« <ドラクエ10> トルネコ1000回目の遭遇 | トップページ | <ドラクエ10> 便利ツールのジェムのコスパを考察 2021年8月版  »

2021年8月24日 (火)

ドラクエの謎考察 その284

こんばんは。

ライバルズで採用されたキャラや敵ボスと人物列伝、悪役名鑑を振り返って考えてみる。
本日は7

・ライバルズから考えるドラクエキャラクターの考察 PART 6

◆キーファ

ユニットカード。場に出すと7の戦闘曲「血路を開け」が流れる。

キーファは7の序盤、強いキャラであるが、途中離脱する。
種や木の実を与えてしまうと無駄になるため、「種泥棒」の蔑称がある。
ライバルズでは、この「種泥棒」の汚名返上と言わんばかりのデザインで
キーファが倒されると、それまでキーファに使ったバフアイテムが戻るというもの

人物列伝その68で扱った。グランエスタードの王子

◆マリベル/少女マリベル

ユニットカード。場に出すと7の戦闘曲「血路を開け」が流れる。

どちらも魔法使い用。

特技のMPコストを減らす効果。

ドラクエシリーズで仲間会話のシステムが初めて導入されたため、
マリベルの会話のセリフが特徴であった。
その性格故賛否両論あり、好き嫌いがはっきりわかれる。

人物列伝その66で扱った。フィッシュベルに住む少女

◆ガボ

ユニットカード。場に出すと7の戦闘曲「血路を開け」が流れる。

元狼だが、デスアミーゴの呪いから人間になった。
親の母狼とともに行動する。(これはリメイク版で表現されている)
ライバルズではその母狼とともに場に出るようになっている。

人物列伝その73で扱った。元狼の男の子

◆メルビン

ユニットカード。場に出すと7の戦闘曲「血路を開け」が流れる。

かつてかみさまとともにオルゴデミーラと戦ったが敗北し、メルビンはホットストーンに封じられた。
それを再現するかのように、ライバルズでは、メルビンがやられるとホットストーンに封印され
再度召喚できるようになる。

人物列伝その87で扱った。かみさまと共にオルゴデミーラと戦った老英雄。

◆アイラ

ユニットカード。場に出すと7の戦闘曲「血路を開け」が流れる。

ユバールの踊り手。キーファとライラが結ばれた後の子孫でもある。
ドラクエナンバリングのメインキャラクターの中では最もマイナーな扱いを受けており、
2021年8月までに、外伝作品ではライバルズとウォークにしか登場しない。

人物列伝その90で扱った。ユバールの踊り手でありキーファの子孫

◆フォズ大神官/ダーマの神官フォズ

ユニットカード。場に出すと7の戦闘曲「血路を開け」が流れる。

見た目は幼女だが、これでも立派なダーマ神官。
いわゆる7のNPCの中でダントツの人気を誇り、それが故か7のメインキャラを押しのいて
ライバルズでは2種類採用されている。

フォズ大神官はダーマ神官よろしく、転職する効果がある。
ダーマの神官フォズはランダムな職の特技を入手できる。

人物列伝その84で扱った。過去のダーマの神官。

◆ネリス

ユニットカード。場に出すと7の戦闘曲「血路を開け」が流れる。

ドラクエ7ではかなりマイナーなキャラだけどライバルズでは採用されている。
結構驚きである。

アントリアに制圧されているダーマ神殿でスライムナイトを率いて戦う女戦士。
ストーリーではザジの姉だが、この登場シチュエーションからは闘技場で戦う敵としての立ち位置。

人物列伝その81で扱った。ザジの姉。

◆デスマシーン

ユニットカード。場に出すと7の中ボス曲「強気者ども」が流れる。

フォロッド編のボス。
見た目通りマシン系。ロボットモンスター。

コストの割には強く、味方死亡でコストが下がる。倒されたときに敵リーダーにダメージを与える。

悪役名鑑その70で扱った。からくり兵団のボス。

◆さんぞくのかしら

ユニットカード。場に出すと7の中ボス曲「強気者ども」が流れる。

エテポンゲなどが所属する山賊一家のボス。
盗賊四人衆に含まれないが、なぜか中ボス曲が流れる・・・・

そのため、敵なのかNPC扱いなのかわからない存在。

人物列伝や悪役名鑑では扱っていない。

◆オルゴ・デミーラ/天魔王オルゴ・デミーラ

ユニットカード。場に出すと7のラスボス曲「オルゴ・デミーラ」が流れる。

ドラクエ7のラスボス。4段階に形態が変化するラスボス。

オルゴ・デミーラはその4回変身を再現するかのように、倒すたびに
新しい形態のカードとして手札に戻る。

天魔王オルゴ・デミーラは出現時にマダンテのごとく、全魔力放出でダメージを与える。

悪役名鑑その91で天魔王オルゴデミーラで扱った。ドラクエ7のラスボス

◆かみさま

ユニットカード。場に出すと7の中ボス曲「強気者ども」が流れる。

毎ターン強力な効果が発揮されるが、内容がランダムなのでいまいち安定感なし。
また、クリスマスイベントで試練に出た「サンタさま」はおそらくかみさまの変化。
その「サンタさま」のカードも存在し、やはりかみさま同様の強いランダム効果あり。

悪役名鑑その93で扱った。ドラクエ7の裏ボス。

 

今日はここまで。では、また~

« <ドラクエ10> トルネコ1000回目の遭遇 | トップページ | <ドラクエ10> 便利ツールのジェムのコスパを考察 2021年8月版  »

ドラクエの謎考察」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« <ドラクエ10> トルネコ1000回目の遭遇 | トップページ | <ドラクエ10> 便利ツールのジェムのコスパを考察 2021年8月版  »