« 2019年6月 | トップページ | 2019年8月 »

2019年7月

2019年7月30日 (火)

<ドラクエ10> みちびき検証10000周結果まとめ その5

こんばんは。

導き周回1万回の検証の考察 今回でとりあえず区切りとします。

◆確率が偏ると恐ろしいことが起きる現実の記録

では、前回も周回検証の最後に書いた、瞬間的にはありえないことが・・・ということを書いてみます。

まず、トルミネテリー各キャラに会うために最大何周した記録があるか。
これは、現実です。100周以上の記録を全部記載します。

・トルネコ間最大ハマリ

141周:2018 2/9-3/9
116周:2016 9/22-10/8
100周:2017 8/30-9/10

・ミネア間最大ハマリ

134周:2016 11/4-11/18
117周:2017 6/24-7/16
108周:2018 9/24-10/11
108周:2019 1/20-2/19

・テリー間最大ハマリ

162周:2019 2/6-2/23
148周:2018 9/8-9/23
135周:2018 10/8-10/20
126周:2018 8/10-9/5
107周:2018 6/19-7/7

ものの見事にヒドイ結果が出ています。
テリーの162周ハマリは2/26に記事にしたくらいですが
※この記事、一部ミスあったので修正しました。失礼しました
ここまでひどいと割と悲惨。 
もし聖守護者でミネア有効だったときのミネア周回でこういうハマリ食らったり、
期限切れ近いカードを「テリーが出るまでかえれま10」してたときだったりすると目もあてられないでしょう。

次に導きキャラ間やトルミネテリー間のハマり

・導きキャラ間ハマリ(カンダタすら出ない連続記録) 20周以上

28周:2018 3/25-26  ※3/26 1日分だけでも26周
23周:2018 2/23-24  ※2/24 1日分だけなら20周
21周:2017 6/3

・トルネコ・ミネア・テリー間ハマリ 40周以上

46周:2017 9/6-8
42周:2017 11/6-11
41周:2018 2/23-25

前回5000周のときもそうでしたが、この記録は結構固まって現れます。
前回より後のワースト記録が2018年の2~3月にやはり集中しておきました。

 

◆導きキャラ遭遇の価値をGに換算してみる

最後にトルミネテリーについて、私的に導き遭遇をGにするとどのくらい価値があるのかを考えてみます

・カンダタ
がまぐちがメダル平均5枚で約2000G
金庫が平均1000Gくらい
薬箱は賢者、霊薬、葉っぱ以外はほとんど価値なしなので600Gくらい
だいたいカンダタ遭遇の価値は平均で1200G程度でしょうか

・トルネコ
単純にトルネコからが最も安く入手できるエルフの飲み薬やはぐめたコインの仕入れバザー差額
30000~40000Gくらいの価値か。
ただし、初期のコロシアムや最近だとジェルザーク用などで拳闘士の盾の需要が突如でることが。
これはトルネコから買う以外に方法がない(しかも必ず売っているとは限らない)
どうしても拳闘士の盾が欲しい時期であれば考え方によっては100万Gを超す価値があることも。

・ミネア 
これは、効果のカードもボスカードも何をもらえたかによって天と地ほどの違いがあるかと。
効果のほうは、レギロガに必須だったころで考えると死神・審判は100万Gは下らないかと。
聖守護者無効化された後では皇帝が10万くらい、死神・審判は5万くらいかな
そのほかのカードはほとんどゼロに近い価値しかないかも。
ボスカードはコインの8割程度と見て取れるので、最新ボスなら32万くらいの価値はある。
福引から脱落しているがSPにないもので需要高のアクセボスなら5万くらい価値はある。
そして、以外と重要なのがプチ化できるSキラーマシンとドン・モグーラのカード。
この2つはSPで手に入らない。プチ化できない店売りコインより価値は上(6万強くらい)と思われる。

貰えるものとミネア効果の需要によって大きく変動すると思う。
ので、ミネア遭遇の価値は1万G~200万Gくらいの価値の変動はありそうな気がする。
ミネア効果が聖守護者で無効化されている2019年7月時点で考えると平均5万くらいの価値ではなかろうか。

・テリー
「ボスを代行討伐する」価値がどのくらいか。
サブキャラや弱い人は単純に討伐不可のものを渡すだろう。
逆にベテラン勢からみると、持ち寄りがあつまりにくく、ソロでやるのも面倒なものを依頼するか。
そして、意外とバカにならないのが最新の錬金石と福引券がもらえること。

これを考慮するとテリー遭遇の価値は2万(錬金石と福引券)+α(討伐料分)くらいではなかろうか。
討伐料分は人によって差がありそうなので算出は難しい。2~10万くらいか。

10000周の経過の考察は今日で区切りですが、周回そのものは10500周をこえました。
先日までの導き履歴

総周回数:10530
トルネコ:543 (5.16%)
ミネア :551 (5.23%)
テリー :550 (5.22%)
カンダタ:1758 (16.70%)

今日はここまで。では、またー

2019年7月25日 (木)

ドラクエの謎考察 その217

こんばんは。

ドラクエの移り変わりを振り返ってみるおはなし。 PART217

・ドラクエらしさとは

ドラゴンクエストが誕生してから38年。
ドラクエを初期からリアルタイムにプレイしている人はもう40歳台後半でしょう。

最近、懐古的に「ドラクエらしさ」についてリアルでいろいろ話をしたり聞いたりすることがあります。
そんな中、ドラクエをプレイする人も、今だとPS版の7や8の頃から始めた人、
ロトや天空シリーズのほうを後からリメイクでプレイした人の方が多くなってきました。

どこかで書かれていましたが、ドラクエ好き世代は20代より30代以降のほうが多いらしいです。
これは、なんとなくわかります。
ドラクエがものすごい勢いがあったのは、間違いなく、ロトや天空シリーズのころ。
また、ドラクエ9も瞬間的にはロトや天空シリーズよりも話題になった時期がありました。
若年層は8や9からドラクエを始めた人も少なくありません。

また、オンラインのドラクエ10のプレイヤー層も30代以上の人が多いとのことです。
小中学生プレイヤーは親子でドラクエしている人も多いとききます。

そのためか、「ドラクエらしさ」というとどうしてもロトシリーズ天空シリーズのイメージが強くなるわけです。
「ドラクエらしさ」満載のロトや天空シリーズには今のゲームのようなすごい綺麗なグラフィックはありません。
でも、それがいい、という人も多いのです。

ドラクエ11はPS4版と3DS版がだされました。
同じタイトルなのに、コンセプト的に明らかにターゲット層が異なっているのがみてとれるのですね。

今考えてみると昔ながらの「ドラクエらしさ」を表面に出したのが3DS版。
2Dモードや歴代シリーズの世界に行けるヨッチ族のコンテンツ。知ってる人にはたまらない内容です。
これは、間違いなく昔からやってきたプレイヤーに訴えるものを感じます。

逆にグラフィックがきれいで3DSとは逆に新しい要素が多いPS4版。
前に記事にしましたが、ドラクエでこれやるか的なものがあったりと驚いたものです。
こちらは、新しいドラクエとして訴えているように思えます。

基本のストーリーは同じです。ただ、思った以上に別のゲームといっていいくらい違うのですね。

こんなこと言っては失礼かもしれませんが、低年齢層が多い3DS版DQ11の方が年配向け、
比較的CEROレートが高いゲームが多いPS4版DQ11が今のゲーマー世代向けのように思えます。

RPGとしてドラクエは日本国内ではプレイヤー数もかなり多いです。
が、海外ではFFの方が断然人気があるようです。
どうしても漫画絵的なキャラが目立つドラクエはリアル画が受ける海外では苦戦するのかもしれません。

それでも国内では、このドラクエタイプのゲームが好きな方は多いと思います。

ドラクエも最近はソシャゲで登場した星ドラやモンスターズ、カードゲームのライバルズなど。
最近のはやりに合わせたものが台頭してきています。
オンラインも最近はFF14の方が勢いがありますがドラクエ10も登場から7年が過ぎています。
無双シリーズとして追加になったヒーローズ。
シミュレーション的要素をもったビルダーズなど新しいタイプも。
ポケモンGOに対抗するようなドラゴンクエストウォークも間もなくリリースされるようです。

もうすぐ、ドラクエ初代からの古参は50代になる人もいることでしょう。
あと10年くらいたてば孫とドラクエをする人も現れるかもしれません。

 

このブログを書き始めて、はや8年が経過しています。
時の移ろいを感じてしまう私も結構な歳になってしまいました。

今日はここまで。では、また~

2019年7月23日 (火)

<ドラクエ10> やっぱりエナジー天井はアクセ合成の神システムだったと改めて認識

こんばんは。

こんなタイトルなので、これから何の記事を書くのか予測できる方もいると思う。

サービス終了までないだろうと思っていたことが昨日ついにおきてしまいました。

そう、理論値アクセを作るのに最深天井である93回合成することが確定してしまったが現実に。

幸い、サブキャラのものではあるが、これだ。

Photo_20190722231401

伝承する前から合成しているので、2年半はかかっていると思うが
2年半やって、天井発動を除く90回一度も理論値の回復魔力+5がつかなかったんですね。
これが92回めの合成で最深エナジー天井が確定したアクセです。
夢じゃないです。現実です。(笑)
来週ピラミッドいって天井を発動させる最後の93回めの合成をして完成予定です。

ほんと、萎えます。

ちなみに、このサブのメレナのアクセ合成はいいのと悪いのが極端なんです。
前に画像載せましたが、エイロスがストレートに天井行った忠誠のチョーカーが初回いきなり+5きたり
銀ロザの理論作るより早く金ロザ二種の方が完成してしまったり。
(これは導き回し検証でのプチゴースネルテロの多さの方が原因だけど)

サブキャラなので、それほど急いで作ったつもりは毛頭なかったけど、よくよく整理したら
メレナよりアンク合成の合成運が悪い人存在するの?というくらいひどいです。
なんでピラミッド卒業寸前でもあるので他のアンクも全部載せてみます。
本当に壮絶な履歴ですよ。驚くなかれ!

Photo_20190722232601  

これはアンクの中でも最重要なHPアヌビス。これは第2天井で完成しました。
最初の1回は割とはやくきたけれど、その後は、天井まで一度も理論値つかず。
2回目と3回目の間が短いのは、この時期はブローチを砕いた分を全部アヌビスアンク用にしてたから。

Photo_20190722233301 

セトのアンク。これも前衛アタッカーなら最優先なアンクですよね。これも第2天井までいかされました。
こちらも10回目くらいに1回自力で理論値がついた後は一度もつかず、第2天井まで直行。

Photo_20190722233601

セルケトのアンクも第2天井で完成。
これも最初のころに一度だけ理論ついたのにその後一度もつかずに天井まっしぐら。
ホントひどすぎる。

Photo_20190722235001 

バステト。これは第1天井で完成しました。
1年半あいているのは当然優先順位低かっただけが理由です。
といっても、これも天井で完成なんですけどね。

Photo_20190722235201

サブもMPアヌビスつくりました。これは第1天井確定している状態で、次の合成で完成です。
なんで、早いはなし、来週、確定アンクからイシスかアヌビスが出ればメレナもピラミッド卒業です。
出なくても破片73個分確保できれば卒業。

ひどいよなあ、アンクは全部で8種類作ったわけだけど、そのうち6個が天井で完成だもんね。

というわけで、天井いかずに完成したのが次の2種類

Photo_20190722235701

サブの最初に完成したアンクで、ダントツに早くできました。
たった8回。第2天井最深天井いくのにこの差はいったい何なの(泣)

Photo_20190722235901

当然というか最後に載せるのはこれです(笑)。たった5回で理論値完成。
さすが、守備つけさせたら右に出る者はいないラスボスリーネの真骨頂です(怒)

今振り返ると、アクセ合成は合成エナジーがまさに神システムですね。と改めて感じます。
もし、エナジー天井なければ、2年以上続けても全く進捗しない可能性があったわけですから。
100回合成して一度も最大値つかないとか考えるとゾッとします。

ちなみに、会心の合成1回の価値をゴールドに換算するとどのくらいになるのでしょうか。

仮に理論値が5%でついて今の最新のボスコインが40万とすると約20回で1回つくと仮定。
4人持ち寄り2周で現物1個と破片で1個分が平均だと思うので、コイン1枚がアクセ1個と計算。
800万ですね。実際には、コインボスと戦う労力と時間もあるわけだから1000万くらいでしょうか。
リーネ会心券が仮に1000万Gで販売されたとしたら・・・・・絶対買う人たくさんいると思う。
持ち寄りしないともっと経費必要だから、この金額では安すぎるかな。

それに、時短アイテムを課金で出すって話もあるので、会心合成がリアルマネーで買えるとかありえそう。
マイタウンが平均8万円で買えると算出されているとすると、1円で2500Gとして
会心合成券が4000円・・・・  ありそう。と~っても嫌な予感するけど課金アイテムで出してきそう。
てか、ソシャゲで月万単位使うような人なら1万円でも買いそう。

自分で書いて怖くなったが、こんなアイテムは課金では絶対出してほしくないですね。

 

さて、先週までの導き履歴

総周回数:10458
トルネコ:539 (5.15%)
ミネア :550 (5.26%)
テリー :543 (5.19%)
カンダタ:1746 (16.70%)

導きのほうは、最近は可もなく不可もなくといった感じで出現しています。
若干ミネアがまた増えたかな。
ミネアからもらった三将軍がすぐテリーに渡せていきなり現物でかえってきたのが嬉しかったり。

今日はここまで。では、また~

2019年7月18日 (木)

ドラクエの謎考察 その216

こんばんは。

ドラクエの歴史や背景、設定などの移り変わりを掘り下げるおはなし

・ドラクエシリーズのバランスブレイカー

バグや裏ワザではないが、極端に強いキャラクター、装備、道具、スキルといったものが存在する。
なにもドラクエに限ったことではない。
そのようなゲームの難易度や進行に大きく影響を与える破格な存在をバランスブレイカーと呼ぶ。

では、ドラクエのそのバランスブレイカーとよばれるものをあげてみよう。

◆ドラクエ4のアリーナ

序盤~中盤くらいはたいして強くはない。
しかし終盤、レベルが30くらいからステータス的にも会心の一撃率その他で圧倒的な存在になる。
高い素早さと攻撃力が尋常ではなく、ほとんどの雑魚敵は一撃で粉砕する。
メタル系も会心の一撃連発できるので間違いなく最強のメタルハンターとなる。

装備する防具の種類が少なく、耐性が低いがとにかくザコ戦では反撃をまともに受ける前に敵を殲滅する。
まさに先手必勝。やられる前にやれを地でいくなら本当に凶悪な強さ。

ドラクエ4の5章ではアリーナは間違いなくほとんどのプレイヤーが一軍で使ったはず。

◆ドラクエ5のカジノ装備

恐るべきことに、ドラクエ5の最強の武器の一角がカジノの景品となっている。
カジノをプレイできるオラクルベリーに到達すれば、やり方によっては武器だけはぶっ飛んだモノが手に入る。
オフライン故にリセットを繰り返せばメタキンの剣やグリンガムのムチといった最強クラスの武器を序盤で入手可能。

そうなれば、序盤の敵などことごとく一撃で倒すことができる。
ゆえにドラクエ5のカジノに序盤で浸るのはやめた方が良いともいえる。

◆ドラクエ6 しゃくねつとかがやくいき

ドラクエ6のドラゴン職を極めると全体に160~170ダメージの灼熱と200~220ダメージの輝く息を覚える。
ベギラゴンでグループ100前後、マヒャドで全体100ダメージ。
MPコストがなく、呪文でない上に完全に上位互換な性能。これを連発するだけで多くの敵を粉砕できる。
4人全員が使えるようになるともはや裏ダンジョン含めてほとんど無敵。

ほかの炎や氷系の攻撃特技は全く存在価値がなくなってしまう。

◆ドラクエ7 どとうのひつじ、つるぎのまい

ドラクエ7でよくバランスブレイカーといわれるものに上記2つが挙げられる。
怒涛の羊は4回攻撃でダメージが非常に大きいうえ、ほとんどのボスにも通用してしまうため非常に強力。
しかも羊飼いを極めるだけと覚えるためのハードルも低い。
剣の舞はランダム4回攻撃。これも条件は緩い。
敵が多いと分散されて弱いが、一体だけであればコストパフォーマンス的にも非常に高い。

だが、それが故にこれらの特技に頼り切ってしまうと、例外的に全く効かないボスでえらい目に合う人もいる。
ヘルクラウダーで詰まった人いませんか?

6同様しゃくねつやかがやくいきも覚えるが、これは別系統の最高クラスのモンスター職で各覚える。
ゆえに難易度はドラクエ6のドラゴン職とは比べ物にならないほど多くのステップをクリアする必要がある。

◆ドラクエ7 ラッキーパネル

ドラクエ7のカジノコンテンツの一つ。
報酬設定のモノがぶっとんでいる。特に最初のダーマ前の宿屋ではその時点では異常な強さの装備が。
また、金策的にもぶっとびなものが手に入る。
後半のカジノのラッキーパネルだとステータスを上昇させる種や木の実が出たりモンスターの心がでる。
キャラの強化についてカジノの比率がとても高いのもドラクエ7の特徴というべきか。

◆ドラクエ8 勇気スキル

ドラクエ8の主人公のスキルラインのうち、勇気スキルがぶっ飛んでいる。
歴代勇者のようなスキルを覚える上、消費MPが下がり極め付けはベホマズン。まさに勇者そのもの。

逆に「地雷スキル」と呼ばれる選んではいけない特技やスキルラインもある。

◆ドラクエ9 盾の秘伝書

あるゲーム雑誌でドラクエ9のベストアイテムとしてこの盾の秘伝書が選ばれた。
このアイテムを持っていると、痛恨の一撃を無効化するというシンプルかつ強力効果のアイテムである。

効果が痛恨の一撃がでなくなるようになるのではなく、痛恨の一撃が出ると無効化するという仕様。
つまり、痛恨の一撃が出たらラッキーになるという文字と意味が正反対になる恐るべき効果。

ドラクエ10でも当初会心完全ガード(名前が異なるが効果は同じ)という特技があった。
これが、後で会心ガード(会心ダメージはくらわなくなるが、ある程度のダメージは受ける)に弱体化された。

◆ドラクエ10 弱体化されたり禁止されたりもしたものもある強すぎるモノたち

ミラクルブースト+諸刃斬り
 ミラブとかミラもろとか言われたバトルマスターの究極奥義とも言われた特技。
 強力すぎることから諸刃斬りのダメージとミラクルブーストの回復の判定を分けて行うように変更された。
 これより、与ダメが強すぎると自滅するため、非常に使い辛い技へと弱体化されてしまった。

強化ガジェット零式
 与ダメが+100%されるという非常に乱暴な効果である。
 シンプルで強力すぎる効果ゆえ実装後すぐに効果時間が半分に短縮された
 それでもタイムアタックや防衛軍の高速討伐周回などではいまだに強力な必殺技として存在

金のロザリオ
 致死ダメージを受けると25%でHP1で生き残るというアクセサリ。
 エンドコンテンツ等ではもはや必須アクセとなっている。
 よほどのことがない限り首アクセはこの金ロザ一択となっているのが現実。
 金のロザリオが強すぎるという評価は最近運営側からも言及されている。

マカロン、ラブチョコ
 使うとテンションが1段階上がる道具。Ver1,2時代のイベントで配布されたアイテム
 特定の相手やタイムアタックでは必須に近いものとなっていた。
 そのため、ある、タイムアタック大会イベントにて強ボスでは使用不能になる仕様変更が入った。
 以降、同じ効果のあるアイテムは一切追加されていない。

ミネア審判・死神
 ミネアからもらえるタロットカードの効果で、審判は金のロザリオの2倍の効果。
 死神は復讐のテンションアップ宝珠効果が「100%」発揮するというもの。
 当然ながら非常に強力で、聖守護者の初代闘戦記のレギロガで撃破者の多数が使用していた効果。
 故に聖守護者の闘戦記では無効化されるようになり、現在はレギロガIIIの攻略が非常に難しいという。
 この効果を得るためには現在は本人自身が魔法の迷宮でミネア導き回しをする以外方法はない。
 無効化の理由は、その作業があまりにも作業的かつ不毛というものである。
 が、そこまでしなければ得られない効果なので見合った効果とは思うのだが。

 

今日はここまで。では、また~       

2019年7月15日 (月)

<ドラクエ10> みちびき検証10000周結果まとめ その4

こんばんは。

直近で別にかいておきたいことがいろいろあったので遅れましたが導き10000周かみる考察の続き

◆みちびきの香水を使った人数によって導かれる割合に差がでるものか。

公式にはみちびきの香水効果は重複しないと発表されています。
が、いまだ重複すると信じる人もいるみたいです。
7月15日現在、10382周しています。香水の使用者数と導かれた割合が以下の通りです。
このデータを検証してみましょう。

香水使用1名:8636回中2803回導かれる (32.46%)
香水使用2名:1097回中 346回導かれる (31.54%)
香水使用3名: 514回中 158回導かれる (30.74%)
香水使用4名: 135回中  49回導かれる (36.30%)

5000周のときのデータでは、使用者数が上がるにつれ高くなっていました。
今回10000周でのデータを見ると4名使用時以外はむしろ1人の時の方が多い。
4人使用時は検証数が少ないので、多い方に偏ったともみえる。

一方、香水使用1名の場合
ゼロ回し(自分以外NPC)時が7144回中2344回導かれる (32.81%)
他のプレイヤーがいる場合の香水1名の場合、1492回中459回 (30.77%)
これは、5000周のときのデータと同じく、ゼロ回し時の方が何故かかなり高いのです。

少なくとも単純な使用者数に比例して導かれる率が高くなるわけではないことは正しいようです。
ただ、ゼロ回し時と4人使用時が高いということから「プレイヤー側の使用率が100%だと高くなる」
という可能性がまだ残っているような気がします。

これはまだサンプル増やしてみないと結論出せませんね。
今時点では、運営の発表通り、導きの香水を使った人数によって効果が重複しない、と思っていいでしょう。

◆コイン入れたい人、入れてほしい人 行動パターンあれこれ

10000周もしたので、野良で魔法の迷宮に入ったときの他のプレイヤーの行動についての考察。

まず、ボスコインいれる・入れないにほとんど興味をもたない人は種族像を無視して扉に向かいます。
一方で、コインを入れたいプレイヤーは即座に種族像にダッシュしてコイン投入します。

そうでない場合、だいたい、以下のパターンになるプレイヤーが多い

1.種族像の前で立ち止まって待つ人
2.入口から動かず、全員が扉に向かうのか誰かがコイン投入するかを待つ人
3.種族像を通り過ぎたくらいのところで立ち止まる人

まず、3.については、5000周以降は基本的に自分が○○を入れていいか聞くことがほとんどだったので、
誰もコインを入れなければ入れるスタンスの人でしょう。
実際、5000周前は自分がこのスタイルだったので。
このパターンの人はほとんどがコイン入れていいか聞いた時点でOK返答とともに扉に走っていきました。

1.の人が一番おもしろいというか、なんとなく納得いくリアクションをするケースが多いです。
たとえば、私はテンの日はハンマーバトマスで入り福の神とレアボスプチボスなどを持っていきます。
構成みて、他のハンマー持ちや天、魔、占、賢のような福の神向け構成なら福の神を、
単体やガードされる武器主体の構成なら他のボスいれます。
私が、福の神やりにくいな、と思って「プチマジンガいいですか?」などいうと、明らかに後出しで福の神をいれたり、
逆に、福の神ベスト構成に近いと思って「福の神いいですか?」というとレアボスなどを入れられたりすることも。

テンの日以外で戦士などでいって、普通に「プチバラモスいいですか?」というと、あわててレアボス投下されたり。

これはおそらく、入れてほしいが、提示されたものより自分が入れたいものがある場合答える前にいれてしまう行動でしょうね。

もちろん、こちらが○○いれていいですか?と聞くとOK返答して即扉に向かう人がほとんどです。

2.のケースの人が「コイン入れてほしい人」の典型的な行動パターンですね。
導き5000周前のときは誰も入れなければ入れるスタンスで回っていました。
その際に、他メンバーが種族像をスルーすると鍵抜けする人によくみられたケースです。

このパターンの人は、ときに、「入れてほしいモノを入れられなければ抜ける」人も多いみたいです。
テンの日に入り、福の神いけそうな構成なら福の神を入れようとしたとき、その構成にあわないので、別の○○いれていいか聞いたら即抜けていく人がいました。
嫌なら断ればいいのにと思うのに無言で抜けるのは多分入れなければ抜ける、入れてほしいものでなくても抜ける、という人だったのでしょう。

あと、これ以外に変なコインの入れ方をする人もいました。
いきなりダッシュで種族像に走っていきますが、入れるコインはなぜかメタスラコインです。
これはいったい・・・・・
ちなみに数回ありますが、自分が○○いれていいか聞くと普通に扉に走っていきます。

昔、ボスコインやカードを誘う目的でメタスラなどを入れて、だれも便乗しないと抜けてしまう人がいました。
5000周以降では、誰も入れない場合は私が適当なボスいれたので普通に扉に向かっていました。

最後に断られたケース
断られてひっこめたのは3回だけです。その断られたボスは
バズズが2回、プチバラモスが1回です。

まあ、考えようによっては断られてもしょうがないがそれでも断られることは非常に稀でした。
もっとも、断った人は3回とも通常迷宮希望者だったので、何をいれようとしても断られたと思いますが。

 

さて、最後に昨日までの導き履歴

総周回数:10382
トルネコ:537 (5.17%)
ミネア :547 (5.27%)
テリー :538 (5.18%)
カンダタ:1722 (16.73%)

またミネア率高くなりました。なお、新コインボスの三将軍カードが今回はミネアからすぐ入手できました。
新コインボス追加後の福引はツールでオグリ福引が確率変動していてゲーム内でひくと損する仕様。
そのため、今回は無料100連だけしかまわしていません。
かわりに、しぐさがコンプしておらず、値段が上がっているウエナ福引をそこそこ回しています。
ちなみに無料100連では一等の三将軍は出ませんでした。

三将軍コインはツールでの流入で安くなると思いきや安くなっていません。
2倍キャンペーンがあるので、逆にゲーム内で回している人が少ないせいかもしれません。

 

今日はここまで。では、またー

2019年7月12日 (金)

<ドラクエ10> 7/9のドラクエTVから思うこと

こんばんは。

本来は今日は謎考察を書く日ですが、ドラクエTVで結構多くのことが語られたのでそれについて。

7/9のドラクエTVで、今話題になっていることに対する運営の考え方について言及されていました。

個人的に思うことをかいていきます。

◆プロデューサーとは

開発、運営の総責任者。大方針を策定して利益を生み出す道筋をつける人のこと。

そのとおり。でも、今のドラクエ10の現状はどんどん衰退に向かっているようなきがする。
新規が多く入っているみたいだが、長続きしない。人をとどめておく施策がない。
会社側も資金がFF14などの儲かっているほうに回されるので、ジェム課金を増やしても無理やり利益を上げようとしている。
会社だから儲からなければダメなのはしょうがないが、今のやり方だと、ドラクエというブランドを切り崩しているようにも見える。

◆追加課金要素が増えているか

増えている。

これは、まあ、現実だから否定しませんでした。
課金要素が増えること自体は私は問題しませんが、これが、ちゃんと本編が盛り上がっている上でやってないのがなんとも。
上から利益をあげろとハッパかけられているのはわかります。
が、ソシャゲーみたいなリアルマネーで解決する要素をいきなり増やすのはいかがなものか。

今回、ツール課金福引のみ当選率2倍という、初の「ゲーム内でやると損」する要素があるキャンペーンに突入しました。
今後、時間短縮できるような要素を課金アイテムで追加するとも言っていたので、いよいよソシャゲー化は避けられなくなってきましたね。
さすがにソシャゲのような課金しないとまともにゲームが続けられないようなことにはならないとは思いますが・・・・

Pay to Winではないと運営側は否定していましたがこのキャンペーンひとつとってもすでにPay to Winの要素そのものです。

この要素が入った時点で、ソシャゲはやりたくないと思う人は去っていくでしょう。
少なくとも、無課金者が課金者の養分になっていると少しでも感じたらこのゲームは終焉を迎えるものと思います。

◆人へっていないか

横ばい

例のドラマ効果で今は新規が多くはいってきてるように見えているが、それでも全体では横ばい。
新規が増えているのだから本来なら全体も増えるはずである。
にも関わらず横ばいなのは、新規入った分だけベテランが辞めたということ。
長期ユーザが辞めるのは、もう、プレイする価値がないと引退するからだろう。
古参が減っていることはオンラインゲームとしての寿命も縮んでいるかと。
フレンドが減ってきていると感じる層が多いのも、長年やってきたプレイヤーがやめていくから。

新規も新規で、ある程度までは楽しく遊べるものとは思う。だけど、中級者からは先へ続ける魅力が薄い。
そのため、Ver3前後とか、レベル80前後くらいで行き詰って辞める人が多そう。

今のドラクエ10のプレイヤー層はかなり偏っていると思う。

・Ver4以降まですすめ、カンストかその近辺まで成長しきっているベテラン勢
・Ver2の途中くらいまででエンゼル帽のレベル上限以下の初~中級者

今のドラクエ10で一番欠けているのが、上記の2つの勢力の間を橋渡しする施策が全くないことなんですね。
エンゼル帽の上限までは、簡単にあげられるし、レベル上げながらVer2の途中くらいまでならストーリーもテンポよく進められる。

問題なのはレベル上げにしても装備そろえるにしても、本格的な上級のコンテンツに参加するためのハードルが高いこと。

エンゼル帽が切れたレベル80台以降は必要経験値がグンと増す上、レベル相応の装備をそろえるのが一番つらい時期。
少なくともゼルメアや防衛軍に行けるレベル96にならないと、売っている装備は高すぎる。
白箱は装備が欲しいときからとりに行き始めるでは遅すぎるし・・・
(白箱装備そろえている間にゼルメアレベルまであがってしまったとか聞いたことある)

バトルロードや王家の迷宮(アンルシアのレベル上げ)、カジノプレイチケットはこのレベル帯の人は足りなくて困ると思う。
また元気チャージも使い切ってるだろう。アクセもある程度は作らないと邪神や防衛軍には行けないだろうし。
ピラミッドも週制限が上級者になろうと中堅のコインボスとかをやり始めている人には足枷でしかない。
制限コンテンツはやりたくてもできないし、最新じゃないコインボスはメンバー集めることろからハードルが高い。

一方で、バージョンアップも間隔があいてきたうえ、成長要素が最近はとにかく少ない。
強い敵はレベルを上げたり、スキル覚えたり、装備新調して挑むというRPGの醍醐味が最近のドラクエ10はほとんどない。
これでは、古参が辞めてしまうのも無理はない。
青山Pが安西Dに成長要素を感じるコンテンツを作成指示したようである。
これはすぐに対応しないと古参が離れる流れは絶対に止められないと思う。

◆長期継続特典がしょぼい

あまり豪華なものは出せないし、差がついてしまうものもダメとか。

ルーラストーンも最初の3個くらいまでは多いに意味ある。
古参の流出を食い止めるためにもここはもう、古参でも新規でももらってうれしいものをベタに出せばいい気がする。
それこそ、Ver1発売当時から続けている人はマイタウン権利書あげてもいいんじゃないと思う。
これなら新規も2億貯めれば普通に買えるので、何年も待たなけれならないものではないし。
プレゼントチケットもショップ購入の補助になるようなものにするか、ゲーム内なら極論Gそのものや特定の装備でもいい気が。

なお、特典を倉庫拡張にすることを検討しているみたいだが、これはなかなかいい案と思う。
荷物パンパン問題は特に長くやっている人ほど感じるのは当然だから。
着せ替えドール増やすとかでもいいと思う。

◆特定のプレイヤーを処罰してほしい

規約違反であれば処罰するが、結果は公表できないと

これはおそらく、マイタウン募金騒動になった某有名ブロガーのことかと。
個人的には、あれは規約違反ではないと思うが、やったことは褒められるものではないのはたしか。
私は特に気にしないが、「知名度を利用して自分のためにお金を集めた行為」と思われるだろうね。

◆DQTVをYouTubeでやならいか

やらないとのこと

これは、ニコニコ(ドワンゴ)と契約しての今のDQTVの生放送だからまあ、普通ですね。

◆情報発信について

あまり増えていない

これは誰が見ても明らか。Ver以降減っている。提案広場の回答一つ見ても減っている。
その内容もユーザーが欲しい内容、タイムリーな内容が少ない。
ユーザ目線ではないと言われてもしかたないかも。

◆安西Dが○○ばかりでエアプではないか

○○は人狼のことですな。
Ver4は初期のころこそ評価がよかったみたいだが、内容がスカスカで到底評価できないと思っている人が多い。
Ver1~2の時期のようなワクワクできることがほとんどないのが大きなマイナス。
人狼のことばかり考えているからまともなドラクエ作れるわけないという人もいる。
たしかに、Ver3の中盤あたりから運営が力をいれる先がコレジャナイ感が多いコンテンツが多くなってる。

直近みても、コロシアムやバトルトリニティ、それにまさかの学園に力を注ぐちぐはぐさ

まあ、バトルトリニティについてはVer4新規のコンテンツだから、まだいいとしても
プレイヤー人口が明らかに少ないものを改修して仕事しました的なこといわれても。

 

あと、個人的にがっかりなのが、
番組の最後の方で、安西Dと青山PがVer5の後どうするかの相談の中で
「できるだけ長く続けたい」と言ったらしいですね。
Ver5の先のビジョンがみえていないようです。
ドラクエ10の世界を作っていくつもりなら、即答でVer6でやりたいことはこれだみたいなことが普通は出てくると思うけど。

最近、私の周りでも辞める人、VU時だけ復活する小休止を繰り返しす人が増えてきました。

ドラクエ10は10年間は絶対続けると宣言されているし、このペースだとVer5期間中で10年を超える。
このままだとVer5でドラクエ10は終了してしまう可能性が高そうです。

そういう自分も最近はドラクエ10は完全な惰性プレイになっている。
導き検証と日課週課で経験値と金策を少々する程度。アストルティアに半日以上いることは最近はほとんどない。
まったりゆっくりレベル上げもしているが、全職カンストしてしまったら・・・・あまり考えたくない。

今日はここまで。では、またー

 

2019年7月 9日 (火)

<ドラクエ10> ソシャゲ的課金路線へと舵をきってしまうのか

こんばんは。

国内のオンラインゲームは月額課金型のタイプは最近では少数派だそうです。
主流は、ほとんどがソシャゲでおなじみの基本無料のアイテム課金型みたいです。

マイタウンをツール福引でひくとマイタウンメダルが獲得でき、1000枚でマイタウン権利書になります。
そのため、だいたい8~10万くらいのリアルマネーを投入するとゲットできるようになったのがつい最近のこと。

さらに最近のツールはベテラン勢が溜め込んでいるリソースをジェムを使うことによってGや福引券に変換させることを目的にするような施策コンテンツが目白押し。

かなりの課金要素が加速してきてしまっています。
が、次のコインボスの解禁とともにやってくるキャンペーンはいままでのドラクエ10の課金の前提がいよいよ覆るようなものがきてしまいました。

今回のコインボス時のキャンペーンは以下の通り

・ひとり一回100連福引無料
・オーグリード福引の1~3等の確率が2倍アップ
・ジェム割引キャンペーン
・100連、1000連福引割引キャンペーン
・ログインボーナスで200ジェムゲット

これだけだとまあ、ジェム使って大量にひくといつもよりお安く、かつ確率もアップします。
というものなので無課金勢からも課金勢からみてもむしろよいものでしょう。

ところが、今回のはこのキャンペーンの掲載の下のほうに但し書きがありまして
「ツールの福引のみ2倍でゲーム内の福引には適用されません」とあります。

ジェムを払って回した場合のみ2倍の特典。つまり、課金で2倍確率の福引できますということ。

ようは、ジェム使って福引しないと損ですよ~といっているようなもの。
ついに課金しないと損しますキャンペーンを出してしまったか。という感です。

私もある程度の課金は時代のながれで問題ないと思っています。
すごろくなどはサブキャラがいれば相当数のカジノチケがたまってるでしょう。
ゲーム内でやったほうが明らかに報酬がいいのです。が、
ゲーム内では1回あたり20~30分かかるのに対し、ツールだとワンボタン終了。
基本報酬はすごくしょぼいですが、ジェムで福の神や福引券に変換できます。
提案広場でも時短の提案が多くありました。時間をお金で買うようなものなので致し方ないかと。

釣りビンゴは、メタル招待券が週1~2枚確実に手に入るのでジェム使ってでもやる人が多いです。

王家や錬金職人依頼はコスパがいいのでジェム投入している人も多いはずです。
牧場コインが不足してわるぼうルーレットのために肉をジェムで買う人も多いみたいです。

ただ、よくいわれているような、直接Gになるものをジェムで買えることはしないでしょう。
それをやるとゲーム内がインフレしてしまい、課金してまでやる意味を失います。

すると、ゲーム内で取引できる消費型のモノが課金のターゲットにされることが今後予想されます。

今回のボスコインがまさにその通り。
なぜならボスコインはコインボスとの戦闘権利そのものなので、システムからGに変換されません。
あくまで、Gを持っている人がコインを買うのでインフレにならず資産が移動されるだけです。
またマイタウン権利書も同じです。
2億もするものですが、権利書そのものはシステムから2億Gがでてくるわけではないです。
マイタウンを普通に買うと2億Gがシステムに吸収されるので、むしろデフレ化します。
今現在、モノの値段がどんどん下がっているのはマイタウン購入を見越して多くのプレイヤーが貯蓄モードになっているから。
おそらく、新コインボスはいつもより多く流通するでしょう。
貯蓄モードの現在だと、今までの新コインボスほどの高騰はないと思われます。
一方で、金ロザみたいな必須級アクセだった場合は大きな影響が出ると思います。

すると、今後は以下のようなものが課金対象になる可能性が高いと思われます

・経験値に関わるもの(直接・間接的なメタキンやメタル招待券の入手など)
・アクセ作成の労力を軽減するようなもの
・過疎化してプレイしずらいコンテンツの有料ツール化

ピラミッドや討伐もツール化されているから、このへんの課金化はおそらく今後あると思われます。

ドラクエ10は月額課金のゲームですが、課金がきれていてもキッズタイムはタダでプレイ可能です。
ツールで大半のことができてしまう今、キッズタイムだけでも十分だと課金を切ってしまっている人多いです。

月額課金をしないと損しますよ、という要素を置いてその上でジェム課金要素を設定しないと、月額課金者が今後もどんどん減るでしょう。

継続特典も、数年前からルーラストーンとプレゼントチケットが繰り返され、またそれかとガッカリする人も多いです。
さすがに、ここにきて新規が取得不可能になるようなオンリーワン特典を出すのも無理とおもいます。
が、サービス開始時からの月額継続者の特典はマイタウン権利書でもいいんじゃない?とさえ思います。

以下に挙げる要素は絶対に課金化してほしくないと思う。
多分現金で解決できるならしたいと思う人が多い要素と思う。
が、これやったら、ソシャゲと同じでドラクエ10の寿命があっというまに尽きてしまうと危惧します。

・ジェムでアクセサリを直接買う
・カジノプレイチケット、バトルロード挑戦権、王家の勇気の輝石をジェムで買えるようになる
・運要素が有利に働くモノ(リーネ合成、ドロ率アップとか、各種報酬宝箱でいいものがでるとか)
・プレゼントチケット、元気チャージを買う
・ゲーム内でできない、課金することによってのみ可能なキャラ強化要素
・輝石ベルト、戦神ベルト、各種装備の付与効果をひとつ消すとか変更できるとかの要素
・確定宝箱権利や週一制限などをリセットする(ピラ、天獄、邪神、試練etc)
・現在1回だけ可能なジェム錬金釜ブーストの回数無制限化

提案広場でも散々書かれているし、ドラクエ10関連サイトも最近はこの話題でもちきり。
次のドラクエTV(7月9日)で、今回のこの大きな舵取りの理由を運営から説明してほしいですね。

 

先週までの導き周回履歴

総周回数:10331
トルネコ:535 (5.18%)
ミネア :543 (5.26%)
テリー :535 (5.18%)
カンダタ:1731 (16.76%)

導き10000周の検証の記事まだ書くことあるんですが、先週、今週とドラクエ10自体がいろいろ話題になることあったので次回にまわします。
失礼いたしました。

今日はここまで。では、またー

2019年7月 5日 (金)

ドラクエの謎考察 その215

こんばんは。

ドラクエのいろいろな疑問を問い詰めてみるおはなし 第215回

・ドラクエに登場する人のネーミングや海外版との違いについて考えてみる

ドラクエに登場するさまざまな登場人物は、やはり一般的なファンタジーRPGを基調とするため、やはりキャラ名は横文字が多い。
主人公こそデフォルトネームがついていないものが多いがその他の主要キャラはちゃんと名前が付けられている。

このキャラ名のネーミング由来は作者がコメントしているものもあれば、推測できるようなものもある。
さらに、海外版では全く異なる名前になっているキャラも多いのが有名。
これは、日本で作られた元ネタが日本語のごろ合わせで命名されたものも少なくないからである。

では、キャラのネーミングのつけ方で独特なものについてかいてみよう。

◆ドラクエ2のムーンブルク王女の候補名の中の「あきな」

ドラゴンクエストの黎明期の作品には作品ごとに有名人のコードネームがつけられていて、ドラクエ2が「あきな」だった。
そして、その名前が、ムーンブルクの王女の名前の候補に採用されたのだとか。

あきなは、当時1980年時代のアイドル中森明菜のことである。

これは、FC版のころの開発の話が雑誌などで載っていたことで事実。
リメイク版では候補から外れてしまっている。

◆ドラクエ2のペルポイにいる「アンナ」

これも、FC版ドラクエ2をリアルタイムにプレイした人なら思い出すであろう。
このキャラに話かけるとBGMがLove Song探してに変化する。
ドラクエ2発売当時、これに歌詞がついて実際にレコードが売られた。
その歌手が牧野アンナ。
つまり、これは実名である。

初期のドラクエはゆうてい・みやおう・きむこうといった実在キャラがゲーム内に登場したりした。
リメイクされる際は時間の経過もあるせいなのか、登場しなくなってしまった。

◆ドラクエ4 導かれし者

前の考察に書いたが、アリーナとブライ以外は海外版のキャラ名が変更されている

ライアン → ラグナ
クリフト → キリル
トルネコ → タルーン  (トルネコの名での海外版もある)
マーニャ → マーヤ、マナ
ミネア → ミーナ

◆ドラクエ5 ビアンカ、フローラ

これも意外と有名なお話しで、「ビールか風呂か」というフレーズからきまったことらしい。
ただし、ビアンカ、フローラ そしてDS版で追加になったデボラは世界的には普通に女性名としてつけられることが多い。

海外版では、イタリア語でビアンカが白なので対応して黒であるネラがつけられている。デボラはそのまま。
つまり、海外版ではフローラだけが別の名前になっている

◆ドラクエ5 パパス、マーサ

ドラクエ5の主人公の両親の名だが、これはパパ、ママからそのままもじったという説が有力。
海外版では、パパスの方は語圏に何通りかあるが、Pankrazが多い。
マーサのほうはMada

ドラクエ5は日本版と海外版で異なるのがほとんど。

ルドマン → ロドリゴ
デール → ウィルバー
コリンズ → ケンドリック
オジロン → アルバート(アルベルト)
ドリス → ガートルード(ゲルトルーデ)

ヘンリーやサンチョ、マリアなどはそのまま。

◆ドラクエ5 ゲマ

これ、敵ボスの名前の由来の考察ときもわからず、今も不明。(キャラ自体はフリーザがモデルだろうけど)
驚くべきはコイツの海外版の名前
Bishop Ladja   読むと「ビショップ ラディア」 なんと女性名である

◆ドラクエ7 全般

あまり知られていないかもしれないが、ドラクエ7だけは日本版と海外版のキャラ名がほとんど一致している。
ガボやホンダラ、エテポンゲといったネタ名になるようなキャラですら例外ではない。
唯一違うのがグリーンフレークのストーリーの主要登場人物だけが異なる。
ドラクエ7は主人公として初となるデフォルトネーム(アルス)があることも有名。
もしかすると7は最初から海外も視野に入れて命名したのかもしれない。

◆ドラクエ8 ククール

前に別の考察で書いたが、他のメンバーがイタリア系の名前のため、ドイツ語系のククールは海外版ではアンジェロになっている。
海外版のドラクエ8はフルボイスにフルオーケストラと、海外受けするよう豪華に作られている。
そのため、こういう細かい統一で名前が変更されたともいえる。

◆モンスターズ イル/ルカ

これはイルカを二つに分けてネーミングしたということらしい。あまりにも安直な・・・・

◆ドラクエ11

海外版だとベロニカ以外はメインキャラの名前が変更されています。
カミユ → エリック
セーニャ → セレナ
シルビア → シルバンド  (これは女性名詞を男性名詞に置き換えたくらいの変化かな)
ロウ → ラッブ
マルティナ → ジェイド 

 

今日はここまで。では、またー

2019年7月 1日 (月)

<ドラクエ10> Ver4.5後期所感

こんばんは。

Ver4.5後期に入りました。イベント含め少ししかやっていません。
が、いろいろ考えさせることがありました。そのいくつかを。

◆レベル解放クエ

レベル上限110にするクエストです。前回の108のときは難しいボス戦がありませんでしたが、今回はしっかりあります。
当然ながら、無策でいけばほぼ勝つことはできない難易度なので準備がいります。

 特徴は
 ・敵が2~3体に分裂し、本物以外にはダメージが通らない
 ・一定時間経過で偽物が消え、再度分裂する。その際、どれが本物かわからなくなる。
 ・イオグランデ、マヒャデドスといった強力な呪文と無耐性だと500以上のダメージのあるブレスあり
 ・マヌーサ、混乱効果の状態異常あり
 ・通常攻撃も300前後あるので複数の敵から連続的に攻撃されれば即致命傷になる

ブレスと呪文に高い耐性が必要だが、両方は難しい。
ので、ブレス耐性高くしてマジックバリアや世界のタロットで対抗呪文する。
または、魔法耐性高くしてレンジャーを入れて霧で対抗するのがよさげ。

ただ、現段階ではジェルザークがあったこともあり、ブレス耐性を持っている人が多いので前者の方が探すのは楽でしょう。

私が攻略した際は僧、賢、魔、道(自分)の前衛なし構成。
マジバリやMP回復、全体攻撃での本物見分けを自分が行います。
僧侶はブレス100で他のメンバーもブレス耐性あります。混乱は全員100%ですが、幻惑耐性は全くなしです。
魔耐性もほぼなし。

若干火力が低いので長期戦になりますが回復2枚構成&緊急時に自分も回復役なので、結果的には一度も死なずにクリア。
全員散開のフォーメーションでアドリブ対応。物理前衛はいないので、イオグランデの被弾はほぼありません。
魔やブメ賢で範囲攻撃多いので、分裂後の本物確認を全部自分が担当する必要もありませんでした。
ちなみに、私は弓のロストブレイクIIIをつかいました。この技、効果うんぬんより、出の速さがピカイチの範囲攻撃なので。
まあ、ブーメラン普通に使えばいいのだろうけど(笑)

賢者が雨をまくので、物理攻撃やマヒャデドスなどは2,3回くらっても耐えます。
敵のいてつくはどう的特技がないので、マジバリ・スクルト・ピオリムを維持したまま安定できます。
クリア目的であれば時間がかかっても安定したほうがいいので、結果的によかったです。

なお、あとから調べると、真やいばくだきや各種スタン技(一喝やお宝ハンターも含めて)は効かないとのこと。
そういう意味でもこのボスは前衛なしでの攻略のほうがいいと思います。

上限解放といってもたった2なんですね。これで劇的に強くなるとは思えないが。

◆便利ツールあれこれ

予想通りでした。今回、かなりソシャゲ化したような内容です。

まず、強ボス討伐。もう、なにもいうことがありません。
強ボスの名を冠していますが、事実上30ジェムでオーブを1つ買うコンテンツです。
1日あたりおひとり様各種3個+αまで買えます(笑)

おでかけすごろく。
これもすごろくの名を冠していますが、すごろくのすの字もない別コンテンツです。
すごろく1回分のチケットでプレイしますが、サイコロ3つを振って出た目に対しての
アイテムが3つもらえます。なお、出目とアイテムが完全に一致していないようです。
事実上、サイコロの出目は単なる演出とみて問題ないです。
報酬内容はコインボスアクセ各種、カジノコイン、福の神コイン、福引券など
はっきり言ってしまうとゲーム内でやったほうが報酬に関しては絶対にいいです。
このおでかけすごろくの強みは、ワンボタンで1分もかからない高速性にあります。
大量にたまっているサブキャラのカジノプレイチケットをさばくのにかなり有効ではないでしょうか。

さらに、報酬をジェムを払うことによって別のアイテムに変換できます。
多めの福引券だったり、報酬が2~3倍とか、福の神コインに変換とか。
カジノコイン報酬は3000枚とかなり少ないため、ジェム利用に誘導されているようにも見えます。

1日1回、有料の職人依頼が通常とは別枠できます。
ストレートにジェムでGと職人経験値を買えます。

おでかけ福引報酬にマイタウンメダルが選択できます。
マイタウンをリアルマネー投入で買う意志がない人は間違っても選択しないようにしましょう。
マイタウンメダルは1000枚確保して初めてマイタウン権利書になります。999枚以下では無価値です。

すでにジェムぶっぱで権利書を確保した人が何人もいるようですが、10~15万円くらいかかるようです。
マイタウンの権利書がすでにバザーに2億+手数料+αの値段で出されています。
アイテム図鑑に載せたい人でもないかぎり2億以上で買うメリットはありません。
おそらくマイタウン解禁後は2億より低い値段で出回るようになるはずです。

◆七夕イベント

Ver4の季節イベントはあまりいいものが少なかったのですが、今回のイベントはなかなか凝っていて個人的には
Ver4の季節イベの中では一番のできではないかと思います。

内容はもうある程度情報がでてしまっているので、やんわりいえば「肝試しメタルギア」とでもいっておきましょうか。

仕掛けがなかなか凝っていますので、これはぜひやっておくことをお勧めします。

なお、この七夕イベントをやっているとき画像がやたらカクカクすることが多く、酷いときはPCが落ちました。
かなり負荷が高い映像というかコンテンツなので、PCスペックによって突然落ちる可能性があるので要注意です。

◆ストーリークエ(一部)

さすがにネタバレになるので記載は割愛します。

◆200スキル解放
◆パクレ警部の現実 ほか

これは今時点ではまだやっていません。

 

以下、昨日までの導き周回履歴

総周回数:10267
トルネコ:532 (5.18%)
ミネア :538 (5.24%)
テリー :533 (5.19%)
カンダタ:1722 (16.77%)

 

今日はここまで。では、またー

« 2019年6月 | トップページ | 2019年8月 »