« 2021年12月 | トップページ | 2022年2月 »

2022年1月

2022年1月24日 (月)

<ドラクエ10> パンデルム:女神の木カンストしました

こんばんは。

パンデルムの女神の木ですが、全ステータスレベル10=カンストしました。

Photo_20220124213401

先週の6週目(2回目のエルギオス)の周回の途中で完了しました。

私の周回の仕方はレッドログ優先で回るもの、大ボスは連戦しないので
1周当たりレッドログは3~4個。
それでも6週目でカンスト、ということですね。

毎週レインボーログの回収のみだとさすがにきついが、
週当たりの10周全部消化して、道中のバトル1,2回こなせば、次のバージョンアップ
までに確実にカンストできるでしょう。

上限解放くるまで創世珠を回収してためておくのもありですが、なんか、上限解放後は
解放後の新ボスがおとす創世珠IIみたいなアイテムが来る可能性あるので
むやみにため込むのもおすすめできません。
あの万魔の塔で紋章の破片を大紋章へは復元できない前例があることもあるし。
そう考えると、カンスト後はパープルログ、グリーンログ狙いがいいですね。

道中の赤部屋の優先度下げるので、周回の時間も短くなります。
うまくやればタルト2回分で10回分対応できそうです。

ただ、強化をとらないと大ボス戦が厳しいので、青の優先度は下げられませんね。
また黄は大した額のものが出ないので、黄(枠なし)か赤なら赤を選ぶことになるかな。

大ボスの鬼周回してないにも関わらず思ったより、カンストが早かったと思う。
次の上限解放では、1ステータスにつき一気に30とか50まで解放してほしいですね。

---------------------------------------------------------------------

先週までの導き周回履歴

総周回数:20,936

トルネコ:1,081 ( 5.16%)
ミネア :1,120 ( 5.35%)
テリー :1,150 ( 5.49%)
カンダタ:3,452 (16.49%)

率的にはあまり変わっていない。トルネコが少ないままなのが継続。
間もなく21000回に到達の見込み。

 

今日はここまで。では、また~

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2022年1月18日 (火)

<ドラクエ10> ミネア効果の有効・無効のコンテンツを考えてみる

こんばんは。

導き周回をしていると当然ながらミネアに会うことがあります。
ミネアというと最新のボスカードをもらえるイメージが強いですが、
ミネアのタロット効果が大きく意味があるものがあります。

経験値が2倍になる皇帝は一般的によく知られた効果。
これを運よくとれたら、その直後にメタル迷宮やメタキンを回す人もいたはず。

しかし、というかミネア効果の神髄はやはり審判と死神だろう。

審判は致死ダメージうけたときに50%でHP1で残る効果
死神は味方が倒されるとテンションアップが発生する効果。

冷静に考えるとかなり強力な効果。
審判は金のロザリオの2倍。つまり、これがあると強力な首アクセを金ロザ以外が選べる。
死神は復讐のテンションアップが100%発生する。宝珠レベルで表現するとレベル34相当。

そう、聖守護者レギロガのときに有効であることが認知されはじめられ、
レギロガ3の初期の討伐者の多くが利用していた事実。
とうとう、聖守護者ではミネア効果が無効化されるということになってしまった。

聖守護者ミネア効果無効になってからはや3年になる。
このミネア効果、実は無効化されているコンテンツは実はきわめて限定的であることをご存じだろうか。

多くのキャラ成長に欠かせない必須コンテンツはほぼすべて有効
・パニガルム
・万魔の塔
・ピラミッド
・心層(王家)の迷宮
・邪神・天獄
・ゼルメア
・強ボス・試練

ハイエンドバトルコンテンツも聖守護者以外はすべて有効
・常闇
・災厄の王/ドレアム/シドー
そして、常闇聖守護者を同盟バトルで戦えるフェスタインフェルノに至っては
なんと、本家では不可能であったスコルパイド以降の聖守護者ボスでも有効だったりする。
レギロガやガルドドンのようなゾンビバトルになるのはもちろん、デルメゼやバラシュナのように
普段聖守護者しない人がやると死人がばたばた出るようなバトルではめちゃくちゃ強力である。
ただでさえ葉っぱ雫がナーフされて死人がでると厳しくなるバトルなので。

逆にミネア効果が無効化されるところはかなり限定的。
かつ、ミネア効果が無効化される状態の場合、ミネア効果の効果時間が消費されないという特徴がある。
これは、聖守護者はもちろんアスフェルド学園もあてはまる。

かつて聖守護者でミネア効果有効だったころは、聖守護者に挑戦するキャラが必要なミネア効果を得たら
そのキャラをアスフェルド学園に移動させて、メンバーを集める、というやり方がはやった。
これはアスフェルド学園にいるとミネア効果の時間が消費されないからである。

また、バトルロードなどプレイヤーが直接参加できないバトルコンテンツでは無効化される。
コロシアムはバトルシステムが通常と異なるためか、こちらも無効化されている。

最新のコンテンツである、パンデルムは12人同盟バトルな上、耐性積んでないとワンパンされることが
多い。死神もっているとかなり凶悪なテンションアップがよく発生する。
審判もっていると生存率が飛躍的にあがったりする。

普段導き回ししない人でも、ロスターや福の神周回するときにミネアに会う率はそこそこあるはず。
これら強力な効果をもらったらぜひとも強敵コンテンツをやりたい。

パンデルムや邪神、フェスタインフェルノなど、かなり快適なプレイができると思います。

 

以下、とても久しぶりの導き周回結果

-------------------------------------------------------------------------

総周回数:20,863

トルネコ:1,078 ( 5.17%)
ミネア :1,118 ( 5.36%)
テリー :1,148 ( 5.50%)
カンダタ:3,440 (16.49%)

20000周超えたあともつづけてますが、直近はトルネコとカンダタの出現率が明らかに減った。
20000という母数があるのにここまで少なくなるのはなんかあるのかな、とも感じますが
一時的なブレであるともいえるかもですね。
12月後半などほとんど導き周回できなかった時期もあり、直近3か月は1000周もできていません。

 

今日はここまで。では、またー

 

2022年1月10日 (月)

<ドラクエ10> パニガルムやってみての感想と立ち回り方について

こんにちは。

だいぶ更新休止期間が長くなってしまって申し訳ないですが、
ひさびさのドラクエ10記事になります。

Ver6の目玉コンテンツとして源世庫パニガルムがプレイできるようになりました。
このコンテンツで取得する創世珠で女神の木を育成し、プレイヤーのステータスを強化します。

前評判では、絶対必須の週課になりそうと不安な評価をされていましたが、
実際には、1週間に10回の制限があるものの、創世珠を入手する大ボス戦は無限に周回できます。
ので、ガッツリ周回してサービスリリース週でいきなりカンストする人もいました。

また、初回は創世珠が20個入手できるレインボーログが落ちるほか、道中の中ボス戦や
2周目以降の大ボス戦で創世珠が3個手に入るレッドログが落ちます。

大ボスは週ごとに変化し、アルマナ、じげんりゅう、エルギオスの3種類のローテーションのようです。
2022年1月10日時点では2周目のじげんりゅうになっています。

個人的な立ち回り方については後述しますが、私の場合10回の周回権利はすべて使いきりますが、
大ボスの周回はやっていません。
そのかわり、基本、ルートはレッドログと源世の聖標(強化)が取得できる中ボス戦のルートを優先する
ため、ほとんどの場合1周あたり9個は創世の珠が手に入っています。
女神の木は10種類のステータスが現在最大各レベル10が最大ですが、7~10レベルになっているので
このやり方でもほぼ今週か来週にはカンストします。

なので個人的には大ボスの周回はいらないかな、とも感じています。

以下、パニガルムを毎週10回周回する(大ボスは周回しない)観点での個人的な立ち回りかたを書いていきます。
あくまでエイロスの個人的な観点なので、すべての人に推奨するものではないのでご了承ください。

◆進行ルートの選び方

大ボスの部屋にたどり着くまでに5回の小部屋を通過します。
その部屋のアイコンで何が手に入るかが変わります。
私的にはレッドログと強化(源世の聖標)を優先していくルートでいきます。
すると、赤(レッドログと強化)、枠あり紫緑黄(各ログと強化)、青(強化)、紫、緑、黄の優先順位で進みます。
女神の木がカンストしてレッドログがいらないならば赤の優先順位は青の次でしょうか。

ちなみに各色の報酬は
赤(レッドログ:創世珠3個)
青(強化:源世の聖標)
紫(パープルログ:錬金石、超おたからの種やびっくりトマトの種、夢のアクセサリ箱3)
緑(グリーンログ:福引券、経験値の聖典、メタルチケットやメタル迷宮招待券)
黄(イエローログ:ゴールドストーンやきんかい)

ちなみに未確認ですが、紫からマイタウンメダル、黄から黄金の花びらが出るらしいです。

◆赤部屋のボス

4の数字が書いてある赤部屋は中ボス戦です。オートマでも現在組んでいるパーティどちらでも可能です。
あらかじめ固定で組んでいたり、厳選したサポがいるならば、オートマを選ぶ必要はないです。
8の数字がかいてある赤部屋は8人の同盟バトルで必ずオートマになります。
敵は5種類いますが、個人的に強さについては以下のような気がする。
エラフィダイノス>>>ルディアンリッター>ガルバドン>テルミドール>キサゴール

エラフィダイノスは炎耐性さえ積んでいれば雑魚なんですが、いかんせん
パニガルムでは風か闇か雷耐性積んでいく必要あるので炎はほとんど耐性なしで挑まなければならない。
メラゾビームで壊滅しやすいですのね・・・・

◆強化(創世の聖標)を何を選ぶべきか

創世の聖標の強化はなかなか強力なバフなので、当たりをひくと大ボス戦がかなり有利になります。

各強化とおすすめ度は以下の通り

・各種属性耐性100%
 アルマナのときの風、じげんりゅうのときの闇、エルギオスのときの雷は神。
 引けたら絶対にとっておきたい。
 それ以外の耐性100%は各種いかりなど属性を含む一部の攻撃をシャットアウトできるが、優先度は低め。
・HP+200、受けるダメージ-20%
 どの職でいってもとっておきたい
・移動力+20%
 床が光ったところから避ける敵の特技をさけるのに特に有効。これもできるだけ優先してとりたい。
・魔物にダメージ+30%、特技と呪文のダメージ+100
 敵にダメージを与える職であればぜひとっておきたい
・必殺チャージ+10%
 僧侶、道具、魔戦など必殺がパニガルムで特に輝く職の場合とっておきたい。
・チャージ時間+10秒
 CT技が強力な職は優先してとりたい。
・会心&暴走+20%、会心&暴走ダメージ+300
 アタッカーの場合でこれより優先順位高いのなければとるべきか。
・攻撃時50%ためる、行動時50%テンション消費なし
 こちらもアタッカーの場合で他に優先度高いのがなければ
・常時キラキラポーン
 毒、幻惑、麻痺耐性がないのなら取っておくべき。
 アルマナ以外は麻痺耐性くらいしか必須のものないので優先順位は低いほうと思われる。
・瀕死時15%天使の守り、6秒ごとにHP100回復
 耐性がなければワンパン即死、耐性あればほとんど影響なしとなりがちなのであまり優先度高くない
・コマンド間隔-2秒、25%でターン消費なし
 現在の状況では、これ、あまり実感できないのですね。サポだと大ありなのですが。
・常時2回行動
 脳筋でずっと攻撃行動が続けられる状況を許されるなら最強。
 おそらく、このバフとったら、避けられる即死級の攻撃がさけられなくなる。
 なので取らないほうが良いとも思う。
・状態異常の成功率+50%
 大ボスは例外なくほとんどが完全耐性なのでこれとったところで効きやすくなる実感はないです。
 ハズレですね。
・MP+200
 普通に戦闘してMP切れになることはないかと。これもハズレ効果ですね。
・致死ダメージ時10%HP1で残る
 金ロザかミネア審判あれば不要。(この効果は重複しないし、金ロザやミネア審判より効果低いので)
 ワンパン攻撃が多いので、金ロザはほぼ必須なので、これもハズレ効果ですね。

◆大ボスの立ち回り
 大ボス(アルマナ、じげんりゅう、エルギオス)はだいたい大別して以下のような攻撃がある
・通常攻撃(範囲攻撃で属性あり)無耐性でも即死するほどの威力はない。
・床がひかり、光った場所にいると即死級のダメージがくるもの。避ける余裕は十分ある。
・3ptのそれぞれ一人を指定して行う怒り攻撃(属性ありの範囲攻撃)HP満タンなら即死はしない。
・敵から離れていると9999×2のダメージがくるもの。避ける余裕時間は少なめだが属性あり。
・敵から近い範囲に属性ダメージ×2がくるもの。耐性を一定以上積んでいないと即死する。
 避ける余裕がほとんどないので、耐性積んでおかないと大抵やられる。使用頻度高め。
・ブレスや呪文(範囲攻撃だが即死するほどのダメージではない(マダンテ除く))
・毒霧のさえずり(アルマナ)。ダメージ+猛毒・幻惑。これがあるのでアルマナでは毒・幻惑耐性必要。
・なかまよび(じげんりゅう) 呼ばれた雑魚の攻撃でHPが削られたり行動不能にされる。
 呼ばれた敵のHPは低めなので呼ばれた敵は処理したほうがいい。
・四方閃/八門殺(エルギオス) 四方向/八方向に即死ダメージ。光ってから回避する余裕はほとんどない。
 また、まれに光る床が直前でずれることがある。バグっぽいのでこれは運が悪かったと思うしかない。
・マダンテ(エルギオス) 敵の近くに9999ダメージ。瞑想の直後に行うのでよける余裕はある。
 マホカンタで跳ね返せるので反射できるならわざとあたりに行くのもアリ。
・いてつくはどう バフはがし。創世の聖標の効果が消えることはない。
・絶望の到来(エルギオス)、マグマ噴出(アルマナ) 上にのると大ダメージを受ける床が発生。

◆パニガルム攻略の準備について
 パニガルムは道中でログを拾って大ボスと戦闘後に報酬がもらえますが、大ボスだけは必ず戦う必要あります。
ので、基本は大ボス戦の準備をする必要があります。

個人的には各大ボスが得意とする属性攻撃(上記の敵から近い範囲に属性ダメージ×2)に耐えるだけの属性耐性だけは準備したほうがいいと思います。
属性耐性100%が準備できればとても快適にプレイできますが、そこまでは必要ないと思います。
基本はいんろう(風、雷)、月飾り(闇)+宝珠属性耐性MAX+タルトで50%超えになります。
ただし、アルマナだけはかぜのマントのセット効果や風耐性錬金のついた装備で65%以上にする必要あり。
やられるときはワンパンが多いので首アクセは竜のうろこより金のロザリオのほうがよさげ。
アルマナのときは毒や幻惑100%があったほうが良いです。
他は途中の中ボス戦やじげんりゅうに仲間よびされたときのための麻痺耐性があるとよさげ。
また、運よくパニガルムに挑む直前にミネアから審判や死神をもらった場合はかなり恩恵が大きいことも追記しておきます。
(ミネア審判があるなら首アクセは智謀のネックレスや忠誠のチョーカーを装備するのもアリかと)

◆個人的な源世庫パニガルムの感想
 思った以上にコンテンツとしては良いと思います。
 女神の木の上限はもっと高いほうがいいかな。(50レベルとか99レベルでも良いかと思う)
 どうやら後に拡張があるようなので、さすがに10レベルでおしまい、ではないですが。
 10回の制限はあるものの、大ボスの周回に制限ないので、ガッツリやって一気にカンストしてもよい、
 レインボーログだけ回収してほそぼそやっていくのもよし、10回の制限はつかいきって回すといった
 選択肢があるのは良いと思います。
 少なくともVer5の万魔の塔の紋章アクセよりはるかによいシステムです。
 (万魔はどんだけ頑張っても大紋章の入手数は上限があり、合成システム上運の良しあしがすべてになるので・・・)

 10回制限以降は大ボス以外の報酬なしで周回できる処置もあり得そうな話が出ています。
 が、強化もできないとなると利用する人はほとんどいなさそうに思えますがそこはどうなるのですかね。

 

今日はここまで。では、またー

 

2022年1月 3日 (月)

2022年 あけましておめでとうございます

あけましておめでとうございます。

 

とはいえ、かなり遅くのあけおめです。

エイロスのブログももうすぐ11年になります。
直近は更新がほとんどできてなくて申し訳ない。

去年はドラクエに関してはほぼ10しかやってなかったかな。
Ver6になりましたが、まだVer6の記事をまともにかいていないのですね。

謎考察が286でとまっていたのは、昨年9月末にすぎやまこういち氏が亡くなり
ライバルズからみる音楽シリーズの記事を一時的に書くことにためらいがあったからなのです。

年明けからは別の考察で再開しようと思います。

ドラクエ10は前よりプレイ時間がかなり少なくなりましたが、Ver6はもちろん購入してやっています。
最近の新コンテンツがあまりいいのが少ないなあと思っていましたが、パニガルムは結構面白いです。
少なくともVer5の万魔よりはるかにいいです。
ただ、がっつりやる時間はないので、毎週10回の権利を全部使っていきます。
これだけでも多分2,3か月でカンストするでしょう。(すでに木のレベルは7~8になりました)
海賊も職クエを終わらせるところまでやりましたが、レベル上げはぼちぼちやっていこうかな、という感覚です。

導き周回のほうが逆にやってない日が増えてきたかも。
わずか10~20分のこととはいえ、毎日はできないですね。
ロスターがSジェネのときだけは毎日消化し、とうとう、メインサブとも将軍指輪は理論値になりました。

そろそろギュメイ、ゲルニック、ゴレオンがロスター対象にならないかな・・・
特にゲルニックとゴレオンはロスターでできるなら最高なんですがね。

 

今年は、まず、週2更新の頻度に戻したいですね。なかなかリアルとの都合で難しいですが、
うまく時間を割いて書けるようにしたいです。
(ネタがなくてかけないわけではないです)

ドラクエ12はまだまだ先のようなので、今年もドラクエは10中心にやることになるでしょう。

では、エイロスのブログを今年もよろしくお願いいたします。

 

« 2021年12月 | トップページ | 2022年2月 »