« <ドラクエ10> 輝石のベルトの封印を変えるべきか | トップページ | <ドラクエ10> たまりがちな日課週課をまとめてやった »

2020年10月22日 (木)

ドラクエの謎考察 その266

こんばんは。

ドラクエの時の移ろいを感じてみる話

・ドラクエリメイクと対応ハードの歴史

初代ドラクエからもうすぐ35年になろうとしている。
オリジナル版がリメイクされ、他機種に移植されるケースも多い。

現時点では、8までのナンバリングはすべてスマホでプレイできるようになった。

新しいナンバリングも他機種対応になっている。
最新の11はスイッチ版も出たので3機種でできる。
ドラクエ10は主要ゲーム機はもちろん、PCで可能。
インターネット環境があれば(操作性の問題はあるが)ブラウザ版も可能。

古いシリーズはリメイクされている。

特にロトシリーズや天空シリーズは複数回リメイクされている。

ドラクエ3については、システムや内容が異なるリメイク版がある。
オリジナルのFC版からSFC版、ゲームボーイ版
SFC版とゲームボーイ版では専用のコンテンツがあった。

ドラクエ5もリメイクでゲーム内容が大きく変わっている。
SFC版は3人PTだが、PS2版は4人制が追加され会話コマンドが追加。
DS版になると結婚候補にデボラが追加されている。

ドラクエ7リメイクは不思議な石板システムが追加され、転職の仕様が大きく変わっている。

ドラクエ8も裏ボスが追加されたりと変更ありあり。

ドラクエ11に至っては、最初に登場した時点でDS版とPS4版では基幹ストーリーこそ同じ。
しかし、どちらにも専用のコンテンツがあったり、システムが異なるものがあった。

さて、2020年10月現在、唯一リメイクがないのがドラクエ9である。
ドラクエ9はすれ違い通信がすべてなので残念ながら、その強みを生かすのならば間違いなくスマホ版に
なるだろう。
ドラクエウォークや星ドラのすれ違い地図のシステムのようなものを活用すると思われる。

もし、据え置き機に移植した場合、インターネット接続でのなにかでやることになるのか。

次のナンバリングとなるドラクエ12は今のところ情報が全く出ていない。
対応ハードもゲーム機だけでなく、スマホやPCでいきなりできることも考えられる。

ドラクエ10も10年は続けるといっているので、ドラクエ12はオンラインではないだろう。
今の流れから考えるとおそらく次のバージョン6が最後の拡張パッケージではないかと思われる。
ドラクエ10はFF11をある程度参考にして作ったとされる。
するとFF11の後FF14が登場したように
ドラクエ10もメインストーリーが完結した後は新なナンバリングをオンラインで立ち上げるかもしれない。

外伝もいろいろなもので出ている。

モンスターズはゲームボーイ版からスタートし、ゲームボーイアドバンス、DSと携帯ゲーム機で
新作を出し続けていた。
据え置き機対応になっているものもあったり、ソシャゲ化したものも。

もうすぐPS5が出るという。
ドラクエもいずれPS5でできる何かがあるかもしれない。

生誕してからもうすぐ35年。
かつてのハードとは比べ物にならないスペックになった現在。
想像もつかないところでドラクエはできるようになっていくのだろうか。

今日はここまで。では、また~

« <ドラクエ10> 輝石のベルトの封印を変えるべきか | トップページ | <ドラクエ10> たまりがちな日課週課をまとめてやった »

ドラクエの謎考察」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« <ドラクエ10> 輝石のベルトの封印を変えるべきか | トップページ | <ドラクエ10> たまりがちな日課週課をまとめてやった »