« <ドラクエ10> エイプリルフール2019年版 | トップページ | <ドラクエ10> ロンデからテリーの報酬もらう時のこと考察 »

2019年4月 5日 (金)

ドラクエの謎考察 その204

こんばんは。

ドラクエにおけるこれまでの歴史やストーリー、導入などに触れるお話し 第204回

・「ドラクエ」の世界に持ち込まれたモンスター等の由来の神話などに触れてみる

ドラクエは、初代1がつくられたときのコンセプトとして割とありきたりな世界設定でRPGというものにふれてもらおうと、ラスボスはドラゴン、途上の世界背景やモンスターは典型的なファンタジーRPGの形式で導入された。

これら、ファンタジーモノはいろいろな神話や宗教などの元ネタがある。それに触れてみよう。

◆ギリシャ神話

RPGのモンスターで典型的なものの起源がギリシャ神話のものがかなりある。
ドラクエでもギリシャ神話が元ネタなモンスターはたくさんある。

一つ目の巨人サイクロプスは他のRPGでもよく出てくる。このグラフィックのギガンテスやアトラスもギリシャ神話出身。
キマイラ(キメラ)は一般的には合成獣の代名詞とされているが、起源としてはギリシャ神話のキマイラになる。神話のキマイラはヤギ、ライオン、ヘビの合成獣。
視線を合わせると石にされることで有名なメデューサやゴーゴンはドラクエで直接のモンスターとしては登場しないものの、メドーサボールとゴーゴンヘッドの名でモンスターがいる。神話のヘビ頭がボール状になっているので起源は同じだろう。
頭がたくさんあるヘビ(ドラゴン)であるヒドラもギリシャ神話発祥。これも有名。
半人半馬のケンタウロスはなぜかケンタラウスと微妙に名前を変えて登場している。
地獄の番犬ケルベロスもギリシャ神話発祥のモンスターで有名。ドラクエでは7に登場している。
エンプーサはあまり知られていないがこれもギリシャ神話発祥。神話ではロバの足を持った女の姿で男を誘惑する怪物である。

武器の名前にギリシャ神話のモンスターや神の名がついているものがある。
特に杖や弓にギリシャ神話由来のものが多い。

◆北欧神話

日本語では狂戦士と訳されることが多いバーサーカーはベルセルクとも言われるオーディンの戦士である。
ドラクエ10にある、一連のクエスト「人形たちのラグナロク」は登場人物から全てストレートに北欧神話の神の名が使われている。
最終話でオーディンにあたる人物が・・・・というのもあるが、なかなか凝ったつくりになっていた。
ドラクエにおける世界樹は北欧神話の世界樹ユグドラシルのような存在であろう。
武器の名前が北欧神話由来のものがかなりある。杖のユグドラシルや槍のゲイボルグ、短剣のフェンリルなど。
グリンガムのムチのグリンガムはおそらくユグドラシルに止まっている金の鶏グリンカムビではないかと思われる。

◆エジプト神話

ドラクエ3の砂漠の町「イシス」、ドラクエ7の砂漠の国などで、エジプト神話がモデルになっている命名がされているものが多くある。
イシス自体エジプト神話に登場する女神。ドラクエ7の砂漠の国の墓にはハトホルやアナトといったエジプト神話の神の名がある。
ドラクエ10のピラミッドで入手するブローチ、アンクにはアヌビス、セト、イシス、セルケト、オシリス、バステトとあるが、これれは全てエジプト神話の神の名である。

◆メソポタミアの神や神話

シュメール神話、ギルガメッシュ叙事詩などを含めた、古代メソポタミア発祥の神話や信仰の対象になった神。
こちらも以外と多くのものが存在する。

ドラクエ4のフンババの元ネタがギルガメッシュ叙事詩で登場する巨人。炎や死をふりまく息を吐くという。
同じく4登場のダゴンは古代フェニキアの神。だが、のちに旧約聖書で悪魔扱いにされ、海の悪魔とされている。タコのモンスターなのもそれが理由だろう。
ドラクエ10のVer1のラスボスの冥王ネルゲルは、バビロニアの神ネルガルが元ネタとなっているようである。ネルガルは太陽神であるとともに戦争と災厄の神でもあるという。(メソポタミアでは太陽の強い夏至の時期は死をもたらす季節とされ、これはドラクエ10におけるレイダメテスで力を蓄えていたネルゲルのシチュエーションにマッチする)
バズズもメソポタミア神話悪霊パズズが原点であるようだ。海外版のドラクエではPazuzuとなっている。

◆インドの神や神話

象の姿の神ガネーシャはインドの神。ドラクエ5のガネーシャは象そのものだが、10以降のガネーシャエビルは擬人化した象になっている。
ドラクエ9に出てくるギリメカラもインド由来。女神転生シリーズのほうが存在としては有名。
9、10に出てくるハヌマーンは原典では猿の姿をした神であり、キマイラのような姿をしたドラクエとは異なる。

ドラクエ10の災厄の王が使う「インドラの矢」という技があるが、このインドラもヒンズー教の神。

◆アラビアンナイト

ドラクエ6に登場したランプのモンスターやランプの魔人のモンスターはアラビアンナイトが由来であろう。
ランプの魔人はアラビアンナイトではジンとかジニーとかいわれている。
魔法の絨毯もアラビアンナイトのものがモチーフ。
モンスターズシリーズにしかなぜかいないロック鳥もアラビアンナイト由来。象すらも捕えて飛び去れるほどの超巨大な鳥である。

今日はここまで。では、またー

« <ドラクエ10> エイプリルフール2019年版 | トップページ | <ドラクエ10> ロンデからテリーの報酬もらう時のこと考察 »

ドラクエの謎考察」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« <ドラクエ10> エイプリルフール2019年版 | トップページ | <ドラクエ10> ロンデからテリーの報酬もらう時のこと考察 »