« <ドラクエ10> Ver4.5を迎えるまでにやるべきこと | トップページ | <ドラクエ10> ゼルメアで最新装備取ってきました »

2019年3月21日 (木)

ドラクエの謎考察 その202

こんばんは。

ドラクエの歴史や噂、裏設定、都市伝説に触れてみるおはなし

・ドラクエ内における「旅」するために利用するものについて考えてみる

ドラクエの世界は、いわゆる西洋の中世の時代がだいたいモチーフになっている。
現在とは違い、一般市民が世界中を巡る旅にでることはほとんどない。
しかし、交易商など、世界各地を移動する人も存在している。

ドラクエの主人公も、何らかの目的を持って世界中をめぐる。
では、ドラクエにおける、旅をするに必要な各種施設や移動手段などについて考えてみる。

◆宿
ドラクエでも、新しい街にたどり着けば宿屋を探して一泊するものだ。特に昼・夜の概念があるシリーズの場合、夜まで休んだり、夜止まると朝になるものもある。初代1から存在し、イベントが起こることもよくある。
ドラクエ1では、ローラ姫を連れて宿屋に泊ると「ゆうべはおたのしみでしたね」となるのは周知のネタである
ドラクエ5では、アルカパの宿で例のイベントがあるのも有名。
また、宿は塔やダンジョンの中にあったり、普通では寝泊りするような場所じゃないだろ的なところが宿になっているものもある。

◆お店
お金で売買をする施設がある以上、モノを売ってる店が存在する。武器やら旅の必需品など、なぜかそのときどきにあわせてモノが売っていたりする。

◆銀行
何故かドラクエは現在に通じる貨幣経済がほとんどの場所で成立している。ならば、当然というか銀行があってもおかしくない。
ただし、ドラクエにおける銀行は単にお金を預けるだけの場所として存在する。リアルの世界における銀行の存在意義が全く異なる。
もっとも、リアルのように銀行からお金を融資してもらったりするシステムを作られたらそれはそれでシュールなのだが。
ちなみに借金ができるシステムのRPGはあったのを覚えている。確か返済時期までに返せないと借金取り立てモンスターが襲ってくるような設定のものが。
ドラクエ10ではダークキングがdark=闇 キング から闇金と略称されているが、借金できるシステムをつくったとして、返済が滞るとダークキングが取り立てにきて戦闘になり、敗北すると身ぐるみ剥がされたり、家を差し押さえされるようなものを作ったら面白いかもしれない・・・
そういえば、敗北すると伝説の装備を全てはぎ取られるドラクエ6のデュラン戦を思い出した・・・・  借金のカタに取られるわけじゃないけど

◆馬車
ドラクエにおける移動は馬車というイメージがあるが、実際、4,5,6,8,11は馬車による移動。
これらは複数名のキャラが同席可能で、メインメンバーを入れ替えることもできる場合が多い。
8は入替こそできないが、馬がミーティア姫だったりとストーリーそのものに関与する場合も。
6ではペガサスになって空を飛べるように。
ドラクエ10では馬車はあるが、プレイヤーキャラが直接の行きたい場所への移動用としては使われない。プレイヤーキャラは個人~4人用の乗り物がある。とはいっても、近未来的なドルボードという浮遊移動装置みたいのからはじまり、バイクだ、車だ、といった世界観が異なるものもある。魔法のホウキや絨毯だったり、モンスターに乗ったり、普通に馬にのったりといろいろ。あげくのはてにはUFOにまで乗れる。棺桶のようなネタな乗り物まである。

◆旅の扉
前に別の考察で書いたが、渦を巻いているような場所へ入ると別の決まった場所へワープする。
ドラクエの場合、新しい大陸へ移動する際に、この旅の扉を使うケースが非常に多い。実に全作品登場し、これなしで新しい土地へ行けないこともしばしば。

◆酒場
宿屋があれば酒場がある。
テーブルトークRPGでは、情報収集したり、仕事の依頼を受ける場所として使われることが多いが、ドラクエでは主にメンバーを集める場所である。まあ、人が集まる場所としての施設か。
3,10では新米の冒険者が登録される場所でもある。モンスター酒場という名の仲間モンスターの入替する場所もある。
酒場を発展させて娯楽施設を発展させたものもあり、冒険とは関係ないが、カジノや闘技場があったりする。

◆定期船
大陸を渡るために定期便で行き来している航路を船で移動するというもの。ドラクエでも結構見かける。
ドラクエでは、なぜかその手の船はイベント上一方通行になっており、一度わたってしまうと戻れないケースが多い。
ドラクエ4の4章のラストみたいに封鎖直前の最後の定期便に乗る、というケースもあるが、なぜか定期船がとだえてしまう状況になる場合も多い。
ドラクエ10のグランゼドーラへの航路はストーリーを進めれば正しく進むが、やはり、あるところまでは、変な場所にたどり着いてしまう。

◆鉄道
ドラクエの世界にも鉄道が存在する。9と10だけだが、9では天使が使う空飛ぶ列車の設定で、のちに主人公が空を移動する乗り物である。
ドラクエ10の鉄道は、本当に各駅をつなぐ列車になっていて常時運行されている。ちなみにドラクエ10のの列車である大地の箱舟については、ちゃんと歴史まで設定がされており、ストーリーのある時点で過去に行くと、開通前の駅が準備中になっているのをみることができる。また、カミハルムイが首都を移動したため、古い路線が廃線区間としてあるマップに残っており、そこでは幽霊列車という七不思議が見れる場所も。
各駅には名産品が売っており、ストーリー中賢者ホーローはこの列車の中で遭遇する機会が多く、たいてい駅弁を食べている。
アスフェルド学園へは専用の列車でいくようになっている。初めて学園にやってくるときの列車で到着するムービーは間違いなくハリー・ポッターが元ネタなのかと思う。

◆トンネル
人が行き来するために掘られた用途としてのトンネルだが、以外にもロトシリーズから存在する。
ドラクエ3で沼地の洞窟が工事中になっていたのを覚えているだろうか。そう、1で、リムルダール地方へ抜ける、あの洞窟のことだ。
ドラクエ4では、ブランカとエンドール間にトンネルがあるが、これは、トルネコが出資して開通させたものだ。

今日はここまで。では、またー

« <ドラクエ10> Ver4.5を迎えるまでにやるべきこと | トップページ | <ドラクエ10> ゼルメアで最新装備取ってきました »

ドラクエの謎考察」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« <ドラクエ10> Ver4.5を迎えるまでにやるべきこと | トップページ | <ドラクエ10> ゼルメアで最新装備取ってきました »