« 2023年3月 | トップページ | 2023年5月 »

2023年4月

2023年4月20日 (木)

チャットGPTでドラゴンクエストに関する質問を入力してみた

こんばんは。

最近噂になっているチャットGPTでドラクエのことを質問してみた。

これが結構おもしろかったので、いくつかチャットGPTのQ&Aを書いてみます。

Q:ドラゴンクエスト12が発売されるのはいつ頃になるとおもいますか
A:私は、Dragon Quest 12の発売時期について正式な発表がなされていないため、具体的な回答をすることはできません。しかし、Square Enix社は今後もDragon Questシリーズを継続的に展開すると発表しており、Dragon Quest 12の制作も進んでいるとされています。今後の情報に注目していく必要があります。

さすがに発売日がまだ決まっていないので、具体的に回答はありません。予測まではしてきませんね

Q:ドラゴンクエストシリーズで最も評価が高い作品はなんでしょうか
A:ドラゴンクエストシリーズで最も評価が高い作品は、一般的には「ドラゴンクエストV」(日本では「ドラゴンクエストV 天空の花嫁」として知られています)とされています。この作品は、1992年に発売され、プレイヤーが主人公の人生を通して多くの出来事を経験することができます。ストーリー、キャラクター、音楽、バトルシステムなどが高く評価され、続編やリメイク版が何度も制作されるほど人気があります。ただし、個人的な意見や好みによっては、他の作品が最も評価が高いと感じることもあるかもしれません。

チャットGPTの回答としてはドラクエ5がベストらしいです。

Q:ドラゴンクエスト10で最も難易度が高いコンテンツはなんでしょうか
A:ドラゴンクエスト10には、さまざまなコンテンツがありますが、最も難易度が高いとされているのは「覇王の挑戦」でしょう。このコンテンツは、プレイヤーが全てのキャラクターを最高レベルに育成し、最高の装備を揃えなければクリアできないと言われています。さらに、高い戦闘力が求められるため、多くの戦闘経験が必要であり、戦略的なプレイが必要になります。そのため、上級者向けのコンテンツとされています。ただし、個人的なプレイスタイルやスキルによって、別のコンテンツが最も難易度が高いと感じることもあるかもしれません。

「覇王の挑戦」?なんじゃそれは(笑) さすがにドラクエ10の専門的なことなので変な回答がきた。
多分、あと数か月もすればまともに回答されそうな気がします。

Q:ドラゴンクエスト10でおすすめの金策を教えてください
A:

ドラゴンクエストXにおけるおすすめの金策方法はいくつかありますが、以下にいくつか挙げてみます。

  1. アイテム収集
     不要なアイテムを売るだけではなく、採取やクエストなどで入手したアイテムを集めることも金策につながります。アイテムによっては高値で売れるものもありますので、時間をかけて収集してみると良いでしょう。

  2. 魔石収集
     魔石は特定の敵からドロップすることがあり、高額で売れることがあります。特に、ボスモンスターが落とす魔石は高値で取引されることが多いです。

  3. 職人業
     職人業で作成したアイテムや装備品を売ることも金策につながります。特に、高級な装備品は高額で取引されることが多いです。

  4. イベント参加
     イベントに参加することで入手できるアイテムや報酬を売ることも金策につながります。特に、レアなアイテムや報酬は高額で取引されることがあります。

  5. 資産家
     不動産を購入し、賃貸料を受け取ることも金策につながります。特に、都市部の人気のある土地や建物は高額で取引されることがあります。

これらの金策方法を組み合わせて、効率的にお金を稼ぐことができます。ただし、ゲーム内の経済状況や市況によっては、効率が変わることもあるので、時々市況や掲示板をチェックすることもおすすめです。

 

1はキラマラやモンスタードロップ金策ですかな
2は魔石ってなんですか? オーブ?
3これはあってますね。一般的には達人域の人は職人で金策するのが多いですから。
4ユーザーイベントの賞金金策のことでしょうか。(ゲーム内クエストの報酬ではほとんど金策にならないし)
5土地転売金策・・にも思えるが賃貸料ってなんか違う。都市部って??

なんか他のゲームの金策とも思える内容も含まれた回答になっています。
これも数か月もすればまともに回答できるようになりそうな気がします。

ちなみに過去に謎考察で触れた内容のQAをしてみた。

Q:日本のDragon Questは当初、アメリカではDragon Warriorで発売されていました。なぜ日本とアメリカで名称がことなっているのでしょうか

A:『ドラゴンクエスト』(Dragon Quest)がアメリカで『Dragon Warrior』として発売されたのは、著作権に関する問題が原因です。アメリカの同名のペン&ペーパーRPG『DragonQuest』の出版権が、TSR社(後にウィザーズ・オブ・ザ・コースト社と合併)にあったため、同社からの著作権侵害の訴訟を避けるため、『ドラゴンクエスト』の名称を『Dragon Warrior』に変更して発売されたのです。このため、以降のシリーズもアメリカでは『Dragon Warrior』として販売されていました。しかし、2003年に『ドラゴンクエストVII エデンの戦士たち』の発売を機に、著作権問題が解決したことから、アメリカでも『ドラゴンクエスト』の名称が使われるようになりました。

これはずばりの回答が返ってきました。

Q:ドラゴンクエストシリーズ(1~11)の各ラスボスの名称を英語で回答願います
A:

Sure, here are the names of each final boss in the Dragon Quest series (1-11) in English:

  1. Dragonlord
  2. Hargon
  3. Zoma
  4. Psaro the Manslayer
  5. Estark
  6. Mortamor
  7. Orgodemir
  8. Rhapthorne
  9. Corvus
  10. The Black Dragon
  11. Calasmos

2はハーゴン。シドーじゃない。5は裏ボスのエスターク。ミルドラースじゃない。
やっぱりドラクエ5のラスボス名は覚えられてないのか。6のMortamorは英語版の
デスタムーアなので正しいです。同じく9のエルギオスはCorvus。
10は英語版がないので何が充てられているのかとおもったらThe Black Dragonてなんや?
Ver3のナトラガのことだろうか。11のCalasmosはニズゼルファでこれも裏ボスですね

チャットGPT、結構面白いです。まだ不完全なところも多いですが、そのうち「サポソロでデルメゼ最強を
倒す方法」とか現状ではほとんど無理なことも回答できるようになるのかも。

 

今日はここまで。では、また~

« 2023年3月 | トップページ | 2023年5月 »