« <ドラクエ10> ロンデからテリーの報酬もらう時のこと考察 | トップページ | <ドラクエ10> イースターイベント »

2019年4月12日 (金)

ドラクエの謎考察 その205

こんばんは。

ドラクエにおける長く語り続けられる歴史や伝説、世界観に触れるお話し 第205回

・ドラクエにおける固有の言葉で特に有名なものに触れてみる。

ドラクエにおける単語や有名な台詞が一般に使われているものが結構ある。そのいくつかをピックアップしてみる。

◆へんじがない。ただのしかばねのようだ。

洞窟や地下牢などで白骨化した死体を調べるとこのメッセージが表示されることが多い。
白骨でなく普通の死体などでもでることがある。

一般では、話しかけても返事が全くなく、気づいてないのか無視されているのかということを含めた意味でこの言葉が使われることがある。

◆メガンテ

ご存じ自爆して敵に大ダメージを与える呪文。

リアルでは、やぶれかぶれになった人が、他人を巻き添えにして大迷惑をかける行為を行うことにこの言葉を充てることがある。
英語版がKAMIKAZEEとなっているように、やはり、この言葉は自らの命と引き換えに大打撃を与える行為の意味として使われている。

◆ドラクエ歩き

2D表示されていた7以前のドラクエでは3~4人が連なってあるくさまをこう表現することがある。

特に馬車がないときは、本当に3,4人が縦列行進するようなならびで移動するのでこういわれることがある。

そういえば、数年前、トヨタのアクアのCMでドラクエ3の冒険の旅のBGMにのって城から4台4色のクルマがまさに「ドラクエ歩き」のように並んで出てきて走っているのを思い出した。まさにアレである。

◆お気の毒ですが、××××は消えてしまいました。

原文はカートリッジソフトだったFCやSFC時代のドラクエのデータが消えるときに出る「おきのどくですが ぼうけんのしょXは消えてしまいました」

仕事でPCを使う人ならわかると思うが、ファイルが壊れてしまったり、保存する直前にPC端末がフリーズしてしまったり、運悪く寿命や故障でハードディスクが飛んでデータが全滅する憂き目に遭うことがあるだろう。そんなとき、その当事者の頭の中に、あの呪いのモチーフとともに、このメッセージが再生されてしまうのだ。

◆ゆうべはおたのしみでしたね

ドラマ化されたヤングガンガンの漫画のタイトルそのままで、ドラクエを交えて交際~結婚に至るような話を表現した言葉。
元ネタは当然、初代1にあった、ローラ姫を王様の元に連れて行く前に宿屋で一夜あかしたときに言われる台詞。

◆DQ

ドラゴンクエスト(DRAGON QUEST)を略した表記。DQと書いてドラクエ、あるいはディーキューと読む。

幸い、一般用語でDQと短縮されるものは他にはあまりないので、一般的にはDQといえばドラクエのことと思うことが多いだろう。
ドラクエは初登場から30年以上が経過している。50歳台までの人ならDQ=ドラゴンクエストと理解されることが多いと思われる。

一般的にナンバリングがDQxx  (xxは数字)だが、外伝系だとパッと見どの作品かは以外とわかりにくい。

◆会心の一撃/痛恨の一撃

これも割と普通に使われている言葉ではなかろうか。
割と一般会話にも使われていると思われる。

◆勇者

これは、一般的に2つの意味で使われる。
ひとつは、RPGの主人公の総称として使われる。ドラクエシリーズでは本当に主人公が勇者なのは1~4、11だけだが、人によっては全シリーズの主人公が勇者であると思っている方もいる。
もうひとつは、「勇者プレイ」。いわゆる俺TUEEEE型プレイができるまでに強くなったキャラのこと。カンストまで上げて、最強装備に各種スキルを覚えたキャラはもはや敵なし。 ただし、オンラインである10だけはカンストレベル基準で最新ボスやエンドコンテンツがつくられるため、「勇者プレイ」ができることはない。

 

今日はここまで。では、またー

« <ドラクエ10> ロンデからテリーの報酬もらう時のこと考察 | トップページ | <ドラクエ10> イースターイベント »

ドラクエの謎考察」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« <ドラクエ10> ロンデからテリーの報酬もらう時のこと考察 | トップページ | <ドラクエ10> イースターイベント »