« <ドラクエ10> バージョンアップ後が重い | トップページ | <ドラクエ10> 迷宮周回検証で起きた天国と地獄 »

2017年9月11日 (月)

ドラクエの謎考察 その141

こんばんは。

ドラクエ11が出てから40日を超えましたこのころですが、8あたりから感じていること

・ドラクエの音楽と世界観のつながり

ドラクエは7までは他のナンバリングで使用されていた曲がつかわれることは原則なかった。
この例外を最初にやったのが8である。

そう、ドラクエの楽曲でも人気の高い「おおぞらをとぶ」。
ただし、これは、8をクリアして、神鳥レティスがかつてラーミアと呼ばれていた、ということから、納得できる。
「おおぞらをとぶ」は、3でラーミアに乗ったときに流れる曲。8ではレティス(ラーミア)に乗るわけではないものの、神鳥のたましいを使って鳥になって空を移動することから、背景的にも、ドラクエ3の記憶がよみがえってくることからも、非常にいい使い方をされていた。

ところが、9以降になると突然過去作の曲が多用されるようになる。

歴代魔王の曲が、それぞれのラスボスの曲がつかわれているのはいいとして、ムドーやダークドレアムの曲がなぜ?みたいなものがあったり、船が4、宝の地図のダンジョンが3のダンジョン のように過去作の曲がつかわれるようになる。

10になると、バージョンアップするたびに過去作の曲がバンバン利用されるようになる。Ver1当初から4の曲を中心に過去作の曲がつかわれていた。過去のナンバリングに登場したボスがコインボスとして登場すると、曲も作品に合わせて過去作のものが導入された。
さすがに世界観と音楽は合わせてあるような使い方はされている。が、過去作を知っている人は個人的な違和感を感じる人もいると思う。

コインボスについては曲の使われ方に例外があり、グラコスはなぜか4の通常戦闘、ナンバリングがオリジナルではない、Sキラーマシン以降は全く無関係に曲がつけられている。Sキラとジェネラルは9にも登場しているが9の曲ではない。

竜王城の決戦や、大魔王ゾーマへの挑戦イベントでは、さすがに原作遵守してあり、ゾーマ戦はもちろん「勇者の挑戦」である。

11も過去作の曲が多く利用されており、カジノの曲は11では7のものが使われ、8以降新しいカジノ曲がつくられていない。船も9以降は過去作のもの。
ミニコンテンツなどもほとんど過去作のものが使われている。
ネタバレになるので、はっきりは書かないが、あの曲がなぜここで、と思うような場面で流れるものもある。
ドラクエ11も9と同じで、表エンディングまでのストーリーだけだと、この世界の半分も掘り下げられていない。曲が過去作とのつながりを示しているのではと思わせるものもあるので、なにかと奥深い。

ドラクエ11に関するオープンになっていないところの謎考察は今はネタバレが多くてまだ書くのは問題ありそうなので、書くとしても来年以降の予定とします。

今日はここまで。では、またー

« <ドラクエ10> バージョンアップ後が重い | トップページ | <ドラクエ10> 迷宮周回検証で起きた天国と地獄 »

ドラクエの謎考察」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ドラクエの謎考察 その141:

« <ドラクエ10> バージョンアップ後が重い | トップページ | <ドラクエ10> 迷宮周回検証で起きた天国と地獄 »