« <ドラクエ10> たまりがちな日課週課をまとめてやった | トップページ | <ドラクエ10> レベル上げを久しぶりに強化してやる »

2020年10月29日 (木)

ドラクエの謎考察 その267

こんばんは。

ドラクエのことをいろいろと。第267回

・ゲームに費やす時間を考える

子供のころ、「ゲームは1日1時間」などと言われた世代がいると思う。

そもそもコンピュータゲーム自体誕生してから50年もたたない。

日本で「コンピュータゲームをする」という行為が一般的になったのはいつごろだろうか。
おそらく、1978年のスペースインベーダーからであろう。

喫茶店にテーブルのゲームが置かれ、サラリーマンに大うけした。
インベーダーゲームだけを置くインベーダー喫茶が後の今のゲームセンターの元祖。
あまりの人気にゲームセンターに鞍替えするパチンコ店が続出したりした。
ゲーム業界がが台頭した時期でもある。

ところが、インベーダーのブームの終焉時にはゲームのマイナス面を問題視する意見が多く
ゲームは悪というイメージが広がってしまった。

このころは、小学校、中学校でも、ゲームセンターに行ってはいけないと禁止にされた。
ゲーセンではなくても、駄菓子屋や個人商店に設置されているゲームをプレイしているのを目撃されると
非難される時期がもあった。

ゲームで遊ぶことが再び一般に広がったのは1980年代中頃になる。
ファミリーコンピュータ(ファミコン)の登場で、家でコンピュータゲームをするのが普通になった。

ゲームというのは結構時間を使う遊びである。
ついつい何時間もプレイしていたり、徹夜してしまったりという人は多くないだろうか。

RPGになるとやはり時間を大量に持っていかれるものだ。
レベル上げとかですぐに数時間が過ぎてしまう。

1日1時間なんて到底無理で3時間以上してしまうのが普通、であったろう。

ドラクエを考えてみよう。
クリアするまで30~40時間。

が、当時はまずラスボスを倒すところまでゲームを早く進めたいと思うもの。
ハマった時期は1日あたり5時間以上を使い、徹夜した経験のある人が多いかと思われる。

それでも1~2週間でだいたい終わる。
終われば別のゲームをするかもしれないし、極めプレイや2周目をする人もいるだろう。

ナンバリングも新しくなると、ストーリー自体もそれなりに時間がかかることもあるうえ、
寄り道要素がどんどん追加されていく。

それに比例してプレイ時間が増えた人も多いかと思う。

そしてオンラインゲーム。
オンラインゲームは本当に時間をバカ食いする。
最近になると時間をバカ食いする要素をお金で解決する要素を持たせているものがある。

最近のオンラインRPGで「Time to win」と「Pay to win」という言葉を聞くようになった。

Time to win とは、時間を使った人が勝つゲームという意味合いをもつ。
黎明期のオンラインゲームはなにをするにも時間がかかるため、オンラインゲームにはまると
ネトゲ廃人になる、と言われていた。
最近のオンラインゲームはある程度対応をされてきており、Time to winは減る傾向にある。

一方Pay to win は払った人(=お金を使った人)が勝つゲームという意味。
最近のソシャゲに多い、課金して強いアイテムを買ってゲームで強くなる要素。
本当にお金持ちというのはいるもので、1か月に十万、百万単位の重課金をする人がいる。
時間がかかるものをお金で解決する課金要素も最近は増えた。
time to win 要素を pay to win要素で相殺する対応である。

ドラクエ10は月額課金型のオンラインゲーム。
よって、初期はTime to Winの要素が多かった。
それでも作成側からプレイヤーへのメッセージとして必要以上に時間をかけないで、という配慮がある。
元気チャージによる元気玉のシステムがまさにそれ。
これはログアウトしている時間にたまるため、プレイしない時間が不利になることをある程度抑える効果があった。

ドラクエ10初期から今でも続けている人はほとんどの方が3000時間以上になっていると思う。
オフラインのナンバリングなら長めのものでもクリアまで50時間くらいだろう。
これを考えるといかにオンラインゲームが時間を費やすかがわかる。

そして、最近はPay to winの要素が少しずつ追加されている。
「公式RMT」をいわれるようにツール福引でマイタウンメダルを集めてマイタウン権利書をもらい、売る。
だいたい8万円ほど投資すればマイタウン権利書が手に入るとか。
便利ツールではお金(ジェム)投入で有利になる要素が数多く存在する。

ドラクエ10の便利ツールのコスパ考察で触れているが、課金機能を利用すべきと思う機能が実際ある。
見極めが重要だ。
ドラクエ10の方に書いたが、私は個人的に「時間」を買う要素より「運」を買う要素にジェムを使いたいと思っている。

ドラクエシリーズは比較的レベル上げが簡単な部類に入るゲームである。
メタル系というドラクエ発祥の「経験値稼ぎ」モンスターがいるからだ。

そのため、レベル上げに時間が必要以上に費やされているとは思わない。
経験値を稼ぎやすくなる課金アイテムが出ている。

私もドラクエ10は初期のころは1日5時間以上費やした時期が多かった。
安定期になっている最近に比べるとやることが多くて時間を要した。

とはいってもtime to win 、pay to win には本来ならなってほしくないものである。

今日はここまで。では、また~

« <ドラクエ10> たまりがちな日課週課をまとめてやった | トップページ | <ドラクエ10> レベル上げを久しぶりに強化してやる »

ドラクエの謎考察」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« <ドラクエ10> たまりがちな日課週課をまとめてやった | トップページ | <ドラクエ10> レベル上げを久しぶりに強化してやる »