« <ドラクエ10> 野良迷宮でのコインボスの戦い方 | トップページ | <ドラクエ10> 導き周回5000周達成記念やります »

2017年10月13日 (金)

ドラクエの謎考察 その145

こんばんは。

ドラクエの噂・謎・裏設定・都市伝説を語るお話145回

・ドラクエにおける一般人の強さと冒険者の強さの差とは

ドラクエにおいて、一般人の強さとはいったいどのくらいなのだろうか。

普通に考えれば、レベル1の状態の強さと考えるのが妥当ではないか。
その人の得意不得意あると思うが、HPが20弱くらい。スライムとタイマンで戦うくらいなら勝てるかもしれないが、武器も防具もない状態でスライム3匹と戦ったら場合によってはやられてしまうかも、というレベルである。

もちろん、レベル1からスタートしないキャラもいるだろうから一概には言えないが、ほとんどのキャラは一人では到底戦えないような強さと思う。

で、たいていのドラクエシリーズではレベル40台がクリアレベルになることが多いと思うが、このとき、HPはだいたい300前後。つまり、HPだけの比較でみても、旅立ちから15倍は強くなっていることになる。
これは良く考えたら結構大きな成長というか強さの変化ではなかろうか。

もちろん、終盤にいくにあたり、強力な装備品を手に入れていたりして素の能力はもちろん、装備しているものもかなり強化されていると思われる。

ただし、一般人の強さが単純にとらえきれない場所もある。

城の兵士だったり、強固な軍事国家だったりしたら、あらため最初からレベル10くらいのキャラが一般だったりするかもしれない。
そして、モンスターの襲撃をうけても一人も犠牲者を出さず魔物を撃退して、ドラクエ6のライフコッドの町のようなものもある。
どうみても一般市民で強そうにみえないのだが、戦闘ではレベル30台でも苦戦する敵を町の住人はタイマンで戦っていたりする。
場所によっては一般市民レベルでレベル40以上、というのもあるのかもしれない。

ドラクエ4で最初にピサロに滅ぼされてしまう山奥の村の住人も、勇者に呪文を教えたり、いざというときは勇者の盾となって守る任務を持った人々が住んでいた。この人たちも結構レベルが高かったに違いない。

ドラクエ5でフローラの結婚を賭けてライバルとなったアンディも、火山で大やけどを受けて撤退していたもの、ある程度の強さはもっており、そこそこ強い者は存在していたはずである。(フローラも初期レベル1ではなかったし)

戦いに従事していたものは最初こそレベル1かもしれないが、主人公が関わる時期は10以上であることも少なくないのである。

もちろん、戦闘経験など全くないところから仲間になったゆえ、レベル1から始まる仲間も存在する。ドラクエ9のリッカなどが代表的か。

また、ドラクエ5の息子、娘やドラクエ2のムーンブルクの王女など、レベル1時点でかなり強いところから始まるものもいる。このケースはいったいどんなものなのだろうか。
まあ、王族だったりすると、戦闘訓練とかしている場合もあるので、最初から強いというのも間違いではないだろうが。

成長曲線や、限界、初期の強さなど、キャラによって異なるが、一概にレベルで強さを測れないケースもあるのは当然か。

話を戻すが、一般人の強さは主人公がレベル1からスタートするシリーズの強さとほぼ変わらないのではというのが普通なのかと思われる。

今日はここまで。では、またー

« <ドラクエ10> 野良迷宮でのコインボスの戦い方 | トップページ | <ドラクエ10> 導き周回5000周達成記念やります »

ドラクエの謎考察」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ドラクエの謎考察 その145:

« <ドラクエ10> 野良迷宮でのコインボスの戦い方 | トップページ | <ドラクエ10> 導き周回5000周達成記念やります »