« <ドラクエ10> Ver4.0のストーリーを進めてみる | トップページ | <ドラクエ10> 年末年始のバージョンアップは今回なし? »

2017年12月21日 (木)

ドラクエ悪役名鑑 その169 魔導鬼ベゼブー

こんばんは。

兄弟姉妹の錬金術が秘密裏に栽培をしていたテンスの花を狙う者
本日は魔導鬼ベゼブー

・借金取りの男として兄弟姉妹をつけ狙っていた者

飛竜にのって現在のエテーネ、ナルビアの町にたどり着いたが、そこでオープニングで主人公と別れた兄弟姉妹の話がきける。

そして、錬金術師だった兄弟姉妹は借金取りの男につけ狙われていたという。そして、ある日突然姿を消してしまった。

廃墟と化したエテーネの村には、トンブレロに似たハナという青い豚がいる。主人公がやってきたとき、ハナはラゼアの風穴に主人公を案内する。
そこには、兄弟姉妹の秘密の研究室があり、滅んでしまったはずのテンスの花が咲いていた。

ハナに導かれ主人公たち。だが、その後ろに例の借金取りの男が現れる

・テンスの花を滅ぼすためにやってきた大魔王のしもべ

借金取りの男は正体を現す。それが魔導鬼ベゼブー。オフラインのオープニングの最後にボスとして戦った魔導鬼ベドラーとは親戚関係らしい。
どちらにしてもテンスの花を根絶やしにするために暗躍していた鬼族である。

当然ながら、兄弟姉妹の秘密の研究室に咲いていたテンスの花を発見するないなや闇の炎で焼き払おうとする。そして当然ながら戦闘になる。

主人公たちとの戦いに敗れると、魔王の他の部下同様魔障の煙になって消滅してしまう。
ベゼブーのセリフからわかる通り、大魔王マデサゴーラの命でカメさまの呪いを解くことが可能なテンスの花を絶滅させるのが目的だったようだ。

ベゼブーを倒したあと、兄弟姉妹が主人公に宛てた手紙とより強い効果のある輝くテンスの花を手に入れることになる。

姿は、札ボスの輪王ザルトラのベースグラフィックが同じため、ザルトラも同じような鬼族なのかもしれない。

・時の流れとともに戦いやすくなっているのを実感できてしまうボスの一体

魔導鬼ベゼブーはブレス属性の闇の炎と吹き飛ばし効果と大ダメージのあるフラタイフーンが強力。他にドルマドンもしてくる。

Ver4基準の現在であれば、カンスト付近のまともなサポをそろえればよほどナメた戦いかたをしないかぎり「強い」でも十分勝てる相手。
が、ストーリー実装当時は闇の炎やフラタイフーンが即死級の威力だったためかなり難易度が高かった。闇と風属性なので、ある程度属性耐性がないと厳しかった。

また、暗黒の霧も使ってくる。距離をとって戦える魔法系主体のほうが楽かもしれない。
物理で戦うならブレスを無効化できるまもりの霧が使えるレンジャーがおすすめ。闇の炎や暗黒の霧が防げる。弓やブーメラン、フェンリルなど遠距離から攻撃も可能なのでフラタイフーンを食らう確率も低いはず。
Ver3以降は占も相性がいい。これらの職で戦えば難易度はかなり下がる。

なお、バトルルネッサンスの「超強い」では敵の特技の威力はほぼ倍になっており、耐性なしではレベル100でも即死する威力。準備なしで挑もうものならあっというまに壊滅するのでご注意を。

今日はここまで。では、またー

« <ドラクエ10> Ver4.0のストーリーを進めてみる | トップページ | <ドラクエ10> 年末年始のバージョンアップは今回なし? »

ドラクエ悪役名鑑」カテゴリの記事

コメント

ドラゴンクエスト10で風穴の研究室での戦いは構想に反するものであるからゲームの制作者はネットのアップデートで構想に反することをなくしたい。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ドラクエ悪役名鑑 その169 魔導鬼ベゼブー:

« <ドラクエ10> Ver4.0のストーリーを進めてみる | トップページ | <ドラクエ10> 年末年始のバージョンアップは今回なし? »