« <ドラクエ10> Ver4.5の情報が出てきました | トップページ | <ドラクエ10> Ver4.5を迎えるまでにやるべきこと »

2019年3月15日 (金)

ドラクエの謎考察 その201

こんばんは。

謎考察も200回を超えて

・ドラクエに使われる曲の最近の事情

ドラクエの音楽はナンバリングでは8以降、すでに使われた曲が再度登場することが多くなっている。外伝はもちろん、ナンバリングの曲をそのまま使っているものもある。

が、選曲にかんしては最新の11や10については、なかなかいい使われ方をしているなと感じている。

では、いろいろな局面で使われている曲について、いくつか思うことをかいてみる。

■精霊の冠

初出は6。
序盤のライフコッドの精霊まつりやレイドックの主人公の回想など、イベントのメインテーマとなるようなところでかかる。
ドラクエ11では人魚のロミアにからむストーリーで流れる
ドラクエ10では、Ver4.2やVer4.4のある場所である。

イベント中心の場所で流れるが、ドラクエ10(特にVer4.4)で流れる場所は他の作品と全くちがうシチュエーションであるのだが、曲は妙にマッチしている。

■不死身の敵に挑む

ドラクエシリーズのボス戦曲で、おそらく一番プレイヤーのテンションが上がる曲ではなかろうか。
初出は5で、いやがようにも「ゲマ」戦のイメージがある。その次に使われたのがバトルロードのとどめの一撃を放つときや鍔迫り合い時にかかる曲。

ドラクエ10では、Ver2.0の魔勇者アンルシア戦の最終形態で初めてこの曲が流れた。ものすごくテンションが上がった記憶がある。

ラスボス戦以外では、やはりクライマックスシーンにぴったりな曲といえる。

外伝系でも、ほとんどの作品でテンションが上がる展開のボス戦で使われている。

■トルネコのテーマ

トルネコはドラクエ全作品で最も多くのシリーズに登場しているキャラクターなだけに彼のメインテーマであるこの曲が使われる箇所も多い。

そしてトルネコが主人公のトルネコの不思議なダンジョンシリーズでは、ダンジョンのほとんどが、トルネコのテーマをベースにした曲にされている。
トルネコの不思議なダンジョンシリーズだけでも10種類以上あるはず。

ちなみに個人的にはトルネコ2のかなり深い階層で流れてたコーラスがかかるようなやつのがいい感じ(気のせいか宇宙戦艦○マ○的な・・・・)

■勇者の挑戦

もう説明する必要もない「ゾーマ戦」の曲。当然ながらゾーマと戦闘する際に流れる。
別の謎考察で触れたが、11のニズゼルファ戦にも流れるが、これはゾーマと関連することがかなり高い(ゾーマそのものの可能性もある)から。
10のVer4.1のラスボスであるネドロス戦でもかかる。こちらももしかしたらゾーマと関連があるのかもしれない。

ドラクエ10での勇者の挑戦は曲のボリュームがなぜか小さいのがちょっと残念。

■哀しみの日々

ドラクエ7過去(封印されている)町の曲。わりと暗くてすくいきれないようなストーリーが多い7の象徴というべき曲。

ドラクエ10のVer3以降でも頻繁に使われるようになった。
Ver3では各バージョンの最後の振り返りの場面で流れ、ある意味Ver3のメインテーマとなっている。

そういう意味でもドラクエシリーズでも鬱ストーリーを代表する曲なのかもしれない。(Ver4のほうがもっと鬱展開と思う人もいるかもしれないが)

■海図を広げて・エーゲ海に船出して

前者が4,9,11における船の曲。後者が6の船の曲と10の水の領域で使われた。

どうやら、海図を広げてが「船」の曲、エーゲ海に船出してが「海」の曲というイメージか。

■コロシアム

ドラクエ4はエンドールの武闘大会の会場にて、10では文字通りコロシアムや古代オルセコにて、11でも仮面武闘大会と、早い話、闘技場のテーマ。

このコロシアムの曲の途中に、G1ファンファーレに似たメロディが流れる箇所があるが、それも無理もない。なぜならG1ファンファーレ(東京・中山競馬場)の作者も同じすぎやまこういちだからだ。

■荒野を行く

アレフガルドのテーマ曲。当然ながら1や2のアレフガルドで流れる。3ではアレフガルドにてという曲がこの曲をベースにしている。

ドラクエ10のVer4.3のPVでこの曲が使われていたが、Ver4.3の古代のドワチャッカのフィールドでは使われなかった。そのため、これはVer4のラストであるVer4.5のフィールドで使われる可能性が高そうな気がする。

■哀愁物語

個人的にドラクエで一番好きな曲であるので最後に書いたが、ドラクエ11をプレイしてこの曲が使われていたのは感動した。
初出はもちろんドラクエ5。
ドラクエ11ではユグノア城跡の墓の前でのイベントシーンで最初に使われ、その後も、主人公の親に関わるエピソードで流れる。これはドラクエ5のパパスの遺言の手紙を読むシーンと重なるようなものがある。

実はひそかにドラクエ10のVer4.5でこの曲が使われるのではないかと密かに期待している。主人公の親の可能性が高い存在がすでに提示されており、その結末で使用されるのではないかと思うから。

※あくまで2019年3月14日時点での希望からかいたものなので、Ver4.5プレイ後、大きく異なっていたら削除・修正しますのであしからず。

今日はここまで。では、また~

« <ドラクエ10> Ver4.5の情報が出てきました | トップページ | <ドラクエ10> Ver4.5を迎えるまでにやるべきこと »

ドラクエの謎考察」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ドラクエの謎考察 その201:

« <ドラクエ10> Ver4.5の情報が出てきました | トップページ | <ドラクエ10> Ver4.5を迎えるまでにやるべきこと »