« ドラクエの謎考察 その195 | トップページ | ドラクエの謎考察 その196 »

2019年2月 5日 (火)

<ドラクエ10> バトルトリニティ対抗戦は傍観立場で

こんばんは

パクレ警部の事件簿で炎上してたいへんなことになっていたドラクエ10だが、現在、パクレ以外も問題山積みのままリリースされているコンテンツがある。

気になっている方も多いと思うが、バトルトリニティである。

はじめに断っておくが、私はバトルトリニティの対抗戦はエントリーしていない。
その上で今の問題点を外側から傍観立場で考察してみる。

PVP(対人戦)なのだが、ルールや仕様が未完成のため、なにかと裏を突いたりというか本来の遊び方を逸脱することが広まってしまっています。

何故にそうなっているのかというと、対抗戦中限定のトリニティの報酬のアイテムが、いわゆるこのコンテンツ限定かつ期間限定であること。
そして、その報酬アイテムを全て得るためには、トラシュカやプリズランなどよりもはるかに時間がとられること。

対抗戦なので、勝利することが第1目的のはずなのですが、アイテム交換に必要なポイントが結構膨大なうえ、個人ポイント(熟練度)を稼ぐのに一番良い方法が勝利を度外視する戦略になってしまうことです。
トリニティもオートマコンテンツなので、勝利を狙いに行く人と個人ポイント獲得を最優先する人が分かれてしまうため、いろいろと問題を起こしています。

その中でも「移民」と呼ばれる戦略が個人ポイントを得る目的として手っ取り早いとしています。バトルトリニティはジュエルを取って納品する、という基本目的に、陣取りゲームや一部コロシアム的な要素が複合的に含まれています。

その中で、陣取り要素が個人ポイントを多く得ることができるようです。複数名で陣を占領し、そのあとさらに移動して別の陣をとりにいってというやり方をする「移民」が効率が良いようです。その反面、ジュエルは取らないし、バトルで積極的に敵を倒すこともしないため勝利するためのポイントはまず稼げず試合には負けてしまうというもの。

この移民戦法をすることで、通常の倍の個人ポイントを稼げるらしいです。報酬アイテムを全て交換するポイント的には、普通にやってくと10~12時間くらいかかるところを4~5時間でできるようなので、移民プレイに走る人もそれなりに出てきてしまうようです。

また、今回の対抗戦における報酬のルールも問題あります。

対抗戦を通しての優勝チームに所属したチームは賞金がもらえます。また、上位1000名にはさらに上乗せの賞金があります。
しかし、これは、全て優勝したチームのみです。たとえ全プレイヤー総じて1位のプレイヤーであっても、優勝したチームに所属していないと1Gも賞金はありません。
反対に優勝チームに所属していれば1勝もしていないプレイヤーも賞金がもらえてしまいます。下手すると、登録だけして全く戦わない人もいるかもしれません。

そして、対抗戦の前半は移籍が自由にできてしまいます。

今回はエルフ軍団の天狐アマツカゼが圧倒的優勢らしいです。上記のルールで言えば、優勝したチームにしか賞金はないので、おそらく移籍ができなくなる後半戦の直前にほとんどの人がアマツカゼに移籍してしまうのではないでしょうか。

そしてこの仕組みだと、移籍可能な前半にアマツカゼ以外で移民をして個人ポイントを稼ぎ、報酬アイテムとったらアマツカゼに移籍する、というのが多く出そうです。

ガチで勝ちをとりにいくプレイヤーは後半戦どうするのでしょうか。
アマツカゼに人が集まりすぎるとマッチングが困難になり、まともに試合が成立しなくなる予感もします。
また、乗り遅れたプレイヤーが後半戦でも、個人ポイント狙いのプレイをする人がいるかもしれません。
可能性は非常に低いですが、強いプレイヤーある程度まとまってわざと弱小国に移籍してドンデン返しをすると面白そうと思います。
アマツカゼは勝ち馬にのって移籍したプレイヤーが多くなるので、密度的に強いプレイヤーの比率が低くなります、すると、強いプレイヤーが集団移籍したりした場合、その小国は圧倒的勝率を得る可能性もあるのかもしれません。

ただ、あくまで、勝率ではなく勝ち点の量で優勝がきまるので、人口の多いアマツカゼは毎試合ほぼ必ず参戦できる状態と思われます。たとえ勝率が一番でなかったとしても量で優勢なのは間違いないので、アマツカゼ有利なことにはかわりありません。

さらにトリニティでは緑チャットができるため暴言があったり、シャゲダンという煽り行為(コロシアムにおけるジャンプ行為のようなもの?)もあるようです。配信晒しといったコロシアムでも問題になったものが散見されるようになりました。

今回は私は傍観することにします。

いろいろ改善しないといけなさそうな点が多いようです。提案広場も結構荒れています。
難しい問題ですが、うまく改善されていってほしいと思うこのころ。

最後に導き履歴について

総周回数:8965
トルネコ:451 (5.03%)
ミネア :478 (5.33%)
テリー :470 (5.24%)
カンダタ:1491 (16.63%)

いよいよ9000周の射程にはいってきました。今週中に達成できそうです。先週は珍しくカンダタが少なくトルミネテリーが良く出た。

今日はここまで。では、またー

« ドラクエの謎考察 その195 | トップページ | ドラクエの謎考察 その196 »

ドラクエ10」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: <ドラクエ10> バトルトリニティ対抗戦は傍観立場で:

« ドラクエの謎考察 その195 | トップページ | ドラクエの謎考察 その196 »