« <ドラクエ10> 最近のアストルティアの経済事情 | トップページ | <ドラクエ10> パクレ警部の事件簿のもたらす影響の大きさ »

2019年1月25日 (金)

ドラクエの謎考察 その194

こんばんは。

ドラクエの歴史やストーリー、つながりや謎を解明するお話し 第194回

・ドラクエ時系列の考察が壊れるかも・・・・

今日の考察は個人的な感想と不安をつづる話でドラクエ10の話題として書くべきか謎考察として書くべきか迷ったが、時系列の話に影響が大きくありそうな予感がするので、ここで書いておく。

ドラクエ10につい先日実装されたあるクエストでドラクエ10だけではなく、他のシリーズのストーリーにすら重大な影響がありそうなものがあった。

これは、時間も次元も自在に操り、人の記憶も操作できてしまうという、SFでよくある、「今我々のいる世界は高度な文明をもつ宇宙人により箱庭のように管理されている」
的な、高度な存在が登場してしまったのだ。

いくらなんでも、そんな存在をドラクエの世界上に存在させてほしくなかった。

もっとも、このクエスト自体、話が支離滅裂していて回収されていない伏線がやたらあったりと、もしかしたら後になって、「そんなものは存在しませんでした」というオチになってくれる可能性も無きにしも非ず、なのだが。

ドラクエ10の世界は神話編の途中で、ドラクエ9の後の世界であることがわかる設定がされている。また、6の世界からグランマーズやダークドレアムがきていたり、魔法の迷宮にトルネコ、ミネアなどの別世界の住人がきていたりするので、なんらかの関係で他のシリーズとつながっている。
となれば、世界の歴史を操作できるような存在が上にいたりすれば、全ドラクエのストーリーはその「高度な存在」による茶番にされてしまう・・・・・

時をさかのぼって未来・過去を変えるストーリーは5にしろ7にしろ11にしろいくつか存在しているが、今回の10ででてきた存在は一線を越えてしまっている。

ドラクエ10の「おはなし掲示板」が炎上している。たしかに10の物語自体が茶番と化すような存在が出たせいで、そんなら主人公じゃなくて、その組織がラスボス倒せばいいんじゃないかという批評がいっぱい。
堀井雄二氏はこのクエストの設定にゴーサイン出したのだろうか。サブクエストなのでもしかしたら目を通されて可能性もあるが。
いずれにしろ世界観が壊れる要素。

このお話し、今時点では完結してるサブクエストだが、後にその存在が否定されるオチをどこかでしてほしいと切に思う。

2019年1月現在、上記のとおりの懸念がある。
あとになって振り返って、一時の杞憂で終わったことになることを願いたい。

追記:その後、運営から例のサブクエストは夢想設定でしたと回答があり、上記の存在はないものとなりました。とりあえず事実でなくてよかったと思う

今日はここまで。では、またー

« <ドラクエ10> 最近のアストルティアの経済事情 | トップページ | <ドラクエ10> パクレ警部の事件簿のもたらす影響の大きさ »

ドラクエの謎考察」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ドラクエの謎考察 その194:

« <ドラクエ10> 最近のアストルティアの経済事情 | トップページ | <ドラクエ10> パクレ警部の事件簿のもたらす影響の大きさ »