« ドラクエの謎考察 その219 | トップページ | ドラクエの謎考察 その220 »

2019年8月12日 (月)

<ドラクエ10> 便利ツールのコスパを考察 2019年8月版

こんばんは。

ドラクエ10の今後は課金要素が増えていく方針であることがすでに発表されました。
そのため、ツールでジェムを使用することができるものがかなり追加されました。
課金要素が今後増えていくことはもう決定事項なので、今後は課金要素をうまく取捨選択することが賢い道でしょう。

というわけで、昨年11月に掲載した便利ツールのコスパ考察を最新版で書きたいと思います。
現在Ver4.5ですが、前回掲載時と比較しても、かなり環境が変わっています。

コスパ評価は★の数5段階で行いますが、あくまでエイロスの考察としての評価であるのでご了承ください。

◆畑の世話

釣りビンゴが実装されて以降、めぐみのしずくの入手がかなり楽になりました。
めぐみのしずくの効果はほぼ課金水の「つぼみアップ水」と同じです。
なので、つぼみアップ水を使うのは若干もったいない気がします。
さらにチャレンジミッションの水やりもめぐみのしずくでOKのためジェム不要となりました。

ということは、畑の世話ではジェムを使うのは「レアアップ水」一択といってよいです。
普通の水やりと肥料はゲーム内でできるので、ジェムを使う価値は低いです。

コスパ評価
肥料を与える:★
普通の水を与える:★
つぼみアップ水を与える:★
レアアップ水を与える:★★★

トマトのようなレアリティが数の違いの作物を除くと、残念ながら量<<<<<質なのが現実。

◆討伐隊の依頼

毎日ゲームインしてプレイできる人にとってはほぼ不要。
ただし、ツール専用の別枠の討伐隊の依頼については、ジェム使っても経験値が欲しいならありかも。
特にチャレンジミッション時は普通の高額な討伐枠をツールで行うと高額になりがち。
チャレンジミッション時にツール専用の討伐の一番安いやつをやるのが良いかと。

コスパ評価
日課討伐:★
週課討伐:★
ツール専用枠討伐:★★(チャレンジミッション時は★★★)

◆強ボス討伐

実質オーブ1個を30ジェムで買うのと同義と言って問題ないです。
キーエンブレムボス対象強ボスが各色1個×2で、偽レンダ対象強ボスが各色2個、
グレイチェルとネルゲルがランダム色3個
全部依頼すると60ジェム割引

これが実装されたためでしょうか、オーブの価格はどんどん下がっています。
いずれ店売り値までさがる可能性すらあります。ので、残念ながらコスパは良くないです。
単純にリアルマネーをGに変換したいなら他にもっと良いコンテンツがあります

コスパ評価:★

◆ピラミッド捜索

レベルが低かったり、やるのがだるい8,9層が対象ならともかく、第6霊廟までしかできません。
また、ピラ実装時からプレイしている勢はすでにピラミッドのアクセは完成してしまっているでしょう。
第6までなど、現在、まともなサポを雇えば、放置でもクリアできます。
というわけで、1~6霊廟をまわる30分ほどの時間すら惜しいのでなければ価値は低いです。

コスパ評価:★

◆職人ギルド依頼

ツール依頼の最大の利点は錬金依頼につきます。
ゲーム内では一発仕上げできないので、「100%成功」を買うという価値が大です。
特に、昔は上級依頼や中級大成功の依頼があり効果絶大でした。
とはいっても、今でも中級錬金依頼ならお勧めです。
生産職は一発仕上げで★なしができたのと同じ扱いなのでほとんど価値ありません。
ただし、チャレンジミッション時は生産職でも意味はあります。
工匠神の依頼については、材料は不要ですが100ジェムもする割には経験値もGもイマイチ。
職人レベルをリアルマネー使ってでも早く上げたいのであれば利用する人もいるかも。

コスパ評価
生産職:★ (チャレンジミッション時は★★)
錬金職:★★★★
工匠神の依頼:★

◆のぞみのつり掘

間違いなく、現時点ではコスパ最大になるのがコレでしょう。

ツールビンゴが導入されたことにより、ゆめのかけらやメタル招待券などが確実に入手可能。
初級ビンゴクリアまでならジェム使わなくてもよほど運が悪くない限りクリアできる。
が、スペシャルや老師の釣り堀からのみ指定される魚が4隅に配置された上級ビンゴは
ジェムを使って釣りパワーを回復しないとよほどの強運がないと無理です。
なお、最近の仕様修正でビンゴの魚の入替を実行すれば、必ず1匹はSPか老師の釣り堀にいる魚が出るようです。
そのため、火曜日までに初級ビンゴを終わらせれば、釣れるまでジェム投入するつもりがあれば上級も確実にクリア可能です。

また、当然ながら、釣っていない魚やサイズが現れた場合は、釣れるまでジェム投入することで確実にヒットします。
これはまさしく「100%」を金で買う要素なので、利用価値は大きいと言えます。

レンタル釣り具も意外とコスパ高いです。というのも、レンタル釣り具は全て★3
レンタル時間内であれば、無制限に利用可能です。
釣りパワーを回復しつつ、入替も行い、大漁する気満々なら、特に利用価値大です。
レンタルは借りた時点から24時間有効なので、実質2日間利用可能です。
(魚入替・パワー回復が行われるAM6:00を挟んで利用できるため)

コスパ評価
釣りパワー回復:★★★★★
レンタル釣り具:★★★

◆モンスター牧場

モンスター牧場はジェムを使わない前提でも絶対に有用なものが多いです。
牧場コインを消費していろいろやる仕組みとなっています。
フレやチムメンが多く、プレゼントを頻繁にもらえる人であればコインは十分あると思います。
が、ワルぼうルーレットなどを毎週使っていたりするとすぐ尽きるのこともあるでしょう。
牧場コインは鉱山で肉を使うことにより増やすことができます。
そのため、ジェムで肉を買ってコインに変換することでコインを間接的にジェムで買えます。

ジェム利用は肉を買う、依頼書の出航時間をスキップする、倉庫拡張であります。
依頼書の小舟追加は100ジェムで利用できますが、これは効率悪すぎです。
出航時間スキップと倉庫拡張は牧場コインでできます。
さらにいうとこの2つは肉を買って鉱山でコインに変換してコインでやるほうが安上がりです。

コスパ評価

肉を買う:★★★
依頼書の出航時間をスキップする:★
依頼書の追加の小舟:★
倉庫拡張:★

◆王家のおでかけ迷宮

王家の迷宮は、ここでしか手に入らないものがかなり多いです。
また、輝石の存在により、やれる回数に制限がかかっています。
この輝石はGで買ったり他人の権利に相乗りはできません。

ツールでは輝石を輝石コインに置き換えたうえで、週に5回ツールで回せます。
その際に、追加効果を輝石コインかジェムを使って得ることができます。
前述のとおり、輝石はGや他人からの融通がききません。
ので、ジェムで輝石を買えるという意味では非常に有効でおすすめと言えます。
なお、追加効果を使わない場合、ゲーム内でやるより報酬は低くなってしまいます。

コスパ評価:★★★★

◆ミニカジノ

ビンゴにつづきすごろくが追加(すごろくの名はついているけどすごろくでなかったりするが)

ビンゴに関してはダブルレイズをジェムで行えますが、レートがどう見てもおかしい。
チップでダブルレイズするボタンと隣り合わせになっているため、間違って押さない様くれぐれも注意。

おでかけすごろくでは、ゲーム内のすごろくと同じコストで超時短で報酬をもらえます。
その報酬をジェムを使って変換できます。
これは、報酬と変換効果の組み合わせでいろいろありますが、コインは明らかにハズレでしょう。
コインはゲーム内でやれば20000枚はコンスタントにはいります。
・コイン1500~3000枚を福の神コイン2,3枚に変換
・未完成のアクセが複数出たときに報酬2倍3倍
といった、組み合わせとそのプレイヤーの状態次第ではジェム変換がオトクな場合もでてきます。
逆にいうと完成済みアクセとコインだけで福引券や2倍3倍だけな場合など全く無用なケースも。

コスパ評価
ビンゴのダブルレイズ:★
おでかけすごろくの報酬変換効果:★★~★★★

◆バザー落札

バザーの閲覧自体は無料でできます。
ただ、ログインして普通に買える状況ならジェムをつかう必要性はほとんどありません。
とんでもない掘り出し物が運よく見つかり、かつログインするまで売れてしまうの必須なときは使うのもあり。

コスパ評価:★

◆バザー出品

バザー出品予定品が多くあり、かつログインが数日できないような状況でもない場合利用価値なし。

コスパ評価:★ 

◆出品取りやめ・再出品

これも、時間をあけずにログインできる状態であれば利用価値なし。

コスパ評価:★

◆モーモンモール

出店するための手続きとモーモンモールから買うときにジェムが必要。

売り手として登録するためには出店の手続きとして100ジェム必要。
これはコスパどうこうではなく、手数料なのでコスパ評価の対象外とします。

買う場合、ひとつのモノを購入するたびに30ジェムかかります。
よって、よほどオトクなものが見つかった場合でもない限りコスパは良くないでしょう。
それを見越した価格設定をする人が多いはずなので商品次第ですね。

一方、モーモンモールクジのイベントがときどきあります。
これの当選確率と報酬がかなり優遇されています。
ので、モーモンモールクジ開催期間だけはコスパが高めです。

コスパ評価
通常時:★★
モーモンモールクジ期間:★★★★
※その人にとって絶対的なお得な品物である場合通常時で★★★★★もありえますが・・・

◆福引券交換サービス

元気玉系アイテムを福引券に変換するサービス。
ジェムがどのくらいかかるか以前にレートがどうあがいても福引券に変えるメリットがない。

コスパ評価:★

◆福引所

ツールの福引が1日2回までタダで回せるが、それ以上は1回あたり20ジェム必要。
10連はまんま200ジェム必要。

ツール福引はマイタウンメダルを入手できる唯一の福引である。
また、3等以上の賞品はおおむね5大陸福引の賞品より高額品な場合が多い。
さらにツール福引の場合、6等以上ならゆめのかけらに変換できる。

ちなみにマイタウンメダル1000枚は1000連福引を駆使し、平均8万円で達成できるようだ。
それを換算するとマイタウンメダル1枚が20万Gで80円の価値があることになる。
ただし、マイタウンメダルは1000枚集めてはじめて2億の価値のある権利書になる点だけは注意。
999枚までは価値はゼロであることに注意が必要。(少なくとも2019年8月現在では)

ツール福引だけ1~3等の確率3倍になるイベントを最近やったりしていたりと
ツール福引優遇は今後も増えるので、コスパ評価は徐々に上がっていくものと思われる。

コスパ評価:★★

◆100連福引所
◆1000連福引所

大量の福引をゲーム内とは比べ物にならないほど早く消化できる
かつ、ツール福引はゲーム内よりいいものが当る率が優遇されている。
大量のジェムを購入すると割引もあるので、コスパは実はかなりいい。
前回も書いたが、これのコスパ評価が高くなると、Pay to Winのジェムありきのゲームへ加速する。
コスパ評価はここでは★★★とするが、なんともやるせない気持ちである。

コスパ評価:★★★

◆スペシャル福引所

これは確率はゲーム内と同じであるうえ、100連1000連はできない。
そのため、ツールの福引といえど、これは利用価値なし。

コスパ評価:★

◆電子書籍

ジェムでドラクエ10に関する書籍が買える。ログインボーナスのジェムだけでもできる。
書籍にアイテムコードがついているものの唯一の入手先になっているものも多い。
それを考えるとコスパは悪くない。最近、電子書籍専用のものが発行される場合も。

コスパ評価:★★★

◆錬金釜

ジェムを払うことにより、錬金釜のチャージを完了する。料金はチャージ時間の長さに比例
ジェムで錬金釜チャージ完了するとぐったり状態になる。
長い錬金チャージをジェムで解決する使い方より、短時間錬金を行い、それをジェムでチャージ完了。
(30分の錬金なら5ジェムで可能)ぐったり状態になるのでなでてもらい、元気いっぱいに。
そこで本命の長時間錬金をしてチャージ時間半減する、という使い方がベストと思われる。

以外かもしれないが、チャージ時間に比例してコスパはかなり悪い部類になると思う。

コスパ評価
短時間錬金から強制ぐったりにする目的:★★★
純粋にチャージ時間の短縮目的:★~★★

◆バッジ交換所

実は初心者というか、後続にとって、成長要素でどうしても制限が重くのしかかるのがバトルロードである。
理由は、1日1回分しかバトルロード挑戦権が入らず不足しがちなため。
ランクを上げるにも、バッジを獲得するにも、バトルロードをしなければ進捗しない。
そのため、モンスターを強化するバッジを1枚でも多く入手したい後続にとっては、これはかなり有用。

一方で、メダルがいらない人にとっては全く不要。

しかし、バッジも所詮、なにが出るかはプレイヤーの「運」によるところが多い。
そのため、いくらパックを開けても目的のバッジが全然でないときに、交換所でそれが出たとする。
それであれば、ジェム消費しても獲得するべき、となるのではないのだろうか。
個人的に「100%」が買えるという要素は高く評価せざるをえない。
交換所はコインでも交換できるが、欲しいバッジがまだある状態ならコインが余っていることは普通ない。

コスパ評価:★★★★

◆カレヴァンのお出かけ道場

バトルロードをツール化したもの。
無料でできるが、ゲーム内と違い、BPとコイン以外の報酬はもらえない。
30ジェム払うことで報酬を2倍にできる。

バトルロードに関しては前述のとおり、後続や育成中キャラにとっては権利が足りなくなりがち。
逆に、バッチコンプしたりバトルロードに興味がない人は権利が余りまくってMAXの300に到達している。

どちらのプレイヤーからみてもジェムブーストしてBPとコインだけ2倍にするメリットは希薄。

コスパ評価:★

 

今日はここまで。では、またー

 

« ドラクエの謎考察 その219 | トップページ | ドラクエの謎考察 その220 »

ドラクエ10」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ドラクエの謎考察 その219 | トップページ | ドラクエの謎考察 その220 »