« 2016年2月 | トップページ | 2016年4月 »

2016年3月

2016年3月31日 (木)

ドラクエの謎考察 その109

こんばんは。

ドラクエの謎、考察、うんちく、都市伝説 などなど 第109回

・複数回攻撃するモンスターはどうやって人よりもたくさん行動できるのか

ドラクエ3以降、モンスターが1ターンに複数回行動するようになった。もはやボスが2回、3回と行動するのがあたりまえの世界。どうしてそんなにいちどに行動できるのか。

人間よりはるかに行動が速いのか? 否。
複数回行動するモンスターがプレイヤーキャラより素早さが低いほうが多い。

武器を複数もっていたり、腕が多数あったりして同時になにかできるのか?
これも一部のモンスターは該当しそうだが、もちろんそうでない者も多い。

中には同じヒト型の敵が複数回行動することも珍しくない。

多くのプレイヤーがこのことに「ずるい」と感じてしまうのは当然の理であろう。

この複数回行動が完全に実装されたのは3であるが、2でも一部2回行動というのがあった。それは物理攻撃の場合のみであるが、アトラス、ベリアルといったボス敵、キラーマシンやアークデーモンのようなモンスターも2回攻撃。
プレイヤー側も隼の剣で2回攻撃できた。

以降のシリーズではルカナンしつつ攻撃したり、凍てつく波動をした直後に強力な全体攻撃をかましたりするコンボを使ってくる場合も。

行動がランダムであっても、強い攻撃が連続で選択されたり、必殺コンボになったりとシャレにならない、6のムドーなり、9のギュメイ将軍なりとあったりする。

プレイヤー側ではSFC版の6のキラーマシン2のようなケースもあるが、基本的に複数回行動は敵側の専売特許である。やっぱりなんかずるい気がするのは致し方ないのか。

ドラクエ10ではターン制の概念はないものの非常に行動間隔が短かったり、なにより、圧倒的な威力のある攻撃をガンガン使われることが珍しくない。

総括して、複数回行動がとれる相手というのは

①本当に人間を超越したスピードの持ち主で「すばやさ」とは違う次元での行動ができる
②手が複数ある、攻撃する武器となるものが同時にいくつも襲ってくるような相手
③実態としては1匹だが、頭が複数あったりして同時に行動したり呪文が使える

などがあげられるのではなかろうか。

ラスボスで考えると

・1,2,6は1回しか行動しない

・4,5,7は②だろう

・3は①だろう(多分ダークドレアムも①だろうか)

ただ、8と9はどうやって2回行動できるのかわからん。不思議だ

一般のモンスターで2回行動する奴は総じて②や③が多いかな。

やっぱりこう書いてみると複数回行動する敵はずるいと思う。

今日はここまで。では、またー

2016年3月28日 (月)

<ドラクエ10> 魔法の迷宮で出会う人々

こんばんは。

最近、魔法の迷宮のみちびき回しのことを多く書いていますが、もともと魔法の迷宮は普通のボスがいて、オートマッチングで見知らぬ人と組んで福引券が毎日手に入るという気軽な日課として導入された経歴がありました。そしてボスの基本的な戦い方を覚える場として。

ところが、初心者やレベル上げ途上のプレイヤーが魔法の迷宮で他のプレイヤーに出会うことがとても少なくなってしまいました。
プレイヤー人口がどうしてもカンスト寸前のプレイヤーが多数を占めた現在ではそうなってしまうのは致し方ないですが。

で、最近は魔法の迷宮のオートマッチングでいろいろネタになるようなシチュエーション、いいことも悪いことも多くあります。

最近、迷宮を何度も出入りする人と目的をみてだいたい、こんな人の行動なんだなあといったものを書いてみます。

■福引回収者

魔法の迷宮が実装された初期から迷宮を回る大目的の一つとされるのが、この福引券回収。ボスを倒した時点で初回に限り2~3枚+ふくまねきを倒した数だけ福引券が手に入ります。日課の福引券回収のひとつのコンテンツとなっています。

福引回収目的の人は、ボスコインの投入については、自殺目的、無謀なボスでなければほとんどの人が許容し喜ばれることがあっても嫌がられることもないでしょう。日々の日課なので、普通に回って普通にボスを倒し、福引券を回収すればそのまま退出し周回することもないです。

■ボスカード投入者(カードテロリスト)

期限のあるボスカードを投入する人はもとより、メタスラボス、福の神、レアボス等ボスコイン投入者全般を指します。その中で無言投入する人が時折カードテロリストと呼ばれます。
カードを投入する人の目的は「時短」「消化」「ダメ元で手伝ってもらう」「自爆」のどれかもしくはその複合と思われます。

最も多いのが時短目的でしょう。後述するみちびき回しやメタキン回しそして、日々の福引回収をする人でも時間短縮のために適当なボスカード、コインを投入する人が多いです。

カードには期限があるため、期限切れ間近になってやむを得なく使おうとする人が投入されるケースもあります。テリーが実装される前は迷宮でオートマッチングした者同士ではほぼ攻略が無理なカードが期限切れが近づくともうどうにでもなれとばかりに見知らぬ人相手にカードが突っ込まれることもありました。
逆にテリー実装後は、勝てないカードはテリーで消化するのが王道となりつつあるため、モグラや暗黒の魔人のカードテロはほとんどなくなったと思います。

フレンドやチームに一緒にやる人がいなくてダメ元でマッチングした人相手に手伝ってもらおうとカードを出す人もたまにいます。まあ個人的には最近のカンスト付近のPTならグラコスくらいまでなら構成次第ではほぼ勝てると思いますが、三悪魔以上やバラモスなどは、構成や装備によって非常に難しいものがあります。

そして最後が、「自爆カードテロリスト」です。モグラや暗黒の魔人による自爆テロはテリーの実装でほとんどなくなりましたが、代わりに練習札による自爆カードテロリストが現れています。私が懸念して広場に投稿したパターンです。
自爆カードテロリストの目的はほぼ「みちびき回し」の時短目的でしょう。とにかく問答無用で投入し、扉に向かいます。導きキャラが出るでないにかかわらず、マッチングした人は自爆に付き合わなければなりません。練習札なので勝利しても報酬もないのですから、迷惑この上ないです。

■あいのりメタルハンター

種族像に誰もコインを投入せずにスルーするが、誰かひとりがメタルコインやメタスラボスコインを入れると、先に進んでいた人が戻ってきてメタスラ、ハグメタをいれる光景に遭った人は多いのではないでしょうか。

このパターン実によくある光景で、時にはメタキンやゴルスラが投入されることもあります。
誰かが使ってくれたから自分も・・・・という流れからこうなるのでしょうね。

■みちびき巡礼者

最近私がよくやるやつで、ようはみちびきキャラクター目的で周回するプレイヤーのことです。
テリーが追加になり、みちびきキャラの出現率もかなり上がったこともあり、最近はオートマッチングするとみちびきの香水アイコンのついている人に出会うことが非常に多いです。というか、香水やタロットカードのアイコンがある人はほぼ導きかメタルコイン回ししている人と思って間違いありません。

みちびき回しをしたい人にとっては、同目的で時短のカードやコインを使ってくれる可能性もあるのでうれしい場合が多いです。また、導き回は比較的簡単に倒せるボスを入れることが多いため、メインはレアボス、メタスラボス、福の神が投入されるでしょう。これらは投入されていやだという人は少ないと思います。

■メタキンレベル上げ

メタキンコインはドロシーで使えないため、ソロ専や2~3人PTでメタキンコイン使いたい場合、オートマッチングで使われることもあります。この場合、ほとんどがメタルを消化したい人(PT)が全てコインを拠出するため、オートマッチングされた人はとてもラッキーです。最近はメタキンの入手が難しくなったのでメタキンがオートマッチングの迷宮で投入されることは滅多にありません。
ちなみに私は、オートマッチングした中でメタスラボスコイン+メタキン3枚を一人でさらっと投入した強者に一度だけあったことがあります。

■迷宮乞食プレイ

あまり良い書き方ではないですが、「カードテロ」を迷惑とは思わず逆に「カードテロ」されたい人が行うプレイ方法です。ようは、誰かがボスカード、メタルコインを投入してくれるのを期待して迷宮に入るプレイヤー。別に迷宮で自らは何もコインを一切投入しないだけで普通に迷宮を回ってくれる人であれば全く問題ないでしょう。
今問題になっているのは「誰もコイン・カードを投入しないと鍵抜けする」人です。最初の種族像についてはカードテロ、持ち寄り詐欺対策として、種族像で鍵抜けしてもペナルティがなくなる対応がされました。これを逆手に取り、誰かがコイン・カードを使ってくれるまで、迷宮を何度も入りなおす人たちがいます。俗に「カード乞食」「逆カードテロリスト」とも言われます。

■宝珠捜索隊

カジノコインの大量獲得、福の神コインによるSP大量ばらまきが発生している現在、香水はあるひとつを除いて入手がとても簡単になりました。
一方でver3.2以降宝珠の確率が絞られたと噂されており、宝珠の種類も多く、中には試練や迷宮のボスしか落とさないものも増えてきました。そう。唯一入手が困難な香水は特殊なイベント以外では、王家の迷宮で低確率でしか手に入らない宝珠の香水です。

そんなさなか、試練、達人クエストに次いで宝珠を手に入れる場所として期待されているのが、魔法の迷宮のボスです。ボスは普通の迷宮ボスでも、コインボス(プチでも可)でも落とします。逆に落とさないのはメタスラボス、福の神、キャッツ等のボスの宝が固定されているor落とさないものだけ。
メタスラボスや福の神を入れられて鍵抜けするプレイヤーはおそらくこれが目的であったと考えられます。

■結晶化目的

高レベル職しかなく、フィールドでの装備結晶化が難しいプレイヤーが敵の強さにかかわらず必ず結晶化が進む魔法の迷宮で結晶装備を結晶化する人がいます。

しかし、一般的には結晶装備は本気装備に比べて弱いので、ボスを投入する人にとっても、普通に迷宮まわろうとしている人からみてもあまり良い目では見られない傾向があります。特に武器も結晶装備の場合、攻撃力が大幅に落ちてしまい、敬遠されることも。

■通常ボス・箱巡回

当初の迷宮の目的であった通常ボス巡回と通常迷宮に置かれている宝箱目的で周回したいプレイヤーも少ないとはいえ存在します。
現在はほとんどのプレイヤーが道中をカットしたいと思うので、むしろカードを投入されないほうが珍しく、最近は「誰もコインを入れないと鍵抜けする」プレイヤーの増加に伴い、通常迷宮はさらに敬遠されることに。(人プレイヤーと違い、サポは装備が極端に貧弱だったり、ステもスキルもぜんぜんないなんてことが珍しくありません。下手すると最近はもうおなじみすぎるギーグやバッコス相手に負けるかも、と思えるサポばかりが編成されることも)
通常迷宮は以外と知られていませんが、ラッキー・チャレンジで出てくる金箱からメタキン、メタスラ、そして最大10枚小さなメダルが稀にでることがあるそうです。金塊5本出たこともあり、以外なものが手に入ることがあります。
とはいえ、ほとんどの場合ドンペリ(まほうのせいすいのこと)2,3本でガッカリがほとんどなんですが。

今日はここまで。では、またー

2016年3月24日 (木)

ドラクエの謎考察 その108

こんばんは。

ドラクエの謎考察108回

・移りかわる「世界樹」の価値

復活のアイテムとして定番の世界樹の葉。そして味方全体を完全回復する世界樹の雫。

こんなモノを実らせる世界樹とはいったいどんなものなのか。

世界樹そのものが存在するシリーズは4,7,9,10とある。
4や7ではダンジョン扱いになっている場所もある。そして4に至っては世界樹の木の中では地面の葉っぱを調べるといつでもどこでも世界樹の葉が手に入る。

4はストーリー的に重要な存在でリメイク版のピサロ共闘シナリオである6章では世界樹の花が咲き、本当の死者を復活できる。

4の世界樹の葉はまちがいなく、この木が元であろう。
では、他のシリーズではいったいどこから世界樹の葉なり雫なりがとれるのか。

初期の2や3では、特定の場所(木がはえている)に行かないと入手できなかった。これは、その場所が世界樹であったことを示唆する。

では、世界樹が主人公らの目に留まらないシリーズではどうか。

5では天空の城で世界樹の苗が植えられており世界樹が存在することを示していた。7,9,10は世界樹の葉やしずくこそ取れないが、世界樹は存在する。

そうすると、6と8だけは世界樹の存在がわからない。この2つが不明である。

世界樹の葉のレアリティもシリーズが進むごとにどんどん価値が低下していくのが哀れというかやるせないものがある。

前述のとおり、ロトシリーズでは特定の場所に出向いて1個しかとることができない。

4も原則1つしかもてない。

ところがカジノの景品になった5からは急激に価値が低下する。敵のドロップアイテムになったり、小さなメダルの交換品、あげくの果てには店でお金で買えるようにすらなってしまった。

8では一つも持ってないときにしか買えないとはいえ、1000Gと安い(もっとも、ドラクエ8は新しめのシリーズにしてはお金の動きはデフレだったので一概に安いともいえないが)

9や10では小さなメダルの価値が低いため、常に複数ストックして持っていけるのが普通になってしまった。
ちなみになぜか10では世界樹の葉は取引できない。

蘇生者が死んでしまったときの保険として使われることが多いが、時には復活呪文より世界樹の葉の方が高性能なシリーズがあるため、蘇生職がいても世界樹の葉を使うことがある。

特に最近の10は僧侶は聖女を配る等普通の回復以上やることが多く、蘇生や回復について他のメンバーがいつでも世界樹の葉や雫が使えるようにするような本末転倒なボスバトルがあるという。

もっとも、オンラインゲームでは、時としてものすごい大量の消耗品を準備してバトルするのが当たり前のゲームもいろいろあると聞く。
もう、世界樹のアイテムはごくありふれた存在になってしまったのか。それともその効果を持つアイテムを量産する手段を得てしまったのであろうか。

昔からドラクエをプレイしている者からすれば、世界樹の価値の凋落ぶりがあまりにもひどいとおもうことであろう。

今日はここまで。では、またー

2016年3月21日 (月)

<ドラクエ10> みちびきキャラの抽選の考察

こんばんは。

テリー実装後、みちびき回しをちょくちょくするようになりました。
昨日も周回して、4回目にして、初の現物がでました。それが、魔人の勲章だったのでうれしいです。どうやら、テリーに関しては、普通に倒したときの確率がそのまま適用されているようですね。

となると、ソロで倒しにくい相手は無論、強カードを渡すのもいいのかもしれません。
個人的に、強さが複数あるボスは、サポ3で倒せるレベルのものに落としてドロシーで処理しています。だけどバラモス強などはテリーに渡してしまうのがいいかもですね。

みちびき周回なんですが、テリー実装後明らかにみちびきキャラに遭う確率が高くなったような気がします。ただ、これは、今までの遭遇確率にテリーの分が追加になったから、というのが正しいような。

単純に香水使っていると3~4回に1回は会えてるような気がします。
以前運営からみちびきの香水は複数名が使用しても確率は上がらないので、4人同時使用は意味がないとありましたが、今の上がっている状況から実は重複しているのではというオカルトが結構いわれていますね。

最近は導きで周回する人はほぼ確実に香水使うので重複しないといっても、ほとんどの人が香水アイコンついている状態です。SPでそこそこ当たるのであまり気味な方も多いし、そもそも周回する人はそれなりの量を準備しているでこうなるのは当然の流れなのか。

一方でみちびきキャラの抽選で気になることがあります。

まず、カンダタだけは香水ないと絶対に遭えないかわりに確率が高めなこと。事実みちびき回ししているとカンダタの遭遇率が非常に高いです。
2つ目として、かつては、みちびきキャラは隠し部屋(メタル系など)の抽選と同列で行われており、メタルや笑い袋とトルネコの抽選が重複するとフラグがストックされて、次回に持ち越されるとこれまた公式に発表がありました。
カンダタは明らかに別枠で抽選されているため、カンダタとトルネコ、ミネア、テリーが同時当選した場合は、フラグがストックされるのでは、と踏んでいます。

ネットみていたら、こんな記事がありました
①初めてミネアに遭ったとき、ボス前部屋に入ったときにミネアのクエストの紹介「だけ」が発生し、ミネアに遭遇した。
②ミネアに遭った翌週、みちびきの香水を使い回っていたらカンダタに出会った。その後続けると続けて種族像のところに入ったところでトルネコのクエストの紹介が発生し、そのままボス前部屋までいくとトルネコにであった。

トルネコ・ミネアにまだ会ってないキャラを使用して検証していないのでこの記事の信憑性はわかりませんが、この記事を見る限り、初回の遭遇についてはボス前部屋に入ったときに「チリンチリン」があれば、トルネコ、ミネア確定みたいですね。

気になるのは②の記事のほう。トルネコのクエストの紹介が「迷宮入ってすぐにあった」ということ。ボス前部屋に入ってからではない。
リッキーからはみちびきの香水の抽選はボス前部屋に入るタイミングで行われるため、そのタイミングで香水を使うとよいと、ドラクエTVでいっていました。これは公式なので間違いないでしょう。
しかし、フラグがストックされていることについては、以前のトルネコと隠し部屋が重複したときには持ち越されるという表現で発表があったのみです。
するとカンダタと同時にミネア・トルネコ・テリーが当選されていれば、持越しで次の周回で出てきたことを②は証明していることになります。

そういう意味でいうと、カンダタが現れた次の周回は高確率でトルネコ、ミネア、テリーが現れるのでは、とも思います。
実際、今回テリーには4回遭い、そのうち2回がカンダタに続いての連荘でした。過去全てを覚えているわけではありませんが、カンダタの次にトルネコやミネアが出たケースも多かった気がします。

これが、もしフラグのストックによるものでなければ、トルネコ、ミネアは迷宮に入ったときに抽選されているか、迷宮入場とボス前部屋で2回抽選されていることのいずれかになってしまいます。

こういう確率に関する仕様は運営からも正確に仕様を公開されているわけでもないので、どうしても憶測の域からでることはできないのですね。
香水重複に関しても、運営側からは否定のコメントが出ているにもかかわらず、4人同時使用したときのほうが出やすい経験をされたコメントをされている記事が目立ちます。

オンラインゲームにおいて、この手の確率に関しては、結構ブラックボックス化してなるべく詳細はプレイヤーにわからなくするのが基本らしいです。いわゆる「裏パッチ」で知られないうちに変更されていることも珍しくありません。
まあ、あまりつっこんでもだれも正解を教えてくれませんから、あくまで推測で終わってしまうのは致し方ないのですが。

少し話がそれますが、最近、通勤時間に星のドラクエやっているんですが、これの課金装備としてふくびきをひいてゲットする仕組みがあるのですが、これ、ときどき

A:「10連ふくびきすると★5を1個保証」
B:「10連ふくびきすると全て★4以上保証」

なんてのがあるんですね。

これ、よーく考えると、次の解釈ができるのです

Aについて

1.★5確定1回、残り9回は通常確率で抽選
2.通常確率で9回抽選。9回とも★4以下なら10個目は★5確定。★5があれば10回目も通常確率で抽選
3.★5確定1回、残り9回は★4以下で抽選(あるいは★5の確率が低い状態で抽選)

Bについて

1.通常確率で10回抽選。★3以下の結果は★4で置き換え
2.1.と同じ。ただし★5確率は低め
3.★4だけで10回抽選(★3以下が出ないかわりに★5も出ない)

AもBも1、2、3の順にユーザに有利なんですが、解釈次第で確率が違います。

2年ほど前に「コンプガチャ」が社会問題になり、ソーシャルゲームのガチャは確率を明記するようになりました。
このときは、表記上同じような書き方実際は3のケースであったことが問題になっていたのがありましたね。
高レアリティ最低1個確定といっておきながら、その1個だけ高レアだが後は、最低のものしか入らない(あるいは通常より不利な確率)になっているとか。
しかし、今でもこのように解釈が複数とれそうなものもあるんですよね。

ちなみに星ドラは幸いなことにAもBも多分1だと思います。(A、Bどちらのケースでも2個以上★5でがでたことありましたから)

オンラインゲームの確率要素はほんとに厄介です。

今日はここまで。では、またー

2016年3月18日 (金)

ドラクエの謎考察 その107

こんばんは。

ドラクエにまつわる謎や噂、裏設定などを語る第107回

・どうしてドラクエの最初の敵はスライムなのか

ドラクエで最初に戦う相手はドラクエ6を除くとほぼスライムになる。このドラクエ界を代表するマスコットモンスターであるスライムはなぜ、最初に戦う一番弱い敵となったのか。

本来スライムというモンスターは決して弱いものではない。
コンピュータRPGの原点であるテーブルトークRPGでは、スライムは武器で斬ることができず、逆にスライムにとりつかれると消化されて、犠牲者はスライムになってしまう。
強酸性であり、ふれると火傷を負うほか、金属製の武器や鎧は腐食してダメになる。
ダメージを与えるには魔法を使うか、炎で焼き尽くすしかない。

形状も巨大アメーバというのがしっくりする。とにかくドロドロネバネバでとてもかわいい存在ではないのだ。

だが、こんなスライムも、日本ではそれほど恐ろしいモンスターでないものとされていた。
ドラクエが登場する前に、パソコン用のRPGはすでにいくつか存在し、アーケードゲームでもスライムが登場するゲームがあった。

そして、和製RPGではドラクエが存在する前からスライムは「弱いモンスター」という傾向があった。
たとえばドラクエの戦闘システムの原点ともいえるウィザードリィ(これは和製ではないが、多くのRPGのモデルにされた)の1作目の最弱モンスターは「バブリースライム」というスライムだった。
ドラクエ登場以前もかなりのコンピュータRPGがパソコンで出ており、ハイドライドとかザナドゥ等の和製RPGにもスライムの名はなくともスライムのような弱いモンスターがいた。

そんなさなか、おそらく、スライムが弱いイメージをうえつけるのに最も影響が大きかったといわれているのが、ナムコがアーケードゲームでだした「ドルアーガの塔」のスライムである。このゲームはアーケードゲームでありながらRPGであり、ゲーム界に大きな衝撃を与えるとともに、ものすごいコアなプレイヤーが多かったという。
このゲームではグリーンスライムが最初の面に登場し、剣で簡単に倒すことができる。先の面にすすむと呪文を放つスライムとか出てくるが、やはり剣で普通に倒せる。
ドルアーガの塔はファミコンに移植され、多くのプレイヤーが知ることになる。

そしてドラクエの登場はドルアーガの塔の約1年後である。ドラクエ1は当時のRPGの王道というか、ドラゴンにさらわれたお姫様を救い出すというストーリーとして、RPGといジャンルをわかりやすく浸透させるためにあえて王道なストーリーにしたのである。とくれば、最初に戦う相手は当時の和製RPGのお約束にそるとスライムでなければならない(笑)。ご存じのとおり、当初、堀井雄二氏のスライムのイメージはドロドロネバネバのアメーバのようなものであったが、これを鳥山明氏のデザインにて今日のドラクエのスライムの姿として登場した。
怖さも強さもへったくれもない。こうして、ドラクエのスライムの登場で和製RPGでは「スライムは弱いモンスター」というのを定着させるトドメとなったわけなのである。

ちなみに大御所RPGはたいてい、シリーズ通して最初のモンスターが統一されている場合が多い。FFではゴブリン、女神転生ではピクシー(だったかな)など、序盤のおなじみモンスターがある。

そしてドラクエは栄あるスライムが最初のモンスターとして登場する。
ただし、例外もある。ドラクエ6がそうだ。6ではスライムより弱い、ぶちスライムが登場する。(これもスライムではあるのだが)
ただし、これは、夢の世界、おそらくスライムが自分より弱いモンスターの存在の願望から、夢の世界の最弱モンスターがぶちスライムになったのであろう。

だが、スライムは弱くてもドラクエ随一の人気を誇るモンスターである。当然ながらスライム族は非常にたくさん多く、スライム自身を仲間にするタイトルでは、かなり使えるモンスターであることも珍しくない。
ドラクエ5ではカンストまで上げるとしゃくねつのほのおを覚える。ただの最弱モンスターではおわらないのもまたスライムなのである。

あなたはスライムは弱いと思いますか?それとも・・・・

今日はここまで。では、またー

2016年3月15日 (火)

<ドラクエ10> みちびき周回に練習札は×

こんばんは。

昨日、メタボス、福の神、レアボスや弱いコインボスカードを使ってみちびき回しするとよさげな記事を書きました。

そしたら、日曜夜は、普通に福引回収するために迷宮潜ったら香水使用中アイコンのついた2名とマッチング。コメントは特に書いていなかったが、どうやらみちびき周回しているようで入るないなやレアボスが投下されました。

そんな形で他のみちびき回しPTに遭遇して一緒にまわることにしました。そのとき、自分が3人目だったのですが、その後4人目のみちびき周り希望者が加わり、8周してカンダタ2回会いました。まあ、テリー出るまでまわすんだろうなと、9回目を続けたとき、「普通のカード類きれたので練習札で自爆してもいい?」と聞かれました。
そのときは導き回し希望だけになっていたこともあり、問題ないと思い、OK(他の人もOKしてた)回答し、モグラの練習札がいれられました。そして全滅。

だが、これが大きな間違いであることに気付くことになる。オートマッチングで4人まで集まり、ツヅケルで周回していたのでこの全滅で強制解散させられてしまいます。

そう、オートマッチングでうまい具合に集まっていっても、全滅してしまえばそこで解散なのです。これで、教訓というか明確にわかったこと

オートマでみちびき回しする場合、自殺コイン(として練習札)を使うべからず

もちろん、最初から練習札を大量に用意したプレイヤー4人で組んでやる分には、過去の自殺メタキン回しと同じ理論なので問題ないですが。

というわけで、みちびき回しする場合は、メタボス、福の神、レアボス、それに弱いボス、そしてテリーに渡したいボスカードを用意して昨日かいたように意思表示して周回するとよさげと思います。

今のところ、私は今までオートマで自爆カードは入れたことないのですが、普通にメタボスやレアボス等をいれて断られたことはまだないのです。いつもひとこと断っていれていますが、入れないで、と言われたことは一度もありません。
ただ、本当に断られることは今後ありえますので、そのときは、自分が抜けるつもりでいれば問題ないでしょう。

テリー実装後は、普段よりみちびき目的で迷宮回しているひとがそれなりにいそうなので、個人的にうれしいです。中にはテリーよりミネアに会う回数の方が多くて、カード減らすどころか逆に増えてしまったひともいるようで。

こんな状況なので、むしろ今は普通に迷宮を回るほうが困難な気がしますね。

テリー実装でいい意味でも悪い意味でも魔法の迷宮がにぎわってるのでしょうか。

今日はここまで。では、またー

2016年3月13日 (日)

<ドラクエ10> 導きまわしのおすすめ

こんにちは。

テリーが実装され、サポ専の方や普段なかなか4人構成でボス戦ができない方でもモグラや魔人のアクセが手にいれることができるようになりました。
自分はモグラは4人構成ですでに倒してはいるものの、なかなか4人集まる機会が少なく、カードはタイムリミットでおしまいになるものが次第にでてくるようになりました。
三悪魔やマジンガくらいまでなら2,3人+サポで十分できるので問題ありませんでしたが、最新のボスカードは厳しいです。
もぐら以降のコインボスは現状、魔塔やすごろくの景品にはまだ追加されておらず、プチカードも実装されていないのでアクセを手にいれる現実的な手段ができただけでもありがたいです。

さて、私は「練習札を自殺用に使いみちびき回しをする人が増える懸念がある。ドロシーでも導きキャラでるようになることを希望」をつい、この前提案広場に書き込んだ者ですが、実際にみちびき回しそのものはしたいと思っています。

なんで、ちょうど、直近でやりましたみちびき回しのやり方を書いてみようとおもいます。

まず、オートマッチングの迷宮で誰にあたるかもわからないのですから、当然、カード投入をよく思わない人もいると思います。

なので、まず、ひとことコメントに
・導きまわししていること
・カードテロ容認(誰も入れなければ自分が入れる)
・カード投入がダメなら一言断りをお願い。(断られたら自分が抜ける)
等の内容をあらかじめ書いて意思表示はしておきましょう。

で、実際には、誰もカード入れなかったら「○○入れていいですか?」と確認を取ればよいです。ひとこと言っておけば、無用なトラブルに巻き込まれることも少ないはずです。

もし、「入れないで」と断られたら、無視して入れるのは論外として、無理に説得するよりかは、自分が抜けるつもりでいたほうがいいでしょう。(カードテロされた側は抜けるか我慢してつきあうしか選択肢ないので、入れる側が抜けるべきと思います)

また、自分が投入することになったら投入するカードは福の神、レアボス、メタスラボスあたりはほとんど嫌がられることもないでしょう。レベル80以上であればプチボスカードやアトラス、バズズ、ベリアルあたりなら、よほどひどい装備・構成でなければこれも問題ないでしょう(稀にアクセ完成済みなのでいらないという人もいると思いますが)
ガイア以降は構成しだいですが、それなりに強いカードを投入する場合、断りをいれたほうがいいですね。
練習札や、勝ち目のないボスカードは他メンバーに自殺周回と思われるので避けるのが良いです。

ボスが倒せないと話にならないので、職はそれなりのレベルと装備、スキルをもった職でいき、メタル系の対策ができるなにかがあれば、なお良しといったところでしょうか。

で、こんな感じでみちびき回ししてきました。

結果、思ったより、スムーズに進みました。

と、いうもの、自分がこのコメしておいたからかもしれませんが、今回は周回すると、導きの香水を使いつつ「続ける」を選ぶ人がそのままいっしょに続行になることが多いんですね。そのうち、7周目くらいで、4人全員みちびき周回希望者なのか、全員続けるを選ぶようになったんです。それで10周目にテリーが出てきて、みなさんテリーに渡したいカードを投入したようで、そこで周回が終了になりました。(ちなみにテリーがでるまでにトルネコやカンダタにも出会いました)
時間にして1時間くらいでしょうか。

ついでにテンの日でプーちゃんからおなじく魔人カードももらったサブキャラも同じようにコメいれて周回を開始しました。こちらも同じような展開でしだいに導きの香水使用者が「続ける」をして周回(こちらは道中、レアボスコインを消化したい方がいて、真っ先に使ってくれていたのでありがたかった。ごちそうさまです)となり、7周目でテリーが出て、同じくここで解散となりました。

わかったことは、みちびきで周回すると、次第に同じ目的の人は「続ける」を選ぶようになるため、そのうち4人ともみちびき周回目的者になるんですね。こうなれば、皆目的が同じなので、そのまま問題なく周回できてしまうのです。
運がよければサブの例のようにおみくじボックスから大量に引いたレアボスや福の神の消化目的で率先していれてくれたり(というより真っ先に投入される(笑))、期限切れ間近の弱めのボスカードをいられることもあるので、こちらが用意したカードやコインをほとんど使わずにすんでしまうこともありそうです。

今後もミネアにモグラや暗黒の魔人もらったり、テンの日でもらったりしたら今回の方法でみちびき回ししようと思います。王家の迷宮からモグラや魔人出てほしいなあ。

というわけで、こんな方法でみちびき回ししてテリー捜索にいくのはいかがでしょうか。

今日はここまで。では、またー

2016年3月 7日 (月)

<ドラクエ10> 今回のバージョンアップは地味ですね

こんばんは。

ドラクエ10の大型バージョンアップがあったのだが、今回は今までにも増して地味なバージョンアップになりました。

というのも、当初予定されていた学園が実装延期になったため、特に大きな変化があったと思われるのはか宝珠くらいでしょうか。

先週懸念されそうな練習札、テリーもありますが、やはり宝珠が一番影響大きそうです。

というのも、飾り石なるもので、各属性の石版の一枚にのっている宝珠がパワーアップするというもの。

以前は、石版の完成型は中央に四つ穴が寄っていて縦か横方向に1マスそろえてでてるような形といわれていました。
しかし、今回の飾り石のシステムでは、ひとつの石版に1玉でも含まれていればその宝珠がパワーアップします。つまり、ひとつの石版に5か所隣接させるようにはめないといけません。

具体的には内側に穴が3か所、縦、横とも隣接する形になっている石版を飾り石をつけてそれに外接する側も穴が向き合うようにする必要があります。
今回のシステムだと、完成型は以下のような形ではないでしょうか

ちなみに左上の石版に飾り石を付ける前提での今後の理想石版型をのせてみます。
飾り石の石版に1か所隣接するように5つの宝珠がつけられる形の例です。

3玉最大4か所セット可能な汎用型

■■○○■■ 
■■○○■■ 
○○○○○○ 
○○○○○○ 
○○■■○○ 
■■■■■■ 

ALL2玉用型

■■○○■■
■■○○■■
○○○○○○
○○○○○○
■■○○■■
■■○○■■

2玉多めの汎用型

■■○○■■
■■○○■■
○○○○○○
○○○○○○
■○○○○■
■■■■■■

3玉5か所セット可能な型

■■○○○■
■■○○■■
○○○○○■
○○○○○■
○○■○○■
■■■○■■

良くできている、というか、今までの理想系では今回の飾り石の完成型はできないようになっています。

3玉宝珠は2玉宝珠よりコストが少なくてすみます。なので、炎の石版など、どの職でも持っておきたい宝珠がはめられる傾向のある石版は、3玉にしてコストを少くするのもアリなのではないでしょうか。
逆に武器技、職固有技の宝珠がほとんどの光、闇は全玉2玉でいくのもありかと。

ようは、石版完成させてしまった人は、これからそれを崩して再度石版を作り直す必要があります。
なので、今、提案広場は荒れてますね。メダルたりないとか、なんでせっかく作ったものを無にされるんだとか。
だけど、これ、オンラインゲームです。いままで最良だったものがずっと最良のままであるはずがありません。

という自分はまだ飾り石すら石版につけていません。石版ポイントもかろうじでかざり石つけられるのだが、自分はまだ石版に穴すらほとんどあけてないんですよね。しばらく達人クエでは石版もらうことになりそうだ。

そして炎水風の2玉宝珠。これもなかなか厳しいですねえ。
とはいえ、風や水に関しては2玉が活躍しそうなのが結構ありそう。

今回、結構ボーナスめいているのが釣り関連ですね。全部で65種類の魚をつれば300万ちかい稼ぎができるようで、現役の釣り師は、臨時ボーナスが入るようですね

おみくじボックスやイベントの箱やイレモンからしんぴのカードが出なくなるようで、ついにしんぴのカードはお払い箱扱いにされる結論になりましたね。せめて伝承はできるようにしてほしかったなあ

新しいコインボスとして輪王ザルトラなる札ボスが実装。これはゴースネルや暗黒の魔人に比べるとかなり楽なうえ、実装初日から早くもソロ(サポ3)で倒す手順が成立されつつあるとか。炎闇に耐性が強く短期決戦タイプで状態異常が有効なことから、短剣踊り子が強いとか。

練習札は四諸侯以降のボスに対応している。今回同時実装のザルトラも入っており、練習といえども経験値がかなり高いので、踊り子限定だがレベル上げにも使えるとか。

ちなみに練習といっても経験値は入るし、倒せば宝箱(宝珠)も落ちるみたいです。本当はすごい弱いボスの練習札があったら別の活用方法があったのだが、そうはいかないかな。
でも、先週書いた通り、これ、必ず自殺コインとして使う人でてくると思うよ。四諸侯いれてデュラン殴れば30秒で全滅できるでしょう。

今のところ、カードテロされたのを理由に鍵抜けしてもペナルティ受けないが、これ、反対にいうと問答無用でカード放りこまれたら結局、つきあうか辞退するしかないんだよね。普通の迷宮回りたい人が文句いう理由なんでしょうね。
今はレベル上げでメタスラボスをガバガバ入れられるのが常だから逆に、普通に迷宮いくつもりで入ると結構、カードやメタキン、はぐれを頂いてしまうことの多いこと。こういうときは自分もしょうもないメタスラコインとか入れるけど。
あと、福の神、レアボスも結構入れる人おおいですね。こちらとしてはごちそうさま、としかいいようがありませんが。

逆に、誰もコインいれずに扉向かったら抜けてしまう人に最近会うことが増えてきた。カード乞食というよりは、なんでもいいからショートカットして時間短縮したいんでしょうね。

9日からテリーが実装されるけど、モグラとか消費したいのがあるから、短縮周回はやることになりますね。さすがに練習札自殺回しはいやがられるからやりたくないけど、メタスラボスや福の神やレアボスで高速周回はやるかもね。これらのコインで嫌がられることはめったにないけど、いやな人もいるから、こちらもみちびき回しするときはコメントにショートカットのカードやコイン投入断るひとは一声かけてください、と書いておくべきかな。
カード投入断られたら自分が抜けることで。
基本カードテロウエルカムにしておいて、誰も入れなかったら自分がメタスラボスとかをいれるような感じで。

あとは、地味系のバージョンアップはたくさんありますな。

今日はここまで。では、またー

2016年3月 3日 (木)

ドラクエの謎考察 その106

こんばんは。

ドラクエのナゾや疑問、設定を語ること第106回

・6固有の地名のはずなのに存在する「アモールの水」とは

アモールの水というアイテムがある。これは初出の6では、その名のついたアモールの特産品となっており、アモールにのみ販売されている。
当然地名のついた特産品なので、何の違和感もなく、6当時は薬草の上位回復アイテムがないのでそれなりに利用価値があった。

ところが、アモールが存在しない8、そして10にも登場する。ナンバリング外だとモンスターズシリーズや星のドラゴンクエスト等にも登場。もはや、今後はどんなシリーズにでも出てきそうな勢いである。
「アモール」というのは固有の地名ではないのか。

なお、アイテムの説明によると、伝説の滝の水のような説明がされているシリーズもあるのだが、8にも10にもそんな地名というか滝は存在しない。それとも、かつてその伝説の滝が存在したとでもいうのか。
もし、6のアモール、そのアモールの滝のことであるとすれば、ドラクエ6より8や10の世界があと、ということになってしまう。
ただ、ドラクエ10は少なくとも時系列的には相当後ろのほうにあるといっても過言ではないので間違いではないと思うが。

残念ながら、6以外の作品では、これを手に入れることには、回復要員が十分であるか、MPを節約するためなら、安い薬草を使った方が効率がいい。
ベホイミの回復量すらないのだから、悲しいかな、戦闘中に使えるのは序盤だけである。

ただでさえ出所不明の存在なのだが、モンスターがドロップすることもある。そのモンスターはアモールになにか縁や所縁があるものなのだろうか。

たかが水、されど回復効果のある水である。本当に伝説の滝の水なのだろうか。

ちなみに、地名の名前を冠したアイテムは他にもいろいろある。が、一般的な道具についているものはほとんどなく、だいたいはだいじなものに属するイベントアイテムなのである。あと、地名のついた普通のアイテムとしては7のアミットまんじゅうくらいか。これも、使うものとして手に入るアイテムだが、ほぼ限定品である。

今日はここまで。では、またー

« 2016年2月 | トップページ | 2016年4月 »