« ドラクエ悪役名鑑 その171 魔元帥ゼルドラド | トップページ | ドラクエの謎考察 その157 »

2018年2月19日 (月)

<ドラクエ10> ゴースネル10連戦

こんばんは。

先週はフレに誘われてボスカードをやったのが多かったのですが、ゴースネルを持ち寄り10周しました。

ゴースネルは2年くらい前にやはり固めて8回やったのですが、当時は1枚ずつ8回やった。
さらに前回やったのは戦僧僧旅でうち戦と僧がサポ。戦士ひとりのワントップ構成。一応全勝できたけど結構時間がかかったのを覚えている。

今回はいわゆるゴースネルとしては定番のパラ魔構成。(パラ、賢者、僧侶、魔使)インしたら誘われて魔できてほしいということで行くことに。

一応、魔法と杖は150まで振っている。装備は封印混乱呪いはある。がマヒは70%どまり。毒耐性もない。それでもOKとのことでやってきた。

ゴースネルはたしか直線上で避けなければいけない攻撃があったけどどれだっけ状態で、初戦はまともにくらいまくってグダグダに。なんとか勝利することはできたけど。メンバーに負担かけて申し訳なかった。

牙王閃がよけなきゃいけない攻撃。食らうと後衛は即死級のダメージ。聖女や金ロザ発動がなければたいてい即死。

なんどかやって牙王閃は避けやすくなったものの、距離やタゲの方向によってはそのほかの牙の襲撃や突撃の射程内に入ってしまうこともある。
パラさんは常に奥へ押しこんでくれるので、攻撃を受けないときは本当に一方的に攻撃できる。なるほど、パラ魔構成の魔が比較的楽というわけがわかったような気がする。

とはいっても、他にも激しい雄叫びやHP減ったあとのおぞましい雄叫びや紫雲の竜巻も凶悪なので、ちょっとでも崩れると一気にカオスと化すことも多く、危険。

逆にものすごく楽に勝てることもあり、結果として10戦全勝できました。

あと、周回の途中でミネアに会って審判を引いたのがすごくラッキーだった。
実際、尋常じゃないくらい「1」の文字が飛び出る(つまり瀕死で生き残る)ことが多かった。なければもっと苦戦してたか、1回は全滅してたかも・・・

ともあれ、ありがとうございました。
今回は珍しくアクセの現物が結構出て、10戦で箱40箱中現物10個。(復元3個)なかなかいい感じだった。
金のロザリオは、みちびき検証で周回してた際にテリーによく渡していたこともあり、HP金ロザの方はすでに完成していたので、今回は当然ながら攻撃を狙う。12回合成して、攻+5は1回きた。1回でもくればまあ御の字かな。(とにかく私の場合、リーネ合成は最初の理論値1回目がなかなか来なくて苦しむアクセが多いのだ)

札ボスは入手手段も面倒でかなり偏った構成が求められるため、時期のがすとなかなか持ち寄りできない。今回は自分にとってもありがたかった。

最後に、恒例の、導き周回履歴について。

総周回数:6110
トルネコ:303 (4.96%)
ミネア :331 (5.42%)
テリー :328 (5.37%)
カンダタ:1009 (16.51%)

大台記録をすぎたばかりなので、次のトピック的な数字まではしばらくかかりそうだ。

今日はここまで。では、またー

« ドラクエ悪役名鑑 その171 魔元帥ゼルドラド | トップページ | ドラクエの謎考察 その157 »

ドラクエ10」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: <ドラクエ10> ゴースネル10連戦:

« ドラクエ悪役名鑑 その171 魔元帥ゼルドラド | トップページ | ドラクエの謎考察 その157 »