遭遇できません。

今回は2回目でいきなり出てきました。予想通りというかガメゴンレジェンドはメチャクチャ強いです。バイキルトするうえ、痛恨の一撃があるので、怖いのは範囲攻撃だけではありません。最初は戦戦旅僧(自分は戦)でいったのですが、かろうじで戦いつづけらるもの、案の定痛恨で倒された直後にガメゴンレジェンドが怒り状態になってしまい、なにもできずに逃げられました。

というわけで、サポ3でやる場合は自分自身は支援系でロスアタ待機でやらないとまずいです。また、範囲を食らわないためにも、基本はガメゴンレジェンドから一定距離離れていたほうが無難です。
職をレンジャーにかえて戦レン旅僧にしてみました。レンジャーはザオラルが使えるのとまもりのきりでガエゴンレジェンドの火炎放射を無効化できます。
今度も2回目ですぐガメゴンレジェンドが出てきました。
いかずちを食らってしまうのは仕方ないので、まもりのきりで火炎放射を防ぎます。攻撃には参加せず、まもりのきりとロスアタ待機。
すると、戦士でやったときがウソのように簡単に終わってしまいました。まもりのきりでダメージを無効化できる上、近づかなければいかずちを食らうこともありません。
いかずち+範囲では一度も死ぬことはなかったが、出たらどうしようもない運がすべての痛恨によって即死することがほとんどだったので、ザオ職が多ければ楽なのかもしれません。

これでクリア、チャンス特技ゲットです。

ちなみに、ガメゴンロードやガメゴンレジェンドの火炎放射使うときのあのモーション、手足引っ込めて火をふきながら回転するのを見て、感じたのは
ガメゴンレジェンドの戦闘曲は9の戦闘の曲です。でも、火炎放射のモーション中は、頭の中で別のBGMが流れるのであった。

「ガ○ラ~ガ○ラ~強いぞガ○ラ強いぞガ○ラ強いぞガ・○・ラ~♪」

もう、ガメゴンのモデルが何かがわかりやすすぎますね

このクエストは久しぶりにクリアがしんどいと思わせるものでしたね。
まあ、この手のクエは簡単に緩和するべきでないと思います。

とりあえず、次はレグナートですかね。
フレがレグナート倒した日誌を載せていたので、自分もそろそろやりたいですね。ただし、敷居はものすごく高いみたいで、装備として最低でもブレス耐性60%が必須とか。

あと、最近、すごろくとバトルロードをガンガンやった結果、どちらも挑戦権が今週になってとうとうゼロになってしまいました。
1か月前に90枚近くあったチケットですごろくやり、8割はボスが倒せてアクセが手に入って100回近く合成したのですが、恐ろしいことに理論値はひとつもできません。欲しい最高値がついたのは海魔、銀ロザ、属性指輪2の4回だけ。ついでにリーネの合成レベルがMAXの20になりました。

やっぱり真のエンドコンテンツがリーネなのは疑いのない事実でしょう・・・・
竜玉のエナジーがそろそろ溜まりきるところに届きそうです。が、+5はまだ1回だけ。このままいくと62回コースになりそう・・・(泣) しかも正確には竜玉はエナジー実装前に12回合成しているので、最深天井は74回ということに・・・
銀のロザリオでいちどペカった(生会心の合成)ので初めて致死回避つきました。今までHPロザ、守備ロザの理論値できるまで一度もついたことがありません。今回も会心の合成でついたので、普通に致死回避がついたのを見たことがありません。これに関してはもう会心か天井いくまでつく気がしないなあ。

もっとも、アトバズベリは野良で迷宮潜ったときにそこそこの確率でカードテロで戦うことになるので、リーネ運はまずブローチアンクや入手が厳しい系のアクセに回ってほしい。

まあ、リーネがアクセ合成を独占し続ける限り、ほとんどのプレイヤーはコインボスと戦い続けることになるのでしょうが。

今日はここまで。では、またー

2015年11月26日 (木)

ドラクエ悪役名鑑 その149 天魔クァバルナ

こんばんは。

キーエンブレムストーリー中最強を誇るボス 本日は「天魔」ことクァバルナ

・Ver1.0時代の最強のボスモンスター

サービス開始時のVer1.0時代、最強とされていたボスキャラ。ラスボスの最終形態より強いといわれる。ボスとして現れるときは天魔クァバルナの名で登場する。

攻撃力が400以上あり、パッシブも十分にない当時はほぼ一撃で殺される。こいつの最大の特徴は、本体に左右の翼で3体一体の状態で現れ、翼があるうちは主に呪文で攻撃してくる。呪文はメラゾーマやイオナズン、ドルモーアといった攻撃呪文と翼がルカナンスクルトマホトーンラリホーマといった補助呪文を使う。
翼は本体よりHPが低く、そこそこ攻撃すれば倒すことができるがクァバルナは翼がなくなり本体だけになると呪文を使わなくなるかわりにその驚異的な攻撃力の物理攻撃主体にかわってしまう。
また、翼を破壊しなくても5分たつと消滅し、同じように物理主体に行動パターンが変化するため、本体をじっくり攻めていけばよい、というものでもない。
翼がなくなったあとは、ばくれつけんや高確率で繰り出される痛恨の一撃、ダメージ+ふきとばしの天魔旋風脚といった攻撃を使うようになる。
Ver1.0時代ではどれも致命的なダメージになり、極端な話、翼がなくなった後は、クァバルナのターン毎に誰かが殺されるという状態になることさえありえる。

当時の攻略では、翼を片方だけ落として、あとは本体を集中攻撃して、5分間の間にどれだけ本体のHPが減らせるかが勝負、とさえいわれていた。
翼がなくなった後は、恐るべき攻撃力で、ほぼ確実に殺される。スクルトを使えばHPの多い前衛はかろうじで生き残る可能性もあるが、おそらくスクルトをとなえる時間はあたえられないだろう。

また、ボスや強敵を筆頭に守備力が高いと前衛がほとんどまともにダメージを与えられない時代であったため、守備力に左右されずに火力を発揮させるため、魔法使いがアタッカーとして選択されるケースが多かったが、当然ながらクァバルナの一撃で即死するため、いかにやられないように逃げ回ることも要求される。また僧侶も魔法使いもまずMPがもたないため、前衛がクァバルナの進路を妨害しつつ後衛に魔法の聖水を投げることもよくやられていた。
当然ながら、サポで攻略など論外であったのである。

Ver1.0時代では、すべての駅を利用できるプレイヤーこそが最高の栄誉であった。キーエンブレム10個は当時は羨望の対象になったのである。

だが、キーエンブレムボスは時代の流れとともにこちら側のレベル上限や特技の解放、パッシブやアクセサリの充実などで、やがてサポ3人でも余裕でたおせるようになる。
レベル80以上のサポ3人を雇える現在では、他のキーエンブレム同様、自分はなにもしなくても仲間が勝手に倒してくれる・・・・というのが現実である。
やはりここはいい意味でのRPGである。強くてかなわなければレベルを上げて、装備をそろえて倒す、というドラクエの王道なのだろうか。
もっとも、当時辛い思いをしてギリギリ倒せた人から見ればその凋落ぶりに寂しさを感じるかもしれない。

・ドルワーム王国に古から存在する憑依しては復活する魔物

ドゥラ院長の夢の中にあらわれ、ドルワームの力の源とされる太陽の石を魔障石から作り出すということを伝え、ドルワーム中に魔障石を発掘させることになった。
そしてカルサドラ火山にて魂が封印されていた魔障石をルナナが掘り当てたあげく封印を解いてしまう。

その後ドルワーム水晶宮でクァバルナが復活を伝えると肉体が封印されているボロヌスの穴の最奥で復活を遂げる。

キーエンブレムのストーリーではここでクァバルナは倒され、一度はほろんでしまうのだが、この時点では実はまだクァバルナは滅んではいない。クァバルナは倒されるとドゥラ院長に憑りつく。この後しばらくは何もないように経過するが、ドルワーム外伝の「ある孤児が見た空」のストーリーとともに、ドゥラ院長が憑りつかれている故に不調をきざす。
やがてドゥラは天魔黙示録の解読に成功し、クァバルナがいずれ復活することが判明する。そして、憑りつかれた者はやがて天魔クァバルナの肉体にされてしまうのだ。

ドゥラはクァバルナを封印するため、ゼキルの聖杭を用意するため、その力を与える役目のマザー・ヘレナのもとにいく。
このクエストの結末で再びクァバルナと戦うことになる。そして、再度打ち破ったものの、ドゥラから今度はマザー・ヘレナに憑りついてしまう。最後はマザー・ヘレナが自らにゼキルの聖杭をうちつけてクァバルナもろとも封印した。
結局、昔からの手段であった、クァバルナに憑依した人物ごと封印するしかないという悲しい結末になってしまった。

・ストーリー上実に3回も戦うことになる相手 強ボス含むと4回

クァバルナはキーエンブレムボスとして1回目、ある孤児が見た空のストーリーで2回目、神話編で3回目 そしてストーリー外であるが、強ボスとして4回も戦う相手となる。

ある孤児が見た空のストーリーで出てくる2回目はキーエンブレムボスより若干強くなっている。翼がなくなったあとの物理攻撃が強力なのはキーエンブレムボスと同じだが、今回は乗っ取った肉体がドゥラ院長だけあって、魔法がパワーアップしており、メラガイアーやドルマドン、マダンテを使ってくる。特にマダンテは耐性なしだと600くらい食らうのであまり舐めてかかると敗れることもあるので油断せぬように。

神話編での3回目は、いわゆる「ボスラッシュ」であるため、強さはもともとのキーエンブレムのものと同じである。この後災厄の王と戦うことを考えると余裕で倒せるくらいになっていないと厳しいであろう。

そして強ボス。なんとただでさえ強いクァバルナがなんと2体同時に出現。しかも片方は最初から翼がない肉弾強力モード。もちろん強ボスなのでオリジナルのものよりステもアップしている。まだ普通のクァバルナも倒せない人が多かった実装当時は「こんなの勝てるか!」と騒がれたものだった。クァバルナに何度も全滅させられやっと倒した人は強ボスでそのトラウマがよみがえる。

しかし、強ボスといえども、時間がたつと相対的に倒しやすくなっている。
Ver3.0になるくらいにはサポでもちゃんと倒せるくらいのバランスにはなっている。今は宝珠やレベル上限も上がっているので、さすがに何もしなくても勝てることはないが普通に準備をして挑めば勝てるであろう。

今日はここまで。では、またー

2015年11月24日 (火)

<ドラクエ10> これが本当のリュウイーソー

こんばんは。

以前、本当になったら画像載せるといって間もないが
サブキャラだが早くもツモりました。

これが本当の緑一色・・・・・
SP福引、最近緑8~9割のヒキだったからあっけなくこれ達成したわ

Photo_2

称号「リュウイーソー」
10連福引で緑玉を10個引いた者の証

とかいう称号が欲しいや。

今日はこれアップしたいのだけが目的なのでここまで。
では、またー

2015年11月23日 (月)

<ドラクエ10> サブキャラのVer1クリア

こんにちは。

今並列で書いている悪役名鑑がちょうどキーエンブレムボスのため、ストーリーのおさらいをかねて長年錬金専門でほとんど育てていないサブキャラをストーリー進めてみた。

いつのまにかメインストーリーをクリアすると結構な経験値が入るようになっているほか、キーエンブレムのストーリーボスを倒すと超元気玉が手に入ります。

先週くらいからぼちぼちストーリーすすめていたが、結構記憶から消え去りしものもあってので、今やると新鮮。

で、土日で一気にVer1.0をクリアしました。

サブは戦士と武闘家しかHPパッシブないですが、すごろくで竜玉、ハイドラなどが手に入っているのか、レベル40でHPが余裕で250あります。メインキャラがVer1.0時代にやった時期と比べるとえらい差ですわ。

しかも、今はフレンドはサポとしてレベル無制限で雇えます。自分の場合、85以上の賢者ふたりに戦士(エイロス)雇ってやりましたが、もう、ストーリーぶち壊しってくらいボスが楽です。もちろん、つよさを「強い」を選びます。

キーエンブレムボスはいずれも2分とたたずに戦闘が終わってしまいます。
いずれも賢者2名がCTでドルマドンを使う時点で敵が倒れます。
本当に自分自身は何もしなくてもOKです(笑)
戦闘が始まったら敵を挟んで戦士の後ろに隠れているだけ・・・・

多分、レベル1でもクリアできるでしょう。

1度しか入ることの出来ないレイダメテスについては、宝箱だけ全部回収し、あとは最短距離でボス目指して特攻。

ラズバーンもドルマドン2発の時点でおわってしまう。

そしてラストダンジョン。
自身のレベルが低いので絡まれまくりですが、みんなフレサポに任せます。瞬殺です。

そしてラスボス。
前座も途中のベリアル、アークデーモンも即終了。特にベリ&アークデーモンのときは、真やいばくだきに加えて賢者ふたりが開幕にCT呪文連発して、ベリアルが5秒で蒸発してしまい、みやぶるができなかった(笑)そあとのアークデーモンもアークデーモンがイオナズンしようとするなかイオグランデがドカドカーンといって・・・ もう、なにもいわずものかな。
ベリ&アークは戦闘の途中なうえ、どうやらイベントシーン中もCTのカウントが進むみたいなので、味方が強すぎるとおそらくベリアルの見破りは無理なのでしょう。

変身後のラスボスも、結局速攻で終わってしまいました。
さすがに変身後のラスボスは攻撃力があるので、ある程度のレベルとHPがないと一撃で死ぬのでレベル1では難しいと思うが、(ちなみにサブは150くらい食らっていた)サポ3人だけで十分倒せてしまうのでしょう

というわけで、今は強いフレが数名いればVer1.0クリアは余裕、なんですな。
間違いなく、歩きまわる時間のほうがかかると思われます。
Ver1.0クリアすれば達人のオーブが解放されます。

レンダに出たら次はピラ、王家、バトルロード、錬金釜、結晶化速度アップと解放していかなければなりませんが、ここからはそう簡単には進められない。
せっかくだから60まで上げてまずピラですかね。

ただ、サブも日課週課やるのは時間足りないです。

とういうわけで、今日はここまで。では、またー

2015年11月20日 (金)

カテゴリーわけ引っ越しします その4

こんばんは。

ドラクエ人物列伝をカテゴライズ引っ越しします。

新しいものから移動するため、しばらくの期間ゲーム/ドラクエ人物 にまたがって存在しますのでご了承下さい。

2015/11/20  ドラクエ人物列伝 引っ越し開始

2015/12/24  ドラクエ人物列伝 引っ越し完了

2015年11月19日 (木)

ドラクエ悪役名鑑 その148 怪蟲アラグネ

こんばんは

カミハルムイ編キーエンブレムボス 本日はクモこと怪蟲アラグネ

・Ver1.0当時は最強クラスのボスキャラ

10か所のキーエンブレムのボスの中で2番目に強いボスでVer1.0では、この下の強さとされているバサグランテやイッドに比べて段違いに強くなる。

敵は1体だけだが、攻撃力が当時としては非常に高く、カンストレベルまで上げても、通常攻撃一発で殺されるくらいの威力がある。後衛は多少パッシブを持っていても、普通に一撃で殺されるのでサポで倒すのはほとんど不可能といわれた。
そもそもサポの場合、死クモのトゲをくらっても僧侶がベホマラーしない(ベホイムされる)し、天使も使わない、前衛が瀕死になっても逃げようともしないなど、とてもじゃないけど戦える条件にない。

死クモのトゲという範囲割合ダメージ攻撃をするが、これは現在のHPの75%のダメージを与える技で食らうと即HPがオレンジになるので、その後追撃されるとまず死亡確定。
死クモのトゲに合わせて僧侶がベホマラーをいれないといけない。

他はクモというだけあってしばり属性の呪縛糸、ボミオス、ルカナンなどを使い、いてつく波動とひかりの波動を使う。メダパニもする。
これらの状態異常は直接ダメージを受けるものはないが、とても厄介。

Ver1.0当時は、スクルトで守備力を上げて一撃即死の範囲外にまず持っていき、そこから長期戦をするような戦いとなっていた。回復が追いつかないため僧侶が二人必要とされ、MPが尽きるため聖水も必要とされた。

実際、当時はクモ、天魔、ラスボスを倒した者は本当のヒーローとされ、初期はこの3体こそがラストコンテンツであったのである。

・強ボスになると逆に相対的に弱くなってしまう

強ボスになるとその特性故か強ボスとしては戦いやすい部類にはいる敵となる。
死クモのトゲは強力だが、絶対に即死しないため、アラグネ強の場合、一撃で即死するような攻撃がほとんどないのである。他の強ボスが即死級の痛恨や避け損ねると壊滅しかねない範囲技がたいていあるのに。
計算が比較的できる攻撃が多いため、慣れると安定して倒せるようになる。
それでも、おともにでてくるからくりしょうぐんには気を付けること。こいつが応援でアラグネ強のテンションを上げると、死クモのトゲの威力が増加する。しかも、HP75%ダメージにテンションが乗ることによって威力が100%超え=即死確定のダメージになる。
つまりテンションが乗った状態で死クモのトゲを撃たれたら全滅なのである。(もっとも、天使や聖女などで生き残ることもあるだろうが)

逆に言えば、からくりしょうぐんのテンション上げにさえ気を付ければ強ボスの中では比較的楽な部類にはいる。

・カミハルムイの王族を滅ぼした元凶

カミハルムイ城の主であったナシュロイ王とアグシュナ王妃を殺害し、化けてなりすましていた怪物。アラグネ当人は暗黒大樹からうまれたのだという。
エルトナ大陸全土を魔障で覆うことを企み、エルトナの聖地を扉を開くべく黄金の指輪を奪った。
しかし、ナシュロイ王、アグシュナ王妃の娘であり、現在のカミハルムイの主であるニコロイ王の姉であるリタ姫がアグシュナ王妃が偽物であることを見破り自らの命と引き換えにアラグネをエルトナの聖地に封印した。

時がすぎ、封印の力が弱まったのか、アラグネはニコロイ王に幻影をみせる。その結果、ニコロイ王は暗黒大樹の葉を主人公らにとりに行かせてしまう。
暗黒大樹の葉によって封印を解かれ、さらに黄金の指輪を使ってエルトナの聖地をひらいてしまう。
ここにきて、アラグネは正体を現し、ニコロイ王と主人公らを抹殺すべく襲い掛かってくる。
だが、主人公らがアラグネ以上に強く敗れるのは想定外だったのか。戦い敗れ、滅んでしまうことになる。他のボス同様、倒されると魔障の煙になり、そのまま何も残らない。

今日はここまで。では、またー

2015年11月17日 (火)

<ドラクエ10> これは、結構問題になる不具合かも

こんばんは。

ちと、最近、提案広場の書き込みを見ていたらかなり重大な問題になりそうな内容のものがあがっていた。

ドラクエ10では、オンラインゲーム故、オフラインゲームのようにリセット(意図的な回線抜き)の対策がされており、意図的ではなくても意図しない回線切断に会うとダメージが大きい事象になる。

たとえば、合成や錬金中に回線落ちすると、失敗の扱いになり、合成なら、材料がなくなり、錬金ならしっかり失敗効果がついてしまう。

王家の迷宮もボスを倒した後であっても、アンルシアの部屋に戻る前に回線切断すると、そこまで取得した箱がすべてロストしてしまう。

福引は、結果が気に入らないときにリセットすると、次に福引すると同じ結果になる。これは、開発側から公開されている情報によると「ズルバッファ」という仕組みが搭載されており、ようは、何度やり直しても同じ結果になる。

うしつよの箱、不思議なイレモン、おみくじボックス、おたからの花といった使用したときにランダムにきまるものについては、道具を使った瞬間結果が確定し、結果を見てからリセットしても間に合わないようになっている。

さて、今回、提案広場に、掲載されていたものは、結構重大ではないかと思われるものがあった。
いずれも、○○している最中に回線落ちしたら××だったので救済してほしい的な書き込みだったが、以下に挙げる2つは、結構ぞっとする内容だ。

ひとつはリーネの合成について

アンクに理論値のブローチを伝承合成させたところ、回線落ちを食らった
再度はいると、アンクには伝承されておらず、理論値のブローチがロストした。
運営に問い合わせると、リーネ合成中に回線切断されると、合成に使用した材料がロストする仕様だとのこと。
合成するの決定ボタンがおされたら、まず、結果を確定してほしい。

確かに、合成して守備+1とかハズレがでたらリセットしたくなるものだが、リーネ合成はリセットしても結果は同じになるのではなく、材料が強制的にロストする仕様のようである。

理論値を継承合成するのだから、結果はひとつ。にも関わらず、意図的でもないのにこの結果は残酷である。
単にアクセがロストする通常の合成ではなく、作るまでにどんだけかかったかわからない理論値アクセがロストするのはとんでもなくやるせないものである。

ぞっとした。自分もいずれアンクや忠誠チョーカーに理論値アクセを継承させるときがくる。
その一瞬だけは「運が悪かった」では済まされない回線落ちには絶対あいたくない。

そして、もうひとつの書き込み。これが実はかなり深刻な問題に発展しそうな気がする。

これは、達人の石版を鑑定した時の内容

達人の石版を鑑定したら、四角型に穴があいているいわゆる神石版が出た。しかし、セットする前に回線落ちしてしまった。
再度インすると、鑑定前の状態に戻っていたので、再度鑑定すると、四角型ではなく、穴がバラバラにあいているハズレが出た。
福引のように回線落ちしたら、同じ結果になるようにしてほしい。

さて、カンが鋭い人なら、これはかなり重大な仕様の不具合であることに気付いたと思う。
これは、リセット技が有効であることを意味する。

そう、これは、結果を見て気に入らなかったらリセット(切断)して再鑑定すれば自分の欲しい形の石版が出るまでやり直しができてしまうことを意味する。

!!WARNING!!
ドラクエ10の規約に意図的な不具合の利用はペナルティの対象になると記載されています。本記事を見て石版のリセット鑑定はしないようお願いします。この記事を見て実施し、ペナルティを受けたとしても当ブログの管理人(私)は一切責任を負いません

ちなみに、垢バンなど食らいたくもないので自分はやっていない。

実は、これに関して、初めて不具合報告のフォームから報告してみた。
不具合報告に関しては、基本報告者に回答はないとのことなので、どう扱われるかはわからないが、いちおう。

それにしても、リセットのズル回避の仕組みを載せるなら、対処漏れは勘弁ですねえ。
この石版に関しても、欲しい形の石版が手に入らず小さなメダルを何百、何千と使っても、まだ理想の形にならない人もいるはずだから。自分も含めて。

今日はここまで。では、またー

2015年11月12日 (木)

ドラクエ悪役名鑑 その147 暴君バサグランデ

こんばんは。

ヴェリナード編メインストーリーボス バサグランデ

・古の封印されし魔獣

はるか昔の時代、暴君と恐れられウエナ諸島一帯を恐怖に貶めていたバサグランデ。
しかし、リューデとキャット・バルバトの二名の活躍により、バサグランデは永遠の地下迷宮に追い込まれた。そして、永遠の水に封印の巫女セーリアが人柱となって封印することにより、バサグランデはこの迷宮に長い間封印されていたのである。

しかし、時は経ち、現代、オーディス王子は付き人の占い師の助言により、封印の巫女を解き放つための刹那の歌を発見する。そして封印の巫女セーリアは永遠の水より目覚める。しかし、この占い師はバサグランデを復活させようと企む一味の者。セーリアの封印がとけることにより、ついにバサグランデが永遠の迷宮から出られる状態になってしまった。

本来ならその圧倒的な力で歯が立つ相手ではないのだが、セーリアと女王ディオーレの歌の力で力を抑えてるあいだに、バサグランデと戦い倒すことができた。

・後半5か所のキーエンブレムボスとしては中堅

Ver1.0時代、マリーンやイッドに比べると強さが段違いでこちらのほうが強い。また、多種の範囲技を持つため、ここらへんから当時のスペックではサポ3で攻略するのがきわめて難しい相手であった。

バサグランデの使う技に闇の稲妻があり、これが範囲攻撃である。また雄叫びを使ったり、魔獣の閃光という直線上にダメージを与える技を使う。
どの攻撃も100前後のダメージを食らう。2015年10月現在であれば、100ダメージなど痒い程度に思われる方もいると思うが、ver1.0時代ではパッシブが無ければ後衛はHPが100ないのである。イッドもメラゾーマに耐えるHPがないと募集の足切りにされた時代、非常に厄介な相手である。
ただし、闇の稲妻にしろ、魔獣の閃光にせよ避けることができるため、戦い方がわかっている人4人パーティならなんとかなる相手である。
むしろ、通常攻撃の方が避けられないため厄介なのである。

ただ、時代の流れから、当時の大ボスも今となってはパッシブを積み、強化アクセサリをふんだんに装備していればレベル50なくとも倒すのは難しくないであろう。カンストレベルのサポを雇えば、本人は何もしなくても・・・・  かつては人4人で何とか倒せた相手なのに、今はこのありさまである。

・強ボスとなると攻撃力が非常に高くなった

強ボスになるとステータスが段違いに強くなり、実装された当時はカンストレベルでパッシブを持っていても一発で瀕死にさせられるほど攻撃力がアップしている。また闇の稲妻は転びの追加効果があり、これが非常に厄介。他の特技や技もパッシブがなければ一撃で殺されるほどの威力があるため、相変わらずサポでの攻略が非常に難しい。

だが、さらに時がたち、レベル上限もパッシブも装備も強力な特技もそろってきた時期になると、サポでも全く問題なくなるようになった。AIが改善され、範囲をちゃんと避けるようになったこと、現在ではHPや耐性如何では2撃に耐えられるため強ボスの中では最も楽な相手のひとつとされている。魅了の事故がないぶん、イッド強よりバサグランデ強の方が楽、という人もいるくらいである。

かつての強敵も時の流れには逆らえないようだ。

今日はここまで。では、またー

2015年11月 9日 (月)

<ドラクエ10> 今回のバージョンアップの後はゆっくり

こんばんは。

レベル上限が上がり、ハロウインイベがあったり、チャンス特技やバトルロード協力プレイなど、今回は、メインストーリーが進まないもの、やるべきことが結構あります。

先週は、月更新で魔塔をやらざるを得なかったので、今週は週課日課そしてハロウインイベとまとめてメインもサブやったので、やることだらけです。

今回のハロウインイベの討伐だけど、どうしても不公平感感じてしまうのは私だけではなかったようで、討伐されやすい高レベル帯のモンスターが辛党有利になっているのがなんだかなあといった感じ。
バアラックVSピンクモーモンとかレッドオーガVSスターレミングについては出現数考えると圧倒的に辛党のほうが有利ですよね。
あと、モンスターの選定は、出現数や狩りやすさのほかに、ドロップアイテムの優劣や転生対象かどうかも影響大きいと思いますが、今回はそれも全体的に辛党有利です。

ちなみに私はメインが辛党、サブは甘党でやりました。
今回の辛党指定のモンスターのうち、討伐したのはファンキードラゴです。上述の通り、ファンキーは転生対象ですし、竜のおまもり落とすし、ポポリアきのこ山全域にたくさんいます。まさにうってつけです。というわけで、レアドロのサポをつれて盗賊で狩りまくったのはいうまでもありません。ついでに装備は自作の魔法のよろいにサブに錬金させた結晶装備です。アモデウスも混じるためファンキー自体は200匹倒してはいませんが、結晶装備2周=200匹分の敵を討伐して、当然せんべいも50個ゲットして終了です。

甘党のサブはレベル低いので、けんぽうぎのレシピ狙いでバアラックやりました。バアラックやってたひとあまりいなかったような。

まあ、残り4日残して辛党の勝利になったようで、まあ、この討伐リストではいたしかたないかな。

さて、レベル90の解放はバージョンアップ後すぐやったのですが、その他の新要素は全くやっていないのですね。

チャンス特技はレベル90にならないと受注できないんで、どうしたことか。
メタキンぶっこみでもよかったんですけど、今回はあえてやらない。
それでも、魔法の迷宮に入ると3回に1回はメタキンをぶち込まれるのでレベル上限あがったあと賢者で回っていたのもあり、賢者が一番レベルが高いです。11/8の時点でレベル89になりました。
なお、今回はレベル上げるための経験値が1レベルあがるごとに5万ずつ増えるようで大幅に増加したため87くらいからメタキンを使っても簡単にレベルが上がることはなくなりました。89→90だと40万くらい必要そうです。

イエローダイアリーのクエで、始めるやいなやいきなりルーラストーンが手に入るのにはぶっ飛びました。目が点です。こんなに簡単に入っていいのかなあ

達人のオーブですが、宝珠の所持数が増えたのが非常にうれしいです。人によっては石版の穴あけよりも所持数増加のほうがうれしいのでは。
宝珠レベル上限は変わらないので、ある程度決まった宝珠使っているひとからすれば、いそいで穴をあける必要はなさそうですね。
また、今回はまだ炎水風の2玉は実装されていないようです。

SP10連福引が実装されました。10連で引いても緑ラッシュなのは変わりません。とほほ。実際、確率検証サイトみても、SP福引の8等は7割弱あるようなので、通常の福引以上に緑玉に偏る可能性が高そうです。
SP10連福引で緑一色達成したら画像のせます(笑) 多分達成は早いと思う。

それから気のせいか、王家の迷宮の銀、金箱からカードが出る確率が上がったような気がする。先週分はキラーマジンガが4枚(!)も出たし、今週分でヒドラや三悪魔、バズズ強がでた。
また、キングリザードのグラのゆめみの化身倒したら闇箱が2つでたり。王家は少し調整されたのかな?

仲間モンスターのうち、魔物使いの初期仲間モンスター8匹が上級スキルを覚えるようになりました。これは結構重要ですね。これでえらく強化されたモンスターも多いようです。
自分はスライムナイトとキメラを8回目の転生させて新スキル覚えさせました。キメラは特に迷った。今回は自操作させる目的で強化とステッキの極意でキラポン覚えさせました。バトルロードでは状態異常回復が非常に限定されているので、キラポンの有効性はピカイチだと思う。HP等のステはバッジで十分補えるので。

コインボスアクセを破片に砕いて、白紙のカードに錬金できるようになったけど・・・・・白紙からボスカード作るのにすさまじい時間必要なんだよね。まあ、現物1個=10個の破片集める時間のほうが多分かかるだろうけど、錬金釜はせいすい、賢者のせいすいやせかいじゅの葉、金塊など、大量に入手して倉庫圧迫するものを上級品に錬金したいものが大量に待機状態なので、困るよなあ。

まだ今回のバージョンアップの要素が未消化なものが多いので、しばらくやることいっぱい状態かも。

今日はここまで。では、またー

2015年11月 5日 (木)

ドラクエ悪役名鑑 その146 魔軍師イッド

こんばんは。

本日は、メギストリスのキーエンブレムボス イッド

・プクランドを魔障で覆うことを目的に

メギストリス王プーポッパンの側近として王のそばにいる老人。しかし、真の目的はプクランド大陸全土を魔障で多いつくして滅ぼそうとしていた魔界の使者であった。
部下にヒプノス、タナトがいるが、こいつらもモンスター。

キラキラ大風車塔の儀式の場は、従来、王家の者の血で魔障を祓うための場所であったが、もし血でけがれている状態であると、逆に魔障を大陸全土に拡散してしまう。そのため、そのヒプノス、タナトが兵隊を儀式の場で闇討ちにしてけがし、その後プーポッパン王をそのけがれた儀式の間で生贄にしようとしていた。

儀式は寸前のところでラグアス王子とプレイヤーキャラによって阻止することに。
このとき、イッドが正体を現し、魔軍師イッドとして襲い掛かってくる。

・キーエンブレムボス後半の中では2番目に弱い

魔軍師イッドは典型的な魔法使い。イオナズン、メラゾーマ、ラリホーマ、凍てつく波動を使ってくる上、通常攻撃でMPを吸い取る。また指パッチンという魅了技がある。

ver1時代、メラゾーマに耐えられるだけのHPがないと話にならない、と言われたボスで、戦士か武闘家の固有スキルを上げてないと、この水準にたどりつくことができず、その場合、水の羽衣セットか竜のおまもりがないと募集での足切りにされるボスであった。今でこそレベル上限もパッシブも当たり前なので、全然気にならないが、当時は、これでも募集に条件があるほど、非常に手ごわい相手であった。
また、MPを吸い取られるので、MPも枯渇しやすく、聖水の持参が必要なボスであった。
指パッチンの魅了技は防ぐこともかかったあとに治療することも困難でこれで崩れてしまうことも多かった。まだ味方の攻撃力が弱かった時代は本当にパーティアタックで正気に戻すこともあったという。

ただし、ダメージは大きくとも、一発で死なない限りは回復は十分間に合うので考えようによってはマリーンと大差ないともいえる。
今では、強いサポやフレンドと共に行けば、本人はなにもできなくても、仲間が勝手に倒してくれるだろう。
当時はイオナズンを食らわないようによけるものであったが、今は、イオナズンを詠唱している時間もガンガン攻撃してダメージを与え続けた方が、結果的に早く倒せるともいえる。

唯一注意すべきは魅了の指パッチン。他のボスもそうだが、魅了は防ぐ手段が限られているうえ、100%耐性にするのが非常に難しいのでこれの対策だけは必要。

・強ボスの中では最弱

強ボスになると、イオグランデ、メラガイアー、デイバインスペルと使う呪文が増えている。しかし、今ではメラガイアーもイオグランデも一発で即死する威力ではない。
ヒプノス、タナトと同時に戦闘になるが、敵の火力は大したことはないのでよほど回復をさぼったりしなければやられることはないであろう。レベル80以上ならサポ3人でも楽勝である。味方が強ければサポ3人だけでも勝てるであろう。
このため、強ボスとしてはマリーン&ジュリアンテより弱く、おそらく強ボスの中では最も弱いと思われる。(人によっては、バサグランテ強が最弱、という方もいると思うが)

強ボスは今では強戦士の書ですぐに戦えるので日課としてコイツを含めた弱めの強ボスを倒してオーブを稼ぐ人もいると思われる。

今日はここまで。では、またー

2015年11月 2日 (月)

<ドラクエ10> 月初は魔塔

こんばんは。

11月1日は月初。ということで、マッチングされる人がいるうちにまず魔塔をやることにします。

テンプレの代表ともいうべきバトマスでいく方が圧倒的に多いと思いますが、人が多い月初はあえて、バトマス以外でいくのが個人的にはお勧めかなと思います。

先月は回魔装備とHP装備に恵まれたので15Fからバトマスから賢者に変えていったら楽にクリアできました。

さて、月初なので魔塔の入り口にたくさんの人がいます。ただ、周りをみるとほとんどの人がバトマスできてるようです。

なんで、今月も賢者でいってみることにします。

10Fまではかなりいい加減な構成でもなんとかなるので、10Fに上るまでに入手できる装備如何で11F以降きめましょうかね、と思いつつ突撃しますが、
今回は序盤で、すごい装備が出てしまい、もうそのまま進めることに決めた。

それは
HP+20
MP+15
闇呪文8%アップ
の神ブーメラン(笑)

早くも賢者で20Fまでいくのが決まったな。という感じです

その後も守備35、回魔20、開始時祈り20%の盾とか、おびえ100や守備+20のついた装備とか地味に強い装備が出る上、今まで開けたことが一度もないボス前宝箱をあけることができ、10Fクリア時点でアクセ3か所分ゲットとか最高な滑り出し。

11Fからも楽に進み14Fボスも一発クリア。

15F時点で、前衛をやるメリットはほとんどない装備群で(攻撃+なんぞひとつもなく、特技+装備も少なくもちろん、賢者のままいくことに。

レベルは39。そのまま16F以降も進む。
16Fからはバトバト賢者(自分)僧侶(ホロナ)
終盤はさすがにザコ敵も強いので賢者といえどもほとんど回復専門になってしまうがそのまますすみ、なんと、この日2度目のボス前宝箱ゲット。さすがにアクセはかぶってしまったものの、準備万端な形で入る。

バト2だったのでタゲ下がりしない人だったらどうしようとも思ったけど、ちゃんとやってくれる方だったし、おたけび効かないし(おびえ100装備あり)ので、19Fボスも一発でクリアできました。
前回も楽だったけど、今回も楽にクリアできてしまった。

魔塔は装備運もあるけど、マッチング運もあるんだろうな、と思うしだい。
初期装備はともかく普通に進めれば、装備欄がいっぱいになるのは何も売らずに15Fまでいくようなときくらいだと思うので、入手した装備は残して15Fになったら装備品で一番よさげな職選ぶのがいいと思う。

フレに聞いた話だと、旅芸人や戦士、パラ、魔法使いなどもおすすめみたいです。
装備よりけりですが、いろいろやってみたいですね。
前衛がうまいひといるなら僧侶も楽しいらしいです。

というわけで、今後は魔塔は15Fまでどんな装備が手に入るかを楽しみにして、15Fで勝負職を決める、という流れでいきそうです。
今度いくときは職なにでいきましょうかね

ちなみに19Fで詰んだ人用にモドールが配置されましたが、これは16-19Fをリセットできるだけで、根本的な解決にはならないようです。せめてレベルか装備だけでも維持して15Fに戻れればいいんだけどね。さらにいうとモドールの利用はPC全員の合意が必要なため、片や勝つまで頑張りたい人と、2,3回全滅したらすぐやり直ししたいと思う人が同居するPTになってしまうとトラブルの元になるような気がする。

魔塔はテコ入れちゃんとやればかなりいいコンテンツになると思いますが、今時点では、嫌いな人も多いみたいです。もったいないですなあ。

金のフェザーがまた増えたので、不思議のカードがまた強化できます。
ちなみに基礎値が+1から始まる重さ、攻撃力は1,2,4,6,8となるようで、どうやら重さ、攻撃力でもしんぴのカードの上位互換になってしまうようです。
これで、本当にしんぴのカードに分かれを告げるときがきてしまいましたね。
なんかテコいれか継承合成でも今後あると期待したい。

アクセは忠誠チョーカー2を交換するが、攻撃+2すらつかずに死亡

なんか、アクセが楽に手に入ったときって、たいていアクセ合成ロクな結果でないことが多いような。

今日はここまで。では、またー

« 2015年10月 | トップページ | 2015年12月 »